並大抵とは?

なみ‐たいてい【並大抵】

[名・形動普通に考えられる程度であること。また、そのさま。ひととおり多く打消しの語を伴って用いる。「この悪天候出航するとは並大抵でない」


なみ‐たいてい【並大抵】

形動〕 普通の程度であるさま。並であるさま。平凡。多く下に打消の語を伴って用いる。

浄瑠璃心中二つ腹帯(1722)三「並大抵(ナミタイテイ)ぢゃあるまいと取ってもつかぬ挨拶重ねて返す詞なく」




品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「並大抵」の関連用語

並大抵のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



並大抵のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館

©2022 GRAS Group, Inc.RSS