味とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 食物 > 食品 > > の意味・解説 

み【味】

【一】[名]舌の感覚の一つ。あじ。味覚

【二】接尾助数詞飲食物薬品などの種類数えるのに用いる。「漢方薬三味


あじ〔あぢ〕【味】

【一】[名]

舌の味覚神経飲食物触れたときの感じ甘味酸味などや温度総合した感じ。「味をつける」「スープの味が濃い」「あっさりした味」「他店より味が落ちる」

そのものもっている趣。含蓄。よさ。「味のある絵」「演技に味が出る」

物事経験したあとでの感じ。「当選の味」「夜遊びの味」

相場動きの状態。

囲碁・将棋で、のちに影響の出そうな指し手。「味が悪い手

【二】形動[文]ナリ一風変わって、おもしろいさま。また、気のきいているさま。しゃれているさま。おつ。「縁(えん)は異(い)なもの味なもの」「味な趣向

[下接語] 秋味後味薄味大味書き味隠し味切れ味小味塩味下味・剃(そ)り味・乗り味・一(ひと)味・持ち味


み【味】

[音](呉) ビ(漢) [訓]あじ あじわう

学習漢字3年

[一]〈ミ〉

食べ物のあじ。「味覚甘味苦味五味香味酸味滋味珍味美味不味風味調味料

漢方で、薬種。「加味六味丸

そのもの含まれる内容おもむき。「意味・気味・興味趣味正味情味新味・地味(ちみ)・俳味妙味涼味無味乾燥

あじをみる。内容をよく調べ、あじわってみる。「味得味読含味玩味(がんみ)・吟味

[二]〈あじ〉「味見大味塩味

名のり]うまし・ちか

難読美味(うま)い・味酒(うまさけ)・三味線(しゃみせん)・不味(まず)い・味噌(みそ)・味醂(みりん)


うま【甘/味】

形容詞「うまし」の語幹名詞に付いて複合語作る

味がよい、うまい意を表す。「—酒」「—飯(いい)」

貴い意を表す。「—人」

眠り度合いの深い意を表す。「—寝(い)」


接尾

形容詞形容動詞語幹に付いて名詞をつくる。

そういう性質や状態、また、そういう感じを表す。「暖かみ」「ありがたみ」「新鮮み」

そういう状態の場所を表す。「深みにはまる」「茂みに入る」

動詞または助動詞「ず」の連用形に付いて、並列された動作または状態が交互に繰り返される意を表す。「降りみ降らずみ

このごろの日、照り曇り—、いと春寒かる年とおぼえたり」〈かげろふ・下〉

ク活用形容詞およびク活用形容詞助動詞語幹シク活用形容詞およびシク活用形容詞助動詞終止形に付く。

㋐「思う」「する」などの動詞続けて、感情内容言い表す

「我妹子(わぎもこ)を相知らしめし人をこそ恋のまされば恨めし—思へ」〈四九四〉

中止法として、叙述並列用いる。

明日香の古き都は山高—川とほしろし」〈・三二四〉

㋒(多く上に名詞助詞「を」を伴って原因理由を表す。…が…なので。

須磨のあまの塩焼く煙(けぶり)風をいた—思はぬ方にたなびきにけり」〈古今・恋四〉

[補説] 1㋐は、漢語の「味(み)」と混同して、「味」とも当てて書く。


あじ あぢ 【味】

〔名〕

[一] 物事から感覚経験感じとるもの味わい

飲食物などが舌の味覚神経与え感じ

*虎明本狂言瓜盗人室町末‐近世初)「是ほどあぢのよひうりはなひほどに」

物事に接して、また、経験により感じとったもの。物の良し悪し具合調子。「切れ味」「書き味」のように熟語としても用いる。

玉塵抄(1563)一五「その中に一人さい下戸か、いへうな者があって、酒ものまいですみゑむいてをれば、満座の者があぢをわるうしてたのしみ喜ことないぞ」

女難(1903)〈国木田独歩〉五「唐偏木で女の味(アヂ)も知らぬといふのは」

[二] (形動良い好ましい、または、おもしろみのある味わいまた、そういう味わいのあるさまをいう。

物事良さおもしろみ持ち味また、そういうさま。→味を占める。

史記抄(1477)四「如此てこそ始て文字の味は面白けれぞ」

浄瑠璃用明天皇職人鑑(1705)二「是は女筆ちらし書ことになまめく贈り物いかさまあぢなことそふな、聞まほしし」

妙味のある行為や状態についていう。

(イ) 気のきいていること。手際いいことまた、そういうさま。→味にする味をやる

評判記難波物語(1655)「雲井〈略〉逢(あふ)時はさもなくて、文にはあぢをかく人なり」

仮名草子東海道名所記(1659‐61頃)二「黒き帽子にてかしらをあぢに包みたれば」

(ロ) 風流趣があること。また、そういうさま。

俳諧曠野(1689)員外「峰のあぢなあたりを見出たり〈野水旅するうちの心寄麗さ〈落梧〉」

(ハ) 色めいていること。また、そういうさま。

評判記難波物語(1655)「若旦那とあぢあるよし」

咄本無事志有意(1798)稽古所「娘のあたっている中へ足をふみ込、ついあぢな心になって、娘の手だと思ひ母の手握りければ」

(ニ) わけありげなこと。何か意味ありげ感じられるさま。

浮世草子傾城色三味線(1701)京「あぢな手つきして、是だんな斗いふて、盃のあいしたり、かる口いふ分では」

洒落本風俗八色談(1756)二「人と対する時は作り声をしてあぢに笑ひ

(ホ) 囲碁で、あとになって有利に展開す可能性のある手。また、そういうねらい。

(ヘ) こまかいことまた、そのようなさま。

咄本楽牽頭(1772)目見へ「男がよすぎて女房あぶなし、金もあぶなく、湯へ行てもながからうのと、あじな所へ迄かんを付て、いちゑんきまらず」

③ 人の意表に出るような行為や状態についていう。

(イ) 一風変わっているさま。

浮世草子好色一代男(1682)六「あぢな事共計前代未聞傾城くるひ」

(ロ) 意外なさま。奇妙なさま。

歌舞伎四天王十寸鏡(1695)一「やあかもの二郎殿、是はあぢな所でたいめんをいたす」

多情多恨(1896)〈尾崎紅葉〉前「之助は其を聞くと、〈略〉異(アヂ)に胸が騒ぐやうな心地がした」

(ハ) 不思議なさま。

浄瑠璃摂州渡辺橋供養(1748)一「サア縁といふ物はあぢな物ぢゃ」

取引所における売買取引の状態、または相場動き具合などをいう。〔取引所用語字彙1917)〕


あじい あぢい 【味】

形動〕 (「あじ(味)」の変化した語) 一風変わっておもしろいさま。妙な具合であるさま。

談義本根無草(1763‐69)後「剣の山一丁目柳原へはこんでも一方は防がれるに、熖广様は味(アヂヒ)な了簡


うま【味・甘】

語素〕 (ク活用形容詞「うまし」の語幹体言に付く) りっぱである、すぐれているの意を表わす

① 味のよい意を表わす。「味酒(うまざけ)」「味飯(うまいい)」

身分の高いこと、生まれ尊貴なことを表わす。「うま人」

眠り度合の深いことを表わす。「熟寝(うまい・うまいね)」

④ りっぱである。美しい。「うまこり


み【味】

1 〔名〕 飲食物対する舌の感覚の一つ。あじ。味覚

正法眼蔵123153山水経「青黄赤白黒等にあらず、色声香味触法等にあらざれども」

2接尾漢語数詞に付いて、飲食物薬品などの種類数えるのに用いる。

*虎明本狂言膏薬煉室町末‐近世初)「薬種は、めづらしひ物が先三色程入候よ、〈略〉色々十二三味程入候よ」


むま・い【旨・甘・味・美】

〔形口〕 ⇒うまい(旨)


うま・い【旨・甘・味・美】

〔形口〕 [文]うま・し 〔形ク〕 (平安以降には「むまし」とも表記

味覚感覚を満足させるような快い味わいについていう。味がよい。おいしい。美味である。また、よい香りである。

万葉(8C後)一六三八五七「飯(いひ)喫(は)めど 味(うまく)もあらず 行き行けど 安くもあらず」

蘇悉地羯羅経承保元年点(1074)「諸其の次に美(ムマク)して」

夢酔独言(1843)「『麁末(そまつ)だが御ぜんをくへ』とて、いろいろうまいものを出したが」

ものごとの状態が不足なく十分である。十分だ。完全だ。満足だ。

大智度論天安二年点(858)八七「熟(ウマク)諸の苦悩を受けず」

洒落本交代盤栄記(1754)「玉の井〈略〉生れ付美しく顔はせにうまい所有て気しつさっはりとして心はへよし」

③ 事の運び方にぬかりがない。技術すぐれて巧みだ。巧妙だ。じょうずだ。

書紀720欽明二年七月寛文版訓)「夫れ新羅甘(ムマク)言(い)ひて希(めづら)しく誑(あざむ)くことは、天の下知れる所なり」

仮名草子都風俗鑑(1681)三「狂言恋路にうまひあぢをつくせば」

④ ある事態や事のなりゆきが、当事者にとって都合がよい。ぐあいがよい。よい状態だ。好都合だ。得だ。

浄瑠璃国性爺合戦(1715)一「ヤアうまひ所へ出合ふたな」

不思議な鏡(1912)〈森鴎外〉一「さう旨(ウマ)くは行かない」

(5)男女の仲について) 親密な関係だ。よい仲である。情を通じる。

浮世草子好色五人女(1686)一「人めせはしき宿なれば、うまひ事は成がたく、しんいを互に燃やし、両方恋にせめられ」

浄瑠璃義経千本桜(1747)三「わりゃ彌助とうまい事して居るそふなが」

(6) (「あまい」を①の中で代表的なものとしたところから転じて) ぴりっとしたところのない、まのぬけた様子をいう。まぬけだ。お人よしだ。締まりがない。あまい。

浄瑠璃津国女夫池(1721)一「ハアア知ったとていふ物か、うまいやつらと片端(かたはし)に、けちらしけちらし」

(7) (③④などから逆説的に) みっともなく具合の悪い様子をいう。

多情多恨(1896)〈尾崎紅葉〉後「乱れた襟を掻合せながら『どうも這麼(こんな)奇(ウマ)い恰好をして、…着更へて参りませう』」

[補注]味の良さ表わす場合類義語「おいしい」が、古語「いしい」の女房詞由来する語であることもあって、現代共通語では、女性は「うまい」より「おいしい」を使う傾向がある。

〔自ラ五(四)

形動

〔名〕

〔名〕


うま・し【旨・甘・味・美】

〔形ク〕 ⇒うまい(旨)


うまし【味・美・甘】

〔形シク〕 人または事物対する満足や賛美気持表わすすばらしい。よい。りっぱだ。

書紀720神代下「乃ち無目籠(まなしかたま)を作りて、彦火火出見尊籠の中に内(い)れ、之を海に沈む。即ち自然(おのづからに)可怜(ウマシ)小汀(はま)有り〈可怜、此をば于麻師(ウマシ)と云ふ。汀、此をば波麻(はま)と云ふ〉」


味(あじ)

市場売り方及び買い方態度や、相場動き取引模様から感じ市場雰囲気のこと。これを「気味(きあじ)」とも呼びます。また、市場雰囲気相場のよい事を「味がいい」といい、反対を「味が悪い」といいます。

味覚

( から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/30 17:18 UTC 版)

味覚(みかく)は、動物五感の一つであり、する物質に応じて認識される感覚である。生理学的には、甘味酸味塩味苦味うま味五味基本味に位置づけられる。基本味の受容器はヒトの場合おもににある。基本味が他の要素(嗅覚視覚記憶など)で拡張された知覚心理学的な感覚としての味は、風味(ふうみ)と呼ばれることが多い。また、認識の過程を味わう(あじわう)と言う。


注釈

  1. ^ なお、グルタミン酸あるいはグルタミン酸ナトリウム塩は違う味と認識される。
  2. ^ なお、英語でのうま味の表記は、以前は「デリシャス・テイスト」と表現されていたが、日本語の「うま味」が専門用語として採用され、現在では「ウマミ」が通用する。
  3. ^ 食品添加物への認定の要請者によると「「コク味」とは「五基本味では表せない、基本味および基本味の周辺の味の厚み・ひろがり・持続性・まとまりなどをも増強する効果を持つ」としている。
  4. ^ 組織・構造についてはの項に詳しい。
  5. ^ グルメ探偵漫画『喰いタン』ではこの効果を採り上げたことがあり、作者・寺沢大介による検証も行われたが、その結果は効く人もいれば効かない人もいるというものだった。

出典

  1. ^ taste map
  2. ^ Tordoff, Michael G.; Shao, Hongguang; Alarcón, Laura K.; Margolskee, Robert F.; Mosinger, Bedrich; Bachmanov, Alexander A.; Reed, Danielle R.; McCaughey, Stuart (2008-08). “Involvement of T1R3 in calcium-magnesium taste”. Physiological Genomics 34 (3): 338–348. doi:10.1152/physiolgenomics.90200.2008. ISSN 1094-8341. https://doi.org/10.1152/physiolgenomics.90200.2008. 
  3. ^ Tordoff, Michael G.; Alarcón, Laura K.; Valmeki, Sitaram; Jiang, Peihua (2012-07-06). “T1R3: A human calcium taste receptor”. Scientific Reports 2 (1). doi:10.1038/srep00496. ISSN 2045-2322. https://doi.org/10.1038/srep00496. 
  4. ^ a b Lapis, T. J.; Penner, M. H.; Lim, J. (2014-10-17). “Evidence that Humans Can Taste Glucose Polymers”. Chemical Senses 39 (9): 737–747. doi:10.1093/chemse/bju031. ISSN 0379-864X. https://doi.org/10.1093/chemse/bju031. 
  5. ^ 温度を感じる仕組み-富永真琴
  6. ^ “That Tastes ... Sweet? Sour? No, It's Definitely Calcium!”, Science Daily, (21 August 2008), http://www.sciencedaily.com/releases/2008/08/080820163008.htm 2010年9月14日閲覧。 
  7. ^ Laugerette, F; Passilly-Degrace, P; Patris, B; Niot, I; Febbraio, M; Montmayeur, J. P.; Besnard, P (2005). “CD36 involvement in orosensory detection of dietary lipids, spontaneous fat preference, and digestive secretions”. Journal of Clinical Investigation 115 (11): 3177–84. doi:10.1172/JCI25299. PMC 1265871. PMID 16276419. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC1265871/. 
  8. ^ 油脂のおいしさの科学 社団法人 日本酪農乳業協会
  9. ^ Cartoni, C.; Yasumatsu, K.; Ohkuri, T.; Shigemura, N.; Yoshida, R.; Godinot, N.; le Coutre, J.; Ninomiya, Y. et al. (2010-06-23). “Taste Preference for Fatty Acids Is Mediated by GPR40 and GPR120”. Journal of Neuroscience 30 (25): 8376–8382. doi:10.1523/jneurosci.0496-10.2010. ISSN 0270-6474. https://doi.org/10.1523/jneurosci.0496-10.2010. 
  10. ^ Ozdener, Mehmet Hakan; Subramaniam, Selvakumar; Sundaresan, Sinju; Sery, Omar; Hashimoto, Toshihiro; Asakawa, Yoshinori; Besnard, Philippe; Abumrad, Nada A. et al. (2014-04). “CD36- and GPR120-Mediated Ca2+ Signaling in Human Taste Bud Cells Mediates Differential Responses to Fatty Acids and Is Altered in Obese Mice”. Gastroenterology 146 (4): 995–1005.e5. doi:10.1053/j.gastro.2014.01.006. ISSN 0016-5085. https://doi.org/10.1053/j.gastro.2014.01.006. 
  11. ^ a b Yasumatsu, Keiko; Iwata, Shusuke; Inoue, Mayuko; Ninomiya, Yuzo (2019-5). “Fatty acid taste quality information via GPR120 in the anterior tongue of mice” (英語). Acta Physiologica 226 (1): e13215. doi:10.1111/apha.13215. ISSN 1748-1708. https://onlinelibrary.wiley.com/doi/abs/10.1111/apha.13215. 
  12. ^ a b c 鄒ら
  13. ^ 重篤副作用疾患別対応マニュアル 平成23年3月厚生労働省
  14. ^ a b c 川口ら
  15. ^ 生井明浩、池田稔ほか、『味覚障害患者に対するビタミンB2内服療法』口腔・咽頭科 Vol.12 (1999-2000) No.3 P369-372, doi:10.14821/stomatopharyngology1989.12.369
  16. ^ Ueda, Yoichi; Yonemitsu, Muneaki; Tsubuku, Takako; Sakaguchi, Makoto; Miyajima, Ryuichi (1997-01). “Flavor Characteristics of Glutathione in Raw and Cooked Foodstuffs”. Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry 61 (12): 1977–1980. doi:10.1271/bbb.61.1977. ISSN 0916-8451. https://doi.org/10.1271/bbb.61.1977. 
  17. ^ Running, Cordelia A.; Craig, Bruce A.; Mattes, Richard D. (2015-07-03). “Oleogustus: The Unique Taste of Fat”. Chemical Senses 40 (7): 507–516. doi:10.1093/chemse/bjv036. ISSN 0379-864X. https://doi.org/10.1093/chemse/bjv036. 
  18. ^ “偏食家は「スーパーテイスター」?”. (2013年11月12日). http://www.news-postseven.com/archives/20131112_226655.html 2016年12月24日閲覧。 
  19. ^ a b ジェイミー・グッド『新しいワインの科学』梶山あゆみ訳 河出書房新社 2014年 ISBN 9784309253145 pp.312-314.
  20. ^ Garcia J, Kimeldorf DJ, Koelling RA. Conditioned aversion to saccharin resulting from exposure to gamma radiation. Science 1955; 122(3160): 157-8
  21. ^ 三吉康郎、吉浦禎二、木村知郎、中根英晴、臨床味覚検査法の一つとして電気性味覚検査法Krarup氏法の検討 日本耳鼻咽喉科学会会報 1968年 71巻 10号 p.1477-1483, doi:10.3950/jibiinkoka.71.1477
  22. ^ 高橋祥一郎、後藤昌昭、岡増一郎 ほか、電気味覚の正常値について 日本口腔外科学会雑誌 1979年 25巻 5号 p.967-972, doi:10.5794/jjoms.25.967
  23. ^ 中村裕美、宮下芳明、電気味覚メディア構築のための生理学的知見 コンピュータ ソフトウェア 2016年 33巻 2号 p.2_43-2_55, doi:10.11309/jssst.33.2_43
  24. ^ 無味のとんかつに電流で味が!"電気味覚"を体験, http://www.sensors.jp:80/post/no_salt_restaurant.html 
  25. ^ 「アクワイアード・テイスト」とは?” (2015年8月19日). 2017年11月4日閲覧。
  26. ^ “人体の不思議。人は舌ではなく頭で味わっている。脳の中の味覚の位置が特定される(米研究)”. (2019年3月28日). http://karapaia.com/archives/52272579.html 2019年9月16日閲覧。 
  27. ^ “空腹になると味覚を調節する神経ネットワークを発見-生理研ら”. (2019年10月11日). http://www.qlifepro.com/news/20191011/hungry-taste.html 2019年10月22日閲覧。 



出典:『Wiktionary』 (2021/08/11 11:37 UTC 版)

発音(?)

名詞

あじ

  1. 舌が食べ物飲み物などに触れたときに起こる、甘い・辛い・しょっぱい・えぐい・渋い・うまいなどの感覚
  2. 経験によって感得する楽しさ悦楽感興
  3. ものごとの持つ深み表面的には強く現れていないが、対象について知るにつれて分かってくる良さ含蓄
  4. 囲碁・将棋)手の良し悪し感覚
  5. (仏教) 味覚対象六境および十二処のひとつ。味境みきょう味処みしょに同じ(ウィキペディア三科」、「五位」も参照)。

熟語

接尾辞

  1. 名詞形容詞などに加えて)そういう状態程度にあることを示す。接尾辞「み」に対す当て字で、漢語につく場合飲食物の味(あじ)を表す場合などに「味」表記用いられることが多い。
  2. 飲食物薬物などの種類をかぞえる助数詞

※ご利用のPCやブラウザにより、漢字が正常に表示されない場合がございます。
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence. Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.



味と同じ種類の言葉


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「味」に関係したコラム

  • CFDのコーヒー相場の見方

    飲用として流通しているコーヒーの木には、「アラビカ種」と「ロブスタ種」の2つの品種があります。アラビカ種は世界のコーヒー生産量のおよそ80%を占めています。一方、ロブスタ種は世界のコーヒー生産量のおよ...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「味」の関連用語

1
100% |||||

2
100% |||||

3
100% |||||

4
100% |||||

5
100% |||||

6
100% |||||

7
100% |||||

8
100% |||||

9
100% |||||

10
100% |||||

味のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



味のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日本ユニコム日本ユニコム
Copyright(C) 2022 NIHON UNICOM CORPORATION All Rights Reserved.
日本ユニコム商品先物取引用語集
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの味覚 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
漢字辞典
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence.
Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Distributed under the Terms of Use in http://www.unicode.org/copyright.html.
Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS