スクロースとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 自然 > 物質 > 化合物 > 二糖 > スクロースの意味・解説 

スクロース【sucrose】

読み方:すくろーす

蔗糖(しょとう)


しょ糖

分子式C12H22O11
その他の名称砂糖、庶糖、ショ糖、しょ糖、ビート糖、スクロース、サッカロースSugarSucroseBeet sugarCane sugarSaccharose、β-D-Fructofuranosyl α-D-glucopyranoside、シュクロース、2-O-α-D-Glucopyranosyl-β-D-fructofuranose、(+)-サッカロース、D-(+)-Sucrose、D-(+)-Saccharose、(+)-D-スクロース、1-O-α-D-Glucopyranosyl-1-(hydroxymethyl)-β-D-arabinofuranose、2-Deoxy-β-D-fructofuranose-2-yl α-D-glucopyranoside、1-O-β-D-Fructofuranosyl-α-D-glucopyranose、白糖White soft sugar、2-O-(α-D-Glucopyranosyl)-β-D-fructofuranose、1-O-(β-D-Fructofuranosyl)-α-D-glucopyranose、D-Saccharose、D-サッカロース
体系名:β-D-フルクトフラノシルα-D-gluco-ヘキソピラノシド、2-O-α-D-グルコピラノシル-β-D-フルクトフラノース、β-D-フルクトフラノシルα-D-グルコピラノシド、1-O-α-D-グルコピラノシル-1-(ヒドロキシメチル)-β-D-アラビノフラノース、2-デオキシ-β-D-フルクトフラノース-2-イルα-D-グルコピラノシド、1-O-β-D-フルクトフラノシル-α-D-グルコピラノース、2-O-(α-D-グルコピラノシル)-β-D-フルクトフラノース、1-O-(β-D-フルクトフラノシル)-α-D-グルコピラノース


ショ糖

同義/類義語:スクロース
英訳・(英)同義/類義語:cane sugar, Sucrose

グルコースフルクトース脱水縮合した二糖類の糖。

スクロース

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/11/19 06:24 UTC 版)

スクロース (sucrose) またはショ糖蔗糖、しょとう)は、の1種であり、砂糖の主成分である。テンサイサトウキビなどから得られる。なお「蔗糖」の「蔗」は「さとうきび」の意の漢字である[1]


  1. ^ 約0.154 (mol/L)のスクロース水溶液を作れば、生理食塩水と等張になる。したがって、約52.7 gのスクロースを、1 リットルの水に溶かせば良い。
  1. ^ 蔗 | 漢字一字 | 漢字ペディア”. www.kanjipedia.jp. 2021年8月2日閲覧。
  2. ^ Question No. 1835 Singapore Science Centre: ScienceNet|Physical Sciences|General Chemistry (ウェブアーカイブ)
  3. ^ 飛田美穂, 渡辺順, 高宮登美 ほか、「発作性夜間血色素尿症に合併した急性腎不全」『日本腎臓学会誌』1989年 31巻 8号 p.891-895, doi:10.14842/jpnjnephrol1959.31.891
  4. ^ a b c d e f 河合忠, 屋形稔, 伊藤喜久, 山田俊幸 編集 『異常値の出るメカニズム(第6版)』 p.129 医学書院 2013年2月1日発行 ISBN 978-4-260-01656-8


「スクロース」の続きの解説一覧

スクロース

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/03/30 08:44 UTC 版)

ワインの糖」の記事における「スクロース」の解説

大部分ワイン中には、スクロースはほとんど存在しない例外はシャンパンその他のスパークリングワインで、二次発酵後にスクロースが添加されることがあり、これはドザージュと呼ばれる

※この「スクロース」の解説は、「ワインの糖」の解説の一部です。
「スクロース」を含む「ワインの糖」の記事については、「ワインの糖」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「スクロース」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「スクロース」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「スクロース」の関連用語

スクロースのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



スクロースのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
独立行政法人科学技術振興機構独立行政法人科学技術振興機構
All Rights Reserved, Copyright © Japan Science and Technology Agency
JabionJabion
Copyright (C) 2023 NII,NIG,TUS. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのスクロース (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのワインの糖 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS