イルとは?

Weblio 辞書 > 方言 > 東京方言 > イルの意味・解説 

い・る【入る】

【一】[動ラ五(四)

人や物がある場所・範囲・状態などに移る。はいる。

㋐外から中に移動する。「道が山あいに—・る」「葷酒(くんしゅ)山門に—・るを許さず」

移り動いて物の陰に隠れる。太陽や月が沈む。「日が山の端に—・る」

特定の環境に身を移す。「渦中に—・る」「仏門に—・る」

㋓時が進行して、ある時刻季節になる。「土用に—・る」

心・目・耳などの感覚通じて対象をとらえる。「目に—・るものすべてが珍しい」

㋕しだいに移ってある状態に達する。ある状態にまで深くいっていく。「話が佳境に—・る」「悦に—・る」

内部にくぼみ、裂け目が生じる。「茶碗にひびが—・る」

いっぱい含まれる。こもる。「念の—・った仕事ぶり

動詞連用形に付いて、その動作や状態の程度が非常に深い、また、その動作に徹したり、その状態にすっかりなってしまったりする意を表す。「ぐっすり寝—・る」「心に染み—・る」「恥じ—・る」「恐れ—・ります」

(「いらせ給ふ」「いらせらる」などの形で)「来る」「行く」「居る」の意を表す。

御輿(みこし)の—・らせ給ふほどなど」〈大鏡道長上〉

【二】[動ラ下二「い(入)れる」の文語形

[補説] 【一】1文語的な言い方で、現代語ではふつう「はいる」を用いる。しかし、「気にいる」「堂にいる」「有卦(うけ)にいる」など慣用的表現の中では現在でも多く用いられる。

[下接句] 石を抱(いだ)きて淵(ふち)に入る・有卦(うけ)に入る・悦(えつ)に入る・笑壺(えつぼ)に入る・気に入る・鬼籍(きせき)に入る・興(きょう)に入る・見参(げんざん)に入る・神(しん)に入る・大声(たいせい)里耳(りじ)に入らず・手に入る堂に入る・堂に升(のぼ)り室(しつ)に入らず・念が入る門に入る・病(やまい)膏肓(こうこう)に入る


い・る【射る】

[動ラ五(四)「い(射)る」(上一)に同じ。近世江戸語以降の用法。

「灯(ひ)の光り闇を破りて遥(はるか)に身を—・り」〈露伴いさなとり


いる【射る】

[動ア上一][文][ヤ上一]

矢を弓につがえて放つ。「弓をいる

矢や弾丸目的物当てる。「的をいる

光が強く照らす。「光線が目をいる

向けて放たれたものが対象をとらえる。「やさしい言葉が心をた」


いる〔ゐる〕【居る】

[動ア上一][文][ワ上一]《じっと動かないでいる、低い姿勢静かにしているのをいうのが原義で、「立つ」に対する語》

人や動物が、ある場所に存在する。「ペンギン北極にはない」「そこにいるのは誰ですか」

住む。滞在する。「ロンドンいる兄からの便り

移動するのをやめて、そこにとどまる。

静止している。「動かないで、そこにいるんですよ」

㋑すわる。しゃがむ。

「立ちてて見れどもあやし」〈・四〇〇三〉

鳥が、とまる。

「後徳大寺大臣(おとど)の寝殿に、させじとて」〈徒然・一〇〉

などがかかり、じっととどまる。

筑波嶺(つくばね)の嶺ろ過ぎかてに息づく君を率(ゐ)寝て遣らさね」〈三三八八

㋔船が浅瀬につかえて動かないでいる。

「みさごゐる渚(す)にゐる舟の漕ぎ出なばうら恋しけむ後(のち)は相寝(あひぬ)とも」〈・三二〇三〉

や氷などが生じる。できる。

「池などある所も水草(みくさ)」〈・一七八

「つららて守る岩間の関なればよをへてかたくなりまさるかな」〈堀河百首

ある地位につく。

春宮(とうぐう)には若宮給ひにけり」〈宇津保・国譲下〉

(「腹ゐる」の形で)怒り治まる。「腹立つ」に対する語。

「妻(め)の腹にければ、重方がいはく」〈今昔二八・一〉

補助動詞動詞連用形接続助詞「て」が付いた形に付く。

動作・状態が続いて、現在に至ることを表す。「が鳴いている」「花が咲いている

動作作用結果が、続いて現在もあることを表す。「枯れいる」「窓があいている

現在の状態を表す。「彼の気持ちはもう変わっている


いる【沃る】

[動ヤ上一]などを注ぐ。かける。浴びせる

「僧は腰に湯をさせて」〈今昔・二〇・二〉


い・る【煎る/×炒る/×熬る】

[動ラ五(四)火にかけて、水気がなくなるまで煮つめるまた、鍋などに入れて火であぶる。「豆を—・る」

[補説] 「煎」は火で熱し焦がす、「炒」は鍋などで熱し焦がす、油でいためる、「熬」は焦がす、煮つめる意とするが、明確には使い分けにくい。

[可能] いれる


い・る【熟る】

[動ラ五(四)《「入(い)る」と同語源》果実熟する。「稲穂に実が—・る」


いる〔ゐる〕【率る/将る】

[動ワ上一]

人を連れて行く。ひきいる。

従者(ともびと)として往きき」〈記・上〉

物を身に携えて行く。

内侍所神璽(しんじ)、宝剣ばかりをぞ、忍びて渡させ給ふ」〈増鏡むら時雨


い・る【要る】

[動ラ五(四)《「入(い)る」と同語源》費用品物時間などが必要になる。入用である。「資本が—・る」「暇が—・る」「お世辞は—・らない」


いる【鋳る】

[動ア上一][文][ヤ上一]溶かした金属鋳型流し込んで器物をつくる。鋳造する。「鐘をいる


イル

東京方言意味・用例
イル揺する地震がいる」

イル

東京方言意味・用例
イル割れる、ひびができる 「ひびがいったんでしょう

イル

名前 IlElEllGillIluJil

イル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/12 09:34 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動

イル

地名
人物
  • ラ・イル (La Hire) - フランス語の姓。
  • iLL - 日本のミュージシャン(ソロプロジェクト)。
フランス語 (île, ile)を意味する名称

関連項目




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「イル」の関連用語

イルのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



イルのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
東京方言辞典東京方言辞典
Copyright (C) 2021 東京方言辞典 All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのイル (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS