鳶とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 生物 > > > の意味・解説 

とび【×鳶/×鵄/×鴟】

読み方:とび

タカ科全長60センチ全身茶色で、翼の下面白斑がある。尾は凹形。ピーヒョロロと鳴きながら羽ばたかずに輪を描いて飛ぶ。ユーラシア広く分布漁港市街地多く魚や動物死体食べる。とんび。

鳶職」の略。

鳶口」の略。

鳶色」の略。


とんび【×鳶】

読み方:とんび

「とび(鳶)1」に同じ。

用もなくうろつく者。また、通りがかりに店先門口のものを盗む、こそ泥。「廊下—」

鳶ガッパ」の略。《 冬》


とび 鳶


読み方:トビtobi

鳶人足鳶の者鳶職総称


読み方:トンビ(tonbi)

室町時代以降小量取引仲介して手数料をとった業者

別名 牙儈(すあい)


とび 【鳶・鵄】

タカ目タカ科『日本書紀』神武天皇助けて長髄彦降伏させた金色記述があり、愛宕神は鳶を神使とするなど霊鳥ともされるが、反面鳶に油揚げをさらわれる」の言葉あるとおり憎まれる面もある。鳶が舞うととか、その鳴声などでも天候を占う。屋根にとまると火災前兆との俗信もある。

作者島村利正

収載図書島村利正全集 第2巻(1958−1975)
出版社未知谷
刊行年月2001.10


作者山田風太郎

収載図書達磨峠の事件 補遺篇―山田風太郎ミステリー傑作選 10
出版社光文社
刊行年月2002.3
シリーズ名光文社文庫

収載図書橘傳来記山田風太郎初期作品集
出版社出版芸術社
刊行年月2008.11


作者園村昌弘

収載図書銀幕恋して
出版社海鳥社
刊行年月2007.3


作者幸田

収載図書ピトンよ、饗け
出版社日本図刊行
刊行年月1987.1
シリーズ名トレビ文庫


読み方:トビtobi

ワシタカ科の

学名 Milvus migrans


読み方:そるかい

  1. 一般警察官吏。〔朝鮮人隠語
  2. 警官。〔朝鮮人語〕
  3. 一般警察官吏を云ふ。

分類 朝鮮人朝鮮人


読み方:とんび,どんび

  1. 笛のことをいふ。笛の音は鳶の鳴声によく似て居るから名づけたのである。〔役者語〕
  2. 〔楽〕笛のことを云ふ。其色音から来たもの。
  3. 笛。
  4. 笛のことをいふ。笛の音は鳶の鳴声によく似て居るから名づけたのである
  5. 〔隠〕笛のこと。笛の音は鳶の鳴声によく似て居るからであらう。
  6. 笛のことをいふ。
  7. 笛を云ふ。鳶の声と笛の音似たるより。
  8. 笛のこと、笛の音は鳶の鳴声よく似ているから。
  9. 笛のことをいう。笛の音は鳶の鳴声よく似ているから名づけたのである。〔芸能俳優)〕

分類 俗語俳優役者役者語、楽、芸能露店商


読み方:とんび

  1. 通りながら家人目を倫みて商品等を掠め盗むどろばうの一種を云ふ。
  2. 〔犯〕途上などに於て浚ふ犯罪者のこと。
  3. 途上窃盗多治見 不良仲間
  4. 途上窃盗。〔香具師不良
  5. 路上窃盗歩きながら浚うところより。〔盗〕
  6. 途上窃盗

分類 不良仲間東京、犯、盗/犯罪香具師不良


読み方:とんび

  1. 才取に同じ。鞘取りともいふ。
  2. 取引員と客との間に立つ株の売買媒介をする者で才鳥(鳶の字分析)ともいう。②他人株券金融してやる称して横領すること。
  3. 取引員と客との間に立って株の売買媒介をする者で才鳥(鳶の字分析)ともいう。

分類 会社株式会社株式経済


読み方:そるかい

  1. 万引窃盗犯。〔朝鮮人隠語
  2. 万引窃盗犯を云ふ。

分類 朝鮮人


読み方:とび

  1. 干物窃取する事。〔岩手県〕 食物其他を掴みとること。〔山口県〕 空巣ねらひ屋外窃盗子供の持つてゐる金品掠奪するもの、強奪或は制服巡査をいふ。
  2. 路上窃盗盗んで直ぐすつ飛ぶところより。〔盗〕 ②拳銃飛道具省略。〔盗〕
  3. 干物窃取すること。〔岩手〕 ②食物その他を掴みとること。〔山口〕 ③空巣ねらい。屋外窃盗

分類 岩手山口、盗/犯罪


読み方:とび

  1. 食物其他ヲ掴ミ取ルコトヲ云フ。〔第一類 言語及ヒ動作之部・山口県

分類 山口県


読み方:とび

  1. 正制巡査。〔第二類 人物風俗

読み方:とび

  1. 外套類。〔第二類 人物風俗

読み方:とび

  1. 通屋窃盗犯途上遊歩中ノ幼児携帯セル金品掠奪。〔第三類 犯罪行為
  2. 途上で働く窃盗をいふ。盗賊刑事などの用語。
  3. 鳶は途上で携帯品などを横間から奪ひ去るもの。「ヒルテン」とも云ふ。

分類 強窃盗盗賊刑事


読み方:とび

  1. とびのもの略語
  2. 足場作り高所でやる仕事
  3. 火消人足消防夫鳶口を持つところから出た語。鳶の者ともいう。⑵転じて仕事師人足のこと。

分類 ルンペン大阪東京


読み方:とび

  1. 〔経〕取引所用語。現物才取をいふ。

分類

隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

読み方:トビtobi

全国農地市街地にも見られるタカ一種

季節

分類 動物


読み方
とび

トビ

( から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/09/15 08:59 UTC 版)

トビ(鳶、学名: Milvus migrans)は、タカ目タカ科に属する鳥類の一種。トンビとも言う。


  1. ^ a b c d e f g h 日高敏隆監修、樋口広芳 森岡弘之 山岸哲編集 『日本動物大百科 第3巻 鳥類Ⅰ』平凡社、1996年7月、146-148頁。 
  2. ^ 南陽子 (2018年5月26日). “トビ:とんだ京の新名物 鴨川中心、20年で倍増 食べ物狙われ、けが人も”. 毎日新聞大阪夕刊. オリジナルの2018年5月26日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20180526112251/https://mainichi.jp/articles/20180526/ddf/001/040/002000c 2018年6月3日閲覧。 


「トビ」の続きの解説一覧

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/12/27 02:08 UTC 版)

北の海」の記事における「鳶」の解説

四高柔道部1年生本名は鳶永太郎。気が強く寝技抑え込まれる相手を噛む。四高入ってから、柔道をやり始めたが、そうした連中の中で杉戸並んで目立っており、その闘志から将来嘱望されていた。本作においては、鳶と大天井浜辺での格闘印象的な場面であり、実力では圧倒的に上であるはずの大天井押さえ込むことに成功した

※この「鳶」の解説は、「北の海」の解説の一部です。
「鳶」を含む「北の海」の記事については、「北の海」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「鳶」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

出典:『Wiktionary』 (2021/08/12 02:13 UTC 版)

発音(?)

名詞

  1. (とび、とんび猛禽類一種
  2. (とび)建築現場足場を組むなどの業を担う職又はその職人

熟語


※ご利用のPCやブラウザにより、漢字が正常に表示されない場合がございます。
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence. Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.

「鳶」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



鳶と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



鳶のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ダイキン工業ダイキン工業
Copyright (C) 2022 DAIKIN INDUSTRIES, ltd. All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
中経出版中経出版
Copyright (C) 2022 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
皓星社皓星社
Copyright (C) 2022 株式会社皓星社 All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
EDRDGEDRDG
This page uses the JMnedict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのトビ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの北の海 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
漢字辞典
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence.
Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Distributed under the Terms of Use in http://www.unicode.org/copyright.html.
Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS