白斑とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 様子 > 斑点 > 白斑の意味・解説 

しら‐ふ【白斑】

白色斑点白色のまだら。

枕づくつま屋の内にとぐら結ひ据ゑてそ我(あ)が飼ふ真—の」〈・四一五四


しろ‐ぶち【白斑】

白色のぶち。地色中に白のまだらがあること。


しろ‐まだら【白斑】


はく‐はん【白斑】

白色のまだら。白い斑点しろまだら

皮膚のメラニン色素減少消失によって生じる白色斑点しろなまず

太陽表面の、周囲よりも光輝いて見え斑点のような部分


しら‐ふ【白斑】

〔名〕

白色のまだら。白い斑点

江帥集1111頃)「はしたかのしらふにいろやまがふらんとがへるやまにあられふるなり」

② 「しらふ(白斑)の」の略。

金槐集(1213)冬「はしたかもけふやしらふにかはるらんとかへる山にゆきのふれれば」


しろ‐ぶち【白斑】

〔名〕 他の色の中に白のまだらのあること。白い色の部分の多いぶち。

田舎教師(1909)〈田山花袋〉二「広場には白斑(シロブチ)ののそのそと餌をあさって居た」


しろ‐まだら【白斑】

〔名〕 ナミヘビ科無毒のヘビ体長七〇センチメートルぐらい。背は淡灰褐色頭部黒褐色をし、全体多数黒褐色横帯がある。夜行性であまり人目つかない本州四国九州分布する。


はく‐はん【白斑】

〔名〕

白色のまだら。白い斑点斑紋。白紋。

大和本草(1709)一二苦木(にがき) 似たり。皮淡黒、白斑多し」〔海虞衡志‐志

太陽光球面で、白色、斑状に見え部分黒点伴って周期的出現するものと極付近に出現するものがあり、温度摂氏約七千度周辺光球面より高い。白紋。

色素が脱けおちたために皮膚白色の斑を生じる皮膚病


白斑

【英】:Leukoderma

皮膚色素脱出(失)による白色斑状の変化
局所的脱色(Local depigmentation)。
サル  部位、数、サイズ

白斑

読み方:シロマダラ(shiromadara)

爬虫類


白斑

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/27 10:20 UTC 版)

白斑(はくはん)とは、太陽光球面に見られる白い模様。 太陽の縁に近い部分に、もやもやとした白い(明るい)模様として観測される。 黒点に対して白斑と呼ばれるが、黒点ほどはっきりとした構造ではない[1]。 周期性も黒点ほど明瞭ではなく、太陽活動周期を通じて常在する。 黒点数が増加する太陽活動周期のピークには白斑もまた増加する傾向にある[1]。 白斑の増加による太陽光度の増加は黒点の増加による光度の減少を打ち消して余りあるものであり、このことは、黒点数のピークと同じころ太陽定数の長期変動成分がピークを迎えるという一見すると矛盾した状況をもたらす原因となっている[1]。 明るく見えるのは、周囲よりも温度が高いためであり、太陽に磁場が存在することの証拠の一つとされている。


  1. ^ a b c Nèmec, Nina-Elizabet (24 June 2021). "Exploring the solar paradigm to explain stellar variability". arXiv:2106.13183 [astro-ph]。


「白斑」の続きの解説一覧



白斑と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「白斑」の関連用語

白斑のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



白斑のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
国立医薬品食品衛生研究所国立医薬品食品衛生研究所
COPYRIGHT (C) 2021 National Institute of Health Sciences ALL RIGHTS RESERVED.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの白斑 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS