部位とは? わかりやすく解説

ぶ‐い〔‐ヰ〕【部位】

読み方:ぶい

全体の中である位置を占める部分。「身体の各—」


部位、座位、座

【仮名】ぶい
原文locus

何かしらのものが存在または発生する特定の場所身体の特定の位置鍼療法のつぼなど)を指すこともあれば、特定の遺伝子存在する染色体上の位置を指すこともある。

部位

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/20 05:22 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動
ウィキペディアには「部位」という見出しの百科事典記事はありませんタイトルに「部位」を含むページの一覧/「部位」で始まるページの一覧
代わりにウィクショナリーのページ「部位」が役に立つかも知れません。

関連項目



部位

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/02 06:39 UTC 版)

アートメイク」の記事における「部位」の解説

施術部位は主に眉、睫毛付根アイライン)、唇(リップ)である。眉では「眉頭眉山眉尻」のバランス考慮するなどしてデザイン決定するアイライン患者目を閉じた態で睫毛隙間を埋めるように色素注入するリップでは「色の濃度上げる、輪郭明確にする形を整える」などのデザインを施す。他には額の生え際頭皮ホクロ手相乳輪などがある。

※この「部位」の解説は、「アートメイク」の解説の一部です。
「部位」を含む「アートメイク」の記事については、「アートメイク」の概要を参照ください。


部位

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/28 07:29 UTC 版)

トライプ」の記事における「部位」の解説

ウシ消化器官。m=食道、v=第1胃、n=第2胃、b=第3胃、l=第4胃、t=腸 ウシの第1胃(ミノ)。 ヒツジ第2胃(ハチノス)。 ウシ第3胃(センマイ)の調理例(牛百頁)。 ウシ第4胃(ギアラ)。下茹でしてある。

※この「部位」の解説は、「トライプ」の解説の一部です。
「部位」を含む「トライプ」の記事については、「トライプ」の概要を参照ください。


部位

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2008/06/29 05:33 UTC 版)

石門穴」の記事における「部位」の解説

へその下2寸。ただし、へそと恥骨稜の間を5寸とする。

※この「部位」の解説は、「石門穴」の解説の一部です。
「部位」を含む「石門穴」の記事については、「石門穴」の概要を参照ください。


部位

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2011/03/20 09:37 UTC 版)

橈骨骨幹部骨折および尺骨骨幹部骨折」の記事における「部位」の解説

橈骨とうこつ)と尺骨しゃっこつ)は前腕にある細長い骨で、ともに近位肘関節遠位手関節形成する手関節では母指親指側にあるのが橈骨小指側にあるのが尺骨である。肘関節では外側色黒で毛の生えている方)にあるのが橈骨内側色白で毛の生えていない方)にあるのが尺骨である。橈骨尺骨前腕骨呼ばれることがある橈骨尺骨両端膨大しており、それを除いた中間の細い部分骨幹と呼ぶ

※この「部位」の解説は、「橈骨骨幹部骨折および尺骨骨幹部骨折」の解説の一部です。
「部位」を含む「橈骨骨幹部骨折および尺骨骨幹部骨折」の記事については、「橈骨骨幹部骨折および尺骨骨幹部骨折」の概要を参照ください。


部位

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/24 04:44 UTC 版)

ホルモン焼き」の記事における「部位」の解説

一般にホルモン焼きと言えば腸の料理意味することが多いが、専門店内臓食に縁の深い地域ではどの部位にするか聞かれることが多い。 「もつ#もつの分類」も参照 テッチャン ハツ レバー ミノ ハチノス センマイ ギアラ

※この「部位」の解説は、「ホルモン焼き」の解説の一部です。
「部位」を含む「ホルモン焼き」の記事については、「ホルモン焼き」の概要を参照ください。


部位

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/06/10 15:54 UTC 版)

下脘穴」の記事における「部位」の解説

神闕穴の上2寸にある。

※この「部位」の解説は、「下脘穴」の解説の一部です。
「部位」を含む「下脘穴」の記事については、「下脘穴」の概要を参照ください。


部位

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/02/20 12:29 UTC 版)

水分穴」の記事における「部位」の解説

その中央にある神闕穴の上1寸。なお、骨度法では、胸骨体下端とへその間を8寸とする。

※この「部位」の解説は、「水分穴」の解説の一部です。
「部位」を含む「水分穴」の記事については、「水分穴」の概要を参照ください。


部位

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2011/08/22 04:36 UTC 版)

四白穴」の記事における「部位」の解説

瞳孔の下1寸、眼窩下孔部にある。

※この「部位」の解説は、「四白穴」の解説の一部です。
「部位」を含む「四白穴」の記事については、「四白穴」の概要を参照ください。


部位

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2011/09/07 06:50 UTC 版)

犢鼻穴」の記事における「部位」の解説

膝蓋骨下縁脛骨上端との中間膝蓋靭帯(英語)中にある

※この「部位」の解説は、「犢鼻穴」の解説の一部です。
「部位」を含む「犢鼻穴」の記事については、「犢鼻穴」の概要を参照ください。


部位

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2013/02/25 15:50 UTC 版)

二間穴」の記事における「部位」の解説

第2中手指節関節の下、橈側陥凹に取穴する。

※この「部位」の解説は、「二間穴」の解説の一部です。
「部位」を含む「二間穴」の記事については、「二間穴」の概要を参照ください。


部位

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2013/02/25 15:53 UTC 版)

三間穴」の記事における「部位」の解説

第2中手指節関節の上橈側陥凹に取穴する。

※この「部位」の解説は、「三間穴」の解説の一部です。
「部位」を含む「三間穴」の記事については、「三間穴」の概要を参照ください。


部位

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/17 08:58 UTC 版)

全身麻酔」の記事における「部位」の解説

前頭部から導出された脳波利用することが多い。その理由としては、前頭部から導出された脳波麻酔によって臨機応変に変化し髪の毛がなく電極配置しやすいことなどがあげられる

※この「部位」の解説は、「全身麻酔」の解説の一部です。
「部位」を含む「全身麻酔」の記事については、「全身麻酔」の概要を参照ください。


部位

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2013/09/12 12:12 UTC 版)

経渠穴」の記事における「部位」の解説

前腕外側橈骨茎状突起橈骨動脈の間、手関節掌側横紋の上方1寸に取穴する。

※この「部位」の解説は、「経渠穴」の解説の一部です。
「部位」を含む「経渠穴」の記事については、「経渠穴」の概要を参照ください。


部位

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2011/11/07 07:48 UTC 版)

太谿穴」の記事における「部位」の解説

内果の最も尖ったところで内果アキレス腱の間陥凹部、内果の後5分、後脛骨動脈拍動に取穴する。

※この「部位」の解説は、「太谿穴」の解説の一部です。
「部位」を含む「太谿穴」の記事については、「太谿穴」の概要を参照ください。


部位

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2011/11/07 07:55 UTC 版)

陽池穴」の記事における「部位」の解説

手関節後面横紋のほぼ中央にあり、総指伸筋腱と小指伸筋腱の間、手関節後面横紋中で橈骨端と尺骨茎状突起間で、手根骨との間の陥凹に取穴する。

※この「部位」の解説は、「陽池穴」の解説の一部です。
「部位」を含む「陽池穴」の記事については、「陽池穴」の概要を参照ください。


部位

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2012/10/29 01:53 UTC 版)

気舎穴」の記事における「部位」の解説

鎖骨上窩中央にある

※この「部位」の解説は、「気舎穴」の解説の一部です。
「部位」を含む「気舎穴」の記事については、「気舎穴」の概要を参照ください。


部位

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2012/10/29 01:53 UTC 版)

缺盆穴」の記事における「部位」の解説

鎖骨上窩、鎖骨上際陥凹部、乳頭線上にある。

※この「部位」の解説は、「缺盆穴」の解説の一部です。
「部位」を含む「缺盆穴」の記事については、「缺盆穴」の概要を参照ください。


部位

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2012/10/29 01:53 UTC 版)

人迎穴」の記事における「部位」の解説

扶突穴の外方1寸5分総頚動脈拍動部にある。

※この「部位」の解説は、「人迎穴」の解説の一部です。
「部位」を含む「人迎穴」の記事については、「人迎穴」の概要を参照ください。


部位

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2011/12/10 01:10 UTC 版)

百会穴」の記事における「部位」の解説

耳介耳たぶの上端を結んだ垂直線正中線十文字に交差するところ。また、耳介前方折り曲げ、その上端を結んだところに取れと書いてある本もある。熟練した鍼灸師は、そのあたり指先触診し、やや凹んだ感じするところ百会としている。

※この「部位」の解説は、「百会穴」の解説の一部です。
「部位」を含む「百会穴」の記事については、「百会穴」の概要を参照ください。


部位

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2011/12/03 15:42 UTC 版)

魚際穴」の記事における「部位」の解説

手掌部、第1中手骨中点橈側赤白際に取穴する。

※この「部位」の解説は、「魚際穴」の解説の一部です。
「部位」を含む「魚際穴」の記事については、「魚際穴」の概要を参照ください。


部位

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2012/09/08 15:34 UTC 版)

水溝穴」の記事における「部位」の解説

鼻と口の間にある縦に走っているに取る。

※この「部位」の解説は、「水溝穴」の解説の一部です。
「部位」を含む「水溝穴」の記事については、「水溝穴」の概要を参照ください。


部位

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2012/09/08 15:34 UTC 版)

兌端穴」の記事における「部位」の解説

正中線上で上唇皮膚粘膜境目

※この「部位」の解説は、「兌端穴」の解説の一部です。
「部位」を含む「兌端穴」の記事については、「兌端穴」の概要を参照ください。


部位

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/17 13:57 UTC 版)

ステーキ」の記事における「部位」の解説

ステーキとしてカットされる肉は、柔らかく味の良い上質な部位に限られる日本の食小売品質基準規定されている牛肉の名称では、以下の部位が用いられるサーロイン 日本では上部後方腰肉意味する柔らかく味が良いフィレヒレ) 最も柔らかく脂肪少ない。英語ではテンダーロイン呼ばれる部位である。 リブロース 上部中央の背肉脂肪多く旨味がある。 肩ロースかたロース上部前方の肩肉脂肪は多いが筋がありやや固い。 腿(もも) 腿肉ももにく)は「もも」と「そともも」に分類されそともも硬くステーキは向かない。「もも」は日本食肉格付協会分類では「うちもも」と「しんたま」に細分される。 らんぷ 臀部の肉。赤身柔らかく脂肪少ない。 以下は骨付きステーキ日本の解体法とは異なるため、輸入肉のみに存在するカットである。 Tボーンステーキ ヒレサーロイン(あるいはショートロイン)の2つの部位が付いた骨付き肉。骨の断面がT字に見えるためこの名があるポーターハウスステーキ Tボーンステーキの中でヒレ部分が1/3を超えるもの。 Lボーンステーキ Tボーンと同じ部位だが、ショートロイン側でほとんどヒレ肉付いていないもの、あるいは単に骨付きサーロインステーキこのように呼ぶ。 これらの精肉以外にも内臓肉分類されるサガリ(ハンガーステーキ)、ハラミ(フランクステーキ)、ミスジなどの部位もステーキとして用いられる

※この「部位」の解説は、「ステーキ」の解説の一部です。
「部位」を含む「ステーキ」の記事については、「ステーキ」の概要を参照ください。


部位

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2012/09/08 15:11 UTC 版)

商陽穴」の記事における「部位」の解説

示指橈側爪甲去ること1分に取穴する。

※この「部位」の解説は、「商陽穴」の解説の一部です。
「部位」を含む「商陽穴」の記事については、「商陽穴」の概要を参照ください。


部位

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/08/03 02:11 UTC 版)

璇璣穴」の記事における「部位」の解説

正中線上で胸骨最上端の陥凹部にある天突穴取りそこから骨度法下に一寸所である。

※この「部位」の解説は、「璇璣穴」の解説の一部です。
「部位」を含む「璇璣穴」の記事については、「璇璣穴」の概要を参照ください。


部位

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/09/05 08:40 UTC 版)

行間穴」の記事における「部位」の解説

左右の第1外側中足指節関節前に取穴する。

※この「部位」の解説は、「行間穴」の解説の一部です。
「部位」を含む「行間穴」の記事については、「行間穴」の概要を参照ください。


部位

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/09/05 08:16 UTC 版)

中脘穴」の記事における「部位」の解説

神闕穴の上4寸にある。

※この「部位」の解説は、「中脘穴」の解説の一部です。
「部位」を含む「中脘穴」の記事については、「中脘穴」の概要を参照ください。


部位

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/09/05 08:15 UTC 版)

上脘穴」の記事における「部位」の解説

神闕穴の上5寸にある。

※この「部位」の解説は、「上脘穴」の解説の一部です。
「部位」を含む「上脘穴」の記事については、「上脘穴」の概要を参照ください。


部位

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/09/05 08:33 UTC 版)

少商穴」の記事における「部位」の解説

母指橈側爪甲根部爪甲の角を去ること1分に取穴する。

※この「部位」の解説は、「少商穴」の解説の一部です。
「部位」を含む「少商穴」の記事については、「少商穴」の概要を参照ください。


部位

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/09/05 08:42 UTC 版)

巨骨穴」の記事における「部位」の解説

鎖骨外端肩甲棘間の陥凹に取穴する。

※この「部位」の解説は、「巨骨穴」の解説の一部です。
「部位」を含む「巨骨穴」の記事については、「巨骨穴」の概要を参照ください。


部位

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/09/05 08:31 UTC 版)

神道穴」の記事における「部位」の解説

一般には、第5胸椎第6胸椎棘突起間の陥凹とされているが、第5胸椎棘突起下の陥凹部とする人も多い。

※この「部位」の解説は、「神道穴」の解説の一部です。
「部位」を含む「神道穴」の記事については、「神道穴」の概要を参照ください。


部位

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/12/27 09:53 UTC 版)

巨闕穴」の記事における「部位」の解説

胸骨体下端の下2寸にある。

※この「部位」の解説は、「巨闕穴」の解説の一部です。
「部位」を含む「巨闕穴」の記事については、「巨闕穴」の概要を参照ください。


部位

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/04/23 13:36 UTC 版)

会陰穴」の記事における「部位」の解説

肛門陰嚢または大陰唇中間

※この「部位」の解説は、「会陰穴」の解説の一部です。
「部位」を含む「会陰穴」の記事については、「会陰穴」の概要を参照ください。


部位

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/07/21 05:43 UTC 版)

ブローカ野」の記事における「部位」の解説

ブローカ野言語理解産出に対する役割によって、主に2つの部位に分けられる。: 三角部 (前側): 様々な刺激(複合モダリティー刺激連合)の'モード'の理解言語行為計画を担うと考えられている。 弁蓋部 (後側):1種類のみの刺激(単一モダリティー刺激連合)に対する処理や、運動野に近いことから音声言語産出のための発声器官調整を担うと考えられている。

※この「部位」の解説は、「ブローカ野」の解説の一部です。
「部位」を含む「ブローカ野」の記事については、「ブローカ野」の概要を参照ください。


部位

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/06/01 02:01 UTC 版)

太衝穴」の記事における「部位」の解説

左右の第1・第2中足骨底間に取穴する。

※この「部位」の解説は、「太衝穴」の解説の一部です。
「部位」を含む「太衝穴」の記事については、「太衝穴」の概要を参照ください。


部位

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/11/06 06:30 UTC 版)

天枢穴」の記事における「部位」の解説

その中心にある神闕両脇二寸にある。

※この「部位」の解説は、「天枢穴」の解説の一部です。
「部位」を含む「天枢穴」の記事については、「天枢穴」の概要を参照ください。


部位

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/07/02 14:09 UTC 版)

ばら肉」の記事における「部位」の解説

次のような部位に分かれる。 前バラ肩バラブリスケ - かたばら。やや堅いカルビ焼きなどに使われる三角チャック) トモバラ - やや堅い赤み脂肪層になっている。ショートリブなど。外バラともばら ナーベル だれバラ ゲタ フケ フランケンバラバラ だれバラ ゲタ フケ プレート カイノミ

※この「部位」の解説は、「ばら肉」の解説の一部です。
「部位」を含む「ばら肉」の記事については、「ばら肉」の概要を参照ください。


部位

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/06/29 14:26 UTC 版)

水泉穴」の記事における「部位」の解説

太谿穴の下1寸、踵骨隆起の前、陥凹部、踵骨隆起内側に取穴する。

※この「部位」の解説は、「水泉穴」の解説の一部です。
「部位」を含む「水泉穴」の記事については、「水泉穴」の概要を参照ください。


部位

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/03/29 08:01 UTC 版)

合谷穴」の記事における「部位」の解説

左右の第1、第2中手骨の間で第2中手骨よりに取穴する。

※この「部位」の解説は、「合谷穴」の解説の一部です。
「部位」を含む「合谷穴」の記事については、「合谷穴」の概要を参照ください。


部位

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/07/12 08:55 UTC 版)

梁丘穴」の記事における「部位」の解説

大腿部の前外側膝蓋骨上角から髀関穴に向かい上2寸にある。

※この「部位」の解説は、「梁丘穴」の解説の一部です。
「部位」を含む「梁丘穴」の記事については、「梁丘穴」の概要を参照ください。


部位

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/07/12 08:55 UTC 版)

孔最穴」の記事における「部位」の解説

前腕外側尺沢穴太淵穴を結ぶ線上で、手関節掌側横紋の上方7寸に取穴する。

※この「部位」の解説は、「孔最穴」の解説の一部です。
「部位」を含む「孔最穴」の記事については、「孔最穴」の概要を参照ください。


部位

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/09/23 14:24 UTC 版)

関元穴」の記事における「部位」の解説

へその下3寸骨度法では、へそ(神闕穴)と恥骨稜との間を5寸とする

※この「部位」の解説は、「関元穴」の解説の一部です。
「部位」を含む「関元穴」の記事については、「関元穴」の概要を参照ください。


部位

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/09/28 03:57 UTC 版)

肓兪穴」の記事における「部位」の解説

左右の臍の外5分に取穴する。

※この「部位」の解説は、「肓兪穴」の解説の一部です。
「部位」を含む「肓兪穴」の記事については、「肓兪穴」の概要を参照ください。


部位

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/09/28 04:11 UTC 版)

巨闕兪穴」の記事における「部位」の解説

一般には、第4胸椎第5胸椎棘突起間の陥凹とされているが、第4胸椎棘突起下の陥凹部とする人も多い。

※この「部位」の解説は、「巨闕兪穴」の解説の一部です。
「部位」を含む「巨闕兪穴」の記事については、「巨闕兪穴」の概要を参照ください。


部位

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/02 15:49 UTC 版)

鯨肉」の記事における「部位」の解説

セセリ - 舌。「さえずりとも言う。高級部位とされる付け根先端でも味が異なり全体に脂肪が多い。「コロ」に加工され関西おでん種等に用いられるなどした。 オバ尾羽) - 尾鰭脂肪ゼラチン質からなる。「おばけ(尾羽毛)」「おばいけ」とも。塩漬にし、後述の「さらしくじら」に用いる。 オノミ尾の身) - 尾鰭付け根霜降り肉で、現在は最高級部位とされる。尾肉。刺身ステーキ用いられるミンククジラでは霜降り程度弱く厳密にはほとんど存在しないナガスクジラオノミ最高級とされる。 ヒメワタ(姫腸) - 食道のこと。茹でて食べる。 ヒャクジョウ(百畳) - 胃のこと。茹でて食べる。 ヒャクヒロ百尋) - 小腸のこと。茹でて食べる。 マメワタ(豆腸) - 腎臓のこと。茹でて食べる。 フクロワタ(袋腸) - 肺。煮物のほか、生食も。 カラギモ - 肝臓。あまり普通の食用にはせず、肝油ドロップなどにする。 ホンガワ(本皮) - 表皮皮下脂肪層。刺身のほか、後述の「コロ」や「塩鯨」にする。 カノコ鹿の子) - あごから頬にかけて関節周辺の肉で、鹿の子状に脂肪中に筋肉散り霜降り状態のもの。同じ霜降り肉でも、尾の身より歯ごたえがあるはりはり鍋刺身食べる。 アカニク(赤肉) - 背肉腹肉などの脂肪少ない部位。赤身肉生産量30-40%を占める最も多い部位であり、かつての学校給食にも供給された。カツ竜田揚げのほか、刺身にも多く用いる。 シロデモノ(白手物) - 赤肉対語。本皮などの皮下脂肪部分総称白肉。 ウネス(畝須) - ヒゲクジラ下あごから腹にかけて縞模様の畝状凹凸部分で、白い脂身部分を畝(うね)、その内側の赤い霜降り肉部分須の子呼び、この二つ一緒になったものが“畝須”。ベーコン材料のほか茹でて食すヒゲ - 若いセミクジラクジラヒゲ食用にされた例もある。代用醤油原料にも使われた。 コヒゲ - 歯茎部分薄く切って食用にすることがあるカブラボネかぶら骨) - 上あごの骨の内部にある軟骨組織松浦漬玄海漬に用いるほか、江戸時代には鯨熨斗(くじらのし。ホリホリとも。)という珍味にも加工された。 タケリ - ペニス江戸時代には薬効があると称された。 キンソウ - 睾丸茹でて食べる。 ヒナ - クリトリス

※この「部位」の解説は、「鯨肉」の解説の一部です。
「部位」を含む「鯨肉」の記事については、「鯨肉」の概要を参照ください。


部位

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/09/28 04:06 UTC 版)

急脈穴」の記事における「部位」の解説

様々な取穴方法があるが、教科書では曲骨穴の外2寸5分とされている

※この「部位」の解説は、「急脈穴」の解説の一部です。
「部位」を含む「急脈穴」の記事については、「急脈穴」の概要を参照ください。


部位

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/09/28 04:01 UTC 版)

中枢穴」の記事における「部位」の解説

一般には、第10胸椎第11胸椎棘突起間の陥凹とされているが、第10胸椎棘突起下の陥凹部とする人も多い。

※この「部位」の解説は、「中枢穴」の解説の一部です。
「部位」を含む「中枢穴」の記事については、「中枢穴」の概要を参照ください。


部位

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/09/28 05:39 UTC 版)

腹通谷穴」の記事における「部位」の解説

肓兪穴の上5寸上脘穴の外5分に取穴する。

※この「部位」の解説は、「腹通谷穴」の解説の一部です。
「部位」を含む「腹通谷穴」の記事については、「腹通谷穴」の概要を参照ください。


部位

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/09/28 09:09 UTC 版)

侠白穴」の記事における「部位」の解説

上腕外側上腕二頭筋外側縁、腋下横紋前端から尺沢穴向かって下方4寸、上腕筋上腕二頭筋の間。

※この「部位」の解説は、「侠白穴」の解説の一部です。
「部位」を含む「侠白穴」の記事については、「侠白穴」の概要を参照ください。


部位

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/10/01 22:36 UTC 版)

外関穴」の記事における「部位」の解説

陽池穴の上2寸、総指伸筋腱と小指伸筋腱の間に取穴する。

※この「部位」の解説は、「外関穴」の解説の一部です。
「部位」を含む「外関穴」の記事については、「外関穴」の概要を参照ください。


部位

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/10/01 23:35 UTC 版)

長強穴」の記事における「部位」の解説

尾骨下端肛門の間に取穴する。腹臥位取穴

※この「部位」の解説は、「長強穴」の解説の一部です。
「部位」を含む「長強穴」の記事については、「長強穴」の概要を参照ください。


部位

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/10/01 22:35 UTC 版)

消濼穴」の記事における「部位」の解説

臑会穴と清冷淵穴の中央、上腕後面中央肘頭肩峰間に取穴する。

※この「部位」の解説は、「消濼穴」の解説の一部です。
「部位」を含む「消濼穴」の記事については、「消濼穴」の概要を参照ください。


部位

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/10/01 23:39 UTC 版)

至陽穴」の記事における「部位」の解説

一般には、第7胸椎第8胸椎棘突起間の陥凹とされているが、第7胸椎棘突起下の陥凹部とする人も多い。

※この「部位」の解説は、「至陽穴」の解説の一部です。
「部位」を含む「至陽穴」の記事については、「至陽穴」の概要を参照ください。


部位

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/10/01 23:42 UTC 版)

陶道穴」の記事における「部位」の解説

一般には、第1胸椎第2胸椎棘突起間の陥凹とされているが、第1胸椎棘突起下の陥凹部とする人も多い。

※この「部位」の解説は、「陶道穴」の解説の一部です。
「部位」を含む「陶道穴」の記事については、「陶道穴」の概要を参照ください。


部位

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/10/01 23:37 UTC 版)

脊中穴」の記事における「部位」の解説

一般には、第11胸椎第12胸椎棘突起間の陥凹とされているが、第11胸椎棘突起下の陥凹部とする人も多い。

※この「部位」の解説は、「脊中穴」の解説の一部です。
「部位」を含む「脊中穴」の記事については、「脊中穴」の概要を参照ください。


部位

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/11 17:02 UTC 版)

メルクストーリア - 癒術士と鈴のしらべ -」の記事における「部位」の解説

モンスター攻撃判定を受ける部分箇所数。ほとんどは1箇所であるが、イベントでは多数あるもの存在する。部位数が多いほど、大きなダメージを受ける。

※この「部位」の解説は、「メルクストーリア - 癒術士と鈴のしらべ -」の解説の一部です。
「部位」を含む「メルクストーリア - 癒術士と鈴のしらべ -」の記事については、「メルクストーリア - 癒術士と鈴のしらべ -」の概要を参照ください。


部位

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/10/01 23:41 UTC 版)

霊台穴」の記事における「部位」の解説

一般には、第6胸椎第7胸椎棘突起間の陥凹とされているが、第6胸椎棘突起下の陥凹部とする人も多い。

※この「部位」の解説は、「霊台穴」の解説の一部です。
「部位」を含む「霊台穴」の記事については、「霊台穴」の概要を参照ください。


部位

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/10/01 23:38 UTC 版)

筋縮穴」の記事における「部位」の解説

一般には、第9胸椎第10胸椎棘突起間の陥凹とされているが、第9胸椎棘突起下の陥凹部とする人も多い。

※この「部位」の解説は、「筋縮穴」の解説の一部です。
「部位」を含む「筋縮穴」の記事については、「筋縮穴」の概要を参照ください。


部位

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/10/01 02:16 UTC 版)

列缺穴」の記事における「部位」の解説

前腕橈側長母指外転筋腱と短母指伸筋腱の間の溝で、手関節掌側横紋の上方1寸5分に取穴する。

※この「部位」の解説は、「列缺穴」の解説の一部です。
「部位」を含む「列缺穴」の記事については、「列缺穴」の概要を参照ください。


部位

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/09/30 23:19 UTC 版)

腰兪穴」の記事における「部位」の解説

仙骨裂孔中央陥凹に取穴する。腹臥位取穴

※この「部位」の解説は、「腰兪穴」の解説の一部です。
「部位」を含む「腰兪穴」の記事については、「腰兪穴」の概要を参照ください。


部位

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/10/01 02:22 UTC 版)

身柱穴」の記事における「部位」の解説

一般には、第3胸椎第4胸椎棘突起間の陥凹とされているが、第3胸椎棘突起下の陥凹部とする人も多い。

※この「部位」の解説は、「身柱穴」の解説の一部です。
「部位」を含む「身柱穴」の記事については、「身柱穴」の概要を参照ください。


部位

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/10/01 02:21 UTC 版)

翳風穴」の記事における「部位」の解説

耳垂後方で、乳様突起下顎枝間の陥凹部、瘈乳突に取穴する。

※この「部位」の解説は、「翳風穴」の解説の一部です。
「部位」を含む「翳風穴」の記事については、「翳風穴」の概要を参照ください。


部位

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/08/21 02:48 UTC 版)

硬膜外麻酔」の記事における「部位」の解説

主に胸椎腰椎でよく使われる穿刺部はヤコビー線や第7頸椎基準決定する

※この「部位」の解説は、「硬膜外麻酔」の解説の一部です。
「部位」を含む「硬膜外麻酔」の記事については、「硬膜外麻酔」の概要を参照ください。


部位

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/04/18 23:19 UTC 版)

足三里穴」の記事における「部位」の解説

脛骨前面下からなで上げていって止まった部分と、腓骨頭下一寸にある陽陵泉穴の中間点で、膝の皿下のくぼみから指4本分下の向うずねの外側通常、座るか、仰向き寝て、膝を曲げて取穴する。

※この「部位」の解説は、「足三里穴」の解説の一部です。
「部位」を含む「足三里穴」の記事については、「足三里穴」の概要を参照ください。


部位

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/06 02:47 UTC 版)

消化管間質腫瘍」の記事における「部位」の解説

多くは胃に発生し胃癌の鑑別を必要とする食道ではほとんど認めない。 胃(60%) 小腸(30%) 大腸(10%)

※この「部位」の解説は、「消化管間質腫瘍」の解説の一部です。
「部位」を含む「消化管間質腫瘍」の記事については、「消化管間質腫瘍」の概要を参照ください。


部位

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/08 14:33 UTC 版)

パパイン様プロテアーゼ」の記事における「部位」の解説

SARS-CoV nsp3は、RNA複製関与する213 kDaポリペプチドであり、nsp3aからnsp3gまでの7つドメインから構成されている。 nsp3のN末端領域は、ほとんどのコロナウイルス完全に保存されている。nsp3dは、pp1aとpp1abを処理するパパイン様プロテアーゼPLpro)である。この領域には、球状ユビキチンフォールド(ubiquitin-like、Ubl)に続いてグルタミン酸に富む酸性ドメインと、nsp3bにはADP-リボース-1-ホスホターゼドメインが含まれている。 SARS-CoV PLpro触媒ドメインとnsp3は小胞体の膜に位置しており、ほとんどのドメイン細胞質存在する。このドメインは、複数触媒活性のある酵素膜貫通型ドメイン、および機能がまだ解明されていないドメイン隣接して見られる

※この「部位」の解説は、「パパイン様プロテアーゼ」の解説の一部です。
「部位」を含む「パパイン様プロテアーゼ」の記事については、「パパイン様プロテアーゼ」の概要を参照ください。


部位

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/04 03:06 UTC 版)

魚肉」の記事における「部位」の解説

※部位の後ろには、その部位名称がよく用いられる魚の名称を記す。

※この「部位」の解説は、「魚肉」の解説の一部です。
「部位」を含む「魚肉」の記事については、「魚肉」の概要を参照ください。


部位

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/23 00:21 UTC 版)

造血」の記事における「部位」の解説

詳細は「造血系英語版)」を参照 発育中の胚では、血島呼ばれる卵黄嚢内の血液細胞集合体血液形成される発育が進むにつれて脾臓肝臓リンパ節血液形成が行われる。骨髄発達すると、最終的には生体全体血液細胞大部分形成する役割を担う。ただし、リンパ系細胞成熟活性化、および一部増殖は、脾臓胸腺、およびリンパ節行われる造血は、小児では大腿骨脛骨などの長骨骨髄行われ成人では主に骨盤頭蓋骨脊椎骨胸骨行われる

※この「部位」の解説は、「造血」の解説の一部です。
「部位」を含む「造血」の記事については、「造血」の概要を参照ください。


部位

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/24 07:15 UTC 版)

クローン病」の記事における「部位」の解説

皮膚合併症として脚に紅斑発生するなどの症状見られる。本疾患病変消化管全域起こりうるため、その症状多岐にわたり、それらが断続的にみられることがある口腔から肛門までの全消化管を侵すが、多く小腸回盲部肛門周囲好発する。病変部位別小腸のみに病変のある「小腸型」、大腸のみに病変のある「大腸型」、どちらにも病変のある「小腸大腸型」に分けられ小腸大腸型が多く占めている。

※この「部位」の解説は、「クローン病」の解説の一部です。
「部位」を含む「クローン病」の記事については、「クローン病」の概要を参照ください。


部位

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/05 09:41 UTC 版)

ビーフステーキ」の記事における「部位」の解説

使用する肉の部位によって区別される。牛の解体方法枝肉切り分け方は国によって異なり、また同じ名称でも指す部分異なることがある。 詳細は「ステーキ#部位」を参照 サーロイン英国ではヘンリー8世食事ロイン(腰の部分)を出したところ、それを食べたヘンリー8世あまりのうまさにsir称号与えてサーロイン呼ばれるようになったと言う伝説があるが、加島祥造によると、これは民間語源説であり、sirsur、つまり「上」の意味で腰の上部の肉という意味から来ているとしている トップ・サーロインアメリカ合衆国での名称であり、日本ではもも肉ランプ肉に相当する比較的やわらかい テンダーロイン(フィレ・ヘレ・ヒレ)脂肪分少なく牛肉の中で最も柔らかく最上とされる シャトーブリアンフィレの中央部 フィレ・ミニョン ストリップロインショートロイン部の肉 ティーボーンストリップロインとテンダーロインT型の骨が付いたもの リブあばら肉 プライム・リブ(スタンディング・リブ・ロースト) リブ・アイ:リブ(あばら)の中心部 ランプ/ラウンド腰部の肉。イギリスオーストラリア、および日本ではランプ」と呼びアメリカではラウンドと呼ぶ脂肪分少なく柔らかい上記の部位名称とは異な呼び方として、日本では下記の呼称使用されるロース肩ロース リブロース

※この「部位」の解説は、「ビーフステーキ」の解説の一部です。
「部位」を含む「ビーフステーキ」の記事については、「ビーフステーキ」の概要を参照ください。


部位

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/20 13:49 UTC 版)

破風」の記事における「部位」の解説

破風板はふいた元来、「破風」は「破風板」を指していったと考えられている。建物デザインに合うように、反りやむくりを付けたり、全くの直線造ることもある。溝や彫刻を施すこともある。木材造られることが多いが、風雨直接さらされ、劣化しやすい部位なので定期的に塗装などのメンテナンス必要である住宅建築ではパイン)材が使用されるが、メンテナンスの手間を軽減するために合成樹製のものも広く使用されている蛙股・笈形かえるまた・おいがた) 蛙股は、の股のような造形から呼ばれる妻飾りにも用いられ装飾構造部材役割持ち、「透し」や「板」という種類がある。中国では駱峰、朝鮮では版と呼ばれる古くシンプルなものが多く近世、特に江戸時代中期以降では股の内側に彫刻を施すことがあり、ときに、はみ出して造られたものもある。 笈形は、蛙股中央にのような形をした短い束(大瓶束)を立てたようなもので、機能蛙股ほとんど同じである双方とも破風に限らず付けられる近世以降では、唐破風によく見られる

※この「部位」の解説は、「破風」の解説の一部です。
「部位」を含む「破風」の記事については、「破風」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「部位」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

部位

出典:『Wiktionary』 (2021/07/11 13:12 UTC 版)

この単語漢字

第三学年

第四学年
音読み 音読み

発音

名詞

(ぶい)

  1. 全体するある部分占める位置

「部位」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



部位のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
がん情報サイトがん情報サイト
Copyright ©2004-2022 Translational Research Informatics Center. All Rights Reserved.
財団法人先端医療振興財団 臨床研究情報センター
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの部位 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのアートメイク (改訂履歴)、トライプ (改訂履歴)、石門穴 (改訂履歴)、橈骨骨幹部骨折および尺骨骨幹部骨折 (改訂履歴)、ホルモン焼き (改訂履歴)、下脘穴 (改訂履歴)、水分穴 (改訂履歴)、四白穴 (改訂履歴)、犢鼻穴 (改訂履歴)、二間穴 (改訂履歴)、三間穴 (改訂履歴)、全身麻酔 (改訂履歴)、経渠穴 (改訂履歴)、太谿穴 (改訂履歴)、陽池穴 (改訂履歴)、気舎穴 (改訂履歴)、缺盆穴 (改訂履歴)、人迎穴 (改訂履歴)、百会穴 (改訂履歴)、魚際穴 (改訂履歴)、水溝穴 (改訂履歴)、兌端穴 (改訂履歴)、ステーキ (改訂履歴)、商陽穴 (改訂履歴)、璇璣穴 (改訂履歴)、行間穴 (改訂履歴)、中脘穴 (改訂履歴)、上脘穴 (改訂履歴)、少商穴 (改訂履歴)、巨骨穴 (改訂履歴)、神道穴 (改訂履歴)、巨闕穴 (改訂履歴)、会陰穴 (改訂履歴)、ブローカ野 (改訂履歴)、太衝穴 (改訂履歴)、天枢穴 (改訂履歴)、ばら肉 (改訂履歴)、水泉穴 (改訂履歴)、合谷穴 (改訂履歴)、梁丘穴 (改訂履歴)、孔最穴 (改訂履歴)、関元穴 (改訂履歴)、肓兪穴 (改訂履歴)、巨闕兪穴 (改訂履歴)、鯨肉 (改訂履歴)、急脈穴 (改訂履歴)、中枢穴 (改訂履歴)、腹通谷穴 (改訂履歴)、侠白穴 (改訂履歴)、外関穴 (改訂履歴)、長強穴 (改訂履歴)、消濼穴 (改訂履歴)、至陽穴 (改訂履歴)、陶道穴 (改訂履歴)、脊中穴 (改訂履歴)、メルクストーリア - 癒術士と鈴のしらべ - (改訂履歴)、霊台穴 (改訂履歴)、筋縮穴 (改訂履歴)、列缺穴 (改訂履歴)、腰兪穴 (改訂履歴)、身柱穴 (改訂履歴)、翳風穴 (改訂履歴)、硬膜外麻酔 (改訂履歴)、足三里穴 (改訂履歴)、消化管間質腫瘍 (改訂履歴)、パパイン様プロテアーゼ (改訂履歴)、魚肉 (改訂履歴)、造血 (改訂履歴)、クローン病 (改訂履歴)、ビーフステーキ (改訂履歴)、破風 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの部位 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS