対とは?

たい【対】

対照をなすこと。また、反対の関係にあること。「男の対は女」

互いに相手関係にあること。「巨人対中日戦」

数を表す語の間に入れて、数量比例割合を表す語。「三対二の割でまぜる」

同等力量資格であること。「対で碁を打つ

二つ一組みとなるもの。つい。

「ある時宣宗が一句得て—を挙人(きょじん)中に求めると」〈鴎外魚玄機

対の屋」の略。

ひんがしの—の西の廂」〈・八〉

名詞などの上に付けて比較交渉戦いなどの相手であることを表す。「対前年比」「対欧州貿易


つい【対】

【一】[名]

二つそろって一組みとなること。また、そのもの。「対になっている置き物

素材模様・形などを同じに作って、そろえること。また、そのもの。「対の着物

対句(ついく)」に同じ。

【二】接尾助数詞

二つ一組になっているものを数えるのに用いる。「一対夫婦茶碗(めおとぢゃわん)」

衣服調度など、ひとそろいのものを数えるのに用いる。「三幅(さんぷく)対」

竜虎梅竹唐絵一—」〈庭訓往来


つい【対/堆】

〈対〉⇒たい

〈堆〉⇒たい


たい【対〔對〕】

[音]タイ(呉)(漢) ツイ(唐) [訓]むかう こたえる

学習漢字3年

[一]タイ

向かい合う二つ向き合う。「対岸対決対抗対座対策対象対比対面対立絶対相対敵対反対

相手になって受け答えする。「応対接対

二つ一組のもの。「対偶

対島(つしま)国。「対州

[二]ツイ[一]3に同じ。「対句一対


たい【対】

〔名〕

向かい合うこと。相手になること。

(イ) 対比すること。比較すること。

硝子戸の中(1915)〈夏目漱石三六大人対(タイ)子供としての関係の方が、深く私の頭に浸み込んでゐる」

(ロ) 試合勝負などの組み合わせ点数対照表わすことば。vs.

残夢(1939)〈井上友一郎〉「あれでもやはりお客さまよ。しかも向う三人で送るといふのよ、三対一よ」

(ハ) 相対すること。また、反対のもの。

(ニ) (接頭語的に用いる) 働きかけ交渉対抗などの相手であることを示すことば。

菊池君(1908)〈石川啄木〉四「却って『毎日』の如き無勢力な新聞を生さず殺さずして置く方が〈略〉最良の手段であると云ふのが此人の対『毎日』観であった」

数量などの比率割合表わすことば。「三対二の比率

双方優劣高下の差がないこと。また、その差をつけないこと。対等であること。

今昔1120頃か)二四「実(まこと)には御製と文時が詩と対(たい)に御座(おはします)」

二つそろって一組となるもの。ペア。つい。

*諷謌鈔(1600頃)七「詞の筆の海など、対(タイ)にたとへたり

(5)たいのや対屋)」の略。

伊勢物語(10C前)四「東の五条大后の宮おはしける西のたい住む人有りけり」

(6) (5)住む人、その屋敷のあるじの夫人

源氏100114頃)薄雲「たいに聞き置きて常にゆかしがるを」


つい【対】

1 〔名〕

二つの物が同類であること。あるいは、一組のものとして対応すること。同じ材料模様性質・形などを持っていること。また、そのもの

日葡辞書(1603‐04)「コレワ tçuigia(ツイヂャ)」

化銀杏(1896)〈泉鏡花〉一「二個の湯呑は、夫婦別々の好みにて、対(ツヰ)にあらず」

② =ついく(対句

無名抄(1211頃)「又、ことばの飾り求めて対を好み書くべからず

2接尾

衣服調度などの一そろい数え場合用いる。また、絵などのそろいになるものを数え場合にもいう。

庭訓往来(1394‐1428頃)「龍虎梅竹唐絵一対」〔白居易酔中上都親友書詠而報之詩〕

二つ一組になるものを数え場合用いる。〔コリャード日本文典(1632)〕

*こゝろ(1914)〈夏目漱石〉上「仲の好い夫婦一対(ツヰ)であった」


むかえ むかへ 【向・対】

1 (「むかい(向)」の変化した語か) =むかい(向)

うたたね1240頃)「むかへの山を見れば、のいくへともなく折り重なりて」

2接尾〕 (対) 二つ一組になるものを数え時に用いる。つい。

随筆松屋筆記(1818‐45頃)八三「神酒瓶子一対をひとむかへ、二対をふたむかへ〈略〉といへり」


むかい むかひ 【向・対】

〔名〕 (動詞「むかう(向)」の連用形名詞化

互いに正面対すること。相対すること。また、自分からみて対す方向正面前面。むこう。

万葉(8C後)一〇・一八九三「出でて見る向(むかひ)の岡に本繁く咲きたる花の成らずは止まじ」

伊勢物語(10C前)九九「むかひに立てたりける車に」

相手

霊雲院湯山聯句抄(1504)「螳蜋のいもじりつかまふとてねらが、其螳をば又がねらうぞ。たがいにむかいをとらうとて我をば忘たぞ」

③ 道などをへだてて反対側にある家。玄関向かい合っている家。おむかい

浄瑠璃大経師昔暦(1715)上「むかいのねり物屋の灰毛は」

向こうづけ。むこう。

咄本軽口ひやう金房(1688‐1704)二「さざいのにかやきを、向(ムカ)ひに出しけれは」


むか・う むかふ 【向・対】

1 〔自ワ五(ハ四)〕 (「むきあう向合)」の変化した語)

① 他の正面に対して自分正面を向ける。相対する

古事記(712)中・歌謡「尾張直に牟迦幣(ムカヘ)る 尾津の崎なる 一つ松 あせを」

俳諧奥の細道(1693‐94頃)市振「あした旅立に、我々にむかひて、行衛しらぬ旅のうさ、〈略〉と泪を落す

はやり唄(1902)〈小杉天外〉四「竹代も今夜ばかりはに対(ムカ)うことを止めて」

互いに相手前にする。対座する。

古事記(712)中・歌謡「吾が見し子に うたたけだに 牟迦比(ムカヒ)をるかも い副ひをるかも」

平家13C前)二「入道ふしめになて、〈略〉あのすがたに腹巻をきて向はん事、おもばゆうはづかしうや思はれけん」

その方向に面を向けて進む。おもむく出むく

宇津保(970‐999頃)俊蔭「日の本のちちははにむかふべきたよりをあたへむ」

平家13C前)四「都合其勢一千人手々にたいもって如意が峯へぞむかひける」

④ 時が近づくその時になろうとする。また、時が移ってその状態になろうとする。

玉葉(1312)秋上五三五「また秋のうれへの色にむかふなり尾花風に庭の月影従三位親子〉」

日葡辞書(1603‐04)「ハルニ mucǒ(ムカウ)」

(5) 二つのものが肩をならべる。相当する。匹敵する。

万葉(8C後)四・六七八直に逢ひ見てばのみこそたまきはる命に向(むかふ)吾が恋止まめ」

天正本狂言今参室町末‐近世初)「一人千人にむかふ者をおかんとゆふ」

(6) はむかう。逆らう。はりあう対峙する。

新訳華厳経音義私記(794)「与敵 下牟可布 音着」

日葡辞書(1603‐04)「テキニ mucǒ(ムカウ)」

2 〔他ハ下二〕 向かわせる。向かうようにする。

西大寺本金光明最勝王経平安初期点(830頃)一〇「悲び哭きつつ逆(ムカヘ)前(すす)み来る」

天草本平家(1592)一「クゲ ブケ トモニ ヲモテヲ mucaye(ムカエ) カタヲ ナラブル ヒトモ ゴザナカッタ」


たい‐・す【対】

〔自サ変〕 ⇒たいする(対)


つい‐・す【対】

〔自サ変

一対(いっつい)になる。対応する。

文明本節用集室町中)「対句 クヲツイスル」

うつせみ(1895)〈樋口一葉〉「一人六十に近かるべき人品よき剃髪老人一人は妻なるべし対(ツヒ)するほどの年輩にて」

② ある色が他の色と調和する日葡辞書(1603‐04))


たい‐・する【対】

〔自サ変〕 [文]たい・す 〔自サ変

① 他のものに向かって位置する。互いに向かいあう。また、ある対象に向かう。

菅家文草900頃)四「同諸小郎客中九日、対懐」

滑稽本東海道中膝栗毛発端(1814)「兼てこなた妹御を妻に申受る筈と吹聴せし上は、世間体へ対(タイ)し申訳のない仕合

二老人(1908)〈国木田独歩〉下「人に対(タイ)すると言ひ度いことも言へなくなり」

② 応じる。こたえる。

③ 敵として相手に向かう。相手になって争う。抵抗する。敵対する。当たる。

平家13C前)一一君にむかて弓をひき、主に対して太刀をぬく」

④ 対(つい)になる。並ぶ。

日本書紀兼倶抄(1481)「性は心に対してあるぞ」

(5) あれとこれとを比べ見る。対比する。対照する。

無名抄(1211頃)「一向に耳遠く思ひ譏りいやしむは、ひとへに中古歌のさまに対せられたる也」


読み方:たい

  1. ⑴同じ力、同点等の意。⑵転じて男女関係で一対又は似合いの意。
隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/11/20 15:10 UTC 版)

(つい、たい)とは、2つ一組で存在するものの場合に、その2つを一組とする見方の元でそれを指していう表現で、それらが対をなすという。




「対」の続きの解説一覧

出典:『Wiktionary』 (2021/08/25 10:43 UTC 版)

発音(?)

名詞

  1. ツイ)二個で一組のもの。

接尾辞

  1. ツイ)二個のもので一組のものを数え場合助数詞

動詞

  1. サ変動詞 タイする)あるものを行為目的又は目標とする。対象とする。向ける。
  2. サ変動詞 タイする)対応する。じる。反応する。
  3. サ変動詞 タイする)向かい合う向き合う対峙する。
  4. サ変動詞 タイする)応対する。応接する。
  5. サ変動詞 タイする)対戦する。相手として戦う。
  6. サ変動詞 タイする)比較する。対比される。対照される。

熟語


出典:『Wiktionary』 (2021/08/12 08:55 UTC 版)

発音(?)

熟語



※ご利用のPCやブラウザにより、漢字が正常に表示されない場合がございます。
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence. Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「対」に関係したコラム

  • 株式の信用取引における日々公表銘柄とは

    株式の信用取引における日々公表銘柄とは、証券取引所が投資家に注意を促すために、個別の銘柄について毎日の信用取引残高を公表する銘柄のことです。日々公表銘柄の公表は、投資家の過度の信用取引の利用を防止する...

  • CFDで取り扱うコモディティの一覧

    CFDで取り扱うコモディティは、エネルギー、貴金属、農産物の3つに大別できます。CFDのエネルギーには、原油や天然ガス、ガソリンなどの銘柄があります。WTI原油先物もそのうちの1つで、外国為替市場や証...

  • 株365の相場を動かす経済指標は

    株365の銘柄を構成しているのは、日本、イギリス、ドイツ、中国の各国の主要株式です。そのため、各国の発表する経済指標には敏感に反応して値動きをします。例えば、その国にとってよい経済指標が発表されれば株...

  • 株式投資のスクリーニングとは

    株式投資のスクリーニングとは、テクニカル指標や財務関連指標などを中心とした条件に合致した銘柄を抽出するシステムのことです。スクリーニングでは、テクニカル指標や財務関連指標の他に、投資金額や売買単位、業...

  • FXの通貨ペアの急騰と急落

    FX(外国為替証拠金取引)の通貨ペアの価格は、経済指標や政策金利の変更、政情不安などにより急騰したり急落したりします。過去の円通貨での大きな下げは何度かありましたが、1998年10月7日と1998年...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「対」の関連用語

対のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



対のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
皓星社皓星社
Copyright (C) 2022 株式会社皓星社 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの対 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの (改訂履歴)、 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
漢字辞典
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence.
Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Distributed under the Terms of Use in http://www.unicode.org/copyright.html.
Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS