差別とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 宗教 > 仏教 > 教義 > 差別の意味・解説 

さ‐べつ【差別】

読み方:さべつ

[名](スル)

あるもの別のあるものとの間に認められる違いまた、それに従って区別すること。「両者の―を明らかにする

取り扱い差をつけること。特に、他よりも不当に低く取り扱うこと。「性別によって―しない」「人種―」

しゃべつ(差別)


しゃ‐べつ【差別】

読み方:しゃべつ

「さべつ(差別)」に同じ。

世のためにあること躊躇(たゆた)うことなく為し絶えて彼此(かれこれ)の―なし」〈樗牛滝口入道

仏語万物の本体一如平等であるに対し、その万物高下善悪などの特殊相があること


さべつ 【差別】

→ 差別

しゃべつ 【差別】

仏教用語としての)シャ呉音それぞれ別異であることをいう。これに対し、共通(普遍的であることを平等というが、両者切り離されいとするのが大乗仏教立場例えば、便所便器茶碗も同じ瀬戸物だが(平等)、形も用途大違い(差別)であるようなもので、差別の中に平等があり、平等の中に差別あり(差別即平等・平等即差別)と見る。また差別の語は他にいろいろの意でも使う。→ 平等

差別

Discrimination

【概要】 あるものを、正当な理由なしに、他よりも低く扱うこと。一般的には強い者が弱い者を、多数者少数者排除しようとする意識、または行動例えれば、混み合った電車の中で他人の足を踏むこと。わざと踏む人はいない。でも踏んでることは気づかない踏まれている人の足は痛い。混み合った電車で他人の足を踏むことがあることを日頃から注意して踏まないようにすることが必要。踏んでしまったら素直に謝る。エイズの差別は社会的な死を意味してきた。

《参照》 自業自得


差別

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2023/01/10 02:32 UTC 版)

差別さべつ)とは、特定の集団に所属する個人や、ある属性を有する個人に対して、その所属や属性を理由にして特別な扱いをする行為である[要出典]。それが優遇か冷遇かは立場によって異なるが、通常は冷遇、つまり正当な理由なく不利益を生じさせる行為に注目する。国際連合は、「差別には複数の形態が存在するが、その全ては何らかの除外行為や拒否行為である。」としている[1]


注釈

  1. ^ 福島第一原子力発電所事故による福島県民への差別、新型コロナウイルスのパンデミックによる武漢市はじめ感染拡大地域出身者への差別など。
  2. ^ 現代、士農工商の序列の下に穢多非人などの被差別階級が置かれていた、という説が広く知られているが、歴史学的にはこれに異議が唱えられている。詳しくは士農工商参照

出典

  1. ^ United Nations CyberSchoolBus: What is discrimination? 差別とは何ですか?]”. 2021年4月7日閲覧。国際連合
  2. ^ a b c d e f 坂本佳鶴恵『アイデンティティの権力』 新曜社 2007年(平成19年) 第2刷、ISBN 4788509377 pp.2 - 19.
  3. ^ “[https://www.tibethouse.jp/about/information/human_rights/human14.html チベットでの中国の存在と人権の侵害 TCHRD(チベット人権・民主センター)1997年発行]”. ダライ・ラマ法王日本代表部事務所. 20021-04-08閲覧。
  4. ^ ジョン・W・ダワー、「容赦なき戦争」、猿谷要監修、2001年(平成13年)、平凡社ライブラリー、394ページ
  5. ^ 土居健郎、「甘え」の構造、1971年(昭和46年)、弘文堂、39ページ
  6. ^ 土居健郎、「甘え」の構造、1971年(昭和46年)、弘文堂、40ページ
  7. ^ ガバン・マコーマック、[属国 米国の抱擁とアジアでの孤立]、2008年(平成20年)、凱風社、284ページ



差別

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/10/14 14:44 UTC 版)

サッカー文化」の記事における「差別」の解説

欧州選手・監督解説者サポーターなどによる、特に黄色人種黒人中南米選手に代表される有色人種に対する人種差別的な発言行為深刻であり多くの日本人選手人種差別被害に遇っている。しかし、FIFA等の国際機関はそれらを容認しておらず、侮蔑的な応援行った者のいるチームサポーターに対して罰金無観客試合入場禁止などの厳し罰則科すといった厳し処分が行われている。 また、現在のサッカー世界同性愛者にとって、居心地の悪い場所だとの指摘がある。アメリカ代表にも選ばれたことのある元リーズ・ユナイテッドAFC選手ロビー・ロジャースは、2013年1月引退をした後で自らが同性愛者であると告白したロジャースは、荒々しい男らしさ求められるサッカー界で、選手ゲイであることを公にすることは「不可能」だとしている。ロジャースは、現役時代チームメイトゲイ侮辱する軽口罵言を言うのを何度も聞いたことがあり、故に現役中同性愛公言できなかったと語っている。

※この「差別」の解説は、「サッカー文化」の解説の一部です。
「差別」を含む「サッカー文化」の記事については、「サッカー文化」の概要を参照ください。


差別

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/04 05:36 UTC 版)

済州島」の記事における「差別」の解説

朝鮮本土ではかつて済州出身者異質な存在として差別的扱われることが多く済州島民の反発を招く事件起こった詳細済州島四・三事件韓国の地域対立を参照)。2000年代入って済州島出身という理由で就職落ちるなどの事例もある。

※この「差別」の解説は、「済州島」の解説の一部です。
「差別」を含む「済州島」の記事については、「済州島」の概要を参照ください。


差別

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/05 08:09 UTC 版)

相模原障害者施設殺傷事件」の記事における「差別」の解説

共同通信社事件から1年となるのを機に全国知的障害者家族対象にしたアンケートでは、回答した304家族68パーセントが「事件後、障害者取り巻く環境悪化感じた経験がある」と答えたまた、同社具体的な経験を複数回答尋ねた結果、「インターネットなど匿名世界で中傷」が31パーセント、「利用している施設職員への不安」(植松津久井やまゆり園元職員だったことから)が28パーセント、「精神障害者への偏見」(植松措置入院歴があることから)が23パーセント、「差別を恐れ障害のことを口にしづらくなった」が4パーセント、「本人家族直接差別的な言動受けた」が2パーセントだった。アンケート結果について、識者からは「生きる価値障害者健常者変わらないことを社会理解すべきだ」との声が出ている。

※この「差別」の解説は、「相模原障害者施設殺傷事件」の解説の一部です。
「差別」を含む「相模原障害者施設殺傷事件」の記事については、「相模原障害者施設殺傷事件」の概要を参照ください。


差別

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/10 02:53 UTC 版)

日系ブラジル人」の記事における「差別」の解説

1997年10月6日愛知県小牧市日系ブラジル人のエルクラノ・レイコ・ルコセビシウス(当時14歳)が20人の日本人グループから暴行を受け、10月9日死亡したこの時、ルコセビシウスは周囲助け求めた無視されとされる2006年4月静岡県袋井市日系ブラジル人3世男性新居用の土地購入しようとしたところ、その地域の12世帯作る長溝自治会ブラジル人転入阻止決定不動産業者から土地売買仲介受けられなくなってしまった。

※この「差別」の解説は、「日系ブラジル人」の解説の一部です。
「差別」を含む「日系ブラジル人」の記事については、「日系ブラジル人」の概要を参照ください。


差別

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/30 19:00 UTC 版)

青木新門」の記事における「差別」の解説

死にたずさわる仕事に就いたため、叔父から差別的発言を受け、また「親族の恥」とも罵られて、親族疎遠になる。妻からも納棺夫仕事を辞めるように懇願される。納棺夫の職を辞めよう考えるようになる

※この「差別」の解説は、「青木新門」の解説の一部です。
「差別」を含む「青木新門」の記事については、「青木新門」の概要を参照ください。


差別

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/08 11:30 UTC 版)

新型コロナウイルス感染症の世界的流行 (2019年-)」の記事における「差別」の解説

東アジア系外国人などに対する排外感情および人種差別中国語版英語版)の事例や、主にSNS中心にオンラインメディアで、ウイルスに関する事実無根憶測陰謀論拡散など関連した誤情報どの事例が報告されている。この現象について、WHOは「インフォデミック (infodemic)」という新語提唱し注意喚起行っている

※この「差別」の解説は、「新型コロナウイルス感染症の世界的流行 (2019年-)」の解説の一部です。
「差別」を含む「新型コロナウイルス感染症の世界的流行 (2019年-)」の記事については、「新型コロナウイルス感染症の世界的流行 (2019年-)」の概要を参照ください。


差別

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/17 01:44 UTC 版)

所得分配契約」の記事における「差別」の解説

今のところ、 [いつ?] ISA協定基づ人種または性別基づく差別の文書化された事例はないが、ISAがより一般的なモデルになると、差別の可能性高ま可能性があるという懸念がある。 ほとんどの金融市場にはISA投資家適用される可能性が高い差別禁止法が既に存在しても、現在の問題完全に解決されてはないとするが、一部支持者は、ISAローン比較して差別的でないと主張Even when everyone receives the same interest rate, loans discriminate intensely on the dimension that really matters: affordability. Under a loan program with the same terms for all borrowers, a group who earns less than another despite having identical qualifications ends up with proportionally lower income after paying off that loan than the other group. To the extent that any systematic difference in income between two groups is unfair, loans in effect amplify the unfairness. If ISAs pool groups with similar qualifications but different income potential, then ISAs will partially address the unfairness that loans amplify.

※この「差別」の解説は、「所得分配契約」の解説の一部です。
「差別」を含む「所得分配契約」の記事については、「所得分配契約」の概要を参照ください。


差別

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/03/25 05:24 UTC 版)

ラシュヴァ渓谷の民族浄化」の記事における「差別」の解説

1992年の間、ヴィテズ英語版)、ブソヴァチャ英語版)およびキセリャクボシュニャク人市民指導者らは日常的に差別的な扱い対象となったボシュニャク人生活条件極度に悪化し多くの人々これらの地域去りボシュニャク人多数派占め地域移っていった。それでもこの地に留まった人々は、次第敵意強めてくるクロアチア人政治的軍事的機構による差別を甘受するより他なかった。モスクボシュニャク人家屋破壊ボシュニャク人市民の殺害、彼らに対する略奪この頃始まった

※この「差別」の解説は、「ラシュヴァ渓谷の民族浄化」の解説の一部です。
「差別」を含む「ラシュヴァ渓谷の民族浄化」の記事については、「ラシュヴァ渓谷の民族浄化」の概要を参照ください。


差別

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/18 05:48 UTC 版)

マクドナルドの都市伝説」の記事における「差別」の解説

詳細は「Seriously McDonaldsを参照 2011年の噂は、マクドナルドアフリカ系アメリカ人顧客1.5ドル追加料金課する声明発表したというものであった。この噂はデマであることが証明されている

※この「差別」の解説は、「マクドナルドの都市伝説」の解説の一部です。
「差別」を含む「マクドナルドの都市伝説」の記事については、「マクドナルドの都市伝説」の概要を参照ください。


差別

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/02/17 00:51 UTC 版)

マリオ・ルシオ・ドゥアルチ・コスタ」の記事における「差別」の解説

2014年8月28日行われたコパ・ド・ブラジルラウンド16のグレミオFBPA戦でグレミオサポーターからmacaco()と野次られた。更に鳴き声煽られた。グレミオFBPA後にこの行動人種差別であると認め、この行動取ったサポーター特定努める事を約束した。この出来事によって第2試合スポーツ裁判所裁定待ちとなり延期最終的に9月3日グレミオ欠格処分下された2015年1月21日彼は小規模であったまたしても人種差別被害遭ったこの時facebookグループ上でサントスサポーターから誹謗中傷受けた加害者グループから除外された。

※この「差別」の解説は、「マリオ・ルシオ・ドゥアルチ・コスタ」の解説の一部です。
「差別」を含む「マリオ・ルシオ・ドゥアルチ・コスタ」の記事については、「マリオ・ルシオ・ドゥアルチ・コスタ」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「差別」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

差別

出典:『Wiktionary』 (2021/08/11 10:58 UTC 版)

名詞

(さべつ、古:しゃべつ、しゃべち;「しゃ」「べち」は呉音

  1. 扱い付けて分けること。
  2. (さべつ)先入観偏見基づき特定集団等を不平等に扱うこと。
  3. 仏教語 しゃべつそれぞれの物が現象としては異なって存在しているということ

発音(?)

さ↘べつ
しゃ↘べつ

類義語

対義語

関連語

翻訳

動詞

活用

サ行変格活用
差別-する

翻訳


「差別」の例文・使い方・用例・文例




差別と同じ種類の言葉


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「差別」の関連用語

検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



差別のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
財団法人和歌山県人権啓発センター財団法人和歌山県人権啓発センター
Copyright (C) 2023 財団法人和歌山県人権啓発センター All rights reserved.
中経出版中経出版
Copyright (C) 2023 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
中四国エイズセンター中四国エイズセンター
Copyright (C) 2023, Chugoku-Shikoku Regional AIDS Center
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの差別 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのサッカー文化 (改訂履歴)、済州島 (改訂履歴)、相模原障害者施設殺傷事件 (改訂履歴)、日系ブラジル人 (改訂履歴)、青木新門 (改訂履歴)、新型コロナウイルス感染症の世界的流行 (2019年-) (改訂履歴)、所得分配契約 (改訂履歴)、ラシュヴァ渓谷の民族浄化 (改訂履歴)、マクドナルドの都市伝説 (改訂履歴)、マリオ・ルシオ・ドゥアルチ・コスタ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの差別 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS