数の暴力とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 数の暴力の意味・解説 

数の暴力

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/02/20 01:12 UTC 版)

数の暴力(かずのぼうりょく、tyranny of the majority)とは、ある集団が、特定の思想において大多数の支持を得ていることをもって、その集団が絶対的な正義であると錯覚することで(衆人に訴える論証)、自分達の思想に賛同しない、または賛同出来ない他の少数派の集団を排除・批判・抑圧することを指す。




  1. ^ John Adams , A Defence of the Constitutions of Government of the United States of America , Vol.3 (London: 1788), p.291
  2. ^ vol.1 CHAP15
  3. ^ たとえば[1][2]あるいは[3]P.23など
  4. ^ 「生徒のケータイとネット利用、『学校裏サイト』に関する調査研究」日本子ども社会学会(平成19年度学会共同調査)[4]


「数の暴力」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「数の暴力」の関連用語

数の暴力のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



数の暴力のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの数の暴力 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS