心的外傷後ストレス障害とは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 病気・健康 > 病気・けが > 病気 > 病気の別名 > 心的外傷後ストレス障害の意味・解説 

しん てきがいしょうご ストレスしょうがい -ぐわいしやうご-しやうがい [14] 【心的外傷後ストレス障害】

地震交通事故監禁などによる強いストレスを受けたあとに起きる精神障害。不安・睡眠障害抑鬱よくうつ)がみられ、夢や錯覚により外傷繰り返し体験する。 PTSD 。 → 急性ストレス障害

PTSD

読み方:ピーティーエスディー
別名:心的外傷後ストレス障害、外傷後ストレス障害
英語:Post Traumatic Stress Disorder

事故事件遭遇するなどして心に受けた強い衝撃が、いわゆるトラウマとなり、後の日常生活においても後遺症のように心身不調はじめとする症状もたらすこと。および、そうした症状のこと。心的外傷トラウマ)を持った後にその影響が持続的あらわれる状態。

心的外傷後ストレス障害

【仮名】しんてきがいしょうごすとれすしょうがい
原文post-traumatic stress disorder

不安障害一種で、身体的外傷や、もしくは戦闘暴行自然災害、その他の生命を脅かす出来事などの重度精神的情動苦痛への反応として発症するもの。がんへの罹患また、心的外傷後ストレス障害につながる場合がある。症状日常生活妨げとなるもので、具体的には、悪夢フラッシュバックでその出来事を再体験する;その出来事に関係のある人、場所、物を避ける;孤独感じ日々活動への関心を失う;集中力欠如睡眠障害、などがみられる。「ptsd」とも呼ばれる

心的外傷後ストレス障害

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/04/09 03:53 UTC 版)

心的外傷後ストレス障害(しんてきがいしょうごストレスしょうがい、Post Traumatic Stress Disorder、PTSD)は、命の安全が脅かされるような出来事(戦争、天災、事故、犯罪、虐待など)によって強い精神的衝撃を受けることが原因で、著しい苦痛や、生活機能の障害をもたらしているストレス障害である[1]。症状がまだ1か月を経ていないものは急性ストレス障害といって区別する。




  1. ^ a b c 災害時地域精神保健医療活動ガイドライン』2003年1月。27頁。「外傷後ストレス障害」項目A
  2. ^ a b 世界保健機関 2013, p. 37.
  3. ^ a b c d 世界保健機関 2013, p. 40.
  4. ^ a b 外傷ストレスに関する研究会 2006, pp. 43-48.
  5. ^ a b エドナ・B・フォア、テレンス・M・キーン、マシュー・J・フリードマン、ジュディス・A・コーエン 2013, pp. 183-203.
  6. ^ マイナビニュース東北大学加齢医学研究所 お知らせMolecular Psychiatry2012年7月6日閲覧
  7. ^ a b c 英国国立医療技術評価機構 2005, Chapt.1.9.3.
  8. ^ a b 髙岡 昂太 (2014). 子どものトラウマに対する認知行動療法について--虐待との関連から-- 友田明美、杉山登志郎、谷池雅子(編)子どものPTSD--診断と治療-- (pp. 269-274) 診断と治療社
  9. ^ Markowitz, John C.; Petkova, Eva; Neria, Yuval; et al. (2015). “Is Exposure Necessary? A Randomized Clinical Trial of Interpersonal Psychotherapy for PTSD”. American Journal of Psychiatry 172 (5): 430–440. doi:10.1176/appi.ajp.2014.14070908. PMC 4464805. PMID 25677355. http://ajp.psychiatryonline.org/doi/full/10.1176/appi.ajp.2014.14070908. 
  10. ^ 正木 智子・堀越 勝・小西 聖子 (2015). 国内のPTSD 患者に対する認知処理療法の事例研究.武蔵野大学人間科学研究所年報, 4, 95-109.
  11. ^ a b 亀岡 智美 (2014). 子どものトラウマフォーカスト認知行動療法について 友田明美、杉山登志郎、谷池雅子(編)子どものPTSD--診断と治療-- (pp. 262-268) 診断と治療社
  12. ^ a b 金吉春、小西聖子 (2016). PTSD(心的外傷後ストレス障害)の認知行動療法マニュアル 不安症研究 2016年 7巻 Special_issue号 p.155-170, doi:10.14389/jsad.7.Special_issue_155
  13. ^ a b c 亀岡智美 (2016).被虐待児へのトラウマケア 児童青年精神医学とその近接領域 2016年 57巻 5号 p.738-747, doi:10.20615/jscap.57.5_738
  14. ^ 日本トラウマティック・ストレス学会 リンク切れ
  15. ^ 金吉晴ら (2003) (pdf). 災害時地域精神保健医療活動ガイドライン(平成13年度厚生科学研究費補助金 厚生科学特別研究事業) (Report). pp. 14-15. http://www.ncnp.go.jp/nimh/pdf/saigai_guideline.pdf 2014年8月2日閲覧。. 
  16. ^ 世界保健機関 2013, p. 41.
  17. ^ 世界保健機関 2013, pp. 22-23.
  18. ^ 世界保健機関 2013, pp. 27-28.
  19. ^ Elizabeth Mechcatie (2012年4月27日). “Long-Term Benzodiazepines for Anxiety Linked to Adverse Events”. Clinical Psychiatry News. http://www.clinicalpsychiatrynews.com/news/more-top-news/single-view/long-term-benzodiazepines-for-anxiety-linked-to-adverse-events/2f447d053b.html 2013年3月15日閲覧。 
  20. ^ Benzodiazepine Use and CBT” (2012年4月13日). 2013年3月15日閲覧。
  21. ^ Bob Brewin (2012年5月17日). “Mental Illness Is the Leading Cause of Hospitalization for Active-Duty Troops”. National Journal. http://www.nationaljournal.com/healthcare/mental-illness-is-the-leading-cause-of-hospitalization-for-active-duty-troops-20120517 2013年6月9日閲覧。 
  22. ^ Passie, Torsten; Emrich, Hinderk M.; Karst, Matthias; Brandt, Simon D.; Halpern, John H. (2012). “Mitigation of post-traumatic stress symptoms by Cannabis resin: A review of the clinical and neurobiological evidence”. Drug Testing and Analysis 4 (7-8): 649–659. doi:10.1002/dta.1377. PMID 22736575. 
  23. ^ Greer, George R.; Grob, Charles S.; Halberstadt, Adam L.; et al. (2014). “PTSD Symptom Reports of Patients Evaluated for the New Mexico Medical Cannabis Program”. Journal of Psychoactive Drugs 46 (1): 73–77. doi:10.1080/02791072.2013.873843. PMID 24830188. 
  24. ^ Fraser, GA (2009). “The Use of a Synthetic Cannabinoid in the Management of Treatment-Resistant Nightmares in Posttraumatic Stress Disorder (PTSD)”. CNS Neurosci Ther 15 (1): 84–88. doi:10.1111/j.1755-5949.2008.00071.x. PMID 19228182. 
  25. ^ a b c Danforth, Alicia L.; Struble, Christopher M.; Yazar-Klosinski, Berra; Grob, Charles S. (2016). “MDMA-assisted therapy: A new treatment model for social anxiety in autistic adults”. Progress in Neuro-Psychopharmacology and Biological Psychiatry 64: 237–249. doi:10.1016/j.pnpbp.2015.03.011. PMID 25818246. http://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0278584615000603. 
  26. ^ Sessa B (July 2012). “Shaping the renaissance of psychedelic research”. Lancet 380 (9838): 200–1. doi:10.1016/S0140-6736(12)60600-X. PMID 22817963. 
  27. ^ Treating PTSD with MDMA-Assisted Psychotherapy - Research
  28. ^ Frood, Arran (2012). “MDMA keeps severe stress at bay”. Nature. doi:10.1038/nature.2012.11864. 
  29. ^ Evaluating Safety and Efficacy of Cannabis in Participants With Chronic Posttraumatic Stress Disorder”. ClinicalTrials.gov (2015年7月31日). 2017年4月5日閲覧。
  30. ^ テロとの戦いと米国:第4部 オバマの無人機戦争/1 ピーター・シンガー氏の話 - 毎日新聞 2010年4月30日
  31. ^ テロとの戦いと米国:第4部 オバマの無人機戦争/3 コソボ、イラクで操作した… - 毎日新聞 2010年5月2日
  32. ^ 「地球の裏側から無人航空機でミサイルを発射する」兵士たちのストレス - WIRED.jp 2008年8月22日
  33. ^ P.W. Singer が語る軍用ロボットと戦争の未来
  34. ^ Young, A.:"The Harmony of Illusions: Inventing Post-Traumatic Stress Disorder", Princeton University Press,1995 ISBN 0-691-01723-9(邦訳 A.ヤング著 中井久夫。、大月康義、下地明友、辰野剛、内藤あかね 訳 『PTSDの医療人類学』 みすず書房,2001年 ISBN 4-622-04118-9)
  35. ^ a b Harman, J.L.:"Trauma and Recovery", Basic Books, New York, 1992(邦訳 J.L.ハーマン著 中井久夫訳『心的外傷と回復』みすず書房, 2004年,第6版,第1章 ISBN 4-622-04113-8
  36. ^ van der Kolk, B.A.:"Trauma and Memory", Psychiatry and Clinical Neurosciences, 1998年, 52 (Suppl.), pp97-109
  37. ^ Mortality and Burden of Disease Estimates for WHO Member States in 2004”. World Health Organization. 2017年3月3日閲覧。
  38. ^ “Don't throw out the baby with the bathwater (PTSD is not overdiagnosed)” (PDF). Can J Psychiatry 52 (8): 501–2; discussion 503. (2007). PMID 17955912. オリジナルの2008年12月2日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20081202074356/http://publications.cpa-apc.org/media.php?mid=490 2008年3月12日閲覧。. 
  39. ^ a b Mortality and Burden of Disease Estimates for WHO Member States: Persons, all ages (2004) (xls)”. World Health Organization (2004年). 2009年11月12日閲覧。
  40. ^ a b Mortality and Burden of Disease Estimates for WHO Member States: Females, all ages (2004) (xls)”. World Health Organization (2004年). 2009年11月12日閲覧。
  41. ^ a b Mortality and Burden of Disease Estimates for WHO Member States: Males, all ages (2004) (xls)”. World Health Organization (2004年). 2009年11月12日閲覧。


「心的外傷後ストレス障害」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「心的外傷後ストレス障害」の関連用語

心的外傷後ストレス障害のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



心的外傷後ストレス障害のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2019 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.
がん情報サイトがん情報サイト
Copyright ©2004-2019 Translational Research Informatics Center. All Rights Reserved.
財団法人先端医療振興財団 臨床研究情報センター
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの心的外傷後ストレス障害 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS