治安維持法とは? わかりやすく解説

ちあん‐いじほう〔‐ヰヂハフ〕【治安維持法】


治安維持法

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2023/01/22 05:23 UTC 版)

治安維持法(ちあんいじほう)は、国体皇室)や私有財産制を否定する運動を取り締まることを目的として制定された日本法律


注釈

  1. ^ 末弘厳太郎は1934年(昭和9年)6月6日蓑田胸喜が、「出版法違反」「治安維持法違反」等といって告発して、末弘は検事局からの事情聴取を受けることとなった[3]
  2. ^ この頃された新聞報道によると、インフルエンザであると発熱の塩梅は診察され、心臓鬱血、大量の吐血など重篤な症状を発症した[5]
  3. ^ 司法大臣は、4日間だけ高橋是清農商務大臣が臨時兼任していた。小川は虎の門事件翌日に思想団体青天会を設立し会長となっており、また日本新聞を創刊して国粋を提唱していた。
  4. ^ 勅令により当時は日本植民地であった朝鮮台湾樺太にも施行され[8]、また関東州及南洋群島にも同様な適用を行う[9]独立運動も含めて内地同様の取り締まりを行った。
  5. ^ 地方議会を含めれば、1926年9月3日に浜松市議会議員選挙で日本初。
  6. ^ これには、当時から憲法違反との指摘が根強かった。『安保法制の何が問題か』参照。
  7. ^ 山村工作隊曙事件白鳥事件大津地方検察庁襲撃事件大須事件枚方事件など祖国防衛隊との共闘していた日本共産党第6回全国協議会まで。
  8. ^ 共産主義者同盟東アジア反日武装戦線全学共闘会議中核派革マル派革労協日本赤軍など。
  9. ^ 血のメーデー事件長田区役所襲撃事件三井三池争議東大紛争早大闘争林健太郎監禁事件安保闘争羽田事件三里塚闘争渋谷暴動事件東峰十字路事件三菱重工爆破事件三井物産爆破事件帝人中央研究所爆破事件大成建設爆破事件鹿島建設爆破事件間組爆破事件オリエンタルメタル社・韓産研爆破事件間組爆破事件成田空港管制塔占拠事件京成スカイライナー放火事件芝山町長宅前臨時派出所襲撃事件ひめゆりの塔事件など。

出典

  1. ^ 日本法令索引”. 国立国会図書館. 2018年2月16日閲覧。
  2. ^ 『第45回帝国議会衆議院議事摘要 上巻』pp.1193-1194
  3. ^ 「末広博士の説明を聴く 検事局が慎重な態度」、『東京日日新聞』1934年(昭和9年)8月3日. 神戸大学経済経営研究所 新聞記事文庫 思想問題(8-061).
  4. ^ 荻野富士夫「解説 : 治安維持法成立・「改正」史 I. 過激社会運動取締法案とその前・後史」 1996, pp. 531–532
  5. ^ 『大阪朝日新聞』1925年(大正14年)2月5日. 神戸大学経済経営研究所 新聞記事文庫 人物伝記(3-020).
  6. ^ 中澤俊輔 2010, p. 200
  7. ^ 大阪朝日新聞社編『朝日年鑑 大正15年』朝日新聞社、1925年11月、pp.284-288
  8. ^ 治安維持法ヲ朝鮮、台湾及樺太ニ施行スルノ件 (大正14年5月8日勅令第175号)『官報』第3811号、大正14年5月8日、p.221
  9. ^ 関東州及南洋群島ニ於テハ治安維持ニ関シ治安維持法ニ依ルノ件(大正14年5月8日勅令第176号)『官報』第3811号、大正14年5月8日、p.221
  10. ^ 奥平康弘 2006, pp. 55–56
  11. ^ 荻野富士夫「解説 : 治安維持法成立・「改正」史 III. 治安維持法の改悪 : 第二次治安維持法」 1996, pp. 584–596
  12. ^ 荻野富士夫 2000
  13. ^ 向江璋悦 1974, pp. 89–90
  14. ^ 荻野富士夫 2006, pp. 211–213
  15. ^ 荻野富士夫 2006, p. 213
  16. ^ 荻野富士夫 2006, pp. 213–214
  17. ^ 荻野富士夫 2006, pp. 214–215
  18. ^ 永井哲二 『転向手記』顕真学苑出版部、1935年。NDLJP:1443545 コマ番号:23
  19. ^ 『抵抗の群像』 2008, p. 2
  20. ^ 神戸市立中央図書館 (2015年11月15日). “治安維持法で何人亡くなったか知りたい”. 2021年5月22日閲覧。
  21. ^ “なんだっけ 治安維持法って何?” (日本語). しんぶん赤旗. (2017年2月27日). https://www.jcp.or.jp/akahata/aik16/2017-02-27/2017022703_01_1.html 2021年5月23日閲覧。 
  22. ^ “衆議院予算委員会”. 3. 第77回国会. (1976-01-30). https://kokkai.ndl.go.jp/txt/107705261X00319760130/65. "実際に若干の数字を挙げてみますと、この治安維持法によってどれだけの人が共産主義者の名をもって逮捕されたか。これは完全な統計はありませんが、司法省の調査によって見ると、検事局に送検されただけでも七万五千六百八十一名であります。送検されない段階の逮捕を合わせれば、これが数十万に上ることは容易に察知されることであります。しかも、この治安維持法で逮捕された被告に対してはあらゆる人権が認められませんでした。そのために多くの人々が共産党員として命を落としました。治安維持法犠牲者国家賠償要求同盟という組織が調査したところによりますと、逮捕されて、現場で、留置場で拷問などによって虐殺された者が六十五名、そういう拷問、虐待が原因で獄死した者が百十四名、病気その他の理由で獄死した者が千五百三名、全部で千六百八十二名が、われわれがわかっているだけでも治安維持法によって逮捕され、虐殺され、獄死しているわけであります。" 
  23. ^ 『赤色スパイ団の全貌 : ゾルゲ事件』福田太郎訳、東西南北社刊、1953年
  24. ^ “衆議院予算委員会”. 3. 第77回国会. (1976-01-30). https://kokkai.ndl.go.jp/#/detail?minId=107705261X00319760130&current=3. "吾党中央委員会に潜入せるスパイ・挑発者の元凶片野(発言全体についてはNo205[塚本三郎]~251[塚本三郎])" 
  25. ^ 「魂の昭和史 すべての日本人に感じてほしい」 福田和也(小学館文庫)[要ページ番号]
  26. ^ 渡部昇一 2009, pp. 90–91, 104–105
  27. ^ 閔炳老(早稲田大学法学部助手)「論説 韓国の国家保安法の過去、現在、そして未来-憲法裁判所の判決に対する批判的考察- (PDF) 」 『比較法学』第33巻第1号、早稲田大学比較法研究所、1999年7月1日、 105-163頁、2015年3月22日閲覧。


「治安維持法」の続きの解説一覧

「治安維持法」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



治安維持法と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「治安維持法」の関連用語

治安維持法のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



治安維持法のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの治安維持法 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS