レーニンとは?

レーニン

名前 LeninLénin

ウラジーミル・レーニン

(レーニン から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/10/17 16:42 UTC 版)

ウラジーミル・イリイチ・レーニンロシア語: Влади́мир Ильи́ч Ле́нин1870年4月22日1924年1月21日)は、ロシアの革命家政治家。優れた演説家として帝政ロシア内の革命勢力をまとめ上げ、世界で最初に成功した社会主義革命であるロシア革命において主導的な役割を果たした。史上初の社会主義国家であるソビエト連邦およびソ連共産党ボリシェヴィキ)の初代指導者を務めた。マルクス主義共産主義)理論の研究と普及にも尽力し、後日、マルクス・レーニン主義という体系にまとめられた。本名はウラジーミル・イリイチ・ウリヤノフВлади́мир Ильи́ч Улья́нов[1]




[ヘルプ]
  1. ^ 「レーニン」は「レナ川の人」を意味する筆名であり、著作や論文にはニコライ・レーニン (Николай Ленин, Н. Ленин) の名で署名していた。レーニンの名を用いるまで、地下活動の間に約150もの偽名を用いていた(カルポフ、ヤーコプ・リヒテル、フレイ、バシル、イリインなど)。
  2. ^ Lenin: A Biography, Robert Service
  3. ^ Origin of Lenin: Kalmyks, Chuvashi, Jews, Germans, Swedes... (Походження Леніна: калмики, чуваші, євреї, німці, шведи...) Ukrayinska Pravda, April 22, 2012
  4. ^ Read, Christopher, Lenin (2005) Abingdon: Routledge p. 4.
  5. ^ Hill, Christopher, Lenin and the Russian Revolution (1971) Penguin Books:London p. 35.
  6. ^ 『レーニン全集』第32巻355頁、大月書店
  7. ^ 中沢新一「レーニン礼賛」の驚くべき虚構 岩上安身公式サイト「WEB IWAKAMI」に掲載。「諸君!」 1997年1月号掲載
  8. ^ 小長谷正明『ヒトラーの震え 毛沢東の摺り足―神経内科からみた20世紀』、中公新書、1999年 P.41-46
  9. ^ 実際に処理している画像
  10. ^ “レーニンは赤の広場にとどまるべき”. ロシアNOW. http://jp.rbth.com/articles/2012/12/17/40459 
  11. ^ 講演会報告要旨 『浦潮日報』と在留日本人の足跡 函館日ロ交流史研究会 2012年


「ウラジーミル・レーニン」の続きの解説一覧





レーニンと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「レーニン」の関連用語

レーニンのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

加古川

ケイギス

docomo PRIME series N-07A

Atrix

オーストラリア・メリノ

ヨモギ

アンペール

S-589





レーニンのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2017 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのウラジーミル・レーニン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS