成員とは? わかりやすく解説

せい‐いん〔‐ヰン〕【成員】

読み方:せいいん

団体・組織などを構成する人。メンバー。「家族の―」


成員

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/03/19 00:33 UTC 版)

ザ★リルビッツ」の記事における「成員」の解説

かわらだユタカ:ボーカル・ギター。リーダー。ほぼ全曲作詞・作曲三重県出身。 いしいえみ:ボーカル・ベース。栃木県出身 ラッセル中谷ドラム石川県出身

※この「成員」の解説は、「ザ★リルビッツ」の解説の一部です。
「成員」を含む「ザ★リルビッツ」の記事については、「ザ★リルビッツ」の概要を参照ください。


成員

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/12/19 09:43 UTC 版)

キリスト者共同体」の記事における「成員」の解説

或る者は幼少時代から集会の中で育ち、また或る者は後の年代にそれを発見し暫くの間客として留まる。何れの場合同様に或る問いに対して自ら責任以って決断下さなければならない。それは、自らを共同体同一視しそれを支え、また金銭的に援助しようと望むか否か、という問いである。成員の受け入れは、司祭との対話によって為される。成員になる者は、自らそれを明言し司祭によって認められる。成員になるということは、全キリスト者共同体において有効なものであり、それは一つ集会において実現されるものである。それはしかし何の権利伴わない。そしてそれは融合への内的な過程であり、原則的に解消する事は不可能である

※この「成員」の解説は、「キリスト者共同体」の解説の一部です。
「成員」を含む「キリスト者共同体」の記事については、「キリスト者共同体」の概要を参照ください。


成員

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/12 01:51 UTC 版)

経済財政諮問会議」の記事における「成員」の解説

会議議長10人以内の議員から成る議長には内閣総理大臣充てられ、議員として内閣官房長官内閣府特命担当大臣(経済財政政策担当)が法によって定められている。それ以外に、「各省大臣のうちから、内閣総理大臣指定する者」として財務大臣総務大臣経済産業大臣が、また「関係機関国の行政機関を除く)の長のうちから、内閣総理大臣任命する者」として日本銀行総裁議員となることが慣例化している。また、民間有識者数を議員の4割以上確保することが法により定められている。民間議員としては、これまで財界から2名、学界から2名が選ばれている。民間議員任期2年間で、再任が可能。 これ以外に会議には議案絞って国務大臣臨時議員として参加させることができる。また、必要に応じて審議会その他の関係行政機関の長や有識者資料提出意見開陳説明などを求めることができる。政府税制調査会会長や、財政制度等審議会会長規制改革・民間解放推進会議議長などの出席実績がある。

※この「成員」の解説は、「経済財政諮問会議」の解説の一部です。
「成員」を含む「経済財政諮問会議」の記事については、「経済財政諮問会議」の概要を参照ください。


成員

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/13 22:37 UTC 版)

教育未来創造会議」の記事における「成員」の解説

会議閣僚民間有識者から成る議長には内閣総理大臣充てられ、議長代理としては内閣官房長官文部科学大臣教育再生担当大臣務める。それ以外に、厚生労働大臣経済産業大臣その他内閣総理大臣指名する国務大臣含まれるまた、民間有識者である議員が「我が国未来を担う人材の育成に関し優れた識見有する者」の中から内閣総理大臣指名により選ばれる2021年12月3日現在、民間有識者としては、元慶義塾長で日本私立学校振興・共済事業団理事長である清家篤をはじめ15人の議員がいる。

※この「成員」の解説は、「教育未来創造会議」の解説の一部です。
「成員」を含む「教育未来創造会議」の記事については、「教育未来創造会議」の概要を参照ください。


成員

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/28 22:39 UTC 版)

シュヴァーベン同盟」の記事における「成員」の解説

チロル伯および前方オーストリア英語版大公ジークムント1490年以降はマクシミリアン大公 ヴュルテンベルク伯エーバーハルト5世1495年ヴュルテンベルク公昇格)、1496年以降はエーバーハルト2世 1489年までに加入アウクスブルク司教フリードリヒ・フォン・ホーエンツォレルン英語版バーデン辺境伯クリストフ1世 ブランデンブルク=アンスバッハ辺境伯ゲオルク・フリードリヒ ブランデンブルク=バイロイト辺境伯ジークムント マインツ大司教および選帝侯ベルトルト・フォン・ヘンネベルク(英語版トリーア大司教および選帝侯ヨハン2世・フォン・バーデン(英語版1500年バイエルンとの和解により加入バイエルン=ミュンヘンアルブレヒト4世1503年以降は再統一したバイエルン公国の公 1512年バーデンヴュルテンベルク脱退したが、バンベルク司教領英語版)とアイヒシュテット司教領英語版)が加入した1512年以降に加入した諸侯ヘッセン方伯フィリップ1世1519年加入 プファルツ選帝侯ルートヴィヒ5世1523年加入 プファルツ=ノイブルク公オットー・ハインリヒとフィリップ英語版)、1523年加入 ヴュルツブルク司教英語版)コンラート・フォン・テュンゲン(英語版)、1523年加入 ザルツブルク司教英語版)マテウス・ラング・フォン・ヴェレンブルク(英語版)、1525年加入

※この「成員」の解説は、「シュヴァーベン同盟」の解説の一部です。
「成員」を含む「シュヴァーベン同盟」の記事については、「シュヴァーベン同盟」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「成員」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

成員

出典:『Wiktionary』 (2021/08/11 13:14 UTC 版)

名詞

せいいん

  1. 団体構成しているメンバー

「成員」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「成員」の関連用語

成員のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



成員のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのザ★リルビッツ (改訂履歴)、キリスト者共同体 (改訂履歴)、経済財政諮問会議 (改訂履歴)、教育未来創造会議 (改訂履歴)、シュヴァーベン同盟 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの成員 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS