活動分野とは? わかりやすく解説

活動分野

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/02/09 06:52 UTC 版)

ヒューマン・ライツ・ウォッチ」の記事における「活動分野」の解説

ヒューマン・ライツ・ウォッチ活動は、地域テーマ別部局構成されている。 地域アフリカ南北アメリカアジアヨーロッパ・中央アジア中東・北アフリカアメリカ合衆国 テーマ武器ビジネス子供の権利緊急対応保健人権LGBTの権利難民女性の権利 その他にも、テロリズム対策障害者権利環境経済的社会的文化的権利国際的な法による裁き表現の自由拷問等の問題に取り組んでいる

※この「活動分野」の解説は、「ヒューマン・ライツ・ウォッチ」の解説の一部です。
「活動分野」を含む「ヒューマン・ライツ・ウォッチ」の記事については、「ヒューマン・ライツ・ウォッチ」の概要を参照ください。


活動分野

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/08 14:12 UTC 版)

石油天然ガス・金属鉱物資源機構」の記事における「活動分野」の解説

石油・天然ガス資源金属資源両分野において、ⅰ出資・債務保証事業技術・開発支援情報収集・提供、地質構造調査、ⅴ資源備蓄などを主要な活動分野としている。又、金属資源分野においては鉱害防止事業をも行っている

※この「活動分野」の解説は、「石油天然ガス・金属鉱物資源機構」の解説の一部です。
「活動分野」を含む「石油天然ガス・金属鉱物資源機構」の記事については、「石油天然ガス・金属鉱物資源機構」の概要を参照ください。


活動分野

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/09/07 03:35 UTC 版)

電子情報技術研究所」の記事における「活動分野」の解説

マイクロエレクトロニクスのためのマイクロ・ナノテクノロジー バイオ及び医療のためのマイクロ・ナノテクノロジー マイクロ・システムの開発及び統合 医療及びセキュリティーのための映像技術 ワイヤレススマートデバイス 宇宙及び科学 エネルギー輸送環境 電子情報技術研究所技術は、宇宙工学自動車通信医療住宅情報技術などを含む様々な産業分野で、パートナー企業イノベーション競争力付与している。

※この「活動分野」の解説は、「電子情報技術研究所」の解説の一部です。
「活動分野」を含む「電子情報技術研究所」の記事については、「電子情報技術研究所」の概要を参照ください。


活動分野

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/06/09 14:45 UTC 版)

ベクター・インフォマティック」の記事における「活動分野」の解説

前述のように、ベクターはシリアルバスシステムCAN、LINFlexRayMOSTだけでなく、SAE J1939やCANopenなどのCANベースプロトコル基づいた電子システムネットワークを扱う。明らかに同社焦点車両電子制御モジュールである。ただし、この分野得られ経験は、アビオニクス大型車両、特殊機械組み込みシステム全般などの他の分野にも適用されている。プレスリリース選択は、追加背景提供するGMによる診断検証 AUDIFlexRay使用したAUTOSAR PDU BMW運転支援システム最適化 AudiXCP英語版)-on-FlexRay ZFでのギアドライブキャリブレーションの効率品質 Bomag(英語版AG開発・分析ツール無線インターフェース LuK GmbH向けの統合診断およびフラッシュソリューション Car2x(英語版)/DSRC通信

※この「活動分野」の解説は、「ベクター・インフォマティック」の解説の一部です。
「活動分野」を含む「ベクター・インフォマティック」の記事については、「ベクター・インフォマティック」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「活動分野」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「活動分野」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

活動分野のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



活動分野のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのヒューマン・ライツ・ウォッチ (改訂履歴)、石油天然ガス・金属鉱物資源機構 (改訂履歴)、電子情報技術研究所 (改訂履歴)、ベクター・インフォマティック (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS