薬剤師とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 社会 > 社会一般 > > 薬剤師の意味・解説 

やくざい‐し【薬剤師】


やくざいし【薬剤師】


薬剤師(やくざいし)(pharmacist)

薬学基礎とした専門的な立場から薬事関わる

病院または診療所勤務するほか、薬局などで消費者から医薬品に関する相談を受ける。薬事法によると、医薬品販売する薬局には、薬剤師の常駐義務づけられている

薬剤師のいない店舗は「薬店」と呼ばれ薬事法で「薬局」と区別されている。薬店には、調剤室がなく、薬局と比べて医薬品販売品目制限がある。

政府は、2003年6月策定した骨太の方針第3弾)」の中で一般小売店における医薬品販売に関して、安全上特に問題がない認められる医薬品薬局薬店に限らず販売できるようにする規制緩和の方針を打ち出した

ディスカウントチェーンの「ドン・キホーテ」は、深夜時間帯テレビ電話による医薬品販売8月始めたセンター常駐する薬剤師が店舗訪れた客とテレビ電話話しながら風邪薬などを販売する方式だ。

しかし、厚生労働省は店舗に薬剤師を置かない点が薬事法抵触するとして改善求めている。「ドン・キホーテ」は9月から緊急時に限って医薬品無料で提供するように切り替えたが、厚生労働省薬事法基づ行政指導検討していることもあって、両者の溝は埋まりそうにない

(2003.09.05更新


薬剤師


医師,歯科医師,獣医師,薬剤師


薬剤師

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/09/06 09:50 UTC 版)

薬剤師(やくざいし、: Pharmacist, Chemist)とは、調剤医薬品の供給、その他薬事衛生を司るコメディカルスタッフ医療従事者である。近代的な医療制度では、医療を施す医師歯科医師と、医薬品を扱う薬剤師を分離独立させた資格制度(分業制度)をとっている。


  1. ^ 「厚生労働省令で定める者」とは、視覚又は精神の機能の障害により薬剤師の業務を適正に行うに当たって必要な認知、判断及び意思疎通を適切に行うことができない者とする(薬剤師法施行規則第1条の2)。厚生労働大臣は、薬剤師の免許の申請を行った者がこれに該当すると認める場合において、当該者に当該免許を与えるかどうかを決定するときは、当該者が現に利用している障害を補う手段又は当該者が現に受けている治療等により障害が補われ、又は障害の程度が軽減している状況を考慮しなければならない(薬剤師法施行規則第1条の3)。
  2. ^ 薬剤師資格確認検索システム 厚生労働省
  3. ^ a b c 橋田亨(編集)、西岡弘晶(編集) 『薬剤師レジデントマニュアル』医学書院、2013年、v、17-18頁。ISBN 978-4-260-01756-5 
  4. ^ 嶋根卓也「ゲートキーパーとしての薬剤師 医薬品の薬物乱用・依存への対応」『日本薬学会』第133巻第6号、2013年、 617-630頁、 NAID 130003361957
  5. ^ a b 日本薬剤師会 (2011-04-15) (pdf). 薬局におけるハイリスク薬の薬学的管理指導に関する業務ガイドライン (Report) (第2版 ed.). 日本薬剤師会. http://www.nichiyaku.or.jp/action/wp-content/uploads/2011/05/high_risk_guideline_2nd.pdfline.pdf 2014年5月22日閲覧。. 
  6. ^ a b 日本病院薬剤師会 (2013-02-09) (pdf). ハイリスク薬に関する業務ガイドライン(Ver.2.1) (Report). 日本病院薬剤師会. http://www.jshp.or.jp/cont/13/0327-1.pdf 2014年5月22日閲覧。. 
  7. ^ a b c 厚生労働省. “医師・歯科医師・薬剤師調査”. 2011年12月15日閲覧。
  8. ^ かかりつけ薬剤師」新設、服薬を一元管理…診療報酬改定を答申”. 読売新聞 (2016年2月10日). 2016年3月3日閲覧。
  9. ^ a b 中央社会保険医療協議会 総会(第328回) 議事次第”. 厚生労働省 (2016年2月10日). 2016年3月3日閲覧。
  10. ^ 在宅医療における薬剤師の役割と課題 日本薬剤師会山本信夫第厚生労働省15回医療部会提出資料 https://www.mhlw.go.jp/stf/shingi/2r9852000000zap2-att/2r9852000000zatv.pdf
  11. ^ 日本学術会議 薬学委員会 専門薬剤師分科会 (2008年8月28日). “専門薬剤師の必要性と今後の発展-医療の質の向上を支えるために- (PDF)”. 2009年11月14日閲覧。
  12. ^ 公益財団法人MR認定センター (2011年9月). “2011年版 MR白書-MRの実態および教育研修の変動- (PDF)”. 2012年3月4日閲覧。
  13. ^ 一般用医薬品販売制度定着状況調査平成21年度調査結果概要 (pdf)”. 厚生労働省医薬品食品局総務課 (2010年6月). 2010年7月11日閲覧。
  14. ^ 文部科学省. “中央教育審議会 初等中等教育分科会 教員養成部会 専門職大学院ワーキンググループ(第12回)議事録・配付資料[資料5-3]”. 2009年11月14日閲覧。
  15. ^ 日本薬剤師会. “医薬分業進捗状況(保険調剤の動向)”. 2011年7月31日閲覧。
  16. ^ 厚生労働省 (2010年). “チーム医療の推進について (チーム医療の推進に関する検討会報告書) (PDF)”. 2010年5月23日閲覧。
  17. ^ 厚生労働省 (2010年). “医療スタッフの協働・連携によるチーム医療の推進について (PDF)”. 2010年5月21日閲覧。
  18. ^ “小児科 無資格で調剤疑い”. 中日新聞. (2015年3月6日). http://iryou.chunichi.co.jp/article/detail/20150309131319482 2015年8月14日閲覧。 
  19. ^ WHO. “World Health Statistics 2007 - Health systems (PDF)” (英語). 2009年11月14日閲覧。
  20. ^ 厚生労働省 (2002年9月). “薬剤師需給の予測について(全体版) (PDF)”. 2011年8月17日閲覧。
  21. ^ 厚生労働省 (2007年6月). “薬剤師需給の予測について(粗い試算) (PDF)”. 2011年8月17日閲覧。
  22. ^ 厚生労働省 (2008年6月). “第3回薬剤師需給の将来動向に関する検討会 資料7. 薬科大学(薬学部)の数と入学定員・入学者数の推移 (PDF)”. 2011年6月26日閲覧。
  23. ^ 厚生労働省 医薬食品局 (2008年6月). “第3回薬剤師需給の将来動向に関する検討会 議事次第”. 2011年8月18日閲覧。
  24. ^ 文部科学省 高等教育局医学教育課薬学教育係 (2015年2月). “薬学系人材養成の在り方に関する検討会(第17回) 議事録”. 2018年3月21日閲覧。
  25. ^ 厚生労働省 医薬食品局 (2016年3月). “第101回薬剤師国家試験の合格発表 試験回次別合格者数の推移”. 2016年4月6日閲覧。
  26. ^ 厚生労働省 「平成25年賃金構造基本統計調査(全国)結果の概況
  27. ^ 人事院 「平成25年職種別民間給与実態調査の結果
  28. ^ 厚生労働省. “薬事法の一部を改正する法律の概要 (PDF)”. 2010年8月15日閲覧。
  29. ^ a b c d e f g h i j k l m 『世界の薬剤師と薬事制度』ムイスリ出版、2011年、1-14頁。ISBN 978-4-89641-188-1 
  30. ^ a b アメリカの薬剤師が持つ“依存型”処方権」『日経メディカル』、日経BP、2010年3月15日。
  31. ^ 第2回 日本と何が違う?海外の薬剤師事情 http://www.onenationworkingtogether.org/6542
  32. ^ 知って安心フランス薬局事情 - フランスの薬局に行こう! http://www.newsdigest.fr/newsfr/features/4138-france-pharmacy-guide.html
  33. ^ 薬学の歴史 ルネ・ファーブル/著 ジョルジュ・ディルマン/著 奥田潤/共訳 奥田陸子/共訳 p137-138
  34. ^ フランスの薬剤師、薬学教育システム http://naoko.okuda.free.fr/pharmacist1.html
  35. ^ a b c 薬剤師を鍛え上げるアメリカのシステム」『日経メディカル』、日経BP、2010年2月15日。
  36. ^ 第4回 世界の薬局・薬剤師 医薬分業発祥の地 イタリアで始まる薬局改革と新たな道筋(2) 2016年7月1日 薬事日報薬学生新聞
  37. ^ https://www.ticonsiglio.com/diventare-farmacista/#:~:text=Per%20diventare%20farmacista%20e%20poter,iscriversi%20all'albo%20dei%20farmacisti.
  38. ^ 薬学史事典 日本薬史学会編 p572-581
  39. ^ ファーマシストライフ 「第2回 日本と何が違う?海外の薬剤師事情
  40. ^ 城西大学 「海外インターンシップat MSU(マレーシア)報告 その4
  41. ^ アメリカで誕生した臨床薬剤師-そのやりがいや重要性とは?” (2018年4月1日). 2018年4月1日閲覧。



薬剤師

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/06/02 14:04 UTC 版)

「That's!イズミコ」の記事における「薬剤師」の解説

なんたら大学薬学科調剤小売学部お姉さん。かさこの「飲むと死ぬおくすり」やイズミコの「かぜ薬」を、しばしば「動物変身してしまう」と間違えて渡してしまう。

※この「薬剤師」の解説は、「That's!イズミコ」の解説の一部です。
「薬剤師」を含む「That's!イズミコ」の記事については、「That's!イズミコ」の概要を参照ください。


薬剤師

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/08/25 09:40 UTC 版)

コンチェルトゲート フォルテ」の記事における「薬剤師」の解説

薬草調合しHP回復する作ること出来る職。

※この「薬剤師」の解説は、「コンチェルトゲート フォルテ」の解説の一部です。
「薬剤師」を含む「コンチェルトゲート フォルテ」の記事については、「コンチェルトゲート フォルテ」の概要を参照ください。


薬剤師

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/07 16:04 UTC 版)

アメリカ合衆国の医療」の記事における「薬剤師」の解説

薬剤師及びファーマシー・テクニシャン存在する。なお薬給付管理PBM)がなされており、市場競争は非常に激しい。

※この「薬剤師」の解説は、「アメリカ合衆国の医療」の解説の一部です。
「薬剤師」を含む「アメリカ合衆国の医療」の記事については、「アメリカ合衆国の医療」の概要を参照ください。


薬剤師

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/09 02:12 UTC 版)

モリエールの医者諷刺」の記事における「薬剤師」の解説

薬の調合販売のほかに、内科医好んで用いた処方である浣腸を施すために医者お供をして患者ところへ赴く看護師のような役割果たしていた。この当時は薬剤師と食品販売業者区別されておらず外科医同様にかなり低い地位甘んじていた。この当時保存する手段万全でなかったため、は大変高価であった。特定の解毒剤は、当局監視下でのみ調剤許されたため、その特権利用して大儲けする者が現れた。それを妬ん医者にこの点を謗られるなどしたためモリエール攻撃対象となった

※この「薬剤師」の解説は、「モリエールの医者諷刺」の解説の一部です。
「薬剤師」を含む「モリエールの医者諷刺」の記事については、「モリエールの医者諷刺」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「薬剤師」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

薬剤師

出典:『Wiktionary』 (2021/10/10 00:22 UTC 版)

名詞

薬剤 やくざいし

  1. 調剤医薬品供給などを行う職業現在の日本では薬剤師法に基づいて医薬品調合などを行う資格を有する者。

関連語

翻訳


「薬剤師」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



薬剤師と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

薬剤師のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



薬剤師のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
時事用語のABC時事用語のABC
Copyright©2022 時事用語のABC All Rights Reserved.
総務省総務省
Copyright(c)2022 総務省 統計局 All rights reserved
政府統計の総合窓口(e-Stat)
職業図鑑職業図鑑
All contents Copyright(C)2022 Foundation.,All rights reserved.
A six Japan職業図鑑
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの薬剤師 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、WikipediaのThat's!イズミコ (改訂履歴)、コンチェルトゲート フォルテ (改訂履歴)、アメリカ合衆国の医療 (改訂履歴)、モリエールの医者諷刺 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの薬剤師 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS