臨床とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > ヘルスケア > 医療 > 臨床 > 臨床の意味・解説 

りん‐しょう〔‐シヤウ〕【臨床】

読み方:りんしょう

病床臨んで診療すること。患者接して診察・治療を行うこと。


臨床

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/12/21 21:25 UTC 版)

臨床(りんしょう、英語: clinic)とは、狭義には医学歯学看護学等の医療分野において、また最近では心理学教育学社会学法学等の学問領域においても、医療・教育・カウンセリングその他の介入を行う「現場」、あるいは「現場を重視する立場」を指す。


  1. ^ Christopher Lawrence. Keywords in the history of medicine: Clinic. Lancet. 2004 May 1;363(9419):1483. PMID 15121427


「臨床」の続きの解説一覧

臨床

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/30 05:28 UTC 版)

アルカリイオン水」の記事における「臨床」の解説

アルカリイオン水血液透析への応用日本台湾でも模索されている山梨大学教育人間科学部パナソニック電工株式会社共同研究で、二重盲検法によるランダム化比較試験で、アルカリイオン水は単に浄水飲んだ場合比較して運動によって発生した活性酸素による生体内酸化ストレス値に低下傾向があることを報告した歯科 アルカリイオン水は虫歯の原因である歯垢バイオフィルム歯周病原因菌といった口腔の疾患原因に対して洗口有効であるとの報告がある。

※この「臨床」の解説は、「アルカリイオン水」の解説の一部です。
「臨床」を含む「アルカリイオン水」の記事については、「アルカリイオン水」の概要を参照ください。


臨床

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/02/19 09:46 UTC 版)

永田俊彦 (歯学者)」の記事における「臨床」の解説

永田徳島大学病院歯科第二保存科教授歯科長を務める永田世界口腔保健学大会記念した日本歯科医師会シンポジウムで「歯周病予防と治療全身健康管理」と題した特別講演行った2013年歯周病糖尿病等の合併症患者への歯周病治療により血糖値コントロールできた事例報告しこうした合併症への注意呼びかけた

※この「臨床」の解説は、「永田俊彦 (歯学者)」の解説の一部です。
「臨床」を含む「永田俊彦 (歯学者)」の記事については、「永田俊彦 (歯学者)」の概要を参照ください。


臨床

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/02/21 08:11 UTC 版)

大口蓋動脈」の記事における「臨床」の解説

下鼻甲介後端付近骨部欠損のため、鼻出血原因大口蓋動脈であることもある。

※この「臨床」の解説は、「大口蓋動脈」の解説の一部です。
「臨床」を含む「大口蓋動脈」の記事については、「大口蓋動脈」の概要を参照ください。


臨床

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/12/10 20:27 UTC 版)

第三頸椎」の記事における「臨床」の解説

生まれつき頸椎内のいくつかの骨が癒合している人がいる。これは頸椎癒合症(英語版)と呼ばれる頸椎癒合見られることが多い部位として、第三頸椎第二頸椎間の癒合がある。 第三頸椎亜脱臼不完脱臼)を起こすと、上肢痛みやしびれの原因となりうる。

※この「臨床」の解説は、「第三頸椎」の解説の一部です。
「臨床」を含む「第三頸椎」の記事については、「第三頸椎」の概要を参照ください。


臨床

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/12/11 19:27 UTC 版)

下顎管」の記事における「臨床」の解説

レントゲン写真上、50%の下顎第二大臼歯根尖下顎管近接している。40%は、根管根尖から離れており、レントゲン上では10%で、根尖孔が下顎管内に存在している。下顎第二大臼歯の歯内治療において、下歯槽神経損傷による知覚麻痺可能性があるので、リーマー根管充填材の使用には注意が必要である。 また、下顎第三大臼歯同様に下顎管近接しており、知覚麻痺埋伏智歯抜歯の際の偶発症として知られている

※この「臨床」の解説は、「下顎管」の解説の一部です。
「臨床」を含む「下顎管」の記事については、「下顎管」の概要を参照ください。


臨床

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/10/23 00:27 UTC 版)

ボーマン嚢」の記事における「臨床」の解説

糸球体濾過率(GFR)の測定は、腎臓機能診断使われる糸球体濾過率低下腎不全兆候1つである。

※この「臨床」の解説は、「ボーマン嚢」の解説の一部です。
「臨床」を含む「ボーマン嚢」の記事については、「ボーマン嚢」の概要を参照ください。


臨床

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/09/01 23:39 UTC 版)

ウイルス性肝炎」の記事における「臨床」の解説

ほとんどの場合A型肝炎B型肝炎C型肝炎多くE型肝炎発展途上国中心に流行しているが、その他の肝炎少ない。

※この「臨床」の解説は、「ウイルス性肝炎」の解説の一部です。
「臨床」を含む「ウイルス性肝炎」の記事については、「ウイルス性肝炎」の概要を参照ください。


臨床

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/09 13:46 UTC 版)

Ku80」の記事における「臨床」の解説

この遺伝子稀少マイクロサテライト多型は、さまざまな放射線感受性患者発癌関連する

※この「臨床」の解説は、「Ku80」の解説の一部です。
「臨床」を含む「Ku80」の記事については、「Ku80」の概要を参照ください。


臨床

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/12/07 16:26 UTC 版)

アシネトバクター・カルコアセティカス」の記事における「臨床」の解説

A. calcoaceticusはヒト病原性であり、複数基礎疾患を持つ患者に対して日和見感染引き起こす可能性がある

※この「臨床」の解説は、「アシネトバクター・カルコアセティカス」の解説の一部です。
「臨床」を含む「アシネトバクター・カルコアセティカス」の記事については、「アシネトバクター・カルコアセティカス」の概要を参照ください。


臨床

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/01 18:06 UTC 版)

虫垂癌」の記事における「臨床」の解説

虫垂癌自覚症状少なく大腸内視鏡検査での発見率は30%程度との報告ある様手術前確定診断が難しいため 別の疾患検査手術に伴い発見されることも多い。 盲腸低分化腺癌表記されることもあるが、分類上は同じ種類の癌である。虫垂大腸の一部分であることから、大腸がん一種とも言えるCEACA 19-9などの腫瘍マーカーの上昇を認めない事もあるがん細胞腹膜広がる腹膜播種起こしやすく、虫垂粘液嚢と腹膜偽粘液腫引き起こし易い。また、潰瘍性大腸炎合併症として発症することがある腹腔内臓器全てと肺への遠隔転移がある。

※この「臨床」の解説は、「虫垂癌」の解説の一部です。
「臨床」を含む「虫垂癌」の記事については、「虫垂癌」の概要を参照ください。


臨床

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/07 20:39 UTC 版)

児童精神医学」の記事における「臨床」の解説

児童精神医学実践している診療科児童精神科である。従来精神科区別して診療科児童精神科、その専門医児童精神科医と呼ぶ2008年2月27日厚生労働省は政令省令改正によって児童精神科公式な標榜科として認めた

※この「臨床」の解説は、「児童精神医学」の解説の一部です。
「臨床」を含む「児童精神医学」の記事については、「児童精神医学」の概要を参照ください。


臨床

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/16 14:53 UTC 版)

副乳」の記事における「臨床」の解説

副乳は、一般に他の奇形や発達遅滞を伴うことはない。ただし、美容上の見地からこれ切除することがある

※この「臨床」の解説は、「副乳」の解説の一部です。
「臨床」を含む「副乳」の記事については、「副乳」の概要を参照ください。


臨床

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/02 23:35 UTC 版)

鼓膜」の記事における「臨床」の解説

慢性中耳炎では一般に鼓膜穿孔起こる。 鼓膜中耳側に陥入して嚢胞形成し内部で上皮増殖して真珠腫生じることがあり、これを真珠腫性中耳炎と呼ぶ真珠腫進行すると、耳小骨融解させて難聴を引き起したり、顔面神経障害したりすることがある鼓膜も、皮膚同じく再生することが可能である。大体1週間 - 10日程で再生する。[独自研究?] 小さな子供鼻水すすった際に耳の奥へ溜まってしまう場合があるこの際鼓膜穴を開け吸い出すのだが、親が同意求められた際に過剰に反応する場合がある鼓膜再生することが認知されていなかったり聴覚鼓膜だけによるものではないこと(鼓膜損傷してある程度聴こえる)が理解されていなかった場合などがある[独自研究?]。実際は上記の通り再生するので過剰に反応する必要はない

※この「臨床」の解説は、「鼓膜」の解説の一部です。
「臨床」を含む「鼓膜」の記事については、「鼓膜」の概要を参照ください。


臨床

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/21 02:11 UTC 版)

Ku70」の記事における「臨床」の解説

この遺伝子突然変異については、自閉症24家族のエクソーム解析研究結果記述されている。これは、この遺伝子自閉症発症関与している可能性があることを示唆しており、さらなる調査期待されている。

※この「臨床」の解説は、「Ku70」の解説の一部です。
「臨床」を含む「Ku70」の記事については、「Ku70」の概要を参照ください。


臨床

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/05 02:43 UTC 版)

海馬鉤」の記事における「臨床」の解説

鉤は、臨床的に二つの点で重要である

※この「臨床」の解説は、「海馬鉤」の解説の一部です。
「臨床」を含む「海馬鉤」の記事については、「海馬鉤」の概要を参照ください。


臨床

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/03/06 15:29 UTC 版)

エンドトキシンショック」の記事における「臨床」の解説

臨床的に心拍数血圧正常で大血管血流には変化無くても微小血管毛細血管を含む)への血流減少することで、白血球および血小板血管内皮接着し血液凝固システム活性化されるため血管閉塞生じ事となるまた、炎症性メディエーターにより微小血管透過性高まり体液血漿タンパク周囲の間質腔へ滲出する。消化管では腸内細菌消化管腔から血管内移動することによって敗血症転移性感染症原因なり得る

※この「臨床」の解説は、「エンドトキシンショック」の解説の一部です。
「臨床」を含む「エンドトキシンショック」の記事については、「エンドトキシンショック」の概要を参照ください。


臨床

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/15 05:38 UTC 版)

デスオキシコルチコステロン」の記事における「臨床」の解説

デスオキシコルチコステロン酢酸エステルピバル酸エステルは、慢性原発性副腎皮質機能低下症代替療法使われる。 なお、ピバル酸デスオキシコルチコステロン獣医が使う薬品としてノバルティス社からPercotenという名称で販売されている。

※この「臨床」の解説は、「デスオキシコルチコステロン」の解説の一部です。
「臨床」を含む「デスオキシコルチコステロン」の記事については、「デスオキシコルチコステロン」の概要を参照ください。


臨床

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/07 00:57 UTC 版)

併用療法」の記事における「臨床」の解説

多剤併用療法対象となる疾患には、結核ハンセン病、がん、マラリアHIV/AIDS等がある。併用療法大きなメリットは、病原体腫瘍複数薬剤に対して同時に耐性を持つ可能性低くなる為、薬剤耐性発生抑える事が出来る点である。アルテミシニンベースとしたマラリア単剤療法は、新し治療法に対する耐性発生という問題を避ける為、明確に非推奨である。 多剤併用療法は、短期的に単剤療法に比べコストが高いように見えるが、適切に使用されれば、治療失敗率、症例死亡率の低下単剤療法に比べ副作用少ない、耐性菌発生が遅い、その結果新薬の開発必要な資金少なくて済む等、大きな節約効果がある

※この「臨床」の解説は、「併用療法」の解説の一部です。
「臨床」を含む「併用療法」の記事については、「併用療法」の概要を参照ください。


臨床

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/21 18:13 UTC 版)

カラベリー結節」の記事における「臨床」の解説

小窩や溝の場合、う蝕好発部位となる。

※この「臨床」の解説は、「カラベリー結節」の解説の一部です。
「臨床」を含む「カラベリー結節」の記事については、「カラベリー結節」の概要を参照ください。


臨床

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/07 05:05 UTC 版)

モラクセラ・オスロエンシス」の記事における「臨床」の解説

Moraxella osloensisヒト口腔粘膜の上気道常在菌であり、M. osloensisが人間感染することはほとんどないが、さまざまな生体組織において感染し感染症引き起こすことが知られている日本では2009年初めてこの細菌による敗血症確認されたグラム染色と形態が不定であるため、顕微鏡での菌種同定注意が必要である。

※この「臨床」の解説は、「モラクセラ・オスロエンシス」の解説の一部です。
「臨床」を含む「モラクセラ・オスロエンシス」の記事については、「モラクセラ・オスロエンシス」の概要を参照ください。


臨床

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/19 10:17 UTC 版)

マロチラート」の記事における「臨床」の解説

日本では肝不全の状態が進み黄疸現れた患者腹水溜まっている患者肝性脳症発症した患者に対して投与してならない定められている。日本におけるマロチラート標準的な用法用量は、1回200 mg1日3回服用する事だが、患者の状態に応じて医師の判断での増減可能であるマロチラート投与した場合副作用として肝機能障害出現する恐れがあるため、日本では投与開始から2週間後、4週間後、6週間後には必ず肝機能検査を行うように定められており、その後投与続け限りにおいて、ある程度頻度肝機能検査を行うように求められている。なお、マロチラート投与後に重篤な肝障害出現した場合には、投与中止する

※この「臨床」の解説は、「マロチラート」の解説の一部です。
「臨床」を含む「マロチラート」の記事については、「マロチラート」の概要を参照ください。


臨床

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/21 08:52 UTC 版)

温熱療法」の記事における「臨床」の解説

研究により加温回数様々でいわゆる至適加温回数といったものは、知られていない。ただ、加温間隔には制限があり1-2回/週を超え温熱療法行なうと、細胞内ヒートショックプロテインHSP)が誘導されて、加温抵抗性となるため、一般にこれより短い間隔で行なわれることはない一方最大加温回数という概念はない。というのも、これに対応する概念として、アントラサイクリン系抗癌剤では毒性蓄積していくため生涯投与量として制限される放射線治療おいても、耐容線量という概念があり、同一部位照射可能な放射線量には上限がある。そのため、治療強度の上限決定され、また再発時に、同じ治療が困難となることが多いのである振り返って温熱療法では、このような制約がないため、治療計画自由度高く局所再発にも対応しうる。 温熱療法単独でも、抗腫瘍効果発揮するが、集学的治療として、他のモダリティーと組み合わせて治療となることが多い。温熱療法放射線治療化学療法それぞれ異な作用機序抗腫瘍効果発揮するため、これら組み合わせると、少なくとも相補的な意味で治療成績の向上につながることは容易に予想されるが、今日まで研究で、相乗的な作用を示すことが示されている。 極めて魅力的な治療であるが、加温時間人手要する事へ評価なされず経済的に存続しにくかったことから普及率極めて低い。しかし、視点変えると、伸びしろまだまだある、と期待しうる未来治療と言い換えることも出来る。

※この「臨床」の解説は、「温熱療法」の解説の一部です。
「臨床」を含む「温熱療法」の記事については、「温熱療法」の概要を参照ください。


臨床

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/12/12 03:29 UTC 版)

副脾」の記事における「臨床」の解説

多く無症状で、臨床上問題になることはない腹部超音波またはCTにより偶発的に発見されることが多い。 副脾存在しても害はないので、外科的に切除する必要はない。ただし、epidermoid cystなどの病変があれば話は別である。 その他、ハイリスク要因として大網脾門にできた副脾捻転起こし急性腹症原因なり得る副脾破裂により出血性ショック起こすことがある。

※この「臨床」の解説は、「副脾」の解説の一部です。
「臨床」を含む「副脾」の記事については、「副脾」の概要を参照ください。


臨床

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/05 07:22 UTC 版)

オトガイ筋」の記事における「臨床」の解説

下顎が無歯顎の患者において、オトガイ筋位置歯槽堤近接していることが義歯作成する際にその形態影響を与える

※この「臨床」の解説は、「オトガイ筋」の解説の一部です。
「臨床」を含む「オトガイ筋」の記事については、「オトガイ筋」の概要を参照ください。


臨床

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/06 08:39 UTC 版)

顎舌骨筋」の記事における「臨床」の解説

顎舌骨筋やその起始である顎舌骨筋線解剖学的に下顎総義歯作成する際の形態決定に重要となる。

※この「臨床」の解説は、「顎舌骨筋」の解説の一部です。
「臨床」を含む「顎舌骨筋」の記事については、「顎舌骨筋」の概要を参照ください。


臨床

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/03/25 07:03 UTC 版)

ANCA関連血管炎」の記事における「臨床」の解説

血中から抗好中球細胞質抗体検出されることが多いが、GPAはproteinase 3(PR3)抗体(c-ANCA)が多くMPAmyeloperoxidase(MPO)抗体(p-ANCA)が多く検出されるEGPAでは腎臓疾患のないEGPA患者では約25%のみがANCA陽性であるに対し腎臓疾患があるEGPAでは75%が、壊死性糸球体腎炎認められたEGPAでは100%患者ANCA陽性を示す

※この「臨床」の解説は、「ANCA関連血管炎」の解説の一部です。
「臨床」を含む「ANCA関連血管炎」の記事については、「ANCA関連血管炎」の概要を参照ください。


臨床

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2011/11/20 08:56 UTC 版)

蝶口蓋動脈」の記事における「臨床」の解説

この動脈深刻な鼻出血際に内視鏡用いて結紮なされたりまた、結紮困難な場合には塞栓術が行われることがある

※この「臨床」の解説は、「蝶口蓋動脈」の解説の一部です。
「臨床」を含む「蝶口蓋動脈」の記事については、「蝶口蓋動脈」の概要を参照ください。


臨床

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2014/11/04 09:27 UTC 版)

バイベル・パラーデ小体」の記事における「臨床」の解説

主にヒト遺伝的疾患によって注目されるvWF変異はよく見られる遺伝性血液凝固異常症、ヴォン・ヴィレブランド病(VWD)を引き起こす。VWDが人口1%上る人口集団もあり、皮膚粘膜からの出血長引くことが特徴である。III型VWDは血友病にも似た大出血を起こすvWFは、一次止血では血小板傷口集め二次止血では凝固因子VIII(FVIII)のシャペロンとして機能する

※この「臨床」の解説は、「バイベル・パラーデ小体」の解説の一部です。
「臨床」を含む「バイベル・パラーデ小体」の記事については、「バイベル・パラーデ小体」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「臨床」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

臨床

出典:『Wiktionary』 (2021/08/15 01:52 UTC 版)

名詞

 りんしょう

  1. 実際病床患者に対して診療看護などを行うこと。
  2. 明瞭所見あること
  3. ヒトに対して行うこと。人の感情共感する立場に立つこと。
  4. 検体生体対象機器による分析を行うこと。

発音(?)

り↗んしょー

関連語


「臨床」の例文・使い方・用例・文例




臨床と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「臨床」の関連用語

検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



臨床のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
がん情報サイトがん情報サイト
Copyright ©2004-2023 Translational Research Informatics Center. All Rights Reserved.
財団法人先端医療振興財団 臨床研究情報センター
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの臨床 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのアルカリイオン水 (改訂履歴)、永田俊彦 (歯学者) (改訂履歴)、大口蓋動脈 (改訂履歴)、第三頸椎 (改訂履歴)、下顎管 (改訂履歴)、ボーマン嚢 (改訂履歴)、ウイルス性肝炎 (改訂履歴)、Ku80 (改訂履歴)、アシネトバクター・カルコアセティカス (改訂履歴)、虫垂癌 (改訂履歴)、児童精神医学 (改訂履歴)、副乳 (改訂履歴)、鼓膜 (改訂履歴)、Ku70 (改訂履歴)、海馬鉤 (改訂履歴)、エンドトキシンショック (改訂履歴)、デスオキシコルチコステロン (改訂履歴)、併用療法 (改訂履歴)、カラベリー結節 (改訂履歴)、モラクセラ・オスロエンシス (改訂履歴)、マロチラート (改訂履歴)、温熱療法 (改訂履歴)、副脾 (改訂履歴)、オトガイ筋 (改訂履歴)、顎舌骨筋 (改訂履歴)、ANCA関連血管炎 (改訂履歴)、蝶口蓋動脈 (改訂履歴)、バイベル・パラーデ小体 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの臨床 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS