感情とは? わかりやすく解説

かん‐じょう〔‐ジヤウ〕【感情】

読み方:かんじょう

物事感じて起こ気持ち外界刺激感覚観念によって引き起こされる、ある対象に対する態度価値づけ。快・不快、好き・嫌い恐怖怒りなど。「―をむきだしにする」「―に訴える」「―を抑える」「国民―を刺激する


感情

作者笹沢左保

収載図書ただ独り歩め
出版社文芸春秋
刊行年月1995.7
シリーズ名宮本武蔵


感情

作者黄氏寳

収載図書台湾純文学集 1
出版社緑蔭書房
刊行年月2002.11
シリーズ名日本統治期台湾文学集成


感情

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/11/29 03:40 UTC 版)

感情(かんじょう)とは、ヒトなどの動物がものごとや対象に対して抱く気持ちのこと。喜び悲しみ怒り、諦め、驚き嫌悪恐怖などがある(感情の一覧)。


  1. ^ 黄帝内経 『素問』陰陽応象大論篇


「感情」の続きの解説一覧

感情

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/03/13 08:02 UTC 版)

ラグランジュポイント (ゲーム)」の記事における「感情」の解説

人間サイボーグは感情の昂ぶりによってステータス左右されるロボットには感情がないメラメラ テンション上がり強気の状態。 ステータス上昇HPターン自動回復クリティカル連発など、各キャラそれぞれ固有の有利な効果発動するオロオロ 不利な態で陥りやすい弱気の状態。 決め技能力使えなくなるなど、各キャラ固有の不利な効果発動するぱにっく 一部キャラにおいてオロオロ代わりに発生する一種の状態異常わけのわからない行動を取るようになり、事実上の行動不能

※この「感情」の解説は、「ラグランジュポイント (ゲーム)」の解説の一部です。
「感情」を含む「ラグランジュポイント (ゲーム)」の記事については、「ラグランジュポイント (ゲーム)」の概要を参照ください。


感情

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/05/13 23:56 UTC 版)

ドラゴンアームズ改 バハムートライジング」の記事における「感情」の解説

DAR世界では感情がエネルギーとなっている。キャラクター作成当初は2つの感情を持ちゲーム中にPCまたはNPCに感情を追加することができ、セッション終了後4つまで次のゲーム持ち越すことができる。

※この「感情」の解説は、「ドラゴンアームズ改 バハムートライジング」の解説の一部です。
「感情」を含む「ドラゴンアームズ改 バハムートライジング」の記事については、「ドラゴンアームズ改 バハムートライジング」の概要を参照ください。


感情

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/21 10:09 UTC 版)

ヒトの脳」の記事における「感情」の解説

詳細は「感情」を参照 感情は一般に2段階の要素からなるプロセス定義され、まず誘出があり、次いで心理的な感覚評価表現自律反応行動傾向につながる。基本的な感情を脳の特定の部位関連付けようとする試み論争続いている特定の部位が感情に対応するという証拠見当たらないとする研究もあれば、基本的な感情プロセス関わる神経回路発見したとする研究もある。扁桃体眼窩前頭皮質島皮質中部および前部前頭前皮質側部は、感情の創出に関わっていると思われるが、報酬加味し動機的セイリアンスにおける腹側被蓋野腹側淡蒼球側坐核に関してはあまり確かな証拠は無い。しかし幸福感では大脳基底核悲哀感では脳梁帯状回恐怖感では扁桃体といったように特定の部位がある感情で活性化する証拠発見されてきている。

※この「感情」の解説は、「ヒトの脳」の解説の一部です。
「感情」を含む「ヒトの脳」の記事については、「ヒトの脳」の概要を参照ください。


感情

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/09 02:54 UTC 版)

涼宮ハルヒの戸惑」の記事における「感情」の解説

キャラクターには感情が設定されており、キョンとの交流によって移り変わる。さらに複数キャラクターの感情の組み合わせ場の空気変化し作業進捗度合いイベントの発生影響する

※この「感情」の解説は、「涼宮ハルヒの戸惑」の解説の一部です。
「感情」を含む「涼宮ハルヒの戸惑」の記事については、「涼宮ハルヒの戸惑」の概要を参照ください。


感情

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/27 14:52 UTC 版)

全的堕落」の記事における「感情」の解説

「感情・情緒」の分野おいても、この「堕落」の結果顕著であって、しばしば現代人は感情の倒錯経験する愛す代わりに憎み謙遜である代わりに傲慢となっている。

※この「感情」の解説は、「全的堕落」の解説の一部です。
「感情」を含む「全的堕落」の記事については、「全的堕落」の概要を参照ください。


感情

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/03/16 00:53 UTC 版)

エピソード記憶」の記事における「感情」の解説

感情と記憶の関係は複雑だが、一般に強い感情と結びついて記憶されイベント後々まで記憶され続け傾向があるフラッシュバルブ記憶はその例である。

※この「感情」の解説は、「エピソード記憶」の解説の一部です。
「感情」を含む「エピソード記憶」の記事については、「エピソード記憶」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「感情」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

感情

出典:『Wiktionary』 (2021/08/11 10:19 UTC 版)

名詞

かんじょう

  1. 外界刺激じ、一時的に変化する内心状態気持ち理性論理異なり本能的又は反射的に生ずる。
  2. 冷静さ失い怒り悲しみなどにとらわれた状態。

発音(?)

か↗んじょー

関連語


「感情」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「感情」の関連用語

感情のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



感情のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの感情 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのラグランジュポイント (ゲーム) (改訂履歴)、ドラゴンアームズ改 バハムートライジング (改訂履歴)、ヒトの脳 (改訂履歴)、涼宮ハルヒの戸惑 (改訂履歴)、全的堕落 (改訂履歴)、エピソード記憶 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの感情 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS