ルサンチマンとは?

ルサンチマン

ルサンチマンとは、ルサンチマンの意味

ルサンチマンとは、弱者強者に対して抱く「恨み」や「嫉妬心」のこと。日本語では「怨恨」と訳されることも多い。ドイツ哲学者ニーチェFriedrich Neitzsche)の道徳哲学特徴づける重要なキーワードのひとつとして知られる。

なお、ルサンチマン(ressentiment)という語そのものフランス語である。
 
ルサンチマンは、社会的弱者被支配者が抱く、強者支配者対す怒り憎悪嫉妬などの感情である。ニーチェはルサンチマンを「弱者側の道徳観」と捉えた。弱者強者対す憤り行動に移せない。そのため弱者は、想像の中で復讐心を膨らませて心を慰めるのだいう。

ニーチェは「道徳の系譜」(1887年)においてルサンチマンの概念提唱した。ただし、ルサンチマンの「弱者強者による嫉み道徳観となる」という構造は、必ずしもニーチェによる空前発明というわけではない。デンマーク思想家キルケゴールSøren Kierkegaard)は1846年に「En literair Anmeldelse」(抄訳邦題は「現代批判」)において、当代における道徳観を「嫉み嫉妬〕」であると看破している。

キルケゴールはこの「嫉み」に基づく道徳観を、強者足手まといになる道徳観として、強者側の視点から示した。ニーチェ逆に弱者視点から捉え、そして「ルサンチマン」という用語を与え、この概念を定義したのである

ニーチェは、当時西欧文化において絶対的価値基準であったキリスト教道徳観に対して懐疑的であった。キリスト教起源は、ユダヤ人の、かつて虐げてきたローマ人対するルサンチマンが根底にあるという。強者たるローマ人により虐げられ、貧しく不幸な生活をしている自分ユダヤ人は、貧しく不幸であり、だからこそ幸いなのだ、貧しい人にこそ神の国が開かれているのだ、という考え方キリスト教根底にあるとニーチェ捉えた。

ニーチェいわゆる実存哲学先駆者として知られ、今日もなお大きな影響与え続けている。「ルサンチマン」の概念また、今日でも世間道徳俯瞰する手がかりとして価値を保ち続けている。

例えば、有名人ゴシップ醜聞スキャンダルの類に(直接的には無関係なはずの)人々過剰なまでに反応して大騒ぎするのも、ルサンチマンの感情根底にあるためと考えれば腑に落ちる自分より恵まれている有名人対す嫉妬心憎悪復讐心。これが自分と同じ境遇の、自分と同じルサンチマンを抱いた人々と、ひそかに一致団結した場合大きな炎上騒ぎとなることも少なくない

こうした感情機微を、ニーチェ人間本質であるとし、批判せずむしろ肯定的にとらえている。

ルサンチマンの概念

ニーチェがルサンチマンについて再定義した後も、著名な哲学者歴史家批評家などがルサンチマンの概念を独自に論じている。フランス現代哲学を代表するジル・ドゥルーズは、著書においてルサンチマン概念再生を述べた。フランス文芸批評家ルネ・ジラールは、ルサンチマンを誰もが持ち得る嫉妬心に過ぎないと論じている。つまり、ルサンチマンのような感情自分制することが難しく誰でも自然と抱いてしまう感情だというのだ。ルネ・ジラール考え方からすると貧しく虐げられた者のみが強者に対して抱くのではなく強者ですらルサンチマンを抱き得ることになる。

カナダの歴史家マルク・アンジュノも、ルサンチマンを不満が蓄積されることによって生まれ態度としている。特に、アイデンティティ・ポリティクスを論じる際にルサンチマンの概念取り上げているのが特徴的だ。ルサンチマンを根底とする主意主義独善的な主張を増やし、社会における差別対立を煽っていると論じたのである

ルサンチマン [2]フランス ressentiment

ニーチェの用語。被支配者あるいは弱者が、支配者強者に対してため込んでいる憎悪やねたみ。この心理のうえに成り立つのが愛とか同情といった奴隷道徳であるという。怨恨。 → 奴隷道徳

ルサンチマン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/01/20 03:04 UTC 版)

ルサンチマン: ressentiment、 (フランス語発音: [rəsɑ̃timɑ̃]) )は、主に弱者が強者に対して、「憤り・怨恨・憎悪・非難」の感情を持つことをいう。「ル」をフランス語の定冠詞 le と誤解して「ル・サンチマン」と表記する者がいるが、誤りである(le sentimentでは単なる「感情」の意味になる)。




  1. ^ 木場深定訳『道徳の系譜』岩波文庫、46ページ(一部改変)。なお、木場訳ではルサンチマンは「反感」と訳されている。
  2. ^ Marc Angenot, Les idéologies du ressentiment, 1996.


「ルサンチマン」の続きの解説一覧



ルサンチマンと同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ルサンチマン」の関連用語

ルサンチマンのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ルサンチマンのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2020 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのルサンチマン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS