楽天主義とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 人文 > 概念 > 主義 > 楽天主義の意味・解説 

らくてん‐しゅぎ【楽天主義】

楽天観」に同じ。

くよくよせず、何事楽天的考えていく傾向


らくてんしゅぎ 【楽天主義】


楽天主義

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/08/21 21:03 UTC 版)

楽天主義(らくてんしゅぎ)とは、オプティミズム(optimism)の訳語の一つ。楽観主義(らっかんしゅぎ)ともいう。哲学上では最善説(さいぜんせつ)と訳され、苦悪などがこの世に存在するにもかかわらず、この世界は全体的に見て存在し得る世界の中でもっともよいとする考え方である[1]。対義語は悲観主義(ペシミズム)。optimismは、物事をうまくゆくものと考える「楽観的」、くよくよせず物事を明るい方に考える「楽天的」という意味で使われることもある。


注釈

  1. ^ このような主張は、存在しないよりも存在するほうが善いという仮定に立つものであるとイギリスバートランド・ラッセルは論評している

出典



「楽天主義」の続きの解説一覧



楽天主義と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「楽天主義」の関連用語

楽天主義のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



楽天主義のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
中経出版中経出版
Copyright (C) 2021 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの楽天主義 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 Weblio RSS