アウグスティヌスとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 人名 > 学者・研究者 > 政治学者 > 政治学者 > アウグスティヌスの意味・解説 

アウグスティヌス【Aurelius Augustinus】


アウグスティヌス

名前 AugustinusAugustine

アウグスティヌス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/09/16 15:30 UTC 版)

聖アウレリウス・アウグスティヌスラテン語: Aurelius Augustinus354年11月13日 - 430年8月28日[1])は、ローマ帝国西ローマ帝国)時代のカトリック教会司教であり、神学者哲学者説教者ラテン教父の一人。


  1. ^ Samuel Richardson English novelist Encyclopædia Britannica
  2. ^ Wace, Henry "Dictionary of Christian Biography and Literature to the End of the Sixth Century A.D., with an Account of the Principal Sects and Heresies"(英語) の項目参照。
  3. ^ 藤原保信 & 飯島昇藏 1995, pp. 71–72.
  4. ^ J・B・モラル 2002, pp. 30–31.
  5. ^ アリスター・マクグラス 2002, pp. 604–606.
  6. ^ アリスター・マクグラス 2008, pp. 112–114.
  7. ^ 宮谷宣史 2004, pp. 262–272.
  8. ^ クラウス・リーゼンフーバー 1988, pp. 22–23.
  9. ^ クラウス・リーゼンフーバー『中世における理性と霊性』p.38)。
  10. ^ 福田歓一『政治学史』
  11. ^ 南原繁『政治理論史』p.92
  12. ^ 半澤孝麿 2003, p. 52.
  13. ^ 『カトリック大辞典 I』(14頁 - 18頁「アウグスチヌス」、上智大学編纂、冨山房、昭和42年第七刷)
  14. ^ 府主教イラリオン・アルフェエフ著、ニコライ高松光一訳『信仰の機密』8頁、東京復活大聖堂教会(ニコライ堂) 2004年
  15. ^ "The Blackwell Dictionary of Eastern Christianity" Wiley-Blackwell; New edition (2001/12/5), p5, ISBN 9780631232032
  16. ^ 府主教カリストス・ウェア著、司祭ダヴィド水口優明・司祭ゲオルギイ松島雄一訳『カリストス・ウェア主教論集1 私たちはどのように救われるのか』14頁 - 17頁、2003年 日本ハリストス正教会 西日本主教区
  17. ^ 高橋保行『ギリシャ正教』78頁 - 79頁、講談社学術文庫 1980年 ISBN 9784061585003 (4061585002)
  18. ^ 福田歓一 1985, pp. 104–111.


「アウグスティヌス」の続きの解説一覧

アウグスティヌス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/02/09 07:01 UTC 版)

神学大全」の記事における「アウグスティヌス」の解説

トマス・アクィナスは彼を最高の神学者であると考えており、著述でもしばしば引用している。

※この「アウグスティヌス」の解説は、「神学大全」の解説の一部です。
「アウグスティヌス」を含む「神学大全」の記事については、「神学大全」の概要を参照ください。


アウグスティヌス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/07/03 02:11 UTC 版)

聖書解釈」の記事における「アウグスティヌス」の解説

アウグスティヌスの聖書解釈には寓喩的解釈もあるが、字義解釈もある。

※この「アウグスティヌス」の解説は、「聖書解釈」の解説の一部です。
「アウグスティヌス」を含む「聖書解釈」の記事については、「聖書解釈」の概要を参照ください。


アウグスティヌス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/02/12 05:58 UTC 版)

サクラテツ対話篇」の記事における「アウグスティヌス」の解説

神の国」から来た怪獣。宛内区上空片目だけ出現した世界樹大好物初代二代目世界樹食べられている。また、食後に出すゲップ水爆数億倍の威力がある弱点はしみる成分入りで眼を攻撃されること。視線通常桜家向いているが、一度逸らしたことがある実際にやってくるのは6万2千年後と、とてつもなく気の長い話だアリスにとっては近い将来の話らしい。

※この「アウグスティヌス」の解説は、「サクラテツ対話篇」の解説の一部です。
「アウグスティヌス」を含む「サクラテツ対話篇」の記事については、「サクラテツ対話篇」の概要を参照ください。


アウグスティヌス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/26 09:59 UTC 版)

信仰」の記事における「アウグスティヌス」の解説

アウグスティヌスは新プラトン主義に基づいて、神は存在そのものであり、真理神の認識はひとつであるとした。理性過ぎ去るものに執着する人間性基づいたものであるから英知界(mundus intelligibilis)にたどり着けない、信仰基づ認識のみが真理到達しうる、とした。また、信仰神の霊感(inspiratio Dei)であると説いた。また「善を行う神を信頼することによって、よく行動することにとどまる(Credendo adhaerere ad bene operandum bona operanti Dei)」と述べた。これは人間性回復させるものが愛(アガペーであることを意味しており、信仰は愛(アガペー)と密接に結びついているとされる

※この「アウグスティヌス」の解説は、「信仰」の解説の一部です。
「アウグスティヌス」を含む「信仰」の記事については、「信仰」の概要を参照ください。


アウグスティヌス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/14 10:12 UTC 版)

「時間」記事における「アウグスティヌス」の解説

時間をめぐる考察厄介であるを示すためにしばしば引用されるアウグスティヌスの有名な言葉に、「私はそれについて尋ねられない時、時間が何かを知っている尋ねられる時、知らない」というものがある。 アウグスティヌス(354年 - 430年)は時間内面化して考えた時間心と無関係に外部で流れているようなものではない。過去、現在、未来時間3つ分けて考えるのが世の常だが、過去とは《すでにないもの》であり、未来とは《いまだないもの》である。ならば在ると言えるのは現在だけなのか。過去未来在るとすれば、それは《過去についての現在》と《未来についての現在》が在る過去についての現在とは《記憶》であり、未来についての現在とは《期待》、そして現在についての現在は《直観》だとアウグスティヌスは述べる。時間とは、このような心の働きである。「神は世界創造以前には何をしていたのか?」と問う人がいるが、アウグスティヌスによればこうした問い無意味である。なぜなら、時間そのものが神によって造られものだから創造以前には時間はなかった。神は永遠であり過ぎ去るものは何もなく、全体が現在にある。

※この「アウグスティヌス」の解説は、「時間」の解説の一部です。
「アウグスティヌス」を含む「時間」の記事については、「時間」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「アウグスティヌス」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「アウグスティヌス」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



アウグスティヌスと同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

アウグスティヌスのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



アウグスティヌスのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのアウグスティヌス (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの神学大全 (改訂履歴)、聖書解釈 (改訂履歴)、サクラテツ対話篇 (改訂履歴)、信仰 (改訂履歴)、時間 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS