アウグスティヌスとは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 人名 > 学者・研究者 > 政治学者 > 政治学者 > アウグスティヌスの意味・解説 

アウグスティヌス

名前 AugustinusAugustine

アウグスティヌス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/08/13 09:05 UTC 版)

アウレリウス・アウグスティヌスラテン語: Aurelius Augustinus354年11月13日 - 430年8月28日)あるいはアウグウティノは、古代キリスト教神学者哲学者説教者ラテン教父とよばれる一群の神学者たちの一人。キリスト教がローマ帝国によって公認され国教とされた時期を中心に活躍し、正統信仰の確立に貢献した教父であり、古代キリスト教世界のラテン語圏において多大な影響力をもつ理論家。カトリック教会聖公会ルーテル教会正教会非カルケドン派聖人。母モニカも聖人である。日本ハリストス正教会では福アウグスティンと呼ばれる。




  1. ^ Wace, Henry "Dictionary of Christian Biography and Literature to the End of the Sixth Century A.D., with an Account of the Principal Sects and Heresies"(英語) の項目参照。
  2. ^ 藤原保信 & 飯島昇藏 1995, pp. 71-72.
  3. ^ J・B・モラル 2002, pp. 30-31.
  4. ^ アリスター・マクグラス 2002, pp. 604-606.
  5. ^ アリスター・マクグラス 2008, pp. 112-114.
  6. ^ 宮谷宣史 2004, pp. 262-272.
  7. ^ クラウス・リーゼンフーバー 1988, pp. 22-23.
  8. ^ クラウス・リーゼンフーバー『中世における理性と霊性』p.38)。
  9. ^ 福田歓一『政治学史』
  10. ^ 南原繁『政治理論史』p.92
  11. ^ 半澤孝麿 2003, p. 52.
  12. ^ 『カトリック大辞典 I』(14頁 - 18頁「アウグスチヌス」、上智大学編纂、冨山房、昭和42年第七刷)
  13. ^ 府主教イラリオン・アルフェエフ著、ニコライ高松光一訳『信仰の機密』8頁、東京復活大聖堂教会(ニコライ堂) 2004年
  14. ^ "The Blackwell Dictionary of Eastern Christianity" Wiley-Blackwell; New edition (2001/12/5), p5, ISBN 9780631232032
  15. ^ 府主教カリストス・ウェア著、司祭ダヴィド水口優明・司祭ゲオルギイ松島雄一訳『カリストス・ウェア主教論集1 私たちはどのように救われるのか』14頁 - 17頁、2003年 日本ハリストス正教会 西日本主教区
  16. ^ 高橋保行『ギリシャ正教』78頁 - 79頁、講談社学術文庫 1980年 ISBN 9784061585003 (4061585002)
  17. ^ 福田歓一 1985, pp. 104-111.


「アウグスティヌス」の続きの解説一覧



アウグスティヌスと同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「アウグスティヌス」の関連用語

アウグスティヌスのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



アウグスティヌスのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのアウグスティヌス (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS