アルトゥル・ショーペンハウアーとは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 人名 > 学者・研究者 > 哲学者 > 思想家 > アルトゥル・ショーペンハウアーの意味・解説 

アルトゥル・ショーペンハウアー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/12/07 05:10 UTC 版)

アルトゥル・ショーペンハウアーArthur Schopenhauerショーペンハウエルショウペンハウエルとも[1]1788年2月22日 - 1860年9月21日)は、ドイツ哲学者。主著は『意志と表象としての世界』(Die Welt als Wille und Vorstellung 1819年)。


注釈

  1. ^ 一家に偉人は一人しか出ないと思い込んでおり、「あなたのご子息はいずれ大成する」と友人のゲーテに言われたとたんに機嫌を悪くしたという。(『笑うショーペンハウアー』より)

出典

  1. ^ ネイティヴによる「Arthur Schopenhauer」の発音”. Forvo. 2013年12月11日閲覧。
  2. ^ ショーペンハウアーとウスペンスキー
  3. ^ ヴィルヘルム・グヴィナー『身近に接したショーペンハウアー』、「全集 別巻 ショーペンハウアー生涯と思想」(白水社)より。
  4. ^ 岡田尊司 『愛着障害』 p.289、光文社、2011年
  5. ^ 『笑うショーペンハウアー』[要ページ番号]
  6. ^ 筒井康隆『漂流 本から本へ』P74~76(朝日新聞社
  7. ^ ショーペンハウアー; 鈴木芳子 (2013/5/20). 読書について. 光文社. 


「アルトゥル・ショーペンハウアー」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「アルトゥル・ショーペンハウアー」の関連用語

アルトゥル・ショーペンハウアーのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



アルトゥル・ショーペンハウアーのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのアルトゥル・ショーペンハウアー (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS