自我とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 人文 > 哲学 > 哲学 > 自我の意味・解説 

自我

作者家原利明

収載図書青い烏
出版社新風舎
刊行年月2005.7
シリーズ名新風舎文庫


自我

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/13 07:11 UTC 版)

夢判断 日常生活の精神病理学英語版 性道徳に関する3つの論文英語版 快原理の彼岸英語版


  1. ^ 『広辞苑』(第四版)岩波書店〈岩波書店〉、1992年。 



自我

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/08 01:57 UTC 版)

精神分析学」の記事における「自我」の解説

詳細は「自我」を参照 フロイトは独: Ich和訳自我)という言葉二つの意味用いた一つは人格主体としての独: Ich「私」)である。もう一つは、独: Esエス アメリカでラテン語: idとされた)・自我・超自我という心的構造論のなかで、外的な現実に適応するシステムという意味であり、こちらはラテン語: ego訳される前者「私」としての自我は、1923年に『自我とエス』を公開するまで使われていた用法であり、意識思考に近い意味で使われていた。しかし意識―無意識という対立構造局所論を放棄した1923年以後無意識的防衛をも含む意識構造と言う意味で自我という言葉使われるようになった

※この「自我」の解説は、「精神分析学」の解説の一部です。
「自我」を含む「精神分析学」の記事については、「精神分析学」の概要を参照ください。


自我

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/10 23:07 UTC 版)

植物の知性」の記事における「自我」の解説

自我の有無意識有無に関係するともされ植物には自我がないので意識はないとの意見もある。しかし、植物自身他者認識しコミュニケーション取っていることが示唆されコミュニケーション人間の自我の定義の1つ類似している

※この「自我」の解説は、「植物の知性」の解説の一部です。
「自我」を含む「植物の知性」の記事については、「植物の知性」の概要を参照ください。


自我

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/11 15:45 UTC 版)

社会」の記事における「自我」の解説

社会根本的な要素ある人間の本性については心理学精神分析学社会哲学などにおいてさまざまな議論が行われている。人間社会的な自我については深層心理学フロイト意識前意識無意識に構造化し、その中において無意識にあるイドイドから発生する自我、自我を監視する超自我があるとした。そして自我はパーソナリティ構築し人間一貫性持った価値観態度一定の行動パターンとして外部に示す。自我の発生についてはジョージ・ハーバート・ミードは自我が社会相互作用において発生する論じており、自我を手に入れるためには他者態度採用し、それに反作用できる役割取得することが必要である述べる。例え児童ごっこ遊びでは他者役割模倣することによって他者態度知りゲームの中で集団で共有する目標に対して自己の役割取得することで社会的な自我を成長させている。

※この「自我」の解説は、「社会」の解説の一部です。
「自我」を含む「社会」の記事については、「社会」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「自我」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

自我

出典:『Wiktionary』 (2021/06/15 14:10 UTC 版)

名詞

(じが)

  1. 自分自身
  2. 自分の存在思想に対し執着する心。自己主張
  3. 社会的存在等し意識され自分自身
  4. エゴ"ego"の訳語として)他人異なった独立した存在として、自分自身認識すること。
    1. 哲学宇宙存在する他のいっさいのものと区別し、対立する存在として認めた自分
    2. 心理学)人の行動意識作用自律的な主体、またそれと同一視されるもの。

発音(?)

じ↘が

翻訳


「自我」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



自我と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「自我」の関連用語

自我のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



自我のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの自我 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの精神分析学 (改訂履歴)、植物の知性 (改訂履歴)、社会 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの自我 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS