社会哲学とは?

しゃ かいてつがく -くわい- [5][4] 【社会哲学】

社会生活全体的に把握ようとする考察哲学一分科としては倫理学接近するが、社会科学一環としてはその基礎づけの学となる。

社会哲学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/05/02 00:52 UTC 版)

社会哲学(しゃかいてつがく、英語: social philosophy)は、(主として人間の)社会行動についての諸問題に関する哲学的研究である。社会哲学は広範囲にわたるいくつもの主題を扱う。例えば、個人とは何かからの正当性まで、社会契約から革命の規範まで、日常の行為の働きから科学文化に与える影響まで、人口動態の変化からハチの巣における集団的秩序まで、といった具合である。






「社会哲学」の続きの解説一覧



社会哲学と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「社会哲学」の関連用語

社会哲学のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



社会哲学のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの社会哲学 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS