人工生命とは?

じん こうせいめい [5] 【人工生命】 〔artificial life〕


人工生命

【英】AL, Artificial Life

人工生命とは、生物特徴進化仕組み遺伝メカニズムなどをあらかじめソフトウェア組み込むことによって、コンピュータ内で生命動きシミュレーションすることである。米サンタフェ研究所Christopher Langtonクリストファー・ラングトン)が1987年提唱した「人工生命宣言」に端を発する

人工生命は、生物学化学コンピュータシミュレーション電子工学遺伝子工学、純粋に理論的実験などの様々な手段を用いることによって研究されており、複雑系の科学一分野に位置づけられる。

また、生命体の持つ自己保持成長複製増殖進化変異適応)など、生命体本質を「もの」として、素材そのもの個体集団そのものに問うのではなく振る舞い過程機能から定義づけることまで、見かけ上、同様の機能振る舞い見せプログラム電子的な機械などを「生命」と同義捉えることで、生命系の理解寄与しようという概念でもある。

具体的には、生命系の機能動作人工的持たせマイクロマシンなどの、機械製作コンピュータによるシミュレーション実験や、CG技術を用いた動植物成長表現原始地球模擬環境下での炭素生物創造など、多岐に渡る分野において応用されており、人工生命という概念は、従来単に生物学において「生命」と呼ばれていた概念変革をもたらしつつあるということができる。

さらに、振る舞い過程といった意味から、経済現象社会現象までをも生命現象捉えることで、広く研究成果を得ようといった手法までを含んだ、研究方法目的多岐にわたる学際的色彩の強い分野でもある。

なお、現在では、遺伝子構造して、擬似的にそのアルゴリズム実現するジェネリックアルゴリズムや、脳の構造したニューラルネットなど、様々な方法概念考案され、例えば、組み合わせ最適化問題一つである「巡回セールスマン問題」などへと応用されている。

また人工生命と同様に知的振る舞いコンピュータ上でシミュレートするものが「人工知能」であると言うことができる。

情報と社会のほかの用語一覧
情報工学:  再現率  ゼロ頻度問題  シミュレーター  人工生命  人工知能  Tay  tf-idf

人工生命

読み方じんこうせいめい
【英】:artificial life

自然の生命システム振る舞いコンピュータなどを使って合成したもの. これにより自然の生命システム分析試みたり, またその振る舞い工学的に利用最適化問題への応用を行うなどの研究が行われている.


人工生命

作者羊辻春雪

収載図書12時のパラダイム
出版社文芸社
刊行年月2007.12


人工生命

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/12/27 06:58 UTC 版)

人工生命(じんこうせいめい)は、人間によって設計、作製された生命生化学コンピュータ上のモデルやロボットを使って、生命をシミュレーションすることで、生命に関するシステム(生命プロセスと進化)を研究する分野である。「人工生命」は1986年にアメリカの理論的生物学者、クリストファー・ラングトンによって命名された。人工生命は生物学的現象を「再現」しようと試みる点で生物学を補うものである[1]。また、人工生命(Artificial Life)を ALife と呼ぶことがある。手段によってそれぞれ、「ソフトALife」(コンピュータ上のソフトウェア)、「ハードALife」(ロボット)、「ウェットALife」(生化学)と呼ばれる[2]


  1. ^ Christopher Langton. “What is Artificial Life?”. 2007年1月19日閲覧。
  2. ^ Mark A. Bedau (2003年11月). “Artificial life: organization, adaptation and complexity from the bottom up”. TRENDS in Cognitive Sciences. 2007年1月19日閲覧。
  3. ^ 正確には、動物界・植物界・鉱物界の「3界」
  4. ^ A List of Open Problems (Open Problems in Artificial Life)”. 2018年3月18日閲覧。
  5. ^ Open Problems in Artificial Life”. 2018年3月18日閲覧。
  6. ^ Evolution experiments with digital organisms”. 2007年1月19日閲覧。


「人工生命」の続きの解説一覧



人工生命と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「人工生命」の関連用語

人工生命のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



人工生命のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2020 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリ人工生命の記事を利用しております。
日本オペレーションズ・リサーチ学会日本オペレーションズ・リサーチ学会
Copyright (C) 2020 (社)日本オペレーションズ・リサーチ学会 All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの人工生命 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS