ラフ集合とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 人文 > 高等数学 > 集合 > ラフ集合の意味・解説 

ラフ集合

読み方らふしゅうごう
【英】:rough set

概要

同値関係Rによるx\in X同値類[x]_Rと表すと, 集合A \subseteq Xに対して, 上近似
R^*(A) = \{ x \mid [x]_R \cap A \neq \emptyset\}と 下近似
R_*(A) = \{ x \mid [x]_R \subseteq A \} が得られる. 対\langle R_*(A)R^*(A) \rangle集合AR-ラフ集合と呼ぶ. ラフ集合は,識別不能性による曖昧さモデル化しており, 類別近似深く関係している. 決定診断における不要属性発見属性間の依存性発見など,独特な方法提案され, 近似識別機械学習意思決定応用されている.

詳説

 ラフ集合は, 識別不能性(indiscernibility)による不確実性を扱う集合概念で, 1982年ポーランド数学者 Zdzislaw Pawlak 教授により提案された[1,2]. いま, 全体集合として多く対象集合考えよう. これらの対象同等とみなせるグループ(同値類)に分割したとき, 任意の部分集合は, それに含まれるグループ和集合と, それと共通部分をもつグループ和集合により近似することができる. 前者は下近似と呼ばれ, 与えられた部分集合確実に含まれる要素から構成される. 一方, 後者は上近似と呼ばれ, 与えられた部分集合含まれるかもしれない要素からなる. 下近似と上近似とのペアをラフ集合という. 下近似と上近似は, それぞれ, 位相における集合内部(interior)と閉包(closure), あるいは, 様相論理(modal logic)における必然性(necessity)と可能性(possibility)に対応している.

 ラフ集合は, 決定表 (decision table)で与えられるデータ解析する基礎を与える. 決定表において, すべての条件属性の値が等し対象同値類としてグループ化できる. 一方, 決定属性値が等し対象決定クラスとしてまとめられる. これらより, 各決定クラスに対して近似と上近似求められることになる. ある決定クラスの下近似帰属する対象は, 与えられた条件属性により正しく分類できる対象みなされる. このことから, 下近似用いて, 重要な条件属性縮約 (reduct)やコア (core)として見出したり, 決定規則極小長さのif-thenルールとして見出す方法提案されている. ある決定クラスの上近似どのような条件属性値をもつ対象帰属しうるかを示しており, 可能性ルール抽出に用いられる. また, すべての決定クラスの上近似は, どのような条件属性値をもつ対象がどの決定クラス帰属しえないかを示しているので, この意味での重要な条件属性求めることも考えられている[3].

 このように, ラフ集合による解析法は, (1)数値データより名義データの方が取り扱いやすい, (2)条件属性重要性評価できる, (3)簡潔なif-thenルール求められる などの特徴をもっており, 機械学習(machine learning)や知識発見(knowledge discovery), 特徴抽出(feature selection)などに利用され, 人工知能, 医療情報学, 土木工学, 感性工学, 決定科学, 経営学応用されている.

 ラフ集合は分割すなわち同値関係のもとで定義されてきたが, 被覆順序関係(order relation), 類似関係(similarity relation), さらに一般の2項関係のもとでも定義されている. 順序関係のもとでのラフ集合は, 支配関係に基づくラフ集合(dominance-based rough set)と呼ばれ, 「燃費が高ければ高いほど購買意欲が高くなる」などのように, 条件属性(condition attribute)の一部決定属性(decision attribute)とがともに序数属性で, 単調関係にある場合決定表解析に用いられる[4]. また, 条件属性一部序数属性決定属性単調関係がない場合には, 被覆のもとでのラフ集合が適用可能となる. 決定表一部条件属性データ欠損している場合は, トレランス関係(tolerance relation)という特別な類似関係のもとでのラフ集合により解析することができる[5]. 類似関係とは反射性を満たす関係をいい, トレランス関係は反射性と対称性とを満たす関係をいう. 以上は、通常の2項関係のもとでの通常の集合対するラフ集合であったが, ファジィ関係のもとでのファジィ集合対するラフ集合であるファジィラフ集合(fuzzy rough set)も考えられている[6].

 ラフ集合の一般化は, もとになる2項関係を一般化したものばかりではなく, 下近似帰属するための条件一般化したラフ集合も考えられている. 与えられた決定表誤差含まれる場合には, 下近似極めて小さくなり, ラフ集合により有益な解析が行えない場合がある. これに対処するため, ある程度誤差許容する可変精度ラフ集合 (variable precision rough set)が提案されている[7]. また, 可変精度ラフ集合において許容する誤差定めることが容易でないことから, 情報ゲインに基づいたベイジアンラフ集合 (Bayesian rough set) が考えられている[8]. これらはラフメンバシップ値 (rough membership value) を用いて定義される.

 ラフ集合は, 分割, 被覆, 支配関係, 類似関係などにより定められる対象グループに基づき定義される. このようなグループ全体集合内の粒(granule)と考えられ, これに基づく計算法は, グラニュラーコンピューティング (granular computing)と呼ばれる[9]. 人間言葉グラニュラーコンピューティングに近いと考えられ, 言葉による計算の基礎となりうる. ラフ集合はこのようなグラニュラーコンピューティング実現する手法としても注目されている.



参考文献

[1] Z. Pawlak, "Rough Sets," International Journal of Computer and Information Sciences, 11 (5) (1982), 341-356.

[2] Z. Pawlak, Rough Sets: Theoretical Aspects of Reasoning About Data, Kluwer Academic Publishers, Dordrecht, 1991.

[3] 乾口,「ラフ集合による情報解析」,『システム/制御/情報』, 49 (5) (2005), 162-172.

[4] S. Greco, B. Matarazzo and R. Slowinski, "The Use of Rough Sets and Fuzzy Sets in MCDM", in: T. Gal, T. J. Stewart and T. Hanne (eds.) Multicriteria Decision Making: Advances in MCDM Models, Algorithms, Theory, and Applications, Kluwer Academic Publishers, Dordrecht, 1999, pp.14-1-14-59.

[5] M. Kryszkiewicz, "Rough Set Approach to Incomplete Information Systems," Information Sciences, 112 (1-4)(1998), 39-49.

[6] M. Inuiguchi, "Generalizations of Rough Sets: From Crisp to Fuzzy Cases," in: S. Tsumoto, R. S{\l}owi\'{n}ski, J. Komorowski, J. W. Grzymala-Busse (eds.) Rough Sets and Current Trends in Computing: 4th International Conference, Proceedings, LNAI 3066, Springer-Verlag, Berlin, 2004, pp.26-37.

[7] W. Ziarko, "Variable Precision Rough Set Model," Journal of Computer and System Sciences, 46 (1) (1993), 39-59.

[8] D. Slezak and W. Ziarko, "The Investigation of the Bayesian Rough Set Model," International Journal of Approximation Reasoning, 40 (1-2) (2005), 81-91

[9] L. A. Zadeh, "From Computing with Numbers to Computing with Words: From Manipulation of Measurements to Manipulation of Perceptions," IEEE Transactions on Circuits and Systems I: Fundamental Theory and Applications, 45 (1) (1999), 105-119


ラフ集合

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/12/22 07:46 UTC 版)

ラフ集合(ラフしゅうごう、Rough sets)とは上近似集合と下近似集合からなる集合で、非数値の対象を粗く(ラフに)記述することができるものである。これを用いることによって、他のデータマイニング手法からは得られにくい、非数値であったり矛盾のあるようなデータからの知識獲得が可能である。Rough sets theory(ラフ集合理論)の頭文字をとって RST や、Rough sets approach(ラフ集合アプローチ)の頭文字をとって RSA とも呼ばれる。




「ラフ集合」の続きの解説一覧



ラフ集合と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ラフ集合」の関連用語

ラフ集合のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ラフ集合のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
日本オペレーションズ・リサーチ学会日本オペレーションズ・リサーチ学会
Copyright (C) 2020 (社)日本オペレーションズ・リサーチ学会 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのラフ集合 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS