可変精度ラフ集合とは?

Weblio 辞書 > 学問 > OR事典 > 可変精度ラフ集合の意味・解説 

可変精度ラフ集合

読み方かへんせいどらふしゅうごう
【英】:variable precision rough set

決定表誤差を含む場合には, 通常のラフ集合の下近似端に小さくなり, 有益な解析が行えない. これに対処するため, ある程度誤差許容した可変精度ラフ集合が提案されている. 許容誤差率を\varepsilon\in [0,0.5)とすると, 集合Dの可変精度ラフ集合による下近似(正領域)は, ラフメンバシップ値用いて\{ x \in U \mid \mu_D(x) \geq 1-\varepsilon \}定められ, 上近似(可能領域)は,\{ x \in U \mid \mu_D(x) > \varepsilon \}定められる.U対象集合である. \varepsilon=0のとき,通常のラフ集合一致する.



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「可変精度ラフ集合」の関連用語

可変精度ラフ集合のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



可変精度ラフ集合のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
日本オペレーションズ・リサーチ学会日本オペレーションズ・リサーチ学会
Copyright (C) 2020 (社)日本オペレーションズ・リサーチ学会 All rights reserved.

©2020 Weblio RSS