誤差とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 関係 > > 誤差の意味・解説 

ご‐さ【誤差】

読み方:ごさ

真の値と測定値または近似値との差。「—のわずかな時計

食い違い違い。「計画実際との間に—が生じる」


誤差

英語 error

測定値または計算値と、真の値との違いを誤差という。真の値を知ることができない場合が多いので、真の値の代わりにその推定値例え試料平均などを使うことがある。なおサンプリングによって生じる誤差をサンプリング誤差、測定によって生じる誤差を測定誤差という。

※「大車林」の内容は、発行日である2004年時点の情報となっております。

誤差

誤差=近似値真の
であり、誤差が小さいほど真の値に近い。


誤差

作者松本清張

収載図書松本清張小説セレクション 34 短篇集 3
出版社中央公論社
刊行年月1995.11

収載図書駅路 66改版
出版社新潮社
刊行年月2002.1
シリーズ名新潮文庫

収載図書誤差―松本清張短編全集 9
出版社光文社
刊行年月2003.3
シリーズ名カッパ・ノベルス


誤差

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/14 15:30 UTC 版)

誤差(ごさ、error)は、測定や計算などで得られた値 M と、指定値あるいは理論的に正しい値あるいは真値 T の差 ε であり、


  1. ^ 岡村総吾監訳『IEEE電気・電子用語事典』丸善、1989年
  2. ^ 西野治『標準電気工学講座 電気計測』第1章、コロナ社、1985年
  3. ^ 誤差伝播の公式の意味と証明”. 具体例で学ぶ数学. 2022年1月22日閲覧。
  4. ^ a b 大石進一(編著) 『精度保証付き数値計算の基礎』コロナ社、2018年7月。ISBN 978-4-339-02887-4 
  5. ^ a b c 山本哲朗 『数値解析入門』(増訂版)サイエンス社〈サイエンスライブラリ 現代数学への入門 14〉、2003年6月。ISBN 4-7819-1038-6 
  6. ^ 奥村 (1991)、pp. 125–126。
  7. ^ 奥村 (1991)、p. 69。


「誤差」の続きの解説一覧

誤差

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/08/26 15:59 UTC 版)

アナログ-デジタル変換回路」の記事における「誤差」の解説

理想的なAD変換グラフ表示すると、原点を通る傾き一定の階段状であり(量子化誤差除けば直線であり)、フルスケール指定通りとなる。しかし現実にこれからずれており、それを許容誤差として表示する必要がある。 誤差の表示方法としては、平均直線からのずれ(積分非線形性誤差)、部分的な傾きのずれ(微分非線形性誤差)、原点フルスケールでのずれ、これらの温度依存性などがある。

※この「誤差」の解説は、「アナログ-デジタル変換回路」の解説の一部です。
「誤差」を含む「アナログ-デジタル変換回路」の記事については、「アナログ-デジタル変換回路」の概要を参照ください。


誤差

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/15 04:27 UTC 版)

ピタゴラ装置」の記事における「誤差」の解説

このような過程においてはそれぞれの仕組み力学的運動の範疇であり、決定論的である。しかし、実際には誤差は生じるの当たり前であり、必ず成功するとは限らない。たとえばNo.47通称バンジー』は最後にゴムひも結ばれた磁石飛び落ち跳ね戻ったところで壁に付け鉄板に張り付くとその裏側にピタゴラスイッチの文字見える。この例の場合磁石落下すること、跳ね返って壁に張り付くことは十分に予測可能だが、落下中の姿勢までは予測難しく文字列どのような角度示されるかまでは制御が難しい実際流れ画像は文字逆さまになっている。ロゴ正面向いた映像撮影できたのだが、ロゴ逆さまの方がかわいらしかったため、敢えてこちらを選んだという。また、No.52 通称『走る路』は、2019年現在全装の中で唯一成功終わっておらず、フィニッシュの『チ』の字だけがうまく表示されずに終わる。この際通常のサウンドロゴ流れず知久寿焼が『ピタゴラスイッ…チ?』と疑問形歌って終了する

※この「誤差」の解説は、「ピタゴラ装置」の解説の一部です。
「誤差」を含む「ピタゴラ装置」の記事については、「ピタゴラ装置」の概要を参照ください。


誤差

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/25 21:34 UTC 版)

タクシーメーター」の記事における「誤差」の解説

検定では基準器による厳密な器差検査行っているので、メーター毎の個体差などはほとんどない。しかし、二次的な要因(たとえばタクシー会社冬場タイヤスタッドレスタイヤ一斉交換するなど)のために誤差が発生する場合もある。ただし、あくまでも検定において許される公差範囲内収まることが前提であり、異な規格タイヤへの意図的な交換は、計量法違反となる場合がある

※この「誤差」の解説は、「タクシーメーター」の解説の一部です。
「誤差」を含む「タクシーメーター」の記事については、「タクシーメーター」の概要を参照ください。


誤差

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/28 07:50 UTC 版)

カリウム-アルゴン法」の記事における「誤差」の解説

大気アルゴン混入試料変質により、実年代と見かけ上の年代に誤差が生じる。例え試料長石類の場合炭酸塩化、絹雲母化、粘土化などの弱い熱水変質を受けるとカリウム減少し実際の年代より古い年代が導き出されることがある。 この欠点を持つカリウム-アルゴン法代わりアルゴン - アルゴン法開発された。

※この「誤差」の解説は、「カリウム-アルゴン法」の解説の一部です。
「誤差」を含む「カリウム-アルゴン法」の記事については、「カリウム-アルゴン法」の概要を参照ください。


誤差

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/20 07:24 UTC 版)

屈折異常眼の完全矯正値」の記事における「誤差」の解説

検査距離に於ける実際の誤差は、屋内で検査距離は物理光学上、5mでは+0.20D、3mでは+0.33Dの誤差が生じる。

※この「誤差」の解説は、「屈折異常眼の完全矯正値」の解説の一部です。
「誤差」を含む「屈折異常眼の完全矯正値」の記事については、「屈折異常眼の完全矯正値」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「誤差」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

誤差

出典:『Wiktionary』 (2021/08/13 06:15 UTC 版)

名詞

(ごさ)

  1. 理論的に期待される数値測定値との差。
  2. 食い違い。また差が小さく無視してかまわないとされる違い

「誤差」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



誤差と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「誤差」に関係したコラム

  • FXのスワップポイントの計算方法は

    FX取引では、通貨ペアの種類や取引の方法などによりスワップポイントが発生します。スワップポイントは、通貨ペアの2国間の金利差によって発生する利息のことです。スワップポイントは、通貨ペアの2国間の金利差...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

誤差のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



誤差のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
三栄書房三栄書房
Copyright c San-eishobo Publishing Co.,Ltd.All Rights Reserved.
数理検定協会数理検定協会
Copyright©2022 数理検定協会 All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの誤差 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのアナログ-デジタル変換回路 (改訂履歴)、ピタゴラ装置 (改訂履歴)、タクシーメーター (改訂履歴)、カリウム-アルゴン法 (改訂履歴)、屈折異常眼の完全矯正値 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの誤差 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS