ロゴとは?

Weblio 辞書 > 業界用語 > 印刷用語 > ロゴの意味・解説 

ロゴ【logo】

ロゴタイプ2」の略。


ロゴ【LOGO】

ロゴ言語」の略。


ろ‐ご【露語】


ロゴ

〔名〕 (英 logo) =ロゴタイプ

TV局恥さらし日記1984)〈村野雅義〉取材ロケハンディカメラには、バシッとテレビ局名のロゴが入っている」


ロゴ、ロゴタイプ 【logo、logo type】

各種タイトル商標・社標などのデザイン化された文字

ロゴ 【logotype】

社名商品名等の意匠文字のこと。

ロゴ

英語 Logo

ラテン語LOGOSからきたもので、言葉、意味、理性を意味する。ここではいわば乗る自身表現。ロゴに乗ればきっと乗る人の生活がもっと豊かで楽しものになる、という思い込めネーミングである。1996年10月発表

シティと同じポジションにあったベーシックカーで、全長3750mm、全幅1645mm、全高1490mmというサイズは、小さいが背は高<というコンセプトだった。ハッチバックスタイルで、3ドア5ドアがあった。駆動方式FFエンジン新設計の直4SOHC・1343ccで、低速トルク重視型。ミッションCVTホンダマルチマチック3速ATと5速MT発売3ドア10月5ドア11月からだった。

97年9月マイナーチェンジがあった。全グレード対象として抗菌ステアリング採用一部グレードキーレスエントリー付けた。ABS助手席SRSエアバッグ価格引き下げ、高級仕様のGオルフアを追加した。

98年11月一部変更車種追加ボディ前後デザインを変え、マルチリフレクターヘッドランプを採用インテリアではフロントシート形状変更抗菌部品多用した。安全性上策として、助手席SRSエアバッグABS(ブレーキアシスト付き)などを標準装備。ホンダマルチマチックSにはプロスマテック制御(上り下り坂などの自動変速制御のこと)を取り入れた。スポーティなTSグレード新設し、1.3L・91psエンジン搭載4WD仕様追加した。

2000年4月マイナーチェンジ。新フロントマスクや新シート表皮採用など内外リフレッシュを行った。同時に、スポルティック(3/5ドア)というモデル設定した。従来からあるスポーティモデルの発展型ともいえる仕様で、ローダウンスポーティサスペンションを組み込んでいた。

フィットデビュー(2001年6月)で、その使命を終えた。

ロゴ

※「大車林」の内容は、発行日である2004年時点の情報となっております。

ロゴ

名前 Rogo

ロゴタイプ

(ロゴ から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/02 19:32 UTC 版)

ロゴタイプ (logotype),通称「ロゴ」(: Logo) は、図案化・装飾化された文字文字列のことで、組織名・商号・商品名・雑誌名・書名などを印刷・表示する際などに使用される[1]


  1. ^ ロゴタイプ』 - コトバンク
  2. ^ ロゴマークとは - コトバンク
  3. ^ a b 例えば、Idaho PowerLogo Guidelines (PDF) や、ジョージタウン大学VISUAL IDENTITY GUIDELINES (PDF) (2015年4月2日時点のアーカイブ)参照。
  4. ^ 例えばソニーソニー・ミュージック東京急行電鉄東急百貨店など。
  5. ^ 「おとう飯ロゴ使用マニュアル」内閣府男女共同参画局 2021年9月2日閲覧
  6. ^ [1]裁判所 | 裁判例情報:検索結果詳細画面
  7. ^ 一般財団法人 知的財産研究教育財団知的財産研究所 (2019年3月). “商標権取得による効果及び商標制度の活用に関する調査研究報告書”. 特許庁. 2020年2月25日閲覧。


「ロゴタイプ」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ロゴ」の関連用語

ロゴのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ロゴのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
印刷関係用語集印刷関係用語集
Copyright (C) 2021 K'sBookshelf All Rights Reserved.
社団法人日本映像ソフト協会社団法人日本映像ソフト協会
Copyright © 2000-2021 Japan Video Software Association
三栄書房三栄書房
Copyright c San-eishobo Publishing Co.,Ltd.All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのロゴタイプ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS