レールとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 表現 > レール > レールの意味・解説 

レール【rail】

読み方:れーる

列車車輪支え一定方向円滑に走らせるために敷く細長い鋼材標準長は25メートル軌条

引き戸戸車カーテン走らせるための、金属製などの棒状部材。「カーテン—」

物事進行させるための段取り軌道。「交渉の—を敷く」


レール

レールは列車荷重直接受けるので、頭部肉厚にして摩耗耐えるよう造られています。普通のレールの成分大半で、残り微量マンガンけい素、燐、硫黄、錫、ニッケルクロームです。

レールの大きさ通常その長さ1m当たりの重量表し30 kg、37kg、40kg、50kg、60kgなどがあります列車回数が多い路線中心に、より重いレールに交換する傾向目立ってきましたスピードアップ乗り心地の向上、騒音振動減少役立つからです。

1本のレールの長さは、30kg レールが20m、それ以外25 mに造られるのが標準です。これを「定尺」(ていしゃく)と呼びますこれより短いものは短尺たんしゃく)といいます

また200m以上に溶接したものをロングレールといいます。25mを超え200m達しないものは長尺呼ばれます

ロングレール継ぎ目少ないので、それだけ振動騒音減り乗り心地よくなるほか、保線作業軽減されます。このためロングレール化も着々と進められ中には1,000m以上のものもあります。ただし、駅構内分岐器付近急カーブ箇所などは導入しにくくなっています

レールは、暑いときには伸び、寒いときには縮みます。レールの温度10度のとき25mだったのが40度になると、9mm近く伸びる計算になります。しかし、レールはまくらぎ固定されているから、その計算値より実際はずっと少な数字です。ロングレールの場合、その端に伸縮調整する緩衝レール」を取り付けることもあります。

このほか軌間内に設けて車輪本線レールから外れないよう誘導するための脱線防止レールもあります

レール同士接続するための添え板は継目といいます前後のレールを両端から挟みボルト締め付ける形で使われます。継目形状から、短ざく形角形山型、ム型、アングル型)などに分類される継目はレールの温度変化による伸縮考えた間隔となってます。


レール

作者L.ムニャチコ

収載図書遅れたレポート
出版社岩波書店
刊行年月1990.6
シリーズ名同時代ライブラリー


レール

作者松浦茂

収載図書文の一輪挿し松浦茂短編集
出版社朱鳥
刊行年月1999.5


レール

作者新海岳人

収載図書うそ日記57人のブロガーによる初のアンソロジー
出版社アメーバブックス
刊行年月2005.12


レール

ハンドレール(階段の手すりのようなもの)のこと。またはこの上を滑ること。

レール

読み方:れーる
【英】:RAIL

サーフボードアウトライン部分ターンをする時、このレール部分最初に入っていくので、その乗り手体重筋力、波の大きさパワーによって微妙に異なシェープなされる

レール

名前 LeerLehlLehrLöhrRaehlRoehl

軌道

読み方:レール(r^eru

作者 岸田国士

初出 大正14年

ジャンル 戯曲


軌条

(レール から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/26 21:38 UTC 版)

軌条(きじょう)とは、鉄道線路軌道)を構成する要素のひとつで、車両を直接支持し、車輪の転動のガイドとなる役割をもつ[1]。一般的にはレールと呼ばれる場合が多い。鉄鋼分野では、条鋼の一種に分類されている[2]


注釈

  1. ^ ロングレールを積載した貨車は半径300 m程度のカーブを苦もなく通過するが、このことと安定した軌道を構成できることは全く別の問題である。
  2. ^ 引っ張り試験、荷重試験、破断面試験、曲げ試験、硬度試験、磨耗試験、腐食試験、顕微鏡試験を行う。
  3. ^ 日本の普通レールはJIS E 1101 により、レール腹面に鋼塊又は鋳片の頭部方向、レールの種類の記号、製鋼炉の記号、製造業者名又はその略号、製造年月又はその略号 について浮き出し表示を求めている。また逆の腹面には、鋼塊又は鋳片の順位番号、鋼塊注入順位記号、製鋼番号、作業組の記号、炭素含有量、マンガン含有量(60N、70S、80Sに限る)、鋼の種類(種類 AR は無表示)を刻印することを求めている。
  4. ^ 成分は、C 0.60-0.75%、Si 0.10-0.30% Mn 0.7-1.1% P≦0.035% S≦0.040% 引っ張り強さ≧80Kgf/mm2 伸び≧8%である。
  5. ^ 日本においても茅沼炭鉱軌道木道社藤枝焼津間軌道で木道が使用された。

出典

  1. ^ 西亀ら 1980, p. 121.
  2. ^ 高橋 2006, p. 519.
  3. ^ a b 天野ら 1984, p. 16.
  4. ^ 片岡 2007, p. 24.
  5. ^ 片岡 2007, p. 25.
  6. ^ JIS E 1101:2001 普通レール及び分岐器類用特殊レール. 日本規格協会. (2001/6/30) 
  7. ^ レール | 鉄道用語辞典 | 日本民営鉄道協会”. www.mintetsu.or.jp. 2020年1月10日閲覧。
  8. ^ 稲田 隆『鐵道工学 上巻』誠文堂〈総合工学全集2・土木工学科、13巻の7〉、1937年10月18日、299頁。
  9. ^ 天野ら 1984, p. 22.
  10. ^ “世界最長となる鉄道用 150mレールの製造・出荷体制を整備” (プレスリリース), 新日鐵住金, (2014年4月16日), http://www.nssmc.com/news/20140416_100.html 
  11. ^ 西亀ら 1980, p. 147.
  12. ^ 西亀ら 1980, p. 147,149.
  13. ^ “接着絶縁レールの継目構造とその製造方法” (pdf). RRR (鉄道総合技術研究所): 38-39. (8 2011). http://bunken.rtri.or.jp/PDF/cdroms1/0004/2011/0004005484.pdf 2017年11月6日閲覧。. 
  14. ^ a b 天野ら 1984, p. 19.
  15. ^ 片岡 2007, p. 27.
  16. ^ 名村ら 2007, p. 6.
  17. ^ 名村ら 2007, pp. 6-7.
  18. ^ 高屋 2015.
  19. ^ a b 名村ら 2007, p. 7.
  20. ^ a b c 天野ら 1984, p. 20.
  21. ^ 小代ら 2012, p. 986.
  22. ^ クリスティアン・ウォルマー著 安原和見・須川綾子訳『世界鉄道史』河出書房新社、2012年、p.28-29
  23. ^ a b c 片岡 2012, p. 28.
  24. ^ 佐伯ら 2013, p. 19-20.
  25. ^ 佐伯ら 2013, p. 20.
  26. ^ 西野ら 1982, p. 30.



レール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/08/16 08:27 UTC 版)

ストリートボード」の記事における「レール」の解説

水平に設置したレール(鉄パイプ)でグラインドスライド行い、その距離と難易度を競う

※この「レール」の解説は、「ストリートボード」の解説の一部です。
「レール」を含む「ストリートボード」の記事については、「ストリートボード」の概要を参照ください。


レール (Leer)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/20 04:14 UTC 版)

西部戦線異状なし」の記事における「レール (Leer)」の解説

パウルギムナジウムでの級友顎鬚生やしているので同い年が年上に見える。数学得意な優等生だが、女好き従軍する前からたびたび公認の売春宿に通う好色家でもある

※この「レール (Leer)」の解説は、「西部戦線異状なし」の解説の一部です。
「レール (Leer)」を含む「西部戦線異状なし」の記事については、「西部戦線異状なし」の概要を参照ください。


レール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/19 09:39 UTC 版)

プラレール」の記事における「レール」の解説

プラレールのレール部品発売当初から基本的な設計変わらず過去のレール部品現行のレール部品でもほぼ問題なく接続できる一部例外除き端面から見るとアルファベットの H を3つ並べたような、上下対称リバーシブル形状である(一部リバーシブル不可の物もある)。 接続面は 凸 と 凹 の形をしており小さな子供でも苦労せず接続できる工夫されている。ただし例外として、Uターンレール専用曲線レールの接続面は Ω 状の形を、イギリス発売されている機関車トーマスシリーズの転車台専用直線レールの接続面は ◇ 状の形を、複線ターンアウトレールの接続面は ∩ U 状の形をしている。転車台専用レールは一部トイザらス限定セットにも含まれている。 基本となるレール部品曲線レールと直線レールで、一部例外除きほぼすべてのレール、情景部品がこのレール部品基本としている。ターンアウトレールがそのもっともたる例で、直線レールと曲線レールを合わせた形になっている近年ではレバー上げるだけで車両止めることのできるレールや、自由に曲げることができるレール、自動的に切り換わるポイントなども登場している。 かつては、「1/2直線レール」や「1/4直線レール」の規格にも合わない半端な長さの「ジョイントレール」が存在していたほか、曲線半径現在の複線外側曲線レール」よりも大きい「大曲線レール」、ブロック橋脚を使う「ニュー坂レール」とは高さが合わない、レールと橋脚一体となっている「大橋レール」などがあった。後にこれらのレール部品改良され、ジョイントレールは1/4直線レールに、大橋レールはニュー坂レールに改良された大曲線レールは発売終了となったまた、1960年代には急な勾配を持つ「電動レール」があったものの、初期の転がし車両用として作られたレールのため、電動車降りる方向のみしか通過することができなかった。また、レールの接続方向を変えるためのジョイント凸型部分2つ繋げた鼓型のジョイント等も存在し旧版転車台大型転車台に付属していた。 レールの材質は主にポリプロピレンなどの軟質プラスチック使用しており、子供手荒く扱って壊れにくいものとなっている。ただし例外として、「坂レール」や「坂曲線レール」、「まがレール」など一部材質異なるものがあり、これらは他のレールに比べ比較割れやすい1980年代末以降に生産されているレールには車輪との接地面に細かいギザギザ入っているが、初期に発売されたレールにはギザギザ無くツルツル車輪空回りしたりすることがあった。ツルツルからザラザラ施した時期経て現在のギザギザへと変わり後輪ゴムとレールのギザギザ噛み合せることでしっかりと走らせることができる。なお,ザラザラからギザギザへの移行期には,従来面の上にそのままギザギザ追加したレールも存在した。 レールの色は青が基本であるが、ハローキティドリームトレインセットのピンク色など、一部セット品には他の色のレールも存在する。なお、かつてジャスコ限定赤・緑黄・白のレールが売られていたほか、プラレール博など各種イベントスケルトン各種カラーレールが売られている例や、2012年には、チャギントンシリーズの「ココヴィーカラフルまがレールセット」(まがレール)、「ブルースターアクション時計台」(曲線レール)などがあり、緑色エコ直線曲線レールなど例外少なくない

※この「レール」の解説は、「プラレール」の解説の一部です。
「レール」を含む「プラレール」の記事については、「プラレール」の概要を参照ください。


レール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/03/26 19:26 UTC 版)

ネロベルク登山鉄道」の記事における「レール」の解説

レールは基本的に3本である。一方車両は左と中央もう一方車両中央と右のレールを利用する山の中腹地点さしかかると、2台の車両交差できるようにレールが4本になる(中央のレールが2本分かれる)。交差後、再び3本に戻る。安全上、下り車両急激な落下を防ぐため、レールとレールの間に歯車状の補助的なレールが設けられている。

※この「レール」の解説は、「ネロベルク登山鉄道」の解説の一部です。
「レール」を含む「ネロベルク登山鉄道」の記事については、「ネロベルク登山鉄道」の概要を参照ください。


レール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/18 14:32 UTC 版)

カプセルプラレール」の記事における「レール」の解説

本家プラレールと同様青色基本である。一部シリーズでは白色やクリアブルー、黄色グレーなども発売されている。パート4までは片面しか使用できなかったが、パート4追加製造以降は両面レールに改良された。なお、この新旧レールの過渡期には、両者をつなぐ特殊レールが用意されていた。また、パート23では脱線しにくく、接続しすいよう改良された

※この「レール」の解説は、「カプセルプラレール」の解説の一部です。
「レール」を含む「カプセルプラレール」の記事については、「カプセルプラレール」の概要を参照ください。


レール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/05 04:39 UTC 版)

カメラドリー」の記事における「レール」の解説

重量のあるカメラ撮影利用する際に用いられるカメラドリーのレールは、スチールアルミニウム製のものが多い。スチール製アルミニウム製に比べより重いが、より安価で販売されている。真っ直ぐなレールはもちろんカーブしたレールも用意されている。軽いカメラには、プラスチック製のレールも用いられる。こちらは金属製より強度は弱いが、軽く持ち運び優れている2000年代には、ゴム製変形可能なためカーブ付けやすく、持ち運びにも優れたレールが広まった

※この「レール」の解説は、「カメラドリー」の解説の一部です。
「レール」を含む「カメラドリー」の記事については、「カメラドリー」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「レール」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「レール」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



レールと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

レールのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



レールのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日本民営鉄道協会日本民営鉄道協会
(C) 2022 (社)日本民営鉄道協会
吉崎メッキ化工所吉崎メッキ化工所
Copyright (C) 2022 (株)吉崎メッキ化工所. All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
eXtreme!SnowBoardeXtreme!SnowBoard
eXtreme! Copyright(C) hiro. All Rights Reserved.
i92i92
Copyright(c)2022 i92surf.com All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの軌条 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのストリートボード (改訂履歴)、西部戦線異状なし (改訂履歴)、プラレール (改訂履歴)、ネロベルク登山鉄道 (改訂履歴)、カプセルプラレール (改訂履歴)、カメラドリー (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS