登るとは?

のぼ・る【上る/登る/昇る】

[動ラ五(四)

下から上へ、低い所から高い所へ移る。⇔下る。

㋐他より一段と高い所へ移り進む。「山に—・る」「演壇に—・る」

㋑そこを通って高い所に行く。「坂道を—・る」

㋒川の上流へ向かって進む。さかのぼる。「川を—・る」

地方から中央へ行く。都へ向かう。「京へ—・る」「江戸へ—・る」⇔下る。

高い地位につく。昇進する。「大臣の位に—・る」

貴人御座所近く参上する。

御前人々所もなく居たるに、今—・りたるは少し遠きもとなどに居たるを」〈二七六〉

太陽・月などが空高現れるまた、上方すすんで高い所に達する。「日が—・る」「気球が—・る」

(「頭に血がのぼる」などの形で)のぼせる。夢中になる。「頭に血が—・って見境がなくなる」

数量が、無視できない当の程度達する。「死傷者数百人に—・る」

あるところで、取りたてて問題とされる。「世上の口に—・る」「話題に—・る」

→上(あ)がる[用法]

[補説] 1㋐は「登る」、35は「昇る」、その他は「上ると書くことが多い。

[可能] のぼれる

[下接句] (あり)の思いも天に登る・口の端(は)に上る・痺(しび)れ京へ上れ・船頭多くして船山に上る血が上る


のぼ・る【上・登・昇】

〔自ラ五(四)

① 低い所から高い所へ移動する。また、移動して、ある物の上に乗る

古事記(712)下・歌謡「梯立(はしたて)の 倉山は 嶮(さが)しけど 妹と能煩礼(ノボレ)ば 嶮しくもあらず」

② 特に、や煙などが上に向かって動いたり、日や月が出て高い所に移り動いたりする。また、空中にあがる

万葉(8C後)七・一二四六「志賀白水郎(あま)の塩焼く煙風をいたみ立ちは不上(のぼらず)山に棚引く

水上水中から陸上へ移る。

源氏100114頃)明石「この風いましばしやまざらましかば、しほのぼりて残る所なからまし」

上流へ向かって進む。

古事記(712)下・歌謡「つぎねふや 山城川を 川のぼり 我が能煩礼(ノボレ)ば」

(5) 昔へさかのぼる。→上りての世

(6) 地方から都へ向かって行く。また、品物都に送られる。京都の中で、内裏のある北の方へ行くのもいう。

万葉(8C後)二〇・四四七二「大君のみことかしこみ於保(おほ)の浦を背向(そがひ)に見つつ都へ能保流(ノホル)」

(7) 天皇皇后など、貴人御座所近く参上する。宮中出仕する。

伊勢物語(10C前)六五「この御曹司には、人の見るをも知らでのぼりゐければ」

(8) 地位が進む。昇進する。また、高い位につく。あがる。

源氏100114頃)桐壺国の親となりて、帝王のかみなき位にのぼるべき相おはします人の」

(9) 古代官吏登用試験の場に出る。

宇津保(970‐999頃)俊蔭「たびたびのぼりたる学生のをのこども、ざえあるをのこども、てまどひをして」

(10) (血が頭にのぼる意) のぼせてぼうっとなる。気持が高まる。夢中になる。また、ふだんの落ち着きを失う逆上する。

(イ) 「気がのぼる」の表現場合

落窪(10C後)一「むげにはづかし思ひたりつるに、気ののぼりたらん」

(ロ) 「のぼる」の主語が表わされない場合

浮世草子けいせい伝受紙子(1710)三「隣のあげやにあそんでおりますは〈略〉のぼりかかってゐる天竺牢人共」

滑稽本浮世風呂(1809‐13)四「かほを真赤にして大きにのぼったやうす」

(11) 慢心する。得意になる。

浮世草子傾城禁短気(1711)一「始は金銀ありまやの山と、高くのぼりし身なれ共」

(12) 物事度合がすすむ。また、値段が高くなる。あがる。

内地雑居未来之夢(1886)〈坪内逍遙〉八「随って騰貴(ノボ)れば随って制(おさ)へ〈略〉尚々尚々(まだまだまだまだ)と持こたふる程に」

(13) 数量が相当の程度達する。

日本の下層社会(1899)〈横山源之助〉四「一日売上高八九円より十円に上ぼるとなり」

(14) ことばとして表わされる。また、取り上げて示される。取り上げて扱われる。

おとづれ(1897)〈国木田独歩〉上「斯る類の事の言葉に上ぼりしは例なきことなりける」

永日小品(1909)〈夏目漱石過去匂ひ「時々下の家族が噂に上(ノボ)る事があった」

(15) ある事や現象表面にでてくる。浮かぶ。現われる

解剖室(1907)〈三島霜川〉「柔(やはらか)な微笑が頬に上(ノボ)る」

行人(1912‐13)〈夏目漱石塵労手持無沙汰感じ強く頭に上(ノボ)った」

[語誌](1)多義語ではあるが、その基本的な意味は、その過程経路重点がおかれた上方への移動であり、意味の変遷もあまりみられない。ただ(10)(ロ)、(11)は、現在方言等には残るが、共通語では「のぼせる」が普通。
(2)→「あがる(上)」の語誌


み‐のぼ・る【登】

〔自ラ四〕 穀物などが実を結ぶ。みのる。

仮名草子浮世物語(1665頃)二「稲を損ひ、登(ミノボル)こと無く


登る

出典:『Wiktionary』 (2018/07/06 08:16 UTC 版)

漢字混じり表記

  1. のぼる」を参照


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「登る」の関連用語

登るのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



登るのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの登る (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS