出世とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 社会 > 身分 > 出世 > 出世の意味・解説 

しゅっ‐せ【出世】

読み方:しゅっせ

[名](スル)

社会的に高い身分地位を得ること。「―して親を喜ばす」「立身―」

この世生まれ出ること。

「先づ老子―し、次孔子出」〈雑談集・九〉

仏語

㋐仏が衆生(しゅじょう)を救うためこの世現れること。しゅっせい

俗世間離れて仏道入ることまた、その人出家

比叡山で、公卿の子弟の出家したもの。

禅寺住持となること。特に、紫衣賜り師号を受け、あるいは勅宣蒙っ官寺住持となること。


出世

読み方:シュッセ(shusse)

(1)律令制のもとで、一般に官に挙げ用いられること。
(2)如来この世出現すること。
(3)延暦寺では持仏堂法事勤め役職


出世

作者菊池寛

収載図書菊池寛短篇戯曲
出版社文芸春秋
刊行年月1988.3


出世

作者今村榮治

収載図書野川隆今村栄治・塙英夫作品集
出版社ゆまに書房
刊行年月2001.9
シリーズ名日本植民地文学精選


出世

作者数野和夫

収載図書風狂の人菅沼曲水
出版社文芸社
刊行年月2008.1


出世

読み方
出世しゅっせ
出世しゅつせ

出世

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/17 03:44 UTC 版)

クトゥブッディーン・アイバク」の記事における「出世」の解説

中央ユーラシアテュルク系遊牧民キプチャク出身で、アイバクの名はテュルク語で「月の主」を意味する父母に関して不明である幼少のころ、ホラーサーン現在のイラン東北部)の都市ニーシャープール名家奴隷として売られ軍人教育受けたあと、シハーブッディーン購入されて、宮廷仕えマムルークとなったアイバク厩舎係からやがて将軍出世すると、ゴール朝諸君の中でインド方面経略担当したシハーブッディーンに従いインドでの戦役従軍ヒンドゥースタン北インド)のラージプート諸勢力との戦い功績立てた1193年デリー攻略したシハーブッディーンが兄・ギヤースッディーン・ムハンマドのいるホラーサーン活動拠点を移すと、アイバクデリー支配委ねられ北インド征服をほとんど完了させた。1202年にはカーリンジャル落として中央インド征服し、さらにベンガルまで進軍し占領しインド仏教拠点であったヴィクラマシーラ僧院破壊してゴール朝インド支配貢献した1206年アイバクシハーブッディーンより「ペシャワールの門からインドの最も奥地まで」のゴール領の総督任命された。それから2、3週間後の3月主君シハーブッディーン暗殺されゴール朝統一を失うと、アイバク6月に自らスルタン称して事実上デリー独立インド本拠地とし、インドのみ支配する史上初イスラム王朝である奴隷王朝開いたアイバクは、ゴール朝分裂にともなう混乱争奪の中でアフガニスタンデリー中間に位置するパンジャーブ地方併合することに成功する。さらにイルトゥトゥミシュに娘を嫁がせ、シンド地方総督であったナースィル・ウッディーン・カバーチャに姉妹嫁がせ、自らはケルマーン総督であるタージ・ウッディーン・ヤルドーズの娘を妻として迎えて権力基盤固めた

※この「出世」の解説は、「クトゥブッディーン・アイバク」の解説の一部です。
「出世」を含む「クトゥブッディーン・アイバク」の記事については、「クトゥブッディーン・アイバク」の概要を参照ください。


出世

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/01 00:58 UTC 版)

検察庁」の記事における「出世」の解説

検察庁法務省共に検事任官者が主要ポスト位を占める。国家I種試験合格国家公務員も他省庁キャリア国家公務員同様、本省課長までは出世するが、本省局長以上のポストに就くことは稀といえる。 主要ポストは、法務省検察庁共に国家I種試験に合格した“キャリア国家公務員ではなく司法試験合格検事任官された“検事”が占める。他の省庁とは違う特殊な省庁といえる

※この「出世」の解説は、「検察庁」の解説の一部です。
「出世」を含む「検察庁」の記事については、「検察庁」の概要を参照ください。


出世

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/11 02:23 UTC 版)

グレン・レンフルー」の記事における「出世」の解説

1964年、コンテルビューローの長に就任した。「コンテルビューロー(comtelburo)」とは、ロイター初のコンピュータによる経済情報通信サービス「ストックマスター(Stockmaster)」を運営するために新しく設立した部門である(1966年に「ロイター・エコノミック・サービス(Reuters Economic Service)に改称」)。当時ロイターは、一般ニュース部門経済通信部門別々の編集部支局を持つ独立採算制採っていた(1973年廃止)。1962年売上高一般ニュース部門が約97,000ポンド経済通信部門44,000ポンドであった。しかしストックマスターが販売数伸ばしたことにより、1968年経済通信部門売上高一般ニュース部門上回りその後両者の差は拡大続ける。1970年には一般ニュース部門23ポンドに対し経済通信部門その2倍、約45ポンド稼ぎ出すまでに至った経営不振喘ぎ存続すら危ぶまれていたロイターは、この経済通信新たな収益として復活遂げたその後シンガポール南アフリカ共和国ベルギー渡り歩き、1971年に、ロイター・アメリカの経営任された。タイプライターテレプリンター替えてビデオ・ディスプレイコンピュータ編集部門に導入するなどの改革進め赤字続きであった同地域での経営建て直し成功した

※この「出世」の解説は、「グレン・レンフルー」の解説の一部です。
「出世」を含む「グレン・レンフルー」の記事については、「グレン・レンフルー」の概要を参照ください。


出世

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/11/03 07:38 UTC 版)

出世間」の記事における「出世」の解説

現在、一般的に使われる出世(しゅっせ)は、この言葉からきたものであるが、以下のような用法がある。3.(或いは4.も)から来た用法逆に世間埋没している状態を含み元の宗教的意味一般用法との乖離生じてしまった。 諸仏衆生済度するために世界出現すること。 世俗捨てて仏道入ること。 昔、天台宗比叡山では、公卿の子息が受戒し剃髪して僧侶となったものをいった。現在、世間一般で「出世が早い」、「立身出世」などと言われるのは、この公卿出身僧侶昇進早かったところから言われるようになった。 禅宗で、寺院住持となること。高位の寺に転住することや、黄衣紫衣賜ること、また和尚位階を受けることなどをいう。 この世生まれること仏教以外の哲学思想外道教え)は執着離れていない世間的な知恵に基づいていると仏教では見る。これに対し仏教の説く、執着断った超越的な智慧出世間智という。

※この「出世」の解説は、「出世間」の解説の一部です。
「出世」を含む「出世間」の記事については、「出世間」の概要を参照ください。


出世

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/02 23:46 UTC 版)

崔承哲」の記事における「出世」の解説

金日成総合大学卒業後政府機関職員となる。1990年代後半から他国との交渉、主に大韓民国との交渉業務に当たり南北協議の場登場した2007年南北首脳会談では、盧武鉉大韓民国大統領軍事境界線歩いて北朝鮮側に入境した際に北朝鮮側で出迎えホスト役務めた

※この「出世」の解説は、「崔承哲」の解説の一部です。
「出世」を含む「崔承哲」の記事については、「崔承哲」の概要を参照ください。


出世

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/27 23:39 UTC 版)

ルイセンコ論争」の記事における「出世」の解説

ルイセンコ政治的成功は、大部分は共産党とソビエトイデオロギーへの訴えかけよるものであった1920年代末破滅的な集団農場化試みの後にルイセンコの「新しい」手法ソビエト当局者にとって「農業革命への道を開くものとして見られた。ルイセンコ自身小作人家庭出身であり、レーニン主義熱狂的支持者であった一連の人為的な農業災害経験した時期ルイセンコ極めて速く問題に対応したが、真の解決策持っていなかった。党が新たな作物植え付け新たな農地の耕作計画発表した時はいつでも、ルイセンコどのように実行するかについての早急な実践的提案をした。 ルイセンコ非常に速く穀物低温処理から、綿の木からの摘み樹木塊状植え付け独自の混合肥料に致るまで様々な処方箋を作ったため、学術界生物学者らは新し技術導入される前に、ある技術価値がない有害であることを実証する時間がなかった。党が支配する新聞ルイセンコの「実践的取り組み賞賛し、ルイセンコ批判的な人々動機疑いをかけた。ルイセンコの「農業における革命」は、科学必要な忍耐観察要請する学術界に対する強力なプロパガンダ優位性持ったルイセンコソ連共産党支配層入り認められ農務任された。ルイセンコ生物学者を「ハエ愛好家人間嫌い」として糾弾しソビエト経済故意に機能しないようにし失敗させようとした生物学における「破壊分子英語版)」として非難するために自身の地位使った。そのうえ、ルイセンコ理論生物学応用生物学との区別否定したルイセンコ自身有名で人気のあったソ連園芸家イヴァン・ヴラジーミロヴィッチ・ミチューリン追随者であると述べた。しかし、ミチューリンとは異なりルイセンコラマルキズム一種支持しており、非遺伝学的技術として交配接ぎ木のみを用いて自説強く主張した。 これには、最も重要なことだが、生物の「獲得形質例えば、摘み行った後ののない状態—がその生物の子孫によって継承されるという含意付随していた。これが、春化がより高い生産性与えるとルイセンコ主張した理由であった。ルイセンコは、春化させた種子より速く花を咲かせ、より多くのコムギ生産する能力が、次世代コムギ種子へと受け渡され、したがっ春化によってさらにこの過程増幅される、と信じていた。 ヨシフ・スターリンからの支持は、ルイセンコさらなる動機人気を与えた1935年ルイセンコ生物学における反対派と、ソビエト政府農業集団化政策にまだ抵抗していた小作人とを比較しルイセンコ理論反対することによって伝統的遺伝学者マルクス主義反対する立場にあるのだ、と述べたスターリンはこの演説が行われた時に出席していた。この出来事ルイセンコつけあがらせ、まだルイセンコ声高に反対する遺伝学者中傷する自由を彼と仲間のプリゼントに与えたルイセンコかつての指導者であったニコライ・イヴァノヴィッチ・ヴァヴィロフといったルイセンコ主義反対者多く投獄されるか、ルイセンコおよびプリゼントの告発によって処刑された。 1948年8月7日レーニンソ連農業科アカデミーそれ以後ルイセンコ主義を「唯一の正し理論」として教える、と発表したソビエト科学者らはルイセンコ研究反論するいかなる研究をも非難することを強いられたルイセンコ批判は「ブルジョワ」あるいは「ファシスト」と糾弾され類似した「非ブルジョワ理論当時のソビエトアカデミーの他分野において頭角現したヤフェト理論英語版)および社会主義リアリズムを参照のこと)。興味深いことに、おそらくスターリン存命時に粛清逃れた唯一のルイセンコ対立者らはソビエト原子核物理学者小さなコミュニティーであったトニー・ジャット意見述べたところによると、「スターリン彼の原子核物理学者らにちょっかい出さず、『彼らの』計算後でとやかく言うことをしなかったと推測されるのは意義深いスターリン狂っていたかもしれないが、愚劣ではなかった」。

※この「出世」の解説は、「ルイセンコ論争」の解説の一部です。
「出世」を含む「ルイセンコ論争」の記事については、「ルイセンコ論争」の概要を参照ください。


出世

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/01 23:14 UTC 版)

朴南基」の記事における「出世」の解説

1980年代朝鮮労働党中央委員昇格した後、1990年代には経済畑を歩み国内屈指の経済となったその後2000年代には朝鮮労働党計画財政部長に昇格している。聯合ニュースは、韓国統一研究院発刊する「1994-2008金正日現地指導動向」を分析し2007年から金正日随行する頻度高まっていることを指摘している。

※この「出世」の解説は、「朴南基」の解説の一部です。
「出世」を含む「朴南基」の記事については、「朴南基」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「出世」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「出世」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



出世と同じ種類の言葉


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「出世」の関連用語

出世のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



出世のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
EDRDGEDRDG
This page uses the JMnedict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのクトゥブッディーン・アイバク (改訂履歴)、検察庁 (改訂履歴)、グレン・レンフルー (改訂履歴)、出世間 (改訂履歴)、崔承哲 (改訂履歴)、ルイセンコ論争 (改訂履歴)、朴南基 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS