鯉とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 生物 > > 淡水魚 > の意味・解説 

こい こひ [1] 【鯉

コイ目コイ科コイ属の淡水魚。普通は全長60センチメートルぐらいになり,二対の口ひげがある。野生種はノゴイともいい,体高が低くてほぼ円筒形体色黒褐色。飼育品種はヤマトゴイ・ドイツゴイ・ニシキゴイなどがあり,一般に体高がやや高くて側扁し,色彩(うろこ)変化がある。日本では古くから食用とされ,観賞用の品種も多い。

作者井伏鱒二

収載図書日本掌編小説秀作選 上 雪・月
出版社光文社
刊行年月1987.12
シリーズ名光文社文庫

収載図書山椒魚 ほか7編
出版社講談社
刊行年月1989.2
シリーズ名講談社英語文庫

収載図書仕事部屋
出版社講談社
刊行年月1996.10
シリーズ名講談社文芸文庫

収載図書井伏鱒二全集 第1巻
出版社筑摩書房
刊行年月1996.11

収載図書近代短編 10
出版社笠間書院
刊行年月1997.4

収載図書ジョン万次郎漂流記
出版社偕成社
刊行年月1999.11
シリーズ名偕成社文庫

収載図書十夜
出版社ランダムハウス講談社
刊行年月2006.1


作者岡本綺堂

収載図書鎧櫃の血
出版社光文社
刊行年月1988.5
シリーズ名光文社時代小説文庫

収載図書鎧櫃の血巷談コレクション 新装
出版社光文社
刊行年月2006.9
シリーズ名光文社時代小説文庫


作者内田百閒

収載図書ちくま文学 12 動物たち物語
出版社筑摩書房
刊行年月1989.1

収載図書旅順入城式
出版社福武書店
刊行年月1994.3
シリーズ名福武文庫

収載図書内田百閒集成 3 冥途
出版社筑摩書房
刊行年月2002.12
シリーズ名ちくま文庫


作者耕治人

収載図書耕治人全集 第2巻 小説 2
出版社晶文社
刊行年月1989.2



作者火野葦平

収載図書戦後短篇小説再発見 14 自然と人間
出版社講談社
刊行年月2003.9
シリーズ名講談社文芸文庫


作者バリー・ユアグロー

収載図書ケータイ・ストーリーズ
出版社新潮社
刊行年月2005.4


作者駒田信二

収載図書中国怪奇物語
出版社扶桑社
刊行年月2007.12
シリーズ名扶桑社文庫


鯉―或る修行僧の悩み

作者三宅雅子

収載図書短篇集 阿修羅を棲まわせて
出版社日本図刊行
刊行年月1986.9
シリーズ名トレビ文庫


読み方:コイkoi

コイ科淡水魚

学名 Cyprinus carpio


読み方:コイkoi

作者 井伏鱒二

初出 大正15年

ジャンル 随筆


読み方:コイkoi

作者 耕治人

初出 昭和17年

ジャンル


読み方:コイkoi

作者 林芙美子

ジャンル 小説


読み方:コイkoi

作者 葉山嘉樹

ジャンル 随筆


読み方:コイkoi

作者 室生犀星

初出 大正10年

ジャンル 小説


コイ

( から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/04/18 03:34 UTC 版)

コイ学名Cyprinus carpio)は、コイ目コイ科に分類されるで、比較的流れが緩やかなや池、用水路などにも広く生息する淡水魚である。ニゴイとは同科異亜科の関係にある。


[ヘルプ]
  1. ^ Freyhof, J. & Kottelat, M. (2008年). Cyprinus carpio. 2008 IUCN Red List of Threatened Species. IUCN 2008. 2009年5月8日閲覧。
  2. ^ 馬渕浩司、瀬能 宏・武島弘彦・中井克樹・西田 睦「琵琶湖におけるコイの日本在来mtDNAハプロタイプの分布」、『魚類学雑誌』第57巻第1号、日本魚類学会、2010年4月26日、 1-12頁、 ISSN 00215090NAID 40017117020
  3. ^ 馬渕浩司(2013年6月2日)「絶滅危機!日本のコイ」『サイエンスZERO』第427回。NHK教育テレビジョン
  4. ^ シーボルト『日本動物誌魚類』京都大学電子図書館。
  5. ^ a b c 日本魚類学会自然保護委員会、向井貴彦・鬼倉徳雄・淀大我・瀬能宏 『見えない脅威“国内外来魚”』 東海大学出版会、2013年7月10日ISBN 978-4-486-01980-0
  6. ^ “五大湖、コイから守れ=5州の訴え実らず-米”. 時事通信. (2012年3月2日). http://www.jiji.com/jc/c?g=int_date1&k=2012022800652 2012年3月2日閲覧。 [リンク切れ]
  7. ^ USDA National Nutrient Database
  8. ^ 内水面養殖業収獲量 都道府県別・魚種別収獲量 農林水産省
  9. ^ こんなに怖い寄生虫 厚生労働省検疫所
  10. ^ 口虫(1/11) ※平成 22 年度食品安全確保総合調査 食品安全委員会 (PDF)
  11. ^ 喉頭顎口虫症の1例 耳鼻と臨床 Vol.4 (1957-1958) No.1 p.61-64
  12. ^ <特集>マリントキシン[リンク切れ]-神戸市環境保健研究所
  13. ^ 自然毒のリスクプロファイル:魚類:胆のう毒厚生労働省
  14. ^ 中澤弥子、鈴木和江、小木曽加奈、吉岡由美、コイ刺身の食味と物性 : 佐久鯉と福島産鯉の比較 長野県短期大学紀要 63 (2008): 25-31, NAID:40016621269
  15. ^ 【原著】霞ヶ浦における魚類および甲殻類の現存量の経年変化 陸水学雑誌 Vol.74 (2013) No.1 P1-14
  16. ^ 年次別統計 (平成10年〜平成20年)/魚種別生産額 - 内水面養殖業 農林水産省


「コイ」の続きの解説一覧

出典:『Wiktionary』 (2010/10/03 03:13 UTC 版)

発音


※ご利用のPCやブラウザにより、漢字が正常に表示されない場合がございます。
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence. Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.





鯉と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「鯉」の関連用語


2
100% |||||

3
100% |||||

4
100% |||||

5
100% |||||

6
100% |||||

7
100% |||||

8
100% |||||

9
100% |||||

10
100% |||||

鯉のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

Adamo

コバシチドリ

ウイナーズ・サークル

高度道路交通システム

落とし掛け

バクトロサウルス・ジョンソニ

EX-Z1080

福鎚





鯉のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2018 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのコイ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
漢字辞典
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence.
Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Distributed under the Terms of Use in http://www.unicode.org/copyright.html.
Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.

©2018 Weblio RSS