洗いとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 動作 > 洗い > 洗いの意味・解説 

あらい〔あらひ〕【洗い】

洗うこと。洗濯。「洗いのきく布地」「灰汁(あく)洗い」

(「洗膾」「洗魚」とも書く)新鮮なコイ・コチ・スズキなどを薄く刺身作り冷水で洗って身を縮ませた料理。《 夏》「中食(ふな)の—をよきものに/白水郎


あらい あらひ 【洗】

〔名〕 (動詞「あらう(洗)」の連用形名詞化

① 洗うこと。洗濯

大和(947‐957頃)二七「親のもとに、きぬをなむあらひにおこせたりけるを」

母なるもの1969)〈遠藤周作〉「写真は洗いがわるいせいか、縁が黄色変色している」

② (「洗魚」「洗膾」などの字当てる) 夏の料理一種コイタイなどの新鮮な肉を薄く切り、冷水または氷水で洗って縮ませたもの。酢みそわさびじょうゆなどで食べる。季・夏

随筆守貞漫稿(1837‐53二八三都ともに洗ひと云あり。〈略〉あらひにはを好とす」

③ 釜(かま)を洗い流すときに出る、底にこびりついていた飯。あらいながし

*最暗黒東京(1893)〈松原岩五郎〉七「アライとは釜底の洗ひ流しにして飲(めし)のあざれたるを意味するものにして」

溜池などから余った流してやる落とし口はやくち


あらわい あらはひ 【洗】

〔名〕 (動詞「あらふ(洗)」の未然形に、助動詞「ふ」の付いたもの連用形名詞化) 洗うこと。すすぎ。洗濯

大和(947‐957頃)二七「山にすむあひだに、あらはひなどする人のなかりければ」


洗い

読み方:あらい

ワ行五段活用動詞「洗う」の連用形、あるいは連用形名詞化したもの

日本語活用形辞書はプログラムで機械的に活用形や説明を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

洗い

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/10/22 08:20 UTC 版)

洗い(洗膾、洗魚 、あらい)とは、主に鮮魚の調理法の一つ。




「洗い」の続きの解説一覧



洗いと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「洗い」の関連用語

洗いのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



洗いのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの洗い (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS