調理法とは? わかりやすく解説

調理法

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/10/28 17:31 UTC 版)

調理法(ちょうりほう)とは、調理に用いる手法である。専門的な手法は調理技術などと呼ばれる。




「調理法」の続きの解説一覧

調理法(袋麺)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/04 10:21 UTC 版)

日清焼そば」の記事における「調理法(袋麺)」の解説

1:フライパン220ccを入れ沸騰したら麺を入れ20たったら麺を裏返し水気飛ばすように軽くほぐす。 2:麺がほぐれて水気がなくなる間際粉末ソース加えて混ぜ合わせ、やや強火軽く炒めチリチリと音がしたら出来上がり。 ※フライ麺のため、油分吸い込んで水気飛ばすようになっている。 3:皿に移しお好みより青海苔ふりかける。 ※肉や野菜加え際は、あらかじめ塩・コショウ加えて炒めた物を出来上がり際に加えるのが基本面倒な場合には、沸騰したお湯に麺を茹で前にキャベツ・もやし・玉ねぎひき肉などを入れて茹であげると、あっさりとした味わいになる。

※この「調理法(袋麺)」の解説は、「日清焼そば」の解説の一部です。
「調理法(袋麺)」を含む「日清焼そば」の記事については、「日清焼そば」の概要を参照ください。


調理法(魚の場合)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/13 23:45 UTC 版)

活き造り」の記事における「調理法(魚の場合)」の解説

まず客が食べたいものを注文したのち、生簀から釣り上げる活け締めはやらずに、手早くおろす。暴れるとうま味成分が減るため、包丁の背で魚の頭を叩き失神状態にしたのち、目を布巾などで覆って暴れないようにする。うろこはとらないそうしたのち、内臓傷つけないように気をつけながら包丁入れる。 一口大に切ってから、レモンショウガ海苔などの海草添えて完成となる。

※この「調理法(魚の場合)」の解説は、「活き造り」の解説の一部です。
「調理法(魚の場合)」を含む「活き造り」の記事については、「活き造り」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「調理法」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「調理法」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「調理法」の関連用語

調理法のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



調理法のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの調理法 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの日清焼そば (改訂履歴)、活き造り (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS