日本料理とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 日本語表現辞典 > 日本料理の意味・解説 

にほん りょうり -れうり [4] 【日本料理】

日本発達した伝統的料理総称魚介野菜乾物などを、醬油砂糖・酢などで調味した淡泊なものが多い。

日本食

読み方:にほんしょく
別表記:日本料理

日本で独自に発達した料理和食

日本料理

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/12/02 10:01 UTC 版)

日本料理(にほんりょうり、にっぽんりょうり)は、日本風土社会で発達した料理をいう[2][3][4]洋食に対して和食とも呼ぶ[5]。食品本来の味を利用し、などの季節感を大切にする特徴がある[6]和食は2013年に無形文化遺産に登録された。




  1. ^ Decision (unesco)
  2. ^ a b 広辞苑第5版
  3. ^ a b 日本大百科全書
  4. ^ a b 世界大百科事典
  5. ^ 和食 コトバンク
  6. ^ a b c d e f g h i j k l m n o 広辞苑第5版
  7. ^ a b c d e f g h i 『四季日本の料理 春』講談社、1998年。ISBN 4-06-267451-3
  8. ^ a b c d e f g h i j k l 『四季日本の料理 秋』講談社、1998年。ISBN 4-06-267453-X
  9. ^ 農林水産物・食品の輸出額1兆円目標に向けた主な取組(2018年4月8日閲覧)
  10. ^ <和食>日本食、世界を席巻 訪日客増加が後押し『毎日新聞』朝刊2018年1月3日
  11. ^ a b 字統
  12. ^ a b 大漢和辞典
  13. ^ 日本国語大辞典
  14. ^ 『日中辞典』(小学館
  15. ^ リーダーズ英和辞典第2版
  16. ^ 『小学館ロベール仏和大辞典』小学館
  17. ^ 著者は1923年(大正12年)に石井泰次郎 『日本料理法大成大倉書店1923年OCLC 673989417を著した四条流九代目家元石井泰次郎ではなく、八代目家元石井治兵衛(石井治兵衛 『日本料理法大全博文館1898年OCLC 40587513)とみられる。
  18. ^ 熊倉功夫 「1.日本の伝統的食文化としての和食」『和食;日本人の伝統的な食文化』(pdf) 日本食文化テキスト作成共同研究会・熊倉功夫編、農林水産省、2012年3月、3-12頁。
  19. ^ a b 余田弘実「書名から見た近世料理書と近代料理書 : 「日本料理」「西洋料理」「支那料理」」、『國文學論叢』第61号、2016年2月1日、 269頁。
  20. ^ 熊倉功夫 「1.日本の伝統的食文化としての和食」『和食;日本人の伝統的な食文化』(pdf) 日本食文化テキスト作成共同研究会・熊倉功夫編、農林水産省、2012年3月、3-12頁。
  21. ^ a b c 原田信男 『和食とはなにか 旨みの文化をさぐる』 KADOKAWA/角川学芸出版〈角川ソフィア文庫〉、2014年、7-13、33、45、48頁。ISBN 978-4044094638
  22. ^ 熊倉功夫、江原絢子 『和食とは何か』 思文閣出版〈和食文化ブックレット1〉、2015年ISBN 978-4784218257
  23. ^ 江原絢子「ユネスコ無形文化遺産に登録された和食文化とその保護と継承」、『日本調理科学会誌』第48巻第4号、2015年、 320-324頁、 doi:10.11402/cookeryscience.48.320
  24. ^ 江原絢子「ユネスコに登録された「和食」とは何か」、『日本食生活学会誌』第28巻第1号、2017年、 3-5頁、 doi:10.2740/jisdh.28.1_3
  25. ^ a b c d e 髙橋拓児「料理人から見る和食の魅力」、『日本食生活学会誌』第27巻第4号、2017年、 231-236頁、 doi:10.2740/jisdh.27.4_231
  26. ^ 熊倉功夫「和食の伝統・日本料理から学ぶもの(日本料理からの提言-揺れる現代の食へのメッセージ,平成21年度大会 公開学術講演会)」、『日本調理科学会誌』第42巻第6号、2009年、 A73。
  27. ^ 日本の伝統的食文化としての和食』農林水産省
  28. ^ a b c d e 日本大百科全書
  29. ^ a b c 世界大百科事典
  30. ^ a b 『刺身百科』柴田書店、2007年。ISBN 978-4-388-06020-7
  31. ^ 川上行蔵、小出昌洋『完本 日本料理事物起源』岩波書店、2006年。ISBN 4-00-024240-7
  32. ^ a b 『旬の食材 春・夏の野菜』講談社、2004年。ISBN 4-06-270135-9
  33. ^ a b 『旬の食材 秋・冬の野菜』講談社、2004年。ISBN 4-06-270136-7
  34. ^ 『旬の食材 四季の果物』講談社、2004年。ISBN 4-06-270137-5
  35. ^ 『旬の食材 春の魚』講談社、2004年。ISBN 4-06-270131-6
  36. ^ 『旬の食材 夏の魚』講談社、2004年。ISBN 4-06-270132-4
  37. ^ 『旬の食材 秋の魚』講談社、2004年。ISBN 4-06-270133-2
  38. ^ 『旬の食材 冬の魚』講談社、2004年。ISBN 4-06-270134-0
  39. ^ 小泉武夫 1999, pp. 95-98.
  40. ^ 小泉武夫 1999, pp. 62-64.
  41. ^ a b c d e 小泉武夫 1999, pp. 48-50.
  42. ^ a b c d 玉井 恵 『日本の塩100選―海からの贈りもの』 旭屋出版、2002年、19-28、48。ISBN 4751103407
  43. ^ a b 小泉武夫 1999, pp. 85-86.
  44. ^ a b 小泉武夫 1999, pp. 114-118.
  45. ^ a b 八百啓介「江戸時代の砂糖食文化」農畜産業振興機構、2011年4月
  46. ^ a b 江原絢子、石川尚子、東四柳祥子 『日本食物史』 吉川弘文館、2009年、91-93、110-111頁。ISBN 978-4642080231
  47. ^ a b c d e 『四季日本の料理 夏』講談社、1998年。ISBN 4-06-267452-1
  48. ^ a b c d 『四季日本の料理 冬』講談社、1998年。ISBN 4-06-267454-8
  49. ^ a b 4時間目 鯛をおろす”. 日本料理一年生. 辻調グループ校 (2006年7月20日). 2013年11月10日閲覧。
  50. ^ 阿部孤柳「第二章 さしみは日本料理のメインディッシュ」『日本料理の真髄』講談社+α新書、2006年、53-81頁。ISBN 978-4062723923
  51. ^ 特定非営利活動法人四條司家食文化協会監修 通信教育講座用 公式テキスト 「第1回 日本料理とは 第3項 日本料理の特色 1 椀差」, 日本食文化検定協会, accessdate=20110127.
  52. ^ 『粋』第80回 半べえ 料理長 川村 満(かわむら みつる)さん, 広島ホームテレビ, 2010年07月29日.
  53. ^ 國府田宏行 酒道第八話 酒席の礼『刺身は淡白のものから』, 菊水酒造株式会社, accessdate=20110127.
  54. ^ 別冊専門料理 『日本料理の四季』 第41号 【特集】献立の華、椀ものと刺身の技術, 柴田書店, 2010. ISBN 978-4-388-80754-3
  55. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q 石毛直道『日本の食文化史』岩波書店 ISBN 978-4-00-061088-9
  56. ^ a b c d e f g h i j k l m n 佐々木高明『日本の歴史1 日本史誕生』集英社 ISBN 4-08-195001-6
  57. ^ a b c d e f g h 西本豊弘編『人と動物の日本史1 動物の考古学』吉川弘文館 ISBN 978-4-642-06275-6
  58. ^ 竹岡俊樹『旧石器時代人の歴史 アフリカから日本列島へ』講談社 ISBN 978-4-06-258496-8
  59. ^ a b c 『講座 食の文化 人類の食文化』 味の素食の文化センター ISBN 4-540-98052-1
  60. ^ a b c d e f g h i j k l 木村茂光編『日本農業史』吉川弘文館 ISBN 978-4-642-08046-0
  61. ^ a b 『講座 食の文化 日本の食事文化』味の素食の文化センター ISBN 4540980882
  62. ^ 渡部忠世、深澤小百合『もち(糯・餅)ものと人間の文化史89』法政大学出版局 1998 ISBN 4-588-20891-8
  63. ^ a b c 橋本直樹 『日本食の伝統文化とは何か―明日の日本食を語るために (生活文化史選書)』 雄山閣、2013年、10-15、49-50。ISBN 978-4639022923
  64. ^ 原田信男 『和食とはなにか 旨みの文化をさぐる』 KADOKAWA/角川学芸出版〈角川ソフィア文庫〉、2014年、7-13、33、48。ISBN 978-4044094638
  65. ^ a b c d e f 石毛直道、杉田浩一 『調理とたべもの (講座食の文化;第3巻)』 味の素食の文化センター、1999年ISBN 4-540-98218-4
  66. ^ 秋場龍一 『天皇家の食卓―和食が育てた日本人の心』 角川書店〈角川ソフィア文庫〉、2000年、88-89、108-109。ISBN 4043550014
  67. ^ 日本食の歴史』農林水産省、2016年5月14日閲覧
  68. ^ a b 高橋達郎「第12回 江戸っ子は、毎日旬のものを食べていた」クリナップ
  69. ^ 『江戸料理百選』1983年。
  70. ^ 国立国会図書館デジタルコレクション『江戸府内絵本風俗往来. 上編中編(2コマ~)、下編(86コマ~)菊池貴一郎(蘆乃葉散人)東陽堂(東陽堂支店) 明治38年(1905年)12月25日発行
  71. ^ 国立国会図書館デジタルコレクション『江戸府内絵本風俗往来. 中編』巻之七、十二月「焼いも」菊池貴一郎(蘆乃葉散人、四代目歌川広重)著 東陽堂(東陽堂支店) 明治38年(1905年)12月25日発行
  72. ^ 川柳:花嫁の閑談さつま芋のこと
  73. ^ 裏話 色が濃いほどにうま味成分は多くなる(2002年10月16日時点のアーカイブ) - キッコーマン
  74. ^ a b 『江戸時代の料理書』に見る私たちの食卓
  75. ^ 守貞漫稿
  76. ^ 農林水産省/日本食の歴史 2017年6月1日 閲覧
  77. ^ 柳田國男『明治大正史 世相篇』新装版、講談社学術文庫、1993年、63頁。
  78. ^ 日本食文化を、ユネスコ、無形文化遺産に。”. 農林水産省. 2013年12月26日閲覧。
  79. ^ 「和食;日本人の伝統的な食文化」の内容”. 農林水産省. 2013年11月24日閲覧。
  80. ^ “「和食;日本人の伝統的な食文化」のユネスコ無形文化遺産保護条約「人類の無形文化遺産の代表的な一覧表(代表一覧表)」への記載に関する補助機関による勧告について” (プレスリリース), 農林水産省, (2013年10月22日), http://www.maff.go.jp/j/press/kanbo/kihyo02/131022_1.html 2013年11月24日閲覧。 
  81. ^ 日本食文化の世界無形遺産登録に向けた検討会 (2012年2月). “日本食文化の無形文化遺産記載提案書の概要”. 農林水産省. 2013年11月24日閲覧。
  82. ^ Draft decision No.8.17. Washoku, traditional dietary cultures of the Japanese, notably for the celebration of New Year” ((英語)(フランス語)). Evaluation of nominations for inscription in 2013 on the Representative List of the Intangible Cultural Heritage of Humanity (item 8 on the agenda). 国際連合教育科学文化機関. 2013年11月24日閲覧。
  83. ^ 『俳句歳時記 第4版』角川学芸出版、2008年、ISBN 978-4-04-621167-5
  84. ^ 東京都北区
  85. ^ 原田信男 『和食とはなにか 旨みの文化をさぐる』 KADOKAWA/角川学芸出版〈角川ソフィア文庫〉、2014年、7-13、33、48。ISBN 978-4044094638
  86. ^ 海外日本食レストラン数の調査結果の公表について農林水産省プレスリリース(2017年11月7日)2018年4月8日閲覧。
  87. ^ 「日本食レストラン5年で倍以上に」『読売新聞』朝刊2018年4月3日(くらし面)。
  88. ^ 日本食レストラン推奨制度(pdfファイル)”. 日本貿易振興機構. 2013年12月3日閲覧。
  89. ^ 日本料理コンペティション公式サイト
  90. ^ 和食ワールドチャレンジ2015公式サイト


「日本料理」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「日本料理」の関連用語

日本料理のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



日本料理のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2018 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2018 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの日本料理 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS