かまぼことは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > かまぼこの意味・解説 

かま‐ぼこ【××鉾】

白身魚のすり身調味料加え練り蒸し煮あるいはあぶり焼きした食品長方形の板に材料半月形盛り上げる板付きかまぼことすることが多いが、板を用いないものもある。古くは細い竹をにして筒形塗りつけ、その形がガマの穂に似るところからこの名がついた。

かまぼこ形のこと。「—屋根

宝石をはめていないかまぼこ形指輪

ガマの穂

蒲鉾の画像

かまぼこ

  1. 何時でもに向つて勉強する者をいふ。かまぼこは板にくつついて居るから。
  2. 女学生隠語にのみ噛り付いてゐる人。

分類 女学生


かまぼこ

  1. 〔楽〕最初舞台登場者のこと。「イタツキ」に同じ、其条参照

分類


蒲鉾

読み方:かまぼこ

  1. 窃盗ニ忍入ランガタメ施錠箇所焼抜クノ所為ヲ云フ。〔第三類 犯罪行為
  2. 窃盗せんが為に施錠箇所焼抜所為を云ふ。
  3. 窃盗せんがために施錠焼抜くことをいう。「かじや」ともいう。

蒲鉾

読み方:かまぼこ

  1. 蒲鉾形指輪の略で、結婚済のこと。⑵いつも黒板にひつついている意から教師のこと。
隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

蒲鉾

(かまぼこ から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/13 05:20 UTC 版)

蒲鉾(かまぼこ)は、魚肉のすり身を成形して加熱した魚肉練り製品の一種。広義の蒲鉾には、蒸しかまぼこ、焼抜きかまぼこ、ちくわ、風味かまぼこ、ゆでかまぼこ(はんぺん鳴門巻きなど)、揚げかまぼこ薩摩揚げなど)がある[1]。狭義には蒸板蒲鉾のことをいう[2](蒸しかまぼこの一種)。狭義には蒸板蒲鉾のことをいうが、広義にはちくわや薩摩揚げも含む[2]


  1. ^ a b c d e 蒲鉾 kamaboko”. 日本かまぼこ協会. 2021年10月17日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h i 食品の調理・加工による放射性核種の除去率”. 公益財団法人 原子力環境整備促進・資金管理センター. 2021年10月17日閲覧。
  3. ^ 紀文蒲鉾シリーズ『蒲鉾ができるまで』
  4. ^ 住江金之監修「原色食品図鑑」KENPAKUSYA p.88 (かまぼこの項)
  5. ^ 蒲鉾の表面に、時々、小さな黒っぽいものがついているのは何ですか。”. 紀文食品. 2020年8月13日閲覧。
  6. ^ 住江金之監修「原色食品図鑑」KENPAKUSYA p.88
  7. ^ a b c d [1]
  8. ^ 清水亘、「かまぼこ今昔」 『調理科学』 1982年 15巻 4号 p.196-199, doi:10.11402/cookeryscience1968.15.4_196
  9. ^ フジテレビトリビア普及委員会『トリビアの泉〜へぇの本〜 1』講談社、2003年。
  10. ^ a b 岡田稔、「かまぼこのピンからキリまで」 『調理科学』 1983年 16巻 3号 p.168-172, doi:10.11402/cookeryscience1968.16.3_168
  11. ^ かまぼこ歳時記 11月15日は『かまぼこの日』”. 小田原蒲鉾協同組合. 2013年6月11日閲覧。
  12. ^ a b c d e f g h 品質表示基準の見直しについて「特殊包装かまぼこ類」”. 農林水産省. 2021年10月17日閲覧。
  13. ^ 品質表示基準の見直しについて「風味かまぼこ」”. 農林水産省. 2021年10月17日閲覧。
  14. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa 全国蒲鉾水産加工業協同連合会、全国水産煉製品協会. “かまぼこなんでもバイブル kamaboko”. 一正蒲鉾. 2021年10月17日閲覧。
  15. ^ 鉄道ジャーナル社旅と鉄道」2002年春の号No.136の「タビテツ探検隊」では、金沢駅の「白山そば」で供された天ぷらそばに乗っていた赤巻を記者がナルトと誤解して記述している。
  16. ^ a b 笹かまぼこと仙台 - 鐘崎
  17. ^ a b 【 笹かまぼこの由来と、阿部蒲鉾店 】 - 阿部蒲鉾
  18. ^ 福井県編(その1) 「かまぼこ定食」あります 記事:2015/7/31 NIKKEI STYLE
  19. ^ レファレンス事例詳細(Detail of reference example) いわき市立いわき総合図書館 (2310140)
  20. ^ 田中亮『全部わかる大相撲』(2019年11月20日発行、成美堂出版)pp.105


「蒲鉾」の続きの解説一覧

かまぼこ

出典:『Wiktionary』 (2021/08/15 11:11 UTC 版)

名詞

かまぼこ蒲鉾

  1. 蒲の穂別称形状が鉾に似ていることから。
  2. たら、さけ、たい、はも、えそなどの白身魚脱水砕肉し、澱粉などを加え加熱成形した練り物。名称は、竹の表面擂り身塗り付け円筒状に成形したさまが語義1に似ていることに由来。ただし現在ではこの方法で作ったものを「竹輪ちくわ」と呼び、板の上に塗り付け厚く盛り上げたもの(板付蒲鉾)を「蒲鉾」と呼ぶ。
  3. 宝石嵌め込んでいない指輪
  4. 蒲鉾小屋」の

発音(?)

か↗まぼこ

関連語


「かまぼこ」の例文・使い方・用例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。

Weblioカテゴリー/辞書と一致するものが見つかりました。



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「かまぼこ」の関連用語

かまぼこのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



かまぼこのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
皓星社皓星社
Copyright (C) 2022 株式会社皓星社 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの蒲鉾 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのかまぼこ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS