包丁とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 文化 > 道具 > 包丁 > 包丁の意味・解説 

ほう‐ちょう〔ハウチヤウ〕【包丁/×庖丁】

料理使用する刃物出刃(でば)包丁・刺身(さしみ)包丁・薄刃包丁などがある。包丁刀

一般薄刃刃物の称。畳包丁紙裁ち包丁裁縫用の裁ち物包丁など。

料理をすること。料理割烹(かっぽう)。「—始め

「折ふし御坊は、見事なるを—して御座ある」〈咄・きのふはけふ・上〉

包丁人」の略。


ほう‐ちょう ハウチャウ 【包丁・庖丁】

〔名〕

① (庖(くりや)の丁(よぼろ)の意) 食事調理する人。料理人料理役。包丁師包丁人

経国集(827)一四・彘肩〈仲雄王〉「彘肩肉、赤凝脂、白登俎、更待庖丁」〔荘子養生主〕

② (━する) 料理すること。料理割烹(かっぽう)。

宇津保(970‐999頃)蔵開上「この生きたるやうなる物かな。ほとほとはうちゃう望まむとぞ思へる」

料理うでまえ。包丁を使うわざ。

徒然草1331頃)二三一「皆人別当入道庖丁見ばやと思へども」

④ (「ほうちょうがたな包丁刀)」の略) 料理使用する刃物総称刺身包丁出刃包丁薄刃など。包刀

蜷川文書‐八集・永正七年(1520)三月八日銚子、ひさけ、なへ、かなわ、包丁、菜刀等事可家具


包丁

作者ヴァレリー・ラルボー

収載図書めばえ―アンファンティヌ
出版社旺文社
刊行年月1990.3
シリーズ名必読名作シリーズ

収載図書集英社ギャラリー世界文学」 8 フランス 3
出版社集英社
刊行年月1990.12

収載図書幼なごころ
出版社岩波書店
刊行年月2005.4
シリーズ名岩波文庫


包丁

作者北里蓉子

収載図書暗室の扉
出版社橋本信
刊行年月1996.10


包丁

作者吉成庸子

収載図書花を焼く
出版社千葉日報社
刊行年月2005.11


包丁

作者石川結貴

収載図書小さな花咲いた日
出版社ポプラ社
刊行年月2007.4


包丁

作者石田千

収載図書部屋にて
出版社角川書店
刊行年月2007.6


包丁

作者北村薫

収載図書1950年のバックトス
出版社新潮社
刊行年月2007.8


包丁

作者曽野綾子

収載図書観月観世或る世紀末物語
出版社集英社
刊行年月2008.12


包丁

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/15 06:56 UTC 版)

包丁(ほうちょう、庖丁とも)は、多義語であるが (cf. wikt)、一つには「包丁刀/庖丁刀(ほうちょうがたな)」の略称[1][2][3]調理に用いる刃物総称[4][5][6][7][8][2][3](その日本語名称)であり、係る語意においては包刀/庖刀(ほうとう)ともいう[9]


注釈

  1. ^ 荘子「養生主篇」については黄華珍の論文「養生主篇における思想及びその影響の一考察」[12]に解説あり。
  2. ^ なお、奥村彪生は、『和漢三才図会』で「割刀」の俗称を「庖丁」と記述していることを例に挙げて、江戸時代中頃になって食材を切り刻むための刃物をも「庖丁」と呼ぶようになった[13]としており、上述の説(日立デジタル平凡社世界大百科事典』第2版の記述[17])と相剋する。
  3. ^ キーワード検索結果に基づく。「ファインセラミックス包丁」の用例は少ないが、楽天市場などで確認。

出典

  1. ^ a b c 小学館『精選版 日本国語大辞典』. “包丁刀・庖丁刀”. コトバンク. 2020年5月9日閲覧。
  2. ^ a b c 三省堂大辞林』第3版. “包丁・庖丁”. コトバンク. 2020年5月9日閲覧。
  3. ^ a b c 小学館『精選版 日本国語大辞典』. “包丁・庖丁”. コトバンク. 2020年5月9日閲覧。
  4. ^ a b 小学館『デジタル大辞泉』. “包丁”. コトバンク. 2020年5月9日閲覧。
  5. ^ a b 平凡社百科事典マイペディア』. “包丁”. コトバンク. 2020年5月9日閲覧。
  6. ^ a b ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典』. “包丁”. コトバンク. 2020年5月9日閲覧。
  7. ^ a b 森谷尅久、伊東宗裕、小学館『日本大百科全書(ニッポニカ)』. “包丁”. コトバンク. 2020年5月9日閲覧。
  8. ^ a b 河野友美、伊東宗裕、小学館『日本大百科全書(ニッポニカ)』. “包丁”. コトバンク. 2020年5月9日閲覧。
  9. ^ a b 小学館『精選版 日本国語大辞典』. “包刀・庖刀”. コトバンク. 2020年5月9日閲覧。
  10. ^ a b 講談社『食器・調理器具がわかる辞典』. “包丁”. コトバンク. 2020年5月9日閲覧。
  11. ^ 包丁”. 語源由来辞典. 株式会社ルックバイス. 2020年5月9日閲覧。
  12. ^ 黄 (2004).
  13. ^ a b c 奥村 (2009), pp. 455-461.
  14. ^ a b 刀子”. コトバンク. 2020年5月9日閲覧。
  15. ^ a b c 庖丁者”. コトバンク. 2020年5月9日閲覧。
  16. ^ a b c 包丁者”. コトバンク. 2020年5月9日閲覧。
  17. ^ a b c d 日立デジタル平凡社世界大百科事典』第2版、ほか. “庖丁人”. コトバンク. 2020年5月9日閲覧。
  18. ^ a b c 小学館『精選版 日本国語大辞典』. “包丁師・庖丁師”. コトバンク. 2020年5月9日閲覧。
  19. ^ a b 最初は「オモチャみたい」と不評だったけど…京セラのセラミックナイフ、累計1千万本突破 「軽くてさびず」とキッチンに浸透」『産経WEST』株式会社産経デジタル、2014年4月3日。2020年5月11日閲覧。
  20. ^ 切れ味も製品寿命も長持ち 京セラ、セラミックナイフ発売35周年」『SankeiBiz』株式会社産経デジタル、2019年11月20日。2020年5月11日閲覧。
  21. ^ a b c d e f g 「刃物の歴史」関市
  22. ^ a b c d e 和包丁”. コトバンク. 2020年5月10日閲覧。
  23. ^ a b 中華包丁”. コトバンク. 2020年5月10日閲覧。
  24. ^ a b c d 洋包丁”. コトバンク. 2020年5月10日閲覧。
  25. ^ 朝岡康二『野鍛冶』 <ものと人間の文化史>85 法政大学出版局 1998年、ISBN 978-4-588-20851-5 pp.17-22.
  26. ^ a b c d 小学館『デジタル大辞泉』. “鮨切り包丁”. コトバンク. 2020年5月11日閲覧。
  27. ^ a b c d e f 木屋_種類.
  28. ^ a b c macaroni.
  29. ^ a b c 小学館『デジタル大辞泉』. “刃体”. コトバンク. 2020年5月12日閲覧。
  30. ^ 小学館『精選版 日本国語大辞典』. “刃渡”. コトバンク. 2020年5月12日閲覧。
  31. ^ 小学館『デジタル大辞泉』. “刃渡り”. コトバンク. 2020年5月12日閲覧。
  32. ^ Jay & Sur La Table 2008 [要ページ番号]
  33. ^ Jay & Sur La Table 2008 [要ページ番号]
  34. ^ Jay & Sur La Table 2008 [要ページ番号]
  35. ^ a b 調理器具の衛生方法 東京都福祉保健局 [リンク切れ]
  36. ^ a b c d e 特殊刃物(丸裁・皮立他)”. 刃物のじゅうみ(販売用ウェブサイト). 十見商店. 2020年5月11日閲覧。
  37. ^ a b c 小学館『デジタル大辞泉』. “人斬包丁”. コトバンク. 2020年5月10日閲覧。
  38. ^ a b c 三省堂『大辞林』第3版. “人斬り包丁”. コトバンク. 2020年5月10日閲覧。
  39. ^ a b 『ベネッセ国語辞典』電子特別編集版. “人切り包丁・人斬り庖丁”. JLogos. 2020年5月10日閲覧。



包丁

出典:『Wiktionary』 (2018/08/04 23:43 UTC 版)

名詞

 ほうちょう

  1. 料理において、野菜などを切るのに使われる、薄刃刃物
  2. 料理をすること。
  3. 料理人

語源

料理人庖丁から。

発音

ほ↗ーちょー

別表記

翻訳




包丁と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「包丁」の関連用語

包丁のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



包丁のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの包丁 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの包丁 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS