インクとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 産業 > 出版 > インク > インクの意味・解説 

インク【ink】

読み方:いんく

筆記印刷などに用い有色液体ペン万年筆用のブルーブラックインクは硫酸鉄(Ⅱ)・タンニン酸没食子酸などの混合液明治から第二次大戦前までは「インキと書かれるほうが多かった

「インク」に似た言葉

いん‐く【印×矩】

読み方:いんく

印を押すとき、印影がゆがまないよう位置定めT字形またはL字形定規


特定非営利活動法人インク

行政入力情報

団体名 特定非営利活動法人インク
所轄 千葉県
主たる事務所所在地 市原市ちはら台東7-11110
従たる事務所所在地 なし
代表者氏名 沢田 英彦
法人設立認証年月日 2011/06/27 
定款記載され目的
この法人は、市原市及び近隣市町村在住する障害児・者の自立社会参加への支援及び障害児・者に対する地域社会理解協力を得るための事業行い障害児・者の福祉向上と、障害児・者の誰もがその人らしく地域社会暮らすことができる社会構築寄与することを目的とする。 
活動分野
保健・医療福祉     社会教育     まちづくり    
観光     農山漁村中山間地域     学術・文化芸術スポーツ    
環境保全     災害救援     地域安全    
人権・平和     国際協力     男女共同参画社会    
子どもの健全育成     情報化社会     科学技術振興    
経済活動活性化     職業能力雇用機会     消費者保護    
連絡助言援助     条例指定    
認定
認定・仮認定
認定   認定   旧制度国税庁)による認定   認定更新中  
PST基準
相対値基準     絶対値基準     条例指定()    
認定開始日:       認定満了日:       認定取消日:   
認定年月日:    認定満了日:    認定取消日:   
閲覧書類
監督情報
解散情報
解散年月日  
解散理由  

インク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/07 00:11 UTC 版)

インク英語: ink)または洋墨(ようぼく)とは顔料染料を含んだ液体ジェル固体で、文字を書いたり表面に色付けするために用いられるものである。油性水性などの種類がある。


  1. ^ 精選版 日本国語大辞典. “インク”. コトバンク. 株式会社DIGITALIO. 2021年10月4日閲覧。
  2. ^ 根本雄平「印刷インキ基礎講座(第I講)総論」『色材協会誌』第60巻第6号、色材協会、1987年、 348-355頁、 doi:10.4011/shikizai1937.60.348
  3. ^ 戸津川晋「インキのはなし 第14回 インキかインクか」『ぷりんとぴあ(1994年-1997年発刊・保存版)』日本印刷産業連合会、33-35頁。
  4. ^ JIS Z 8123-1:2013「印刷技術用語-第1部:基本用語」日本産業標準調査会経済産業省
  5. ^ Atramentum”. Conservation and Art Materials Encyclopedia Online. Museum of Fine Arts Boston. 2017年1月30日閲覧。
  6. ^ Allen, Alexander (1875). “Atramentum”. A Dictionary of Greek and Roman Antiquities. John Murray. pp. 170-171. http://penelope.uchicago.edu/Thayer/E/Roman/Texts/secondary/SMIGRA*/Atramentum.html 
  7. ^ “Atramentum”. A Dictionary of Greek and Roman Antiquities. John Murray. (1890). http://www.perseus.tufts.edu/hopper/text?doc=Perseus%3Atext%3A1999.04.0063%3Aentry%3Datramentum-cn 


「インク」の続きの解説一覧

インク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/07/16 02:48 UTC 版)

虚航船団」の記事における「インク」の解説

巡視艇整備員

※この「インク」の解説は、「虚航船団」の解説の一部です。
「インク」を含む「虚航船団」の記事については、「虚航船団」の概要を参照ください。


インク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/06 20:41 UTC 版)

ソフトペン」の記事における「インク」の解説

学校や塾などでよく使われるこのペンのインク色は、ピンク色に近い赤であることが多い。ソフトペンパッケージにはマーキングペン専用のインク(SPM-200)を使うように書かれているが、専用インクは赤(レッド)と黒(ブラック)の二色しかなく、赤は濃い赤である。 学校や塾などでよく使われるこのペンは、ピンク色であることが多いが、それは万年筆専用赤インク(SPSQ-400)を使用しているからであるソフトペンのインクのカートリッジプラチナ万年筆カートリッジと同じ形状あるため使用することができる。万年筆用のインク(SPN-100A)には通常の赤(レッド)、黒(ブラック)、ブルーブラックに加えてピンク、紫(バイオレット)、黄(イエロー)、緑(グリーン)、水色ライトブルー)、茶色ブラウン)が販売されている。

※この「インク」の解説は、「ソフトペン」の解説の一部です。
「インク」を含む「ソフトペン」の記事については、「ソフトペン」の概要を参照ください。


インク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/09 14:47 UTC 版)

カリグラフィー」の記事における「インク」の解説

耐水性のものはペン先詰まらせることがあるので避け水性で、できれば耐光性のものがいい。カラーインクや墨、絵の具などを使うこともある。

※この「インク」の解説は、「カリグラフィー」の解説の一部です。
「インク」を含む「カリグラフィー」の記事については、「カリグラフィー」の概要を参照ください。


インク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/12 04:21 UTC 版)

サーモクロミズム」の記事における「インク」の解説

サーモクロミックインクまたは染料は、1970年代開発され温度敏感な化合物であり、熱にさらされる一時的に色が変わる。それらは、液晶ロイコ染料2つ形態があり、ロイコ染料取り扱い簡単で幅広い用途対応できるこれらのアプリケーションには、フラット温度計、バッテリーテスター、衣服、およびシロップ温かいときに色が変わるメープルシロップボトルインジケーター含まれる温度計は、多くの場合外側に使用され体温を介して色が変わる。クアーズライトは缶にサーモクロミックインクを使用し、缶が冷たいことを示すために白から青に変わる。

※この「インク」の解説は、「サーモクロミズム」の解説の一部です。
「インク」を含む「サーモクロミズム」の記事については、「サーモクロミズム」の概要を参照ください。


インク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/25 20:43 UTC 版)

フェルトペン」の記事における「インク」の解説

インク、染料顔料詳し特徴各項目を参照のこと。またインクの改良より下記の特徴当てはまらない場合がある油性染料インク 速乾性があり、紙、プラスチック金属木材ガラス、布、革、陶器など多くの素材書くことができる。欠点としては紙など染料浸透する素材の場合、裏移りしてしまう。 油性顔料インク 染料代わり顔料使ったもの。染料に比べ速乾性は劣るが、耐光性優れており、屋外で標識園芸用プレート適している染料では作れない白や金、銀のような色も作れる。また紙など裏移りしない特長がある。 上記の油性インクは、使用されている有機溶剤によっては強い揮発性あるため外したままにしておくとすぐに乾いてしまう。また揮発性有害性などから締め切った部屋大量に使う事は勧められない換気十分な所で使用することが求められる油性アルコール系顔料インク ホワイトボードマーカーなどに使われるインク。近年では従来油性マーカー用途にも使われる水性染料インク 有機溶剤代わり湿潤剤などを加えた水溶液染料溶かしたもの。油性に比べ鮮やかで、紙に書いてもにじみや裏移り少な特長があるが、耐水性が劣る。(耐水性のある特殊な水性染料インキもある)。用途としては主にサインペン筆ペンなど紙への筆記特化したものに使われる水性顔料インク 染料代わり顔料使ったもの。紙に書いてもにじみや裏移りがない。耐水性耐光性優れプラスチックガラス金属などの素材書くことができる。速乾性油性に劣る。 なお、どのインクにも言えることだが、長期間太陽光晒される環境放置すると、太陽光含まれる紫外線により色素破壊され色あせたり消えてしまう事がある

※この「インク」の解説は、「フェルトペン」の解説の一部です。
「インク」を含む「フェルトペン」の記事については、「フェルトペン」の概要を参照ください。


インク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/29 08:51 UTC 版)

レンブラント・ファン・レイン」の記事における「インク」の解説

レンブラントデッサンには、セピア色の線がよく見られる。これはイカ墨用いたインクで、レオナルド・ダ・ヴィンチ好んで使った。このイカ墨インクは「レンブラント・インク」とも呼ばれる

※この「インク」の解説は、「レンブラント・ファン・レイン」の解説の一部です。
「インク」を含む「レンブラント・ファン・レイン」の記事については、「レンブラント・ファン・レイン」の概要を参照ください。


インク(INK)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/09 01:31 UTC 版)

マリオ+ラビッツ キングダムバトル」の記事における「インク(INK)」の解説

真っ黒のインクが視界遮り武器による攻撃ができなくなる。

※この「インク(INK)」の解説は、「マリオ+ラビッツ キングダムバトル」の解説の一部です。
「インク(INK)」を含む「マリオ+ラビッツ キングダムバトル」の記事については、「マリオ+ラビッツ キングダムバトル」の概要を参照ください。


インク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/11/05 10:12 UTC 版)

加速劣化試験」の記事における「インク」の解説

殊にカラープリンタでは、インクの褪色問題になる。これも、材料等を工夫し色素分解抑える製品開発されている。メーカー加速劣化試験で相当年数を経過したと同様な状態をつくり、新旧製品画像違い示している

※この「インク」の解説は、「加速劣化試験」の解説の一部です。
「インク」を含む「加速劣化試験」の記事については、「加速劣化試験」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「インク」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

インク

出典:『Wiktionary』 (2021/06/30 11:14 UTC 版)

語源

オランダ語 inkt

名詞

インク

  1. 印刷筆記などに用いる色の付いた液体

発音(?)

い↘んく

類義語

翻訳


「インク」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



インクと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

インクのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



インクのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
内閣府NPOホームページ内閣府NPOホームページ
Copyright (c)2022 the Cabinet Office All Rights Reserved
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのインク (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの虚航船団 (改訂履歴)、ソフトペン (改訂履歴)、カリグラフィー (改訂履歴)、サーモクロミズム (改訂履歴)、フェルトペン (改訂履歴)、レンブラント・ファン・レイン (改訂履歴)、マリオ+ラビッツ キングダムバトル (改訂履歴)、加速劣化試験 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのインク (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS