トルクメン語とは? わかりやすく解説

トルクメン語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/11/04 04:21 UTC 版)

トルクメン語(トルクメンご、トルクメン語: Türkmençe、: Turkmen language)は、中央アジアなどの地域で使用される言語の一種である。トルコ語アゼルバイジャン語と同じテュルク諸語の南西語群(オグズ語群)に属し、トルクメニスタンイラン北東部、アフガニスタン北西部などの地域で話されている[1]


  1. ^ a b c d e 菅原「トルクメン語」『中央ユーラシアを知る事典』、394-395頁
  2. ^ 鈴木均編著『ハンドブック現代アフガニスタン』(明石書店, 2005年6月)、118,230頁
  3. ^ 佐口透「トゥルクメン」『アジア歴史事典』7巻収録(平凡社, 1960年)、103-104頁


「トルクメン語」の続きの解説一覧

トルクメン語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/27 03:49 UTC 版)

ウムラウト」の記事における「トルクメン語」の解説

ä, ö, ü が使われそれぞれ /æ/, /ø/, /y/ を表す。

※この「トルクメン語」の解説は、「ウムラウト」の解説の一部です。
「トルクメン語」を含む「ウムラウト」の記事については、「ウムラウト」の概要を参照ください。


トルクメン語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/26 05:25 UTC 版)

ハーチェク」の記事における「トルクメン語」の解説

ž で /ʒ/ を表す(トルコ語では j)。

※この「トルクメン語」の解説は、「ハーチェク」の解説の一部です。
「トルクメン語」を含む「ハーチェク」の記事については、「ハーチェク」の概要を参照ください。


トルクメン語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/26 02:44 UTC 版)

アキュート・アクセント」の記事における「トルクメン語」の解説

ý は半母音の /j/ を表す。これに対してアキュート・アクセントつかない y は中舌母音の /ɨ/ を表す。

※この「トルクメン語」の解説は、「アキュート・アクセント」の解説の一部です。
「トルクメン語」を含む「アキュート・アクセント」の記事については、「アキュート・アクセント」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「トルクメン語」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

トルクメン語

出典:『Wiktionary』 (2021/06/20 02:04 UTC 版)

言語コード
ISO639-1 tk
ISO639-2 tuk
ISO639-3 tuk
SIL -

名詞

トルクメンとるくめんご)

  1. トルクメニスタン及びそれに接すイラン一部アフガニスタン一部使用される言語テュルク諸語南東語群属しトルコ語アゼルバイジャン語縁戚関係になる。表記は、古くアラビア文字により、ソビエト連邦時代キリル文字による正書法用いられていたが、現在ではラテン文字により表記される

翻訳




固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「トルクメン語」の関連用語

トルクメン語のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



トルクメン語のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのトルクメン語 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのウムラウト (改訂履歴)、ハーチェク (改訂履歴)、アキュート・アクセント (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのトルクメン語 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS