言語コードとは? わかりやすく解説

言語コード

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/12 08:09 UTC 版)

アレマン語版ウィキペディア」の記事における「言語コード」の解説

2003年にはアルザス語の言語コードがなかったため、コードals」が使用された。 ISO 639-3は、いくつかのアレマン語方言4つコード提供したgctは、ベネズエラドイツ語のコード gswは、スイスドイツ語アルザス語コード swgは、シュヴァーベン語ドイツ語コードす waeは、ヴァリス語コード これらの4つの方言はすべてアレマン語版ウィキペディア受け入れられているため、コードalsISO639-3トスク方言表しているが、アレマン語版ウィキペディアをgsw.wikipedia.orgに移動しないことが決定された。この問題を解決するために、すべてのアレマン語方言優れたコード要求が、アレマン語ウィキペディアンによってSILインターナショナル提出された。 専用ISO639-3コード存在し、国コードサブタグでより具体的にマーキングできる可能性があるにもかかわらずすべてのページHTML言語タグに「gsw」が使用されている

※この「言語コード」の解説は、「アレマン語版ウィキペディア」の解説の一部です。
「言語コード」を含む「アレマン語版ウィキペディア」の記事については、「アレマン語版ウィキペディア」の概要を参照ください。


言語コード

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/19 18:20 UTC 版)

台湾語」の記事における「言語コード」の解説

閩南語IETF言語タグ言語サブタグとしてnan登録されている。台湾語には固有の言語サブタグが登録されていないが、言語サブタグと地域サブタグを合わせることで、台湾語をnan-TWと表現することができる。 以前は閩南語言語タグとしてzh-min-nan使われていた。これは古い仕様であるRFC 3066に基づいた言語タグであり、現行のRFC 5646でも互換性のため妥当な言語タグであるが、2009年7月29日より非推奨となった

※この「言語コード」の解説は、「台湾語」の解説の一部です。
「言語コード」を含む「台湾語」の記事については、「台湾語」の概要を参照ください。


言語コード

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/06/30 08:30 UTC 版)

ダン語」の記事における「言語コード」の解説

以前はdafというISO 639-3コード割り当てられていたが廃止され2013年にKla-danを表すldaそれ以外を表すdnj二種類分割された。

※この「言語コード」の解説は、「ダン語」の解説の一部です。
「言語コード」を含む「ダン語」の記事については、「ダン語」の概要を参照ください。


言語コード

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/12/24 07:30 UTC 版)

プファルツ語」の記事における「言語コード」の解説

ISO 639-3の言語コードは「pfl」。

※この「言語コード」の解説は、「プファルツ語」の解説の一部です。
「言語コード」を含む「プファルツ語」の記事については、「プファルツ語」の概要を参照ください。


言語コード

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/20 18:48 UTC 版)

ISO 639-3」の記事における「言語コード」の解説

このコードは、ISO 639-1 の定義を踏襲し世界文献でもっとも頻繁に使われるすべての言語含んでいる。ISO 639-2言語だけでなく複数言語グループにもコード与えているが、ISO 639-3 は単言語対象とするため、ISO 639-2 の上集合ではない。また下記に示すとおり ISO 639-2設けたBコードとTコード2種類に対しISO 639-3 はTコードのみ用いる。 例: 言語639-1639-2 (B/T)639-3型639-3コード英語 en eng individual eng ドイツ語 de gerdeu individual deu アラビア語 ar ara macro ara individual arb、その他 中国語 zh chizho · macro zho 北方語 individual cmn 広東語 individual yue 閩南語 individual nan 2012年4月段階で、ISO 639-3 には 7776言語登録している。 ISO 639-3 には以下の言語を含む。639-2 の単独の言語エスノローグ記載の現代語、Linguist List英語版)に記述され歴史的な変種古代語人工言語に加え毎年コメント期間中推奨され言語。 登録主体機械可読データファイル提供する。このデータファイル使用すると、ISO 639-1 または ISO 639-2 から ISO 639-3 への変換ができる。 ISO 639-3原則として主観的でない基準に従って言語区別を行う。方言その他の言語未満変種について識別子与えることは目的ではない。しかし言語区別には主観がはいりこみ得る。とくに口頭言語変種の場合はその傾向顕著で文字記した教育メディアで使ったりすることで、様式化進まないまま存在する[要出典]。

※この「言語コード」の解説は、「ISO 639-3」の解説の一部です。
「言語コード」を含む「ISO 639-3」の記事については、「ISO 639-3」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「言語コード」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「言語コード」の関連用語

言語コードのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



言語コードのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのアレマン語版ウィキペディア (改訂履歴)、台湾語 (改訂履歴)、ダン語 (改訂履歴)、プファルツ語 (改訂履歴)、ISO 639-3 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS