互換性とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 活用形辞書 > 互換性の意味・解説 

ごかん‐せい〔ゴクワン‐〕【互換性】

他のもの、特に他の機械部品交換できること。「互換性のあるレンズ

compatibilityコンピューター異な機種間で、ハードウエアソフトウエア修正なしに使用できること。異なアプリケーションソフトファイルなどを共通して利用できることも意味する。

[補説] 上位製品下位製品データ扱えることを上位互換下位製品上位製品データ扱えることを下位互換という。


互換性

日本語活用形辞書はプログラムで機械的に活用形や説明を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

コンパチビリティ

別名:互換性
【英】compatibility

コンパチビリティとは、ハードウェアソフトウェアが、仕様異なるものに置き換えられた上でも、元通り動作をするという状態のことである。そのような動作ができるものは「コンパチビリティをもつ」などと形容される。

例えば、ディスプレイ他社製品買い替えパソコン接続した場合ディスプレイ使用することができれば、そのディスプレイ以前使用していたディスプレイとコンパチビリティがあるという。また、あるデータファイルを、作成したソフトとは別のソフトでも読めるときには、それらはデータ互換性があるという。表計算ソフトであるExcelは、Windows でもMacintoshでもほぼ同様に操作が可能であるので、コンパチビリティを持っているといえる

従来製品環境蓄積されたものを新し環境でも利用できるのであればユーザー乗り換え促進されうるので、パソコン関連する製品あらゆる分野において新製品従来製品とのコンパチビリティを保っている場合が多い。なお、特定のアプリケーションソフト新旧型に関わらず同じファイル扱えるということを、上位互換下位互換などと呼ぶ。アプリケーションソフトバージョンアップ度合い激しいので、新旧の差があるだけの同じ製品とは言え、必ずしも優れたコンパチビリティがあるとは限らない


互換性

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/08/11 09:37 UTC 版)

互換性(ごかんせい、英語: Compatibility)とは、ある部品コンポーネント(構成要素)などを置き換えても同様に動作させることができる性質のこと。




「互換性」の続きの解説一覧

互換性

出典:『Wiktionary』 (2018/07/05 03:40 UTC 版)

名詞

互換 ごかんせい

  1. 組み合わせるべき複数部品要素)の間で、お互いに置き換えることができる性質また、その性質程度

発音

ご↗かんせー

翻訳



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「互換性」の関連用語

互換性のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



互換性のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2020 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリコンパチビリティの記事を利用しております。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの互換性 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの互換性 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2020 Weblio RSS