PC/AT互換機とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > PC/AT互換機の意味・解説 

ピーシーエーティー‐ごかんき〔‐ゴクワンキ〕【PC/AT互換機】


PC/AT互換機

読み方ぴーしーえーてぃーごかんき
【英】PC/AT compatible machine

PC/AT互換機とは、IBM開発したパーソナルコンピュータであるIBM PC/ATアーキテクチャ互換性持ったコンピュータ総称である。

PC/AT互換機が構成基づいているPC/ATは、1984年発表された当時Apple先進的な個人やホビーユーザーを主な対象としていたのに対してIBMは、PC/ATによって企業向け需要掘り起こしていた。PC/ATは、ビジネス用途パソコン元祖であるとも言うことができる。当時IBMは、主に大型汎用コンピュータメインフレーム)を手がけていたが、パソコン市場展望を見据え短期参入することを決めていた。そこで、ハードウェア基本的なアーキテクチャ公開した上、主要な部品外部調達できる仕組み作り上げた

IBMマシンアーキテクチャ公開したことで、その公開された仕様を元に多数ベンダー自由に参入できる市場形成された。そして、IBM仕様パソコンを、IBM以外の会社製造するという、いわゆる互換機メーカー登場したまた、モジュールごとに特定のコンポーネント製造するメーカー多数登場したIBM仕様公開行ったことは、今日オープン技術先駆けとしても位置づけることができる。

なお、PC/AT開発の際、IBMハードウェア公開するだけでなく、アプリケーションを扱う上で必要となる基本ソフトウェアオペレーティングシステム)を自社開発ではなく他社から調達することに踏み切っている。このとき採用されたPC-DOSいわゆるDOSは、後のMicrosoft発展進めるための決定的な要因となったということができる。

PC/AT互換機は、徐々に仕様拡張が行われ、現在では当初のものとかなり変わってきている。その意味で、現在のパソコンは、PC/AT互換機の延長線上にはあるが、単なる延長ではなく、むしろ発展と言える存在である。例えば、バス規格当初ISAバスATバスであったが、後にPCIバスとなっている。キーボードマウス用のインターフェースも、パラレルインターフェースシリアルインターフェースから、現在ではほぼUSB置き換えられている。

PC/AT互換機はオープン化され、その仕様は、業界団体規格化提案強力なベンダー提案端を発する事実上の標準デファクトスタンダード)などによって進化していく流れ形成されている。

「IT用語辞典バイナリ」の他の用語
コンピュータ:  マイコン  ノイマン型コンピュータ  PC  PC/AT互換機  リテール  リクエスト  リフレッシュPC

PC/AT互換機

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2023/01/21 04:47 UTC 版)

PC/AT互換機(ピーシーエーティーごかんき、英語: IBM PC/AT Compatibles)とは、IBM PC AT互換機であるパーソナルコンピューター(PC)であり、広義にはその後の拡張を含めたアーキテクチャの総称。16ビット以降のPCのデファクトスタンダードとなった。世界的にはIBM PC互換機、単にPCとも呼ばれる。日本ではDOS/V機などとも呼ばれる。当記事では1981年の初代IBM PC以降の「IBM PC互換機」を含めて記載する。


注釈

  1. ^ ただし、OSのサポートに依存する。また、OS自体が、おおまかに言って特定の年代のハードウェアでしか動作せず(OSの動作要件で示される)、またOSのソフトウェアとしてのサポートも年限が限定されている。
  2. ^ IA-32、いわゆる32ビットOSでは容量の壁により4GB以上のメインメモリにプロセスはアクセスできない。実質的には3.25GB程度が利用可能メモリの上限となる。
  3. ^ まれに、USB I/F接続により内蔵する場合あり

出典

  1. ^ The birth of the IBM PC - IBM
  2. ^ The PC - Personal Computing Comes of Age - IBM
  3. ^ UEFI Today: Bootstrapping the Continuum, Intel Press, http://www.intel.com/technology/itj/2011/v15i1/index.htm 
  4. ^ 20万円を切った低価格DOS/V専用パソコン登場 - 日本IBM
  5. ^ HGST、世界初となる容量10TBの3.5インチHDD「10TB SMR HelioSeal HDD」発表 - エルミタージュ秋葉原”. 2021年3月閲覧。
  6. ^ Appleのみ


「PC/AT互換機」の続きの解説一覧

PC/AT互換機

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/16 17:18 UTC 版)

ユニバーサル・シリアル・バス」の記事における「PC/AT互換機」の解説

最初のホストアダプタ製品は、1996年PC向けのPCIインターフェース増設するカードとして登場した。 またインテル1996年リリースしたPC向けチップセット430HXにおいてUSBホストアダプター機能内蔵すると、USB搭載したPC急速に普及開始する

※この「PC/AT互換機」の解説は、「ユニバーサル・シリアル・バス」の解説の一部です。
「PC/AT互換機」を含む「ユニバーサル・シリアル・バス」の記事については、「ユニバーサル・シリアル・バス」の概要を参照ください。


PC/AT互換機

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/21 22:36 UTC 版)

自作パソコン」の記事における「PC/AT互換機」の解説

個人組み立てができる代表的な規格はPC/AT互換機である。構成する各パーツ規格コネクタなどに一定の基準定められており、プラスドライバーと数点の工具(CPU放熱効果高めグリス電源ケーブル束ねる結束バンドなど)さえあればおおむね可能である

※この「PC/AT互換機」の解説は、「自作パソコン」の解説の一部です。
「PC/AT互換機」を含む「自作パソコン」の記事については、「自作パソコン」の概要を参照ください。


PC/AT互換機(パーソナルコンピューター)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/02 20:48 UTC 版)

アーケードゲーム基板」の記事における「PC/AT互換機(パーソナルコンピューター)」の解説

WOLFシステムTaito Type X / Taito Type X+ Taito Type X2タイトー)、LINDBERGHRINGNuALLSセガ)、System N2SYSTEM ES1ナムコ)、eX-BOARDエクサム)、SkoPRO(AMIサクセス、スコーネック)、現在のコナミ製品PC採用したコナミ製品にはシステム基板名が定められていない)。Type XRINGeX-BOARD、SkoPRO、コナミ基板Windows系OSLINDBERGHBLUEは除く)、System N2SYSTEM ES1AP-3Linuxを、WOLFシステムMS-DOS採用LINDBERGHBLUEのみ)、RINGWindows XP使用SYSTEM ES2PLUS、ES3はWindows 7を、NuWindows 8OSを、ALLSWindows 10使用

※この「PC/AT互換機(パーソナルコンピューター)」の解説は、「アーケードゲーム基板」の解説の一部です。
「PC/AT互換機(パーソナルコンピューター)」を含む「アーケードゲーム基板」の記事については、「アーケードゲーム基板」の概要を参照ください。


PC/AT互換機

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/12 02:14 UTC 版)

MZ (コンピュータ)」の記事における「PC/AT互換機」の解説

MZ-8000系列 - (AX286/AX386) 型番MZだが、PC/AT互換機(AX)仕様移行した

※この「PC/AT互換機」の解説は、「MZ (コンピュータ)」の解説の一部です。
「PC/AT互換機」を含む「MZ (コンピュータ)」の記事については、「MZ (コンピュータ)」の概要を参照ください。


PC/AT互換機

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/22 09:53 UTC 版)

ストリートファイターII」の記事における「PC/AT互換機」の解説

ストリートファイターII販売 U.S. Gold日本国外流通他社販売ながらもこれが世界初移植だったが、完成度は低い。1 - 2ボタン仕様で、後ろ方向ニュートラル前方向の組み合わせで弱中強の振り分けをする。DOS用。後に日本の書店旧作PCソフト販売するSOFBOXブランドにて書店販売された。 スーパーストリートファイターII移植 Ronzer Labs Software Group Inc.日本国外流通グラフィック基本的にSFC版MD版同一移植度は比較良好だが、解像度関係で横幅長くラウンド開始時互いの距離の開き大きいなどの違いがあるDOS用。 スーパーストリートファイターII TURBO1995年5月移植 Eurocom Entertainment Software販売 GameTek) 北米版移植したものなのでタイトルが「ターボとなっているが、内容は『スパII X』と同等移植度は比較良好3DO外で当時唯一の移植で、6ボタンにも対応している。また隠し要素のノーマルカラーや、3DOではメモリ関係で削除統合)された技がすべて入っているオプションメニュー充実していて、ロースペックの機種用に背景多重スクロール固定する機能など用意されていた。最も目立相違点解像度違いで、PC/AT互換機版では320×200解像度製作されているにもかかわらず、グラフィックデータはアーケード版オリジナル単純に形式変換したまま使用しているので、全体的にキャラクター大きく画面が狭い。その影響試合開始時のキャラクター同士間合いなども狭くなっている。さらに初期のバージョンではジャンプ基本技落とすとダウンする本来なら立て直して着地する)など不具合いくつも指摘された模様修正パッチファイル数度配布され上記の不具合はv1.5で修正された修正パッチファイルはv1.6までリリースされ模様である。DOS用。Windows 95版がgamebank(ソフトバンク)より発売される予定だったが、発売中止されている。

※この「PC/AT互換機」の解説は、「ストリートファイターII」の解説の一部です。
「PC/AT互換機」を含む「ストリートファイターII」の記事については、「ストリートファイターII」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「PC/AT互換機」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「PC/AT互換機」の関連用語

PC/AT互換機のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



PC/AT互換機のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2023 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリPC/AT互換機の記事を利用しております。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのPC/AT互換機 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのユニバーサル・シリアル・バス (改訂履歴)、自作パソコン (改訂履歴)、アーケードゲーム基板 (改訂履歴)、MZ (コンピュータ) (改訂履歴)、ストリートファイターII (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2023 GRAS Group, Inc.RSS