開発とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 産業 > 製造業 > 開発 > 開発の意味・解説 

かい‐はつ【開発】

[名](スル)

土地鉱産物水力などの天然資源活用して、農場工場住宅などをつくり、その地域産業交通盛んにすること。「農地を—する」「未—」

新し技術製品実用化すること。「新製品を—する」

知恵能力などを導きだし、活用させること。「子供情操を—する」→注入

[補説] 明治期には「かいほつ」とも読んだ


かい‐ほつ【開発】

[名](スル)かいはつ(開発)」に同じ。

田地(でんじ)ヲ—スル」〈和英語林集成


開発

読み方かいはつ
【英】: development / exploitation
同義語: exploitation  

探鉱結果採算性のある油田またはガス田発見されると、その後石油・ガスを採収する生産井掘削したり、所要生産処理施設積出し施設などを建設したりする段階がある。この段階を開発というが、広義にはこれに続く生産段階までを含める。
開発に進むにあたっては、試・探掘で得られたデータを基に油層評価生産計画掘削計画施設計画などから成る油・ガス田開計画作成し、その油・ガス田の採算性検討しなければならない
(1) 油層評価reservoir study):油層評価目的油・ガス原始埋蔵量評価および採収率評価通じてどれだけの油・ガスを採収できるか、すなわち可採埋蔵量評価にある。そのためにはまず、物理探鉱検層解析コア分析流体分析などのデータを基に油田面積有効層厚孔隙率こうげきりつ}、飽和率などを用いて容積法によって原始埋蔵量算定し、これに採収率乗じて可採埋蔵量算出する。採収率油層性質流体性状などから経験式算出する方法もあるが、最近ではコンピューター発達に伴い油層数値モデル再現し、シミュレーションによる生産挙動予測結果から決めることが普通になっている。油田生産挙動予測上、最も重要な点は排油機構評価であり、自然の水押し期待できない場合などでは人工採油法若しくは水攻法適用するか否かまた、その適用時期をいつにするかなど開発計画全体影響するところが非常に大きい。
(2) 生産計画ピーク生産レートピーク生産期間掘削並行して生産開始するか、全坑井掘削終了後に生産を始めるかなどにより、基本的な生産計画決まってくるが、各年の生産予測量は上述シミュレーションにより求めるのが一般的である。
(3) 掘削計画生産井坑井数および坑井配置当該油・ガス田のピーク生産レート坑井当たりの生産能力構造形態排油機構などに基づき決められる。特に、浸透率大きさ坑井間隔に、ガス・キャップ底水bottom water)の存在生産井掘削位置大きく関係する。また、個々生産井仕上げについても多層仕上げ坑井刺激法出砂対策必要性将来人工採油法適用可能性有無など油田特性に応じ、開発計画作成時に検討し、対策織り込んでおかなければならない
(4) 施設計画油・ガス田の生産施設としては坑井、集油・ガス施設、処理施設貯蔵施設送油ガス)・出荷施設大別される。これらは陸上海上いずれでも基本的には同じであるが、海洋油・ガス田の場合通常プラットフォーム建設し、この上で処理まで行いパイプライン陸上基地送って最終処理の上貯蔵出荷をしている。最近では油田小規模に伴い初期投資の大きプラットフォーム建設代わりに浮遊式生産システム採用する例が増えている。
このように油・ガス田開時に検討すべき事項は多いが、このほか、油価長期見通し石油開発に関する契約条件なども油田開発の採算性評価にとって重要な要素である。油・ガス田の開発は開発計画立案から開発終了まで数年という期間と巨額資金を必要とするので、油田応じた最適計画を立てることが極めて重要である。

開発

読み方:カイホツ(kaihotsu)

未開墾地である山林原野などを切り開いて耕地化すること。


開発

作者町田純

収載図書閣下! Your Excellency!
出版社未知谷
刊行年月2002.2


開発

読み方:カイハツ(kaihatsu)

所在 北海道北斗市


開発

読み方:カイホツ(kaihotsu)

所在 富山県富山市


開発

読み方:カイホツ(kaihotsu)

所在 富山県南砺市


開発

読み方:カイホツ(kaihotsu)

所在 福井県福井市


開発

読み方:カイホツ(kaihotsu)

所在 福井県大野市

地名辞典では2006年8月時点の情報を掲載しています。

開発

読み方:カイホツ(kaihotsu)

所在 富山県(富山地方鉄道不二越上滝線)

駅名辞典では2006年8月時点の情報を掲載しています。

開発

読み方
開発かいはつ
開発かいほつ

開発

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/31 02:18 UTC 版)

開発(かいはつ、かいほつ)[1]


  1. ^ 2-7は『精選版 日本国語大辞典』より


「開発」の続きの解説一覧

開発

出典:『Wiktionary』 (2021/08/11 13:57 UTC 版)

名詞

かいはつ、 かいほつ:近世まで一般的だった読み

  1. 未開土地を切り拓き、人間利用できるようにすること。大規模な設備施設住宅などを建設すること。
  2. 資源などを探索し、利用できるようにすること。
  3. 新し技術道具考案実用化すること。
  4. 個人潜在能力感覚発見活性化させること。
  5. 左翼用語で、集会会場・ポスター・ビラなどを作る拠点として使えそうな施設調べること。
  6. (情報技術) コンピュータプログラム利用してシステムソフトウェアなどを構築すること、またその作業
  7. かいほつ (仏教) 仏性開きせしめること。

発音(?)

翻訳

動詞

活用

サ行変格活用
開発-する

翻訳


「開発」の例文・使い方・用例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



開発と同じ種類の言葉


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「開発」に関係したコラム

  • 株式の投資判断とされるR&D比率とは

    株式の投資判断とされるR&D比率とは、売上高のR&Dの割合をパーセンテージで表したものです。R&D比率は、売上高研究開発費比率ともいいます。R&D比率のR&Dとは研究開発費のことです。一般的にR&D比...

  • 株式の中型株とは

    東京証券取引所(東証)では、規模別株価指数の算出のために一部上場銘柄を大型株、中型株、小型株の3つに分類しています。その基準は、時価総額や株式の流動性などによって順位づけしたものになっています。大型株...

  • FXやCFDの平均足の差とは

    FXやCFDの「平均足の差」とは、前日の平均足の価格と当日の価格との差のことです。平均足の差は、Information Internet Ltdが開発したソフトウェア「Market Maker」のテク...

  • CFDで自動売買するには

    CFDで自動売買するには、CFD業者の提供する取引ツールに自動売買の機能が付いていることが条件になります。2012年7月現在、自動売買の機能が付いている取引ツールを提供しているCFD業者はGCIフィナ...

  • 株式の投資判断とされる自己資本比率とは

    株式の投資判断とされる自己資本比率とは、資本の総資産の割合をパーセンテージで表したものです。自己資本比率は、株主資本比率、株主持分比率などとも呼びます。自己資本比率は、次の計算式で求めることができます...

  • 株式の投資判断とされる有利子負債自己資本比率とは

    株式の投資判断とされる有利子負債自己資本比率とは、自己資本と有利子負債との比率を表したものです。D/Eレシオともいいます。有利子負債自己資本比率の有利子負債には、長期借入金、短期借入金、普通社債、転換...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「開発」の関連用語

開発のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



開発のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
JOGMECJOGMEC
Global Disclaimer(免責事項)
本資料は石油天然ガス・金属鉱物資源機構(以下「機構」)石油・天然ガス調査グループが信頼できると判断した各種資料に基づいて作成されていますが、 機構は本資料に含まれるデータおよび情報の正確性又は完全性を保証するものではありません。 また、本資料は読者への一般的な情報提供を目的としたものであり、何らかの投資等に関する特定のアドバイスの提供を目的としたものではありません。 したがって、機構は本資料に依拠して行われた投資等の結果については一切責任を負いません。 なお、本資料の図表類等を引用等する場合には、機構資料からの引用である旨を明示してくださいますようお願い申し上げます。
※Copyright (c) 2022 Japan Oil, Gas and Metals National Corporation. All Rights Reserved.
このホームページに掲載されている記事・写真・図表などの無断転載を禁じます。
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
EDRDGEDRDG
This page uses the JMnedict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの開発 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの開発 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS