ポッキーとは? わかりやすく解説

ポッキー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/07/05 15:14 UTC 版)

ポッキー: Pocky)は、日本お菓子メーカー・江崎グリコ1966年昭和41年)から販売しているチョコレート菓子で、同社の登録商標(第3103630号他)である。言語圏によって異なる商品名となっている。


  1. ^ “「ポッキー」世界で最も売れたチョコのビスケットに…ギネス認定” (日本語). 読売新聞. (2020年10月13日). https://www.yomiuri.co.jp/economy/20201013-OYT1T50114/ 2020年10月14日閲覧。 
  2. ^ クレイグ・グレンディ『ギネス世界記録 2014』pJ-04(2013年9月12日初版、KADOKAWA)
  3. ^ a b 「ポッキー」-プレッツェル全体にチョコをかけなくてもいいのでは? J-Net21[中小企業ビジネス支援サイト]
  4. ^ POCKY'S HISTORY” (英語). EZAKI GLICO. 2020年10月17日閲覧。
  5. ^ ポッキーのチョコなし部分 アイデアの源泉は大阪の串カツNewsポストセブン 2015年11月08日、2020年10月17日閲覧
  6. ^ アジアの類似品に負けない ポッキーの「かわいさ」 日本経済新聞 2013年3月26日
  7. ^ ポッキー 宮本 泰志 Miyamoto Yasushi (川路ヨウセイデザインオフィス Kawaji Yosei Design Office):マイワークス(MY WORKS)|JPDA 日本パッケージデザイン協会
  8. ^ a b 「 世界で愛されているロングセラー商品 」 ~ 「 ポッキー 」 のグローバル展開 ~江崎グリコ(インターネットアーカイブ
  9. ^ “【ビジネス解読】韓国チョコ菓子「ペペロ」は「ポッキー」のパクリ! グリコが米韓で相次ぎ提訴 11月11日の記念日まで争点に…”. 産経新聞. https://www.sankei.com/article/20151128-JKFQTYIOSVMX5NWBE2N43TI24Q/ 2020年10月17日閲覧。 
  10. ^ Corporate History | Ezaki Glico USA Corporation” (英語). www.glico.com. 2023年4月13日閲覧。
  11. ^ “「ロッキー」を「ポッキー」に改名 イスラム圏も本家に” (日本語). 朝日新聞. (2014年3月18日). http://www.asahi.com/articles/ASG3K4PY9G3KPLFA004.html 2014年3月18日閲覧。 
  12. ^ グリコ/成田空港に初のポッキー専門店、プレミアムライン販売 | 流通ニュース
  13. ^ 牧瀬里穂からデビル・ニノまで豪華な顔ぶれ…ポッキーCMといえば誰?excite.ニュース
  14. ^ ポッキー&プリッツの日”. 一般社団法人 日本記念日協会. 2020年5月26日閲覧。



ポッキー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/12/31 14:55 UTC 版)

ポッキー (1989年のコンピュータゲーム)」の記事における「ポッキー」の解説

名門・ポッキー学園男女共学校ではあったものの、男子部女子部分かれていた。校長健全な男女交際推進するという名目で、男子生徒校長印の入った下着をつけた3人の女子生徒を見つけ出す男子選抜女子パンティ争奪獲得杯」なる大会開催する捕り手選ばれ中村トオル槍魔栗三太親野七光の3人と、校長印の入った下着を身に着け3人の女子生徒たちの戦いが始まる。やがて、「男子選抜女子パンティ争奪獲得杯」の真の開催目的が、校長のためのハーレム形成だったことが判明する

※この「ポッキー」の解説は、「ポッキー (1989年のコンピュータゲーム)」の解説の一部です。
「ポッキー」を含む「ポッキー (1989年のコンピュータゲーム)」の記事については、「ポッキー (1989年のコンピュータゲーム)」の概要を参照ください。


ポッキー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/09 19:32 UTC 版)

三丁目の夕日の登場人物」の記事における「ポッキー」の解説

一平達と同級生男の子の家で飼われていただが、車にはねられ死んだ

※この「ポッキー」の解説は、「三丁目の夕日の登場人物」の解説の一部です。
「ポッキー」を含む「三丁目の夕日の登場人物」の記事については、「三丁目の夕日の登場人物」の概要を参照ください。


ポッキー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/01 10:02 UTC 版)

ぷくぷく天然かいらんばん」の記事における「ポッキー」の解説

ぷくぷく飼い主かりんが買ってきた、ぷくぷく見上げるほど大きなぬいぐるみぬいぐるみなのに不敵な笑み浮かべている。動けないはずなのに、意思あるかのようにぷくぷくの邪魔をする。表情も変わる。

※この「ポッキー」の解説は、「ぷくぷく天然かいらんばん」の解説の一部です。
「ポッキー」を含む「ぷくぷく天然かいらんばん」の記事については、「ぷくぷく天然かいらんばん」の概要を参照ください。


ポッキー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/11 05:11 UTC 版)

浦安鉄筋家族の登場人物」の記事における「ポッキー」の解説

マッキー同様に噂が好きでマッキーと共に行動をしている。

※この「ポッキー」の解説は、「浦安鉄筋家族の登場人物」の解説の一部です。
「ポッキー」を含む「浦安鉄筋家族の登場人物」の記事については、「浦安鉄筋家族の登場人物」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「ポッキー」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「ポッキー」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ポッキー」の関連用語

ポッキーのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ポッキーのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのポッキー (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのポッキー (1989年のコンピュータゲーム) (改訂履歴)、三丁目の夕日の登場人物 (改訂履歴)、ぷくぷく天然かいらんばん (改訂履歴)、浦安鉄筋家族の登場人物 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2024 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2024 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2024 GRAS Group, Inc.RSS