温泉街とは? わかりやすく解説

温泉街

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/05/04 07:40 UTC 版)

温泉街(おんせんがい、おんせんまち)は、温泉に付随して温浴施設や宿泊施設、飲食店や土産物店、遊戯店などが立ち並ぶ町並み。


  1. ^ a b c 須藤 茂. “野柳、大屯火山群、北投温泉など、台湾のジオパークめぐり” (PDF). 産業技術総合研究所. 2020年2月4日閲覧。


「温泉街」の続きの解説一覧

温泉街

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/09/03 02:11 UTC 版)

日当山温泉」の記事における「温泉街」の解説

古くから鹿児島奥座敷として栄えた温泉で、昔ながら共同浴場が多い。温泉街の南西部ヒルコ伝説にちなむ蛭児神社西郷隆盛宿泊していた宿を復元した西郷どんの宿」がある。

※この「温泉街」の解説は、「日当山温泉」の解説の一部です。
「温泉街」を含む「日当山温泉」の記事については、「日当山温泉」の概要を参照ください。


温泉街

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/06 07:08 UTC 版)

浅間温泉」の記事における「温泉街」の解説

温泉会館中心に、約30軒の旅館と2軒の日帰り専用入浴施設枇杷の湯、市営浅間温泉会館ホットプラザ浅間)、3軒の共同浴場仙気の湯、港の湯、倉下の湯)がある。この他、各町会などで管理する共同浴場多数あるが一般に開放されていない。また北仙気の湯は近年まで一般開放されていたが現在では一般開放行っていない。 老舗旅館を泊食分離式に改装するなど温泉街の活性化をめざす新会社WAKUWAKU浅間温泉」が2020年設立された。

※この「温泉街」の解説は、「浅間温泉」の解説の一部です。
「温泉街」を含む「浅間温泉」の記事については、「浅間温泉」の概要を参照ください。


温泉街

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/25 22:15 UTC 版)

神通峡岩稲温泉」の記事における「温泉街」の解説

株式会社ほそいり」が経営する今日館(らっきょうかん)という宿泊日帰り施設があり、大きめ内湯神通峡の谷に面した展望良い露天風呂のほか、高温サウナ・スチームサウナなどがある。楽今日館の名称はこの温泉所在する細入村名産であるラッキョウにちなんでいる。 神通峡見れる休憩所の他、レストラン特産品売店大広間研修室併設されている。 宿泊日帰り施設 神通峡岩稲温泉今日館 その他岩稲温泉隣接して富山県カヌー場がある。

※この「温泉街」の解説は、「神通峡岩稲温泉」の解説の一部です。
「温泉街」を含む「神通峡岩稲温泉」の記事については、「神通峡岩稲温泉」の概要を参照ください。


温泉街

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/29 19:07 UTC 版)

宮之城温泉」の記事における「温泉街」の解説

川内川中流河畔開ける温泉街で、落ち着いた雰囲気旅館軒を並べる共同浴場唯一湯田区営温泉」(通称湯田区湯)が存在する

※この「温泉街」の解説は、「宮之城温泉」の解説の一部です。
「温泉街」を含む「宮之城温泉」の記事については、「宮之城温泉」の概要を参照ください。


温泉街

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/29 18:00 UTC 版)

妙乃湯温泉」の記事における「温泉街」の解説

一軒宿の「妙乃湯温泉」が存在する古くからの鄙びた建物が多い乳頭温泉郷にあって、その鄙びた秘湯イメージ守りつつ新築した建物特徴川沿い露天風呂が有名である。 創業者日蓮宗信者であったため、「妙」の字を題目から取って名付けたのである

※この「温泉街」の解説は、「妙乃湯温泉」の解説の一部です。
「温泉街」を含む「妙乃湯温泉」の記事については、「妙乃湯温泉」の概要を参照ください。


温泉街

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/29 18:15 UTC 版)

紫尾温泉」の記事における「温泉街」の解説

源泉上之湯と下之湯があり、上之湯の源泉紫尾神社拝殿下から湧出している。そのため紫尾温泉には「神の湯」の異名がある。 旅館数軒と共同浴場の「紫尾区営大衆浴場」がある。ひっそりとした湯治場雰囲気である。

※この「温泉街」の解説は、「紫尾温泉」の解説の一部です。
「温泉街」を含む「紫尾温泉」の記事については、「紫尾温泉」の概要を参照ください。


温泉街

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/01 02:32 UTC 版)

藪塚温泉」の記事における「温泉街」の解説

5軒の旅館存在する。うち、温泉利用しているのは3軒である。 ホテルふせじま(温泉旅館今井館温泉旅館

※この「温泉街」の解説は、「藪塚温泉」の解説の一部です。
「温泉街」を含む「藪塚温泉」の記事については、「藪塚温泉」の概要を参照ください。


温泉街

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/24 22:23 UTC 版)

寺泊岬温泉」の記事における「温泉街」の解説

温泉街はない。国道402号線沿いに一軒宿の「ホテル飛鳥」が存在する立寄り入浴ホテル日帰り受付利用することになる。 シンプルな浴場であるが、日本海眺めながら入浴できる。 以前日帰り入浴施設太古の湯」が存在したが、2017年10月末に閉館した

※この「温泉街」の解説は、「寺泊岬温泉」の解説の一部です。
「温泉街」を含む「寺泊岬温泉」の記事については、「寺泊岬温泉」の概要を参照ください。


温泉街

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/25 01:42 UTC 版)

郡山市内の温泉」の記事における「温泉街」の解説

上記温泉以外にも、小規模な温泉施設点在する温泉市内各所分散しており、各温泉源泉ひとつに施設がひとつずつあるところが多いため、一般的にイメージする温泉街を形成していない。市内存在するレジャーホテルなどでも自ら源泉持ち温泉水利用している施設がある。病院老人ホームマンションでのみで利用され一般客が利用できない施設もある。 また、天然温泉ではないが、ホテルルートイン郡山ドーミーインEXPRESS郡山、ふじ旅館など人工温泉施設存在する

※この「温泉街」の解説は、「郡山市内の温泉」の解説の一部です。
「温泉街」を含む「郡山市内の温泉」の記事については、「郡山市内の温泉」の概要を参照ください。


温泉街

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/04/29 01:02 UTC 版)

植木温泉」の記事における「温泉街」の解説

菊池川支流合志川沿いに旅館集まっている。大都市に近いながら歓楽色はなく、湯治向けで、宿の規模はさほど大きくない。各旅館庭園露天風呂力を入れている。

※この「温泉街」の解説は、「植木温泉」の解説の一部です。
「温泉街」を含む「植木温泉」の記事については、「植木温泉」の概要を参照ください。


温泉街

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/02/29 01:09 UTC 版)

蟹場温泉」の記事における「温泉街」の解説

秋田県道194号線の秋田県起点に、一軒宿の「蟹場温泉」が存在する旅館東側40メートルほど行った所に場と呼ばれる沢があり、昔そこでサワガニ多く取れたことが温泉名の由来である。

※この「温泉街」の解説は、「蟹場温泉」の解説の一部です。
「温泉街」を含む「蟹場温泉」の記事については、「蟹場温泉」の概要を参照ください。


温泉街

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/04/30 01:53 UTC 版)

佐久山温泉」の記事における「温泉街」の解説

宿泊可能コテージ備え佐久山温泉きみのゆ、及び2kmほど離れて日帰り入浴だけの与一温泉がある。

※この「温泉街」の解説は、「佐久山温泉」の解説の一部です。
「温泉街」を含む「佐久山温泉」の記事については、「佐久山温泉」の概要を参照ください。


温泉街

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/06 12:21 UTC 版)

瀬波温泉」の記事における「温泉街」の解説

日本海瀬波海岸面しており、十数軒の旅館およびホテルのほか、日帰り入浴施設無料足湯がある。黄金崎不老不死温泉などと同様に日本海に沈む夕日が有名であり、2008年7月1日NPO法人地域活性化支援センターから、恋人の聖地として認定されている。秋にサケ遡上することで有名な三面川(みおもてがわ)が村上市内を流れていることから、各旅館などでは、名物各種サケ料理などを夕食時などに味わうこともできる

※この「温泉街」の解説は、「瀬波温泉」の解説の一部です。
「温泉街」を含む「瀬波温泉」の記事については、「瀬波温泉」の概要を参照ください。


温泉街

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2013/07/01 21:17 UTC 版)

川中子温泉」の記事における「温泉街」の解説

1軒宿で温泉街は存在しない

※この「温泉街」の解説は、「川中子温泉」の解説の一部です。
「温泉街」を含む「川中子温泉」の記事については、「川中子温泉」の概要を参照ください。


温泉街

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2014/07/25 02:05 UTC 版)

韮崎旭温泉」の記事における「温泉街」の解説

日帰り入浴施設1軒のみが存在する

※この「温泉街」の解説は、「韮崎旭温泉」の解説の一部です。
「温泉街」を含む「韮崎旭温泉」の記事については、「韮崎旭温泉」の概要を参照ください。


温泉街

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/09/24 04:58 UTC 版)

舘山寺温泉」の記事における「温泉街」の解説

浜名湖沿岸に温泉街が広がる旅館19存在するはままつフラワーパーク浜松市動物園遊園地である浜名湖パルパルなども近く存在し行楽地として発展している。近くにある舘山寺寺院)が、この温泉名の由来である。 温泉街の対岸となる大草山(標高113m)があり、かんざんじロープウェイで渡ることができる。大草山からは温泉街を一望することが可能。また、この大草山を擁する呉松町にも観光施設展開されている。詳細当該記事へ。

※この「温泉街」の解説は、「舘山寺温泉」の解説の一部です。
「温泉街」を含む「舘山寺温泉」の記事については、「舘山寺温泉」の概要を参照ください。


温泉街

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/08/31 06:57 UTC 版)

葭ヶ浦温泉」の記事における「温泉街」の解説

一軒宿の「葭ヶ浦温泉 ランプの宿」がある。

※この「温泉街」の解説は、「葭ヶ浦温泉」の解説の一部です。
「温泉街」を含む「葭ヶ浦温泉」の記事については、「葭ヶ浦温泉」の概要を参照ください。


温泉街

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/08/28 13:39 UTC 版)

斐乃上温泉」の記事における「温泉街」の解説

船通山山麓旅館民宿それぞれ1軒存在する。 斐乃上荘 民宿たなべ

※この「温泉街」の解説は、「斐乃上温泉」の解説の一部です。
「温泉街」を含む「斐乃上温泉」の記事については、「斐乃上温泉」の概要を参照ください。


温泉街

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2014/09/22 00:30 UTC 版)

鶴の湯温泉 (和歌山県)」の記事における「温泉街」の解説

町営日帰り入浴施設および宿泊施設存在する温泉地では、毎年2月温泉への感謝祭が行われる。

※この「温泉街」の解説は、「鶴の湯温泉 (和歌山県)」の解説の一部です。
「温泉街」を含む「鶴の湯温泉 (和歌山県)」の記事については、「鶴の湯温泉 (和歌山県)」の概要を参照ください。


温泉街

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2014/05/03 01:51 UTC 版)

湯向温泉」の記事における「温泉街」の解説

集落内に共同浴場が1軒、民宿が2軒ある。

※この「温泉街」の解説は、「湯向温泉」の解説の一部です。
「温泉街」を含む「湯向温泉」の記事については、「湯向温泉」の概要を参照ください。


温泉街

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2014/03/23 19:04 UTC 版)

沓野温泉」の記事における「温泉街」の解説

渋温泉とは横湯川対岸高台(靴の形をした野:沓野)に位置する温泉街。観光温泉街という雰囲気無く一見田舎傾斜地山村集落ではあるが、各所地元民が生活に利用する共同浴場お湯汲み場が点在するという街並みみやげ物店は無い。 宿泊施設は5軒の民宿存在する当地宿泊すると、共同浴場過去には一般に開放されていた)へ入浴することも出来る。沓野では温泉旅館発達しなかった。高台にあるため当時技術では横湯川沿いからの引き湯が主であったのと、志賀高原開発取り組んだこと、一大温泉街が隣接していた事が大きい。共同浴場引き湯でも非常に熱い。冬はかなりの積雪となるが、主要な場所では温泉歩道地中通し除雪している。 当地ゆかりの文人品々は、天川神社御柱祭あり)、沓野観音堂聖観世音菩薩)、渋温泉寺、和合会館、ギャラリー玉村蔵元)などの美術館寺社一般公開されているものを見て回ることも出来る。旧石器土偶などは一般公開されていない

※この「温泉街」の解説は、「沓野温泉」の解説の一部です。
「温泉街」を含む「沓野温泉」の記事については、「沓野温泉」の概要を参照ください。


温泉街

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2013/12/16 06:46 UTC 版)

笠松鉱泉」の記事における「温泉街」の解説

一軒宿であるが温泉宿として笠松旅館がある。

※この「温泉街」の解説は、「笠松鉱泉」の解説の一部です。
「温泉街」を含む「笠松鉱泉」の記事については、「笠松鉱泉」の概要を参照ください。


温泉街

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/09/25 08:27 UTC 版)

宮島温泉」の記事における「温泉街」の解説

小矢部川支流の子撫川の上流、宮島峡一軒宿の「滝乃荘」が存在する

※この「温泉街」の解説は、「宮島温泉」の解説の一部です。
「温泉街」を含む「宮島温泉」の記事については、「宮島温泉」の概要を参照ください。


温泉街

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/03 15:08 UTC 版)

さるふつ温泉」の記事における「温泉街」の解説

温泉利用した入浴施設として国道238号 道の駅さるふつ公園内に日帰り入浴施設さるふつ温泉」と宿泊施設ホテルさるふつ」があった。

※この「温泉街」の解説は、「さるふつ温泉」の解説の一部です。
「温泉街」を含む「さるふつ温泉」の記事については、「さるふつ温泉」の概要を参照ください。


温泉街

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/02/18 07:39 UTC 版)

シルク温泉」の記事における「温泉街」の解説

株式会社シルク温泉やまびこ運営する日帰り温浴施設シルク温泉館」と宿泊施設「やまびこ」のほか、湯治宿「こだま荘」、スナック「アミーゴ」がある。

※この「温泉街」の解説は、「シルク温泉」の解説の一部です。
「温泉街」を含む「シルク温泉」の記事については、「シルク温泉」の概要を参照ください。


温泉街

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/09/26 03:59 UTC 版)

用井温泉」の記事における「温泉街」の解説

温泉街は無いが宿泊施設は、ホテル一軒と数軒の民宿点在している。温泉保養施設西土佐山村ヘルスセンターは、 2017年平成29年3月31日営業終了している。

※この「温泉街」の解説は、「用井温泉」の解説の一部です。
「温泉街」を含む「用井温泉」の記事については、「用井温泉」の概要を参照ください。


温泉街

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/02/16 02:49 UTC 版)

湯の沢温泉」の記事における「温泉街」の解説

一軒宿であるが温泉宿として時の宿すみれがある。

※この「温泉街」の解説は、「湯の沢温泉」の解説の一部です。
「温泉街」を含む「湯の沢温泉」の記事については、「湯の沢温泉」の概要を参照ください。


温泉街

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/01/09 17:45 UTC 版)

湯の花温泉 (和歌山県)」の記事における「温泉街」の解説

七川ダム面した一軒宿古座川荘」が存在した。他に温泉利用した施設存在しない旅館では日帰り入浴受付行っていないので、日帰り温泉浸かることはできない。その古座川荘も2014年8月12日旅館営業をやめたため、今日では温泉利用できる施設存在しない。なお、古座川荘はボート貸し出しのみ行っている。

※この「温泉街」の解説は、「湯の花温泉 (和歌山県)」の解説の一部です。
「温泉街」を含む「湯の花温泉 (和歌山県)」の記事については、「湯の花温泉 (和歌山県)」の概要を参照ください。


温泉街

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/01/11 14:51 UTC 版)

曲水温泉」の記事における「温泉街」の解説

なし。

※この「温泉街」の解説は、「曲水温泉」の解説の一部です。
「温泉街」を含む「曲水温泉」の記事については、「曲水温泉」の概要を参照ください。


温泉街

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/01/13 03:39 UTC 版)

微温湯温泉」の記事における「温泉街」の解説

吾妻小富士中腹標高920mの高所一軒宿旅館二階堂存在する雪深い場所に位置するため、4月下旬11月下旬までの営業となる。

※この「温泉街」の解説は、「微温湯温泉」の解説の一部です。
「温泉街」を含む「微温湯温泉」の記事については、「微温湯温泉」の概要を参照ください。


温泉街

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/12/20 00:40 UTC 版)

幌加温泉」の記事における「温泉街」の解説

幌加温泉湯元 鹿の谷(かのや)温泉旅館」と「ホロカ温泉旅館」の2軒の旅館があり、いずれも日帰り入浴が可能。「ホロカ温泉旅館」は前湯守死去により2011年平成23年1月より休業中。 「鹿の谷」は、3つの泉質異な浴槽がある混浴内風呂混浴露天風呂、及び小さな女性用内風呂があり、いずれも源泉掛け流し一部加水)。 なお、携帯電話は全キャリアとも圏外であり、テレビ衛星放送しか視聴できないまた、自治体あるいは産廃業者によるゴミ収集範囲外であるため、利用者排出したゴミ全て持ち帰らなくてはいけない。 ホロカ温泉旅館 鹿の谷内風呂

※この「温泉街」の解説は、「幌加温泉」の解説の一部です。
「温泉街」を含む「幌加温泉」の記事については、「幌加温泉」の概要を参照ください。


温泉街

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/12/20 03:24 UTC 版)

川古温泉」の記事における「温泉街」の解説

赤谷川沿いに、一軒宿の「浜屋旅館」が存在する1960年火災で前建物焼失し1966年再建され建物鉄筋コンクリート造りであるが、湯治場としての雰囲気が強い。

※この「温泉街」の解説は、「川古温泉」の解説の一部です。
「温泉街」を含む「川古温泉」の記事については、「川古温泉」の概要を参照ください。


温泉街

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2013/12/09 18:08 UTC 版)

千原温泉」の記事における「温泉街」の解説

江の川支流千原川沿いにある日帰り入浴温泉比較的ぬるめの源泉のため、秋から初夏にかけては最後に暖を取るための五右衛門風呂沸かしている。

※この「温泉街」の解説は、「千原温泉」の解説の一部です。
「温泉街」を含む「千原温泉」の記事については、「千原温泉」の概要を参照ください。


温泉街

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2014/04/08 01:11 UTC 版)

大葛温泉」の記事における「温泉街」の解説

共同浴場的な保養施設、「町民浴場」と民宿が2軒ほど存在し、ほかに大葛金山ふるさと館を併設する比内ベニヤマ荘がある。

※この「温泉街」の解説は、「大葛温泉」の解説の一部です。
「温泉街」を含む「大葛温泉」の記事については、「大葛温泉」の概要を参照ください。


温泉街

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/03 15:07 UTC 版)

岩尾温泉」の記事における「温泉街」の解説

日帰り温泉施設増毛町岩尾温泉あったまーる」、および日帰り入浴も扱う宿泊施設夕陽せきよう)荘」、他に温泉施設の無い民宿が1軒ある。両施設とも浴室から日本海望め天気良ければ水平線に沈む夕日眺めながら入浴できる。所在地増毛町岩老(いわおい)となっているが、温泉名は「岩尾」である。

※この「温泉街」の解説は、「岩尾温泉」の解説の一部です。
「温泉街」を含む「岩尾温泉」の記事については、「岩尾温泉」の概要を参照ください。


温泉街

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2014/07/22 03:36 UTC 版)

田野温泉」の記事における「温泉街」の解説

石川館、石黒館という旅館が2軒あったが廃業した石黒館跡は、市営福祉施設大和福祉センター田野の湯」となっている。 信玄の隠し湯一つといわれている。

※この「温泉街」の解説は、「田野温泉」の解説の一部です。
「温泉街」を含む「田野温泉」の記事については、「田野温泉」の概要を参照ください。


温泉街

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2014/08/12 02:18 UTC 版)

下島温泉」の記事における「温泉街」の解説

下呂市小坂地域山間部小坂川支流濁河川沿いに温泉地広がる温泉地近く濁河川1kmほど遡ると「巌立」と呼ばれる巨大な安山岩岩壁がある。御嶽山から流れ出た溶岩流冷えて固まったもの。滝も存在する巌立周辺渓谷を「巌立峡」と呼び下島温泉から森林浴しながらハイキングコースとなっている。巌立峡は、飛騨・美濃紅葉三十三選選定されている。 日帰り入浴施設一軒、「巌立峡ひめしゃがの湯」が存在する玄関前には、飲泉場設置されている。この施設泉源従来下島温泉のものとは異なり湧出したときは無色透明であるが、すぐに茶褐色変色する

※この「温泉街」の解説は、「下島温泉」の解説の一部です。
「温泉街」を含む「下島温泉」の記事については、「下島温泉」の概要を参照ください。


温泉街

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/09/28 06:34 UTC 版)

奥水間温泉」の記事における「温泉街」の解説

奥水間温泉静かな山里にある一軒宿。その湯は天然重曹泉で肌に滑らかで美容疲労回復効果があると言われている。

※この「温泉街」の解説は、「奥水間温泉」の解説の一部です。
「温泉街」を含む「奥水間温泉」の記事については、「奥水間温泉」の概要を参照ください。


温泉街

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/09/29 01:54 UTC 版)

汐の湯温泉」の記事における「温泉街」の解説

温泉街はなく、国道沿いに一軒宿泊施設観光用施設があるのみ。近くには大阪50山にも指定されている剣尾山(けんびさん)などがある。

※この「温泉街」の解説は、「汐の湯温泉」の解説の一部です。
「温泉街」を含む「汐の湯温泉」の記事については、「汐の湯温泉」の概要を参照ください。


温泉街

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/12/02 06:15 UTC 版)

洲本温泉」の記事における「温泉街」の解説

洲本中心街近く大浜海岸から古茂江海岸の海岸線展開する大規模リゾートホテル旅館企業保養所多く、それら施設幾つか洲本温泉と古茂江温泉の二種類自家源泉をもつ。京阪神および徳島香川日帰りゾーンとなっており、温泉街には様々なレジャー施設見られる洲本市立淡路文化史料館近くには洲本城大きく望め足湯存在する

※この「温泉街」の解説は、「洲本温泉」の解説の一部です。
「温泉街」を含む「洲本温泉」の記事については、「洲本温泉」の概要を参照ください。


温泉街

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/12/13 06:24 UTC 版)

平潟港温泉」の記事における「温泉街」の解説

旅館民宿20軒ほどある。平潟港の宿のすべてが温泉引いてわけではない

※この「温泉街」の解説は、「平潟港温泉」の解説の一部です。
「温泉街」を含む「平潟港温泉」の記事については、「平潟港温泉」の概要を参照ください。


温泉街

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/08/08 14:27 UTC 版)

熊の湯温泉」の記事における「温泉街」の解説

温泉街は無い。笠ケ岳角間川左岸川沿いにある「熊の湯ホテル」が商標権熊の湯」をもつ温泉発見され当初、傷を負った熊が温泉入り傷を癒していたことから「熊の湯」と命名された。全国屈指の濃厚なエメラルドグリーン色をしている。熊が傷を癒したと伝えられるほどの濃厚な硫黄特徴佐久間象山は「草津温泉の様である」と松代藩への調査報告をしている。硯川温泉は、角間川、硯川合流点を挟んで対岸である。熊の湯スキー場熊の湯有名なため硯川を含め一帯熊の湯誤認されることがあったが、2000年末「ほたる温泉」に名称変更した。ほたる温泉では日本において最も標高の高い地点ホタル観測行える場所である。

※この「温泉街」の解説は、「熊の湯温泉」の解説の一部です。
「温泉街」を含む「熊の湯温泉」の記事については、「熊の湯温泉」の概要を参照ください。


温泉街

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/08/08 16:54 UTC 版)

満願寺温泉」の記事における「温泉街」の解説

満願寺川沿いに温泉街が広がる宿泊施設は3軒存在する共同浴場は3軒存在する満願寺温泉館と川沿い露天風呂(川湯)とこの川湯上100m地点にある上湯である。上湯は、満願寺温泉改築の際には男性専用浴場となっていた。満願寺から少し上流のぼった川沿いにある露天風呂の「川湯」は、川面と同じ高さに湯船存在する道路ガードレール歩道の上からも丸見えのため、入るのに勇気要する入浴用の湯船の横には、地元の人が米を研いだり、野菜を洗うのに利用する湯船もある。夏場良い冬場湯温低めである。 屋根の下が湯船。 奥(野菜食器類を洗う)、真ん中手前湯舟である。 道路ガードレール側より 奥側の欄干より

※この「温泉街」の解説は、「満願寺温泉」の解説の一部です。
「温泉街」を含む「満願寺温泉」の記事については、「満願寺温泉」の概要を参照ください。


温泉街

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/05/03 02:30 UTC 版)

戸狩温泉」の記事における「温泉街」の解説

山側には戸狩温泉スキー場広がりスキー客用民宿多く立ち並ぶゲレンデ下には露天風呂備えた共同浴場(暁の湯、望の湯の2つ 大人550円 子350円、2015年11月現在)があり、肌にさらりと心地よい弱アルカリ性の湯と露天風呂から望むのどかな景色満喫できる

※この「温泉街」の解説は、「戸狩温泉」の解説の一部です。
「温泉街」を含む「戸狩温泉」の記事については、「戸狩温泉」の概要を参照ください。


温泉街

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/08/31 13:23 UTC 版)

大沢山温泉」の記事における「温泉街」の解説

大沢山温泉には旅館が3軒ある。温泉街というより山間秘湯で、3軒は点在するように建つ。遊興施設まったくない静かな温泉地であるが、3軒はそれぞれ個性的人気が高い。なお、幽谷荘(ゆうこくそう)が元湯で、他の2件は引き湯をしている。 元湯である幽谷荘は普通の民家のような旅館であり、露天風呂などはなく、これといった特徴のない男女別の内湯があるだけであるが、源泉そのまま加温した掛け流し温泉堪能できる入浴のみの利用も可能である。 里山十帖(さとやまじゅうじょう)と大沢館(おおさわかん)は、旅館施設充実しており人気も高い。幽谷荘から沢向かいの高台にある里山十帖は2014年5月オープン150年前の古民家リノベーションしたもので、2014年グッドデザイン賞受賞したグッドデザインBEST100にも選出されモノづくりデザイン賞も受賞している。山菜料理特徴があるほか、露天風呂絶景日本一選ばれるなど人気極めて高く週末は常に数ヶ月先まで埋まっている。幽谷荘のやや下流にある大沢館もテレビの旅番組などで露出多く予約取りにくい非常に人気のある旅館日本秘湯を守る会会員でもある。なお里山十帖と大沢館は、日帰り入浴利用できない旅館一覧(料金変動することがあります幽谷荘(ゆうこくそう) 収容人員20人/日帰り入浴500円 里山十帖(さとやまじゅうじょう収容人員35人/露天風呂/日帰り入浴不可 大沢館(おおさわかん) 収容人員60人/露天風呂/日帰り入浴不可

※この「温泉街」の解説は、「大沢山温泉」の解説の一部です。
「温泉街」を含む「大沢山温泉」の記事については、「大沢山温泉」の概要を参照ください。


温泉街

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/03 15:09 UTC 版)

上の湯温泉」の記事における「温泉街」の解説

温泉旅館銀婚湯」と、「パシフィック温泉ホテル 清龍園」の2軒がある。共に日帰り入浴可能。 温泉旅館銀婚湯 日秘湯を守る会会員旅館である。5つ源泉井持ち男女別の内湯露天風呂、および貸切野天風呂存在する貸切野天風呂は広い敷地内5つ風呂点在しているが宿泊専用である。一部加水掛け流し方式パシフィック温泉ホテル 清龍男女別の内湯露天風呂サウナがある。源泉温度98と高いため、加水掛け流し方式。同じ経営者民宿もあり、こちらに宿泊場合清龍園の温泉施設利用できる

※この「温泉街」の解説は、「上の湯温泉」の解説の一部です。
「温泉街」を含む「上の湯温泉」の記事については、「上の湯温泉」の概要を参照ください。


温泉街

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/01/24 08:37 UTC 版)

鶴巻温泉」の記事における「温泉街」の解説

近年は温泉街内に住宅地高層マンション建設され住宅地中にある温泉街となっている。 宿泊施設旅館):陣屋大和旅館梵天日帰り温泉陣屋弘法の里湯(公営)、大和旅館

※この「温泉街」の解説は、「鶴巻温泉」の解説の一部です。
「温泉街」を含む「鶴巻温泉」の記事については、「鶴巻温泉」の概要を参照ください。


温泉街

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/07/28 07:58 UTC 版)

鎌先温泉」の記事における「温泉街」の解説

5軒の旅館点在する。開湯は正長元年1428年)。現在湯治受け入れているのは最上旅館1軒のみとなったが、1990年代まで湯治客も多かった。傷に鎌先として奥羽薬湯としても有名。黄金風呂部屋食が人気のすゞきや旅館にごり湯天狗風呂がある木村屋旅館など5件の旅館点在している。日帰り入浴実施しており、広場共同駐車場存在する

※この「温泉街」の解説は、「鎌先温泉」の解説の一部です。
「温泉街」を含む「鎌先温泉」の記事については、「鎌先温泉」の概要を参照ください。


温泉街

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/10 15:02 UTC 版)

両神温泉」の記事における「温泉街」の解説

温泉街は存在しない四阿屋山山麓に、日帰り入浴施設道の駅両神温泉薬師の湯」と日帰り入浴も扱う国民宿舎両神荘」が存在する。 「道の駅両神温泉薬師の湯」では、秩父名物しゃくし菜漬を販売している。

※この「温泉街」の解説は、「両神温泉」の解説の一部です。
「温泉街」を含む「両神温泉」の記事については、「両神温泉」の概要を参照ください。


温泉街

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/10 15:01 UTC 版)

三条の湯」の記事における「温泉街」の解説

標高1103メートル山中山小屋があり、テント泊も可能。男女別の内湯のみで、日帰り入浴可能。

※この「温泉街」の解説は、「三条の湯」の解説の一部です。
「温泉街」を含む「三条の湯」の記事については、「三条の湯」の概要を参照ください。


温泉街

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/10 14:04 UTC 版)

湯谷温泉 (砺波市)」の記事における「温泉街」の解説

温泉河原近く内湯のみである。洪水浴槽が埋まるのを防ぐためトーチカの様な造りになっている。高い天井薄暗さに石の深い浴槽があり、まるで洞窟風呂のような趣を持つ。温泉噴出量が極めて多く洗い場まで浸水して浴槽との区別無くなり浴室全面お湯貼り出すのが特色となっている。温泉周辺はいくつかの飲食店所在している他、施設内にビール自動販売機がある。 営業時間 9時〜17時 冬季休業 入湯料500円

※この「温泉街」の解説は、「湯谷温泉 (砺波市)」の解説の一部です。
「温泉街」を含む「湯谷温泉 (砺波市)」の記事については、「湯谷温泉 (砺波市)」の概要を参照ください。


温泉街

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/10 14:26 UTC 版)

泡の湯温泉」の記事における「温泉街」の解説

一軒宿三好荘があったが、2019年12月末に廃業した日本秘湯を守る会会員である。飯豊山登山口長者原近くでもある。

※この「温泉街」の解説は、「泡の湯温泉」の解説の一部です。
「温泉街」を含む「泡の湯温泉」の記事については、「泡の湯温泉」の概要を参照ください。


温泉街

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/10 14:03 UTC 版)

横川温泉」の記事における「温泉街」の解説

山田屋旅館中野旅館、巴屋旅館の3件ある。巴屋旅館茅葺屋根は有名。

※この「温泉街」の解説は、「横川温泉」の解説の一部です。
「温泉街」を含む「横川温泉」の記事については、「横川温泉」の概要を参照ください。


温泉街

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/03/05 16:15 UTC 版)

七倉温泉」の記事における「温泉街」の解説

県道終点七倉山荘がある。一軒宿である。

※この「温泉街」の解説は、「七倉温泉」の解説の一部です。
「温泉街」を含む「七倉温泉」の記事については、「七倉温泉」の概要を参照ください。


温泉街

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/06/21 01:49 UTC 版)

星野温泉」の記事における「温泉街」の解説

軽井沢野鳥の森国道146号沿って、「ホテルブレストンコート」、石の教会・内村鑑三記念堂旅館「星のや 軽井沢」、日帰り入浴施設トンボの湯」、レストラン村民食堂」および商業施設「ハルニレテラス」(2009年7月11日開業)が存在する一帯星野リゾートグループが運営しており、前述の6施設のほか、軽井沢高原教会湯川キャンプ場田崎美術館などがあり、近隣千ヶ滝温泉塩壺温泉がある。

※この「温泉街」の解説は、「星野温泉」の解説の一部です。
「温泉街」を含む「星野温泉」の記事については、「星野温泉」の概要を参照ください。


温泉街

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/13 00:20 UTC 版)

湯谷温泉 (愛知県)」の記事における「温泉街」の解説

景勝地として名高い鳳来峡宇連川沿いに広がっており、日本百名湯にも選ばれている。県道439号と鳳来寺山パークウェイとの分岐点に当たる温泉街入り口には温泉スタンドがあり源泉購入できるほか、2008年には足湯設置された。

※この「温泉街」の解説は、「湯谷温泉 (愛知県)」の解説の一部です。
「温泉街」を含む「湯谷温泉 (愛知県)」の記事については、「湯谷温泉 (愛知県)」の概要を参照ください。


温泉街

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/03 15:08 UTC 版)

天塩温泉」の記事における「温泉街」の解説

日帰り入浴施設宿泊施設兼ねたてしお温泉夕映」の一軒宿マヨネーズ容器入ったプリン「てしおChu Chuプリン」が名物

※この「温泉街」の解説は、「天塩温泉」の解説の一部です。
「温泉街」を含む「天塩温泉」の記事については、「天塩温泉」の概要を参照ください。


温泉街

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/03/28 05:30 UTC 版)

太良温泉」の記事における「温泉街」の解説

有明海に浮かぶ有人島陸繋島)、竹崎島やその近辺海岸十数軒のホテル旅館が並ぶ。竹崎漁港竹崎水揚げで有名で、それを売りとしているほか、冬季には牡蛎小屋見られグルメ目的観光客多く訪れる。

※この「温泉街」の解説は、「太良温泉」の解説の一部です。
「温泉街」を含む「太良温泉」の記事については、「太良温泉」の概要を参照ください。


温泉街

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/14 07:29 UTC 版)

十和田湖畔温泉」の記事における「温泉街」の解説

十和田八幡平国立公園内の十和田湖湖畔休屋地区に温泉街が広がる県境位置するため、旅館も両県にまたがって15存在する。また当地には共同浴場存在しない。 なお、当温泉十和田湖湖畔ありながら十和田湖温泉郷には含まれない

※この「温泉街」の解説は、「十和田湖畔温泉」の解説の一部です。
「温泉街」を含む「十和田湖畔温泉」の記事については、「十和田湖畔温泉」の概要を参照ください。


温泉街

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/02/08 15:06 UTC 版)

青根温泉」の記事における「温泉街」の解説

蔵王連峰東側に温泉街が広がる。以下の宿がある。 流辿 観山聴月 とだ家 岡崎旅館 湯元不忘閣 - 日本秘湯を守る会会員 名号舘 坊源は2011年3月31日閉館日帰り入浴施設じゃっぽの湯がある。 足湯は以下の2つある。 停車場の湯 朝日の湯 かつて共同浴場は「大湯」「名号湯」の二軒存在したそのうち一軒であった大湯」は、隣接する旅館湯元不忘閣」の内湯兼ねていた。 大湯老朽化に伴い代わりに日帰り入浴施設建設されることとなり、2006年3月15日共同浴場2つとも一旦閉鎖され日帰り入浴施設じゃっぽの湯」がオープンした。 しかし「大湯」は、元々伊達氏からの歴史があることから観光客中心に復活要望強く地元自治体支援取り付け改装し2008年4月湯元不忘閣の宿泊客のみが利用できる形ではあるが再建された。

※この「温泉街」の解説は、「青根温泉」の解説の一部です。
「温泉街」を含む「青根温泉」の記事については、「青根温泉」の概要を参照ください。


温泉街

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/03/14 02:03 UTC 版)

大釜温泉」の記事における「温泉街」の解説

一軒宿の「大釜温泉旅館」が存在する廃校となった小学校建物移築し旅館として利用しているのが大きな特徴である。入り口には、小学校門柱風の標識に「乳頭温泉小学校大釜分校 大釜温泉旅館と書かれた看板存在し、昔の小学校というイメージ醸し出している(実際にこの地に分校があったわけではない)。 一軒宿は、軒先足湯備えている。

※この「温泉街」の解説は、「大釜温泉」の解説の一部です。
「温泉街」を含む「大釜温泉」の記事については、「大釜温泉」の概要を参照ください。


温泉街

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/05/31 16:08 UTC 版)

芦野温泉」の記事における「温泉街」の解説

ホテルお座敷劇場「歌振り座」、レストランテニスコートなどを備えた入浴施設が1軒が存在する

※この「温泉街」の解説は、「芦野温泉」の解説の一部です。
「温泉街」を含む「芦野温泉」の記事については、「芦野温泉」の概要を参照ください。


温泉街

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/05/31 15:17 UTC 版)

女夫渕温泉」の記事における「温泉街」の解説

奥鬼怒温泉郷入り口温泉広がる当地奥鬼怒温泉郷には含まれない)。 当地までは一般車両での来訪可能だが、ここから伸びる奥鬼怒スーパー林道一般車両通行禁止されている。その対応として、奥鬼怒温泉郷への訪問客鬼怒沼尾瀬への登山者用の駐車場エリアがある。 一軒宿の「女夫渕温泉ホテル」があったが、2013年2月25日震度5強の地震発生し大きく損壊したため、休業し2013年7月31日廃業ホテル解体行った12露天風呂有り、その多さで有名であった1970年開業

※この「温泉街」の解説は、「女夫渕温泉」の解説の一部です。
「温泉街」を含む「女夫渕温泉」の記事については、「女夫渕温泉」の概要を参照ください。


温泉街

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/03/27 05:58 UTC 版)

香住温泉」の記事における「温泉街」の解説

名勝香住海岸内陸に湧く、冬は松葉ガニ味覚有名な温泉地である。夕日漁火夕菅名所としても知られる温泉利用する宿泊施設14軒以上、その他に温泉ひかない宿泊施設もある。2010年現在内湯のみで外湯存在しない宿泊施設香住港中心に広く点在しており、温泉街を形成していない。香住港から出航する香住海岸遊覧船や、今子浦岡見公園大乗寺など観光スポットは多い。 香住矢田川温泉余部温泉柴山温泉および佐津温泉合わせ香温泉郷呼ばれる

※この「温泉街」の解説は、「香住温泉」の解説の一部です。
「温泉街」を含む「香住温泉」の記事については、「香住温泉」の概要を参照ください。


温泉街

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/09/09 10:33 UTC 版)

焼山温泉 (青森県)」の記事における「温泉街」の解説

国道102号国道103号交差点付近に温泉街が広がる宿泊施設ホテル旅館民宿含めて15存在する奥入瀬渓流十和田湖観光拠点になっており、大型宿泊施設が多い。 温泉郷には十和田湖温泉スキー場存在する共同浴場存在しない町営宿泊施設町民の家」はそれに近い利用のされ方をしている。 当温泉地猿倉温泉から引湯している。

※この「温泉街」の解説は、「焼山温泉 (青森県)」の解説の一部です。
「温泉街」を含む「焼山温泉 (青森県)」の記事については、「焼山温泉 (青森県)」の概要を参照ください。


温泉街

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/10/22 13:36 UTC 版)

焼山温泉 (新潟県)」の記事における「温泉街」の解説

一軒宿の「清風館」があり、焼山温泉スキー場がある。少し上に笹倉温泉一軒宿龍雲荘がある。

※この「温泉街」の解説は、「焼山温泉 (新潟県)」の解説の一部です。
「温泉街」を含む「焼山温泉 (新潟県)」の記事については、「焼山温泉 (新潟県)」の概要を参照ください。


温泉街

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/11/12 15:05 UTC 版)

今庄365温泉」の記事における「温泉街」の解説

今庄365スキー場に1軒の宿泊施設存在する共同浴場はないが、温泉地にある旅館にて日帰り入浴が可能である。

※この「温泉街」の解説は、「今庄365温泉」の解説の一部です。
「温泉街」を含む「今庄365温泉」の記事については、「今庄365温泉」の概要を参照ください。


温泉街

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/03 15:10 UTC 版)

千走川温泉」の記事における「温泉街」の解説

千走川上流に、一軒宿の「千走川温泉旅館」が存在する日帰り入浴が可能で、内風呂露天風呂備え加温掛け流し方式

※この「温泉街」の解説は、「千走川温泉」の解説の一部です。
「温泉街」を含む「千走川温泉」の記事については、「千走川温泉」の概要を参照ください。


温泉街

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/12/17 14:16 UTC 版)

大滝温泉 (秋田県)」の記事における「温泉街」の解説

旅館などの宿泊施設は7軒存在しそのうち旅館組合加盟は5軒である。 また大滝温泉郷には含まれないが、米代川対岸にある秋田労災病院入院患者向けに独自の温泉提供している。

※この「温泉街」の解説は、「大滝温泉 (秋田県)」の解説の一部です。
「温泉街」を含む「大滝温泉 (秋田県)」の記事については、「大滝温泉 (秋田県)」の概要を参照ください。


温泉街

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/12/23 06:10 UTC 版)

燕温泉」の記事における「温泉街」の解説

妙高山東麓にある。妙高山周辺では最も高所にある温泉で、標高約1100mの斜面に5軒の旅館と2軒の土産物屋並んでいて、妙高山登山東側入り口になっているバス終点から登山道へ続く狭い道の両側旅館などがひしめくように建っており、こぢんまりとした温泉街の情緒醸し出している。 温泉街の奥に無料入浴可能な露天風呂2つ存在する。「黄金の湯」と「河原の湯」である。両方とも妙高山登山道沿い(別ルート上)に位置する。「黄金の湯」の方が温泉街に近く徒歩約5分の所にあり、男女別で脱衣場完備している。「河原の湯」から数分歩いたところに日本の滝百選選ばれ惣滝展望できるポイントがある。近くには、2004年冬まで燕温泉スキー場があったが、2005年冬から休止し2007年3月廃止決定した河原の湯 黄金の湯(男湯惣滝日本の滝百選

※この「温泉街」の解説は、「燕温泉」の解説の一部です。
「温泉街」を含む「燕温泉」の記事については、「燕温泉」の概要を参照ください。


温泉街

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/01/09 09:19 UTC 版)

赤崎温泉」の記事における「温泉街」の解説

崎山半島西側大田地区位置している。市内和倉温泉とは異なり旅館は1軒のみである。 旅館眼前火力発電所があり、完全に眺望遮られているので風景を楽しむことはできない

※この「温泉街」の解説は、「赤崎温泉」の解説の一部です。
「温泉街」を含む「赤崎温泉」の記事については、「赤崎温泉」の概要を参照ください。


温泉街

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/01/28 08:47 UTC 版)

風の国温泉」の記事における「温泉街」の解説

一軒宿の「風の国」が存在する一軒宿といっても、温泉リゾート佇まいである。 標高230メートル小高い土地に約33ヘクタール広大な敷地内に施設点在している。 貸切コテージバーベキュー施設屋内テニスコートなど、いろいろな施設存在するまた、石州和紙の中のひとつ「勝地半紙」の紙漉き体験出来る。

※この「温泉街」の解説は、「風の国温泉」の解説の一部です。
「温泉街」を含む「風の国温泉」の記事については、「風の国温泉」の概要を参照ください。


温泉街

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/03/06 08:21 UTC 版)

池の平温泉 (立科町)」の記事における「温泉街」の解説

通称池の平温泉湯めぐりワールド男女別の大浴場の他に混浴ゾーンがある(水着着用)。混浴ゾーンには大露天風呂洞窟風呂サウナ檜風呂などがある。

※この「温泉街」の解説は、「池の平温泉 (立科町)」の解説の一部です。
「温泉街」を含む「池の平温泉 (立科町)」の記事については、「池の平温泉 (立科町)」の概要を参照ください。


温泉街

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/03/06 08:35 UTC 版)

よませ温泉」の記事における「温泉街」の解説

北信濃代表する高社山高井富士)の南東側山腹にあるよませスキー場内に掘削して創られた温泉日新の湯と遠見の湯という2つ露天風呂をもつ外湯と、引き湯利用し内湯をもつホテルが数軒ある。湯量豊富なため、エリア内舗装道路一部では除雪用に湯が流される遠見の湯は、信州サンセットポイント百景選ばれ絶景を楽しむことができる。日中北信五岳遠く北アルプスを、近くには千曲川信濃川)が流れ長野盆地一望する50分ごとに貸し切れる露天風呂がある。 1993年開業

※この「温泉街」の解説は、「よませ温泉」の解説の一部です。
「温泉街」を含む「よませ温泉」の記事については、「よませ温泉」の概要を参照ください。


温泉街

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/03/06 08:26 UTC 版)

塩壺温泉」の記事における「温泉街」の解説

外湯はなく、宿泊施設が1軒。塩壺温泉ホテルがあり、日帰り入浴も可能である。浴場にはジャグジー、寝湯、露天風呂備える。近隣星野温泉千ヶ滝温泉徒歩圏内にある。

※この「温泉街」の解説は、「塩壺温泉」の解説の一部です。
「温泉街」を含む「塩壺温泉」の記事については、「塩壺温泉」の概要を参照ください。


温泉街

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/03/06 08:33 UTC 版)

山の神温泉 (長野県)」の記事における「温泉街」の解説

長野市街の北側高台に、一軒宿の「山の神温泉」が存在する旅館からは善光寺とその境内一望できる

※この「温泉街」の解説は、「山の神温泉 (長野県)」の解説の一部です。
「温泉街」を含む「山の神温泉 (長野県)」の記事については、「山の神温泉 (長野県)」の概要を参照ください。


温泉街

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/03/06 08:35 UTC 版)

竜王温泉」の記事における「温泉街」の解説

温泉街は無い。北志賀高原竜王スキーパーク内に室内温泉施設がある。温泉宿施設は無いが、旅館組合がある。 スキー場ゲレンデの麓にある天井の高い一軒屋であるため、室内温泉では有るが冬は少し寒い。温泉温度熱湯ではない。

※この「温泉街」の解説は、「竜王温泉」の解説の一部です。
「温泉街」を含む「竜王温泉」の記事については、「竜王温泉」の概要を参照ください。


温泉街

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/03/23 08:52 UTC 版)

遠刈田温泉」の記事における「温泉街」の解説

蔵王連峰東麓に温泉街がある。また周辺高原地帯にも広く宿泊施設など点在している。 遠刈田温泉株式会社設置している公衆浴場が2軒あり、いずれも温泉街の中心部設置されている。1つ刈田嶺神社里宮)に隣接する「神の湯」である。もう1つ浴場「壽の湯」は、湯の熱さ小振り風情ある建物知られ観光客にも人気有る。 この地はまた土湯温泉鳴子温泉などと共にこけしで名を知られ温泉でもあり、街の周辺には幾つかの製造所見られる

※この「温泉街」の解説は、「遠刈田温泉」の解説の一部です。
「温泉街」を含む「遠刈田温泉」の記事については、「遠刈田温泉」の概要を参照ください。


温泉街

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/03 15:23 UTC 版)

朝里川温泉」の記事における「温泉街」の解説

1954年昭和29年)開湯。朝里川河口から約4キロメートル上流の畔に8軒の旅館ホテル小樽朝里クラッセホテル武蔵亭、朝里川温泉ホテル(旧かんぽの宿)など)が立地するほか、貸し別荘オートキャンプ場整備されている。スポーツ施設整備されており、夏場テニス札樽ゴルフ倶楽部ゴルフを、冬場朝里川温泉スキー場スキーを楽しむことができる。日帰り温泉専用施設として温泉街入口付近に湯の花 朝里殿」がある。

※この「温泉街」の解説は、「朝里川温泉」の解説の一部です。
「温泉街」を含む「朝里川温泉」の記事については、「朝里川温泉」の概要を参照ください。


温泉街

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/04/06 14:33 UTC 版)

川俣温泉」の記事における「温泉街」の解説

間欠泉展望台より望む間欠泉右上噴泉奥鬼怒へ続く県道沿いに旅館が4軒ある。こまゆみの里が少し離れた場所にあり、平家平温泉名乗っている。 川俣一柳閣 - 日本秘湯を守る会会員5つ露天風呂3つの貸切風呂あり。 国民宿舎山荘 - 内風呂露天風呂貸切露天風呂あり 仙心亭 - 内風呂露天風呂あり 平家平温泉 こまゆみの里 - 日本秘湯を守る会会員男女別の大浴場混浴露天風呂女性専用露天風呂古木くりぬいた大丸風呂あり。 川俣温泉ホテルふくよ館は2013年5月21日廃業2015年5月より復興御宿富双大馬グループ営業再開

※この「温泉街」の解説は、「川俣温泉」の解説の一部です。
「温泉街」を含む「川俣温泉」の記事については、「川俣温泉」の概要を参照ください。


温泉街

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/04/16 00:26 UTC 版)

喜連川温泉」の記事における「温泉街」の解説

喜連川城跡を中心に温泉施設点在している。もとは丘陵地帯位置する農村のため、観光客目当て旅館街歓楽街形成されていない。「喜連川少年院」にも温泉供給されているという。 温泉設備備えた宿泊施設は以下4軒ある(2010年12月現在)。ホテルベルセルバ・喜連川CC会員制ゴルフ場ゲストハウスとして建設され施設であるが、一般に開放されるようになったかんぽの宿栃木喜連川温泉 ホテルベルセルバ きつれがわ温泉さくら館 喜連川カントリークラブ 日帰り入浴施設は以下4軒ある(早乙女温泉を除く)。「きつれがわ」は最初温泉併設道の駅である。温泉スタンド存在する第一温泉浴場 もとゆ 老人福祉センター喜連川城第二温泉浴場 露天風呂 道の駅きつれがわ総合交流ターミナル荒川の湯」「内川の湯」 「喜連川早乙女温泉」は氏家地区近く源泉集中する喜連川地区中心部とは距離が離れており、泉質異なるため、独立した温泉として扱うことがある詳細早乙女温泉参照)。 湧出後の1990年代東日本旅客鉄道新規事業(現在は生活サービス事業組み入れられている)として、温泉パイプライン各戸供給される分譲住宅地フィオーレ喜連川」と「びゅうフォレスト喜連川」が開発分譲販売された。ただし配水過程水温低下するため、各戸での給湯器追い炊きなどによる加温必要になる。このことは2005年以降、びゅうフォレスト喜連川販売広告に目立つように記載されている。 第一温泉浴場 第二温泉浴場

※この「温泉街」の解説は、「喜連川温泉」の解説の一部です。
「温泉街」を含む「喜連川温泉」の記事については、「喜連川温泉」の概要を参照ください。


温泉街

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/04/16 00:26 UTC 版)

北志賀温泉」の記事における「温泉街」の解説

温泉街は無い。ゆうリゾートホテル(元 アムス・リゾートホテル)敷地内天然かけ流し温泉で、湯量は豊富である。北信濃代表する高社山高井富士)の東側山腹高井富士スキー場正面にある。 高社の湯という露天風呂冬季閉鎖)と内湯上記ホテル内にある(外来入浴可)。弱アルカリ性美肌の湯である。

※この「温泉街」の解説は、「北志賀温泉」の解説の一部です。
「温泉街」を含む「北志賀温泉」の記事については、「北志賀温泉」の概要を参照ください。


温泉街

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/04/22 13:44 UTC 版)

赤見温泉」の記事における「温泉街」の解説

出流原弁天池は、古生層石灰岩割れ目から湧き出て池を成している。かなり厚い土の層を通ってろ過されたは、年間通して水温16保っていて湧水は豊富である。この沸かしたのが赤見温泉である。 弁天池周りに4軒の宿がある。また池の周囲には磯山弁財天赤見温泉フィッシングパークなどがある。

※この「温泉街」の解説は、「赤見温泉」の解説の一部です。
「温泉街」を含む「赤見温泉」の記事については、「赤見温泉」の概要を参照ください。


温泉街

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/05/22 00:57 UTC 版)

湯野川温泉」の記事における「温泉街」の解説

下北半島奥地湯野渓流沿いに温泉地広がるホテルは1軒、旅館は3軒存在する日帰り入浴施設は1軒、濃々園(じょうじょうえん)がある。また地元の人用の共同浴場存在する河口慧海が、チベットから持ち帰った大蔵経などの教典を訳すためこの地の小さな寺に籠もり大志半ば死去した1970年 には漫画家つげ義春が、『アサヒグラフ』の取材大崎紀夫北井一夫と3人で下北半島訪れた際に立ち寄るが、原因不明高熱のため2日身動き取れなくなる。その際には大湊線終点からバス陸奥湾出口付近にある脇野沢村九艘泊漁村へ赴き、その貧し暮らしぶり無常感感じ自分もそこで暮らしたいとの願望持ち廃墟やそれに類する貧し暮らしたたずまいから、<意味化され社会化されていた自己>からの解放と生の回復希求感じ取る湯野川温泉を後にした3人は、牛滝、福浦長後佐井小さな漁村巡った後、仏が浦へ向かう。

※この「温泉街」の解説は、「湯野川温泉」の解説の一部です。
「温泉街」を含む「湯野川温泉」の記事については、「湯野川温泉」の概要を参照ください。


温泉街

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/06/03 06:10 UTC 版)

五浦元湯温泉」の記事における「温泉街」の解説

日帰り入浴施設天心乃湯があったが廃業した至近距離五浦温泉がある。

※この「温泉街」の解説は、「五浦元湯温泉」の解説の一部です。
「温泉街」を含む「五浦元湯温泉」の記事については、「五浦元湯温泉」の概要を参照ください。


温泉街

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/07/11 16:36 UTC 版)

吉井温泉 (群馬県)」の記事における「温泉街」の解説

日帰り入浴施設「牛伏の湯」が存在する。 但し、源泉入浴施設離れた位置にあり、入浴施設から約1kmの場所にある。 宿泊施設存在しない

※この「温泉街」の解説は、「吉井温泉 (群馬県)」の解説の一部です。
「温泉街」を含む「吉井温泉 (群馬県)」の記事については、「吉井温泉 (群馬県)」の概要を参照ください。


温泉街

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/07/11 16:34 UTC 版)

湯端温泉」の記事における「温泉街」の解説

一軒宿で温泉街と言えるものはない。宿泊施設備えている。

※この「温泉街」の解説は、「湯端温泉」の解説の一部です。
「温泉街」を含む「湯端温泉」の記事については、「湯端温泉」の概要を参照ください。


温泉街

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/07/11 14:52 UTC 版)

奥嬬恋温泉」の記事における「温泉街」の解説

嬬恋村内、干俣川群馬県道・長野県道112号大前須坂線新道)に挟まれた場所に1軒宿の「ふるさとの宿 干川旅館」が存在する建物コンクリート2・3階建てである

※この「温泉街」の解説は、「奥嬬恋温泉」の解説の一部です。
「温泉街」を含む「奥嬬恋温泉」の記事については、「奥嬬恋温泉」の概要を参照ください。


温泉街

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/07/26 04:05 UTC 版)

礁渓温泉」の記事における「温泉街」の解説

礁渓駅前からすぐに温泉街が広がり温泉路や徳陽一帯にはホテル旅館林立している。また、温泉路には足湯がある。

※この「温泉街」の解説は、「礁渓温泉」の解説の一部です。
「温泉街」を含む「礁渓温泉」の記事については、「礁渓温泉」の概要を参照ください。


温泉街

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/03 15:23 UTC 版)

愛山渓温泉」の記事における「温泉街」の解説

一軒宿の「愛山渓倶楽部」が存在する日帰り入浴可能で男女別の内風呂のみある。 隣接して無料足湯施設(2020年7月現在使用休止中)、および登山客用山小屋施設愛山渓ヒュッテ)がある。山小屋には共同浴場はなく、愛山渓倶楽部日帰り入浴利用することになる。アクセス道路閉鎖される冬期10月下旬 - 4月下旬)は愛山渓倶楽部営業休止するが、山小屋利用可能

※この「温泉街」の解説は、「愛山渓温泉」の解説の一部です。
「温泉街」を含む「愛山渓温泉」の記事については、「愛山渓温泉」の概要を参照ください。


温泉街

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/07/28 00:27 UTC 版)

金山温泉 (台湾)」の記事における「温泉街」の解説

陽明山東側位置する。「廣安宮」を中心として門前町として賑わう金山郷金包里老街および、太平洋面したところ、および下万里おおまかに分かれている。

※この「温泉街」の解説は、「金山温泉 (台湾)」の解説の一部です。
「温泉街」を含む「金山温泉 (台湾)」の記事については、「金山温泉 (台湾)」の概要を参照ください。


温泉街

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/07/30 01:13 UTC 版)

大沢温泉 (栃木県)」の記事における「温泉街」の解説

日帰り入浴可能な宿泊施設ラフォンテがある。露天風呂大沢温泉長寿の湯」、ジャグジーなどを備えた内風呂をラフォンテと言っている。内風呂から露天風呂へは目隠しはあるが数十メートルの距離がある。

※この「温泉街」の解説は、「大沢温泉 (栃木県)」の解説の一部です。
「温泉街」を含む「大沢温泉 (栃木県)」の記事については、「大沢温泉 (栃木県)」の概要を参照ください。


温泉街

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/11/02 05:19 UTC 版)

扉温泉」の記事における「温泉街」の解説

日帰り入浴施設 生活改善センターの湯(入湯料大人1人300円、中学生150円。石鹸持参のこと) 長野県道67号松本和田線を扉峠へ向かうと奈良井川水系薄川渓谷沿い標高1,050〜1,100メートル付近に明神館(みょうじんかん)が営業する過去には湯元館(ゆもと ぐんようかん)も営業していたが、閉館した

※この「温泉街」の解説は、「扉温泉」の解説の一部です。
「温泉街」を含む「扉温泉」の記事については、「扉温泉」の概要を参照ください。


温泉街

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/02/02 07:19 UTC 版)

黒羽温泉」の記事における「温泉街」の解説

内湯の他に露天風呂サウナ有り黒羽総合交流ターミナルセンターに黒羽温泉五峰の湯はあり、近くにはプールアスレチック陸上競技場などを備えた総合運動場の他に宿泊施設もある。

※この「温泉街」の解説は、「黒羽温泉」の解説の一部です。
「温泉街」を含む「黒羽温泉」の記事については、「黒羽温泉」の概要を参照ください。


温泉街

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/02/02 07:14 UTC 版)

高根沢温泉」の記事における「温泉街」の解説

コテージ備えた温泉保養施設の「元気あっぷむら」が存在する

※この「温泉街」の解説は、「高根沢温泉」の解説の一部です。
「温泉街」を含む「高根沢温泉」の記事については、「高根沢温泉」の概要を参照ください。


温泉街

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/02/03 01:07 UTC 版)

ニセコ東山温泉」の記事における「温泉街」の解説

ヒルトンニセコビレッジ(旧:ニセコ東山プリンスホテル)がある。

※この「温泉街」の解説は、「ニセコ東山温泉」の解説の一部です。
「温泉街」を含む「ニセコ東山温泉」の記事については、「ニセコ東山温泉」の概要を参照ください。


温泉街

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/31 03:37 UTC 版)

下諏訪温泉」の記事における「温泉街」の解説

諏訪大社下社春宮秋宮)の周り諏訪湖湖畔に約20軒の旅館存在する下諏訪宿という宿場町だった事から、かつての本陣などの建物や古い外観旅館などが町並み形成している。 共同浴場10存在する浴場名は以下のとおりである。 旦過の湯(たんがのゆ) 菅野湯(すげのゆ)または菅野温泉 遊泉ハウス児湯 矢木温泉 みなみ温泉 老人福祉センター 湖畔の湯 高木温泉(たかきおんせん新湯 高浜健康温泉センター ゆたん歩゜(ゆたんぽ富部温泉(とんべおんせん):2007年3月末廃業峰温泉ろっぽうおんせん):2010年3月廃業 旦過の湯 遊泉ハウス児湯 矢木温泉

※この「温泉街」の解説は、「下諏訪温泉」の解説の一部です。
「温泉街」を含む「下諏訪温泉」の記事については、「下諏訪温泉」の概要を参照ください。


温泉街

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/12/02 15:57 UTC 版)

白久温泉」の記事における「温泉街」の解説

荒川沿いに1軒、荒川支流谷津川を登った先に2軒の旅館存在する谷津川沿い側の温泉地には秩父三十四箇所1つで、三十番札所である法雲寺存在する

※この「温泉街」の解説は、「白久温泉」の解説の一部です。
「温泉街」を含む「白久温泉」の記事については、「白久温泉」の概要を参照ください。


温泉街

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/12/02 14:54 UTC 版)

小川温泉 (埼玉県)」の記事における「温泉街」の解説

小川赤十字病院近く山麓住宅街ある日帰り一軒湯。

※この「温泉街」の解説は、「小川温泉 (埼玉県)」の解説の一部です。
「温泉街」を含む「小川温泉 (埼玉県)」の記事については、「小川温泉 (埼玉県)」の概要を参照ください。


温泉街

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/12/20 16:00 UTC 版)

初谷温泉」の記事における「温泉街」の解説

一軒宿がある。

※この「温泉街」の解説は、「初谷温泉」の解説の一部です。
「温泉街」を含む「初谷温泉」の記事については、「初谷温泉」の概要を参照ください。


温泉街

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/03 15:10 UTC 版)

伊達温泉」の記事における「温泉街」の解説

日帰り入浴施設宿泊施設兼ねた一軒宿伊達温泉」のみが存在する

※この「温泉街」の解説は、「伊達温泉」の解説の一部です。
「温泉街」を含む「伊達温泉」の記事については、「伊達温泉」の概要を参照ください。


温泉街

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/02/05 03:10 UTC 版)

ニセコ湯本温泉」の記事における「温泉街」の解説

大湯沼のすぐ上に立地する蘭越町営の国民宿舎秩父」、他に旅館ペンションが各1軒の合計3軒の宿泊入浴施設がある。国民宿舎の名称は、秩父宮雍仁親王青年将校時代1928年ニセコスキーに来たことに由来する

※この「温泉街」の解説は、「ニセコ湯本温泉」の解説の一部です。
「温泉街」を含む「ニセコ湯本温泉」の記事については、「ニセコ湯本温泉」の概要を参照ください。


温泉街

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/02/01 05:34 UTC 版)

相乗温泉」の記事における「温泉街」の解説

秋田県との県境矢立峠に近い国道7号沿いを流れ平川源流一つである相乗沢川付近にある一軒宿温泉国道反対側には、線形改良により放棄され奥羽本線旧線廃線跡遺構残っている。

※この「温泉街」の解説は、「相乗温泉」の解説の一部です。
「温泉街」を含む「相乗温泉」の記事については、「相乗温泉」の概要を参照ください。


温泉街

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/02/06 18:08 UTC 版)

霧鹿温泉」の記事における「温泉街」の解説

天龍飯店というホテル一件宿として建つ。このホテル台20線東側ルート設備整っている唯一のホテルで、下記のような周辺観光地への拠点として使われることも多い。 温泉周囲には天龍吊橋鹿砲台のような日本統治時代遺跡が残る。 また周辺には春にサクラ咲き誇る利稲六口温泉碧山温泉などの温泉地栗松温泉轆轆温泉など山奥野湯などが存在する

※この「温泉街」の解説は、「霧鹿温泉」の解説の一部です。
「温泉街」を含む「霧鹿温泉」の記事については、「霧鹿温泉」の概要を参照ください。


温泉街

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/02/22 13:55 UTC 版)

松ノ湯温泉」の記事における「温泉街」の解説

一軒宿松渓館が存在する源泉はこの旅館の裏の崖にある。 近く川中温泉併せて吾妻渓谷温泉郷とも呼ばれている。

※この「温泉街」の解説は、「松ノ湯温泉」の解説の一部です。
「温泉街」を含む「松ノ湯温泉」の記事については、「松ノ湯温泉」の概要を参照ください。


温泉街

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/03/08 02:53 UTC 版)

大田原温泉」の記事における「温泉街」の解説

大田原温泉にはホテル龍城苑、及びその日帰り入浴施設太陽の湯がある。 那須野ヶ原温泉にはホテルアオキがある。 パインズ温泉には ホテル温泉ホテル大田原があり、パインズスパ スポーツクラブ併設されている。 ベルビュー温泉将棋のタイトル戦が開かれる那須野ヶ原ベルビューホテルにある。

※この「温泉街」の解説は、「大田原温泉」の解説の一部です。
「温泉街」を含む「大田原温泉」の記事については、「大田原温泉」の概要を参照ください。


温泉街

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/03/13 02:14 UTC 版)

今井浜温泉」の記事における「温泉街」の解説

伊豆舞子浜の異名を取る今井浜海岸沿線ホテル旅館ペンションなどが林立し温泉リゾート形成している。古く新婚旅行メッカとしても栄え、現在もサーフィン海水浴などの避暑客冬場には避寒客が多く訪れる。サンシップ今井浜は船の形をした町営浴用施設で、浴室から海を展望できるほか水着のまま利用できるデッキがある。サンシップ今井浜は2012年9月30日閉館

※この「温泉街」の解説は、「今井浜温泉」の解説の一部です。
「温泉街」を含む「今井浜温泉」の記事については、「今井浜温泉」の概要を参照ください。


温泉街

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/03/13 05:19 UTC 版)

松崎温泉」の記事における「温泉街」の解説

松崎港周辺に温泉街が広がる鏝絵名手として知られる入江長八ゆかりの地であり、「伊豆の長八美術館」が存在し、また温泉地には「なまこ壁」の町並み見られる県道15号線沿いに源泉存在する古くは、そのの下に湯船存在し入浴することができた。浴槽撤去後源泉の傍に足湯作れていたが、いずれも現存しない。 補足3月から5月上旬開催されている「田んぼつかった花畑那賀大規模花畑)」の期間中足湯設置されている。

※この「温泉街」の解説は、「松崎温泉」の解説の一部です。
「温泉街」を含む「松崎温泉」の記事については、「松崎温泉」の概要を参照ください。


温泉街

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/03/13 18:50 UTC 版)

上高地温泉」の記事における「温泉街」の解説

焼岳源泉とする出湯。2軒のホテル存在する営業期間4月後半から11月中旬で、それ以外の期間は閉鎖される上高地温泉ホテル 上高地ルミエスタホテル(旧・上高地清水屋ホテル

※この「温泉街」の解説は、「上高地温泉」の解説の一部です。
「温泉街」を含む「上高地温泉」の記事については、「上高地温泉」の概要を参照ください。


温泉街

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/03/13 23:23 UTC 版)

裂石温泉」の記事における「温泉街」の解説

秩父多摩甲斐国立公園中に日本秘湯を守る会にも属す一軒宿峰荘がある。大菩薩峠近く中里介山逗留した雲峰寺近くにある。 源泉ペットボトル詰めたミネラルウォーター販売もしている。

※この「温泉街」の解説は、「裂石温泉」の解説の一部です。
「温泉街」を含む「裂石温泉」の記事については、「裂石温泉」の概要を参照ください。


温泉街

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/03/13 23:19 UTC 版)

御座石鉱泉」の記事における「温泉街」の解説

宿が1軒。浴室2つある。鳳凰三山登山口で、登山者利用が多い。

※この「温泉街」の解説は、「御座石鉱泉」の解説の一部です。
「温泉街」を含む「御座石鉱泉」の記事については、「御座石鉱泉」の概要を参照ください。


温泉街

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/07/06 00:45 UTC 版)

霧島温泉郷」の記事における「温泉街」の解説

丸尾温泉参照

※この「温泉街」の解説は、「霧島温泉郷」の解説の一部です。
「温泉街」を含む「霧島温泉郷」の記事については、「霧島温泉郷」の概要を参照ください。


温泉街

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/03 15:31 UTC 版)

川汲温泉」の記事における「温泉街」の解説

川汲川の渓流挟んで川汲温泉ホテルと明荘の二軒温泉宿存在する

※この「温泉街」の解説は、「川汲温泉」の解説の一部です。
「温泉街」を含む「川汲温泉」の記事については、「川汲温泉」の概要を参照ください。


温泉街

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/03/13 21:36 UTC 版)

大川温泉」の記事における「温泉街」の解説

山と海に囲まれた、海岸沿いの狭い土地に数軒の旅館が3件、ホテルが1件が存在する廃業した旅館跡も多い。伊豆穴場である。共同浴場は、漁港の端に露天風呂の磯の湯がある。また、駅前には伊豆大川温泉ホテル源泉から引いた足湯存在する

※この「温泉街」の解説は、「大川温泉」の解説の一部です。
「温泉街」を含む「大川温泉」の記事については、「大川温泉」の概要を参照ください。


温泉街

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/01/31 14:34 UTC 版)

ニセコ駅前温泉」の記事における「温泉街」の解説

ニセコ駅のすぐ近くに、ニセコ町営の日帰り入浴施設綺羅乃湯」が1軒のみある。洋風和風浴室、および露天風呂があり、男女用が日替わり交代する

※この「温泉街」の解説は、「ニセコ駅前温泉」の解説の一部です。
「温泉街」を含む「ニセコ駅前温泉」の記事については、「ニセコ駅前温泉」の概要を参照ください。


温泉街

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/04/06 12:04 UTC 版)

寝待温泉」の記事における「温泉街」の解説

集落内に共同浴場が1軒、湯治小屋が1軒ある。

※この「温泉街」の解説は、「寝待温泉」の解説の一部です。
「温泉街」を含む「寝待温泉」の記事については、「寝待温泉」の概要を参照ください。


温泉街

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/04/07 23:43 UTC 版)

新岩間温泉」の記事における「温泉街」の解説

1軒宿の山崎旅館露天風呂混浴冬季休業(11月 - 5月中旬) 。 日本秘湯を守る会会員の宿。長らく閉鎖状態にあった2012年改装した上で再開している。

※この「温泉街」の解説は、「新岩間温泉」の解説の一部です。
「温泉街」を含む「新岩間温泉」の記事については、「新岩間温泉」の概要を参照ください。


温泉街

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/04/26 14:26 UTC 版)

梨木温泉」の記事における「温泉街」の解説

一軒宿の「梨木館」、および同旅館離れ特別室「はせを亭」が存在する専用貸し切り露天風呂名物である。最近は各界の著名人訪れるなどして、人気出できており、予約待ち1年ほどのこともある。きじを飼育しており、きじ料理で有名。

※この「温泉街」の解説は、「梨木温泉」の解説の一部です。
「温泉街」を含む「梨木温泉」の記事については、「梨木温泉」の概要を参照ください。


温泉街

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/04/28 14:35 UTC 版)

新穂高温泉」の記事における「温泉街」の解説

温泉街は広範囲広がり最奥部の「新穂高地区」、栃尾温泉寄りの「蒲田地区」、高台位置する中尾地区」の3地区分かれそれぞれ源泉が違う。 最も歴史が古い新穂高地区には新穂高ロープウェイの駅があり、北アルプス穂高連峰登山基地ともなっている。 また寸志入浴可能な露天風呂新穂高の湯」や、ロープウェイ近くバス発着場には飲泉場がある。 昭和に入ってから源泉発見され中尾地区には、「足洗いの湯」という足湯存在し眺望良く穂高連峰をはじめ槍ヶ岳笠ヶ岳錫杖岳などが一望できる豊富な湯量活かして、各旅館巨大な露天風呂有しているところが多い。 栃尾温泉新穂高温泉を結ぶ県道475号の内、新穂高温泉の手前(神坂トンネル出口付近)から中尾温泉口(新穂高の湯の直前)までを結ぶ「蒲田バイパス」の建設により、観光シーズン大型車通行による渋滞や、落石雪崩による通行止めといった問題解消された。

※この「温泉街」の解説は、「新穂高温泉」の解説の一部です。
「温泉街」を含む「新穂高温泉」の記事については、「新穂高温泉」の概要を参照ください。


温泉街

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/04/29 15:41 UTC 版)

半原温泉」の記事における「温泉街」の解説

中津川河原沿いに一軒宿の「観泉荘こまや」が存在する川魚料理料理売りである。特に料理力を入れている。愛川町では他にも半原地区温泉開発計画中である(但し、開発後の温泉半原温泉名乗るかは未定)。

※この「温泉街」の解説は、「半原温泉」の解説の一部です。
「温泉街」を含む「半原温泉」の記事については、「半原温泉」の概要を参照ください。


温泉街

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/04/29 16:00 UTC 版)

山田温泉 (沖縄県)」の記事における「温泉街」の解説

ルネッサンス リゾート オキナワ」の一施設として運営されている。

※この「温泉街」の解説は、「山田温泉 (沖縄県)」の解説の一部です。
「温泉街」を含む「山田温泉 (沖縄県)」の記事については、「山田温泉 (沖縄県)」の概要を参照ください。


温泉街

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/04/29 15:36 UTC 版)

根府川温泉」の記事における「温泉街」の解説

3軒のホテル旅館存在する。うち一軒はかつて雇用・能力開発機構保有しその後小田原市売却後ヒルトン運営委託受けているヒルトン小田原リゾート&スパ

※この「温泉街」の解説は、「根府川温泉」の解説の一部です。
「温泉街」を含む「根府川温泉」の記事については、「根府川温泉」の概要を参照ください。


温泉街

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/04/29 15:27 UTC 版)

陣馬の湯」の記事における「温泉街」の解説

宿は、姫谷旅館、陣谷温泉、陣渓園の3軒ある。休日陣馬山からのハイカー利用が多い。

※この「温泉街」の解説は、「陣馬の湯」の解説の一部です。
「温泉街」を含む「陣馬の湯」の記事については、「陣馬の湯」の概要を参照ください。


温泉街

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/03 15:20 UTC 版)

旭岳温泉」の記事における「温泉街」の解説

大雪山西側にあり、標高1,100メートル地点にある。大雪山系反対側(東側)にある層雲峡温泉全国的に有名な温泉街であることに対して旭岳側は静かでゆったりとした温泉街となっている。ホテル民宿ユースホステル等がロープウェー山麓駅まで道道沿って十軒前後存在する国立公園内でもあり歓楽色はなく、新たな宿の設置できない環境であるものの、旭岳ロープウェイにより手軽に山頂近くアクセスできることから人気高まっており、宿の改築改修相次いでいる。宿によっては部屋の窓から旭岳望めるところもある。宿泊者は年・時期によっては天人峡温泉と共通の温泉手形で両温泉地の中から3か所の湯めぐりができる。 旭岳温泉裏庭ミズバショウが咲くような高原にあるが、旭岳温泉からロープウェイで登った姿見の池近辺は、気候的に日本アルプスの2,500メートル上の高原相当し7月から8月には日本最大高山植物花畑広がっており、登山装備無くて高原散歩できる。 冬は、ロープウェーで登った先の姿見駅から下へ滑り降りるスキーコース旭岳スキーコースがあり、日本で最も遅くまで滑降できる場所として有名。圧雪はしているがスキー場はないたパトロールはいない。

※この「温泉街」の解説は、「旭岳温泉」の解説の一部です。
「温泉街」を含む「旭岳温泉」の記事については、「旭岳温泉」の概要を参照ください。


温泉街

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/05/09 06:27 UTC 版)

大塩裏磐梯温泉」の記事における「温泉街」の解説

裏磐梯とも言われる磐梯山北西側国道459号および大塩川沿いに温泉地広がる。5軒の旅館点在する共同浴場などは存在しない。そのため、日帰り入浴旅館日帰り受付利用することになる。

※この「温泉街」の解説は、「大塩裏磐梯温泉」の解説の一部です。
「温泉街」を含む「大塩裏磐梯温泉」の記事については、「大塩裏磐梯温泉」の概要を参照ください。


温泉街

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/02 02:23 UTC 版)

榛名湖温泉」の記事における「温泉街」の解説

宿泊施設ゆうすげ元湯」が存在する。「ゆうすげ元湯」には「本館」「コテージ」「湖畔荘」といった、人数目的別選べる建物部屋がある(詳しく外部リンク参照のこと)。

※この「温泉街」の解説は、「榛名湖温泉」の解説の一部です。
「温泉街」を含む「榛名湖温泉」の記事については、「榛名湖温泉」の概要を参照ください。


温泉街

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/03 20:31 UTC 版)

杖立温泉」の記事における「温泉街」の解説

杖立川沿いの谷間の狭地に大型旅館こぢんまりとした旅館湯治客を対象とした旅館など様々な旅館19存在する。 温泉街では湯巡り手帳発行している。 共同浴場は5軒存在する。元湯、薬師湯、御前湯、流泉湯、第二自然湯である。また、足湯のある公園存在する。 なお、当温泉一帯耶馬日田英彦山国定公園含まれる

※この「温泉街」の解説は、「杖立温泉」の解説の一部です。
「温泉街」を含む「杖立温泉」の記事については、「杖立温泉」の概要を参照ください。


温泉街

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/06/02 15:12 UTC 版)

吹上温泉 (鹿児島県)」の記事における「温泉街」の解説

吹上温泉は南薩地方とりわけ西部の人好まれてきたいで湯であり、素朴な温泉街が情緒醸し出している。西方には日本有数砂丘吹上浜広がっており、その近くには国民宿舎がある。 共同浴場は7軒存在する

※この「温泉街」の解説は、「吹上温泉 (鹿児島県)」の解説の一部です。
「温泉街」を含む「吹上温泉 (鹿児島県)」の記事については、「吹上温泉 (鹿児島県)」の概要を参照ください。


温泉街

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/06/02 15:00 UTC 版)

重富温泉」の記事における「温泉街」の解説

狩川沿いに日帰り入浴施設の「重富温泉」が存在しており、温泉利用する施設は同施設のみである。

※この「温泉街」の解説は、「重富温泉」の解説の一部です。
「温泉街」を含む「重富温泉」の記事については、「重富温泉」の概要を参照ください。


温泉街

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/06/02 14:50 UTC 版)

鹿児島市街地の温泉」の記事における「温泉街」の解説

温泉群は鹿児島市市街地内に散在しており、おおむね鹿児島市市街地全体が温泉街といえる鹿児島市街地にある公衆浴場のほとんどが温泉利用している。 温泉利用していない公衆浴場探すほうが難し状況となっている。

※この「温泉街」の解説は、「鹿児島市街地の温泉」の解説の一部です。
「温泉街」を含む「鹿児島市街地の温泉」の記事については、「鹿児島市街地の温泉」の概要を参照ください。


温泉街

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/06/06 16:39 UTC 版)

白馬塩の道温泉」の記事における「温泉街」の解説

白馬八方温泉と共に白馬駅前、北アルプス側に温泉街が広がる周囲にはスキー場多く存在する。 温泉街には4軒の共同浴場がある。 ガーデン湯 倉下の湯 エコーランドの湯 岩岳の湯

※この「温泉街」の解説は、「白馬塩の道温泉」の解説の一部です。
「温泉街」を含む「白馬塩の道温泉」の記事については、「白馬塩の道温泉」の概要を参照ください。


温泉街

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/06/12 03:48 UTC 版)

甲斐大泉温泉」の記事における「温泉街」の解説

温泉街とはいえないが、JR小海線甲斐大泉駅周辺に、ホテル一軒日帰り入浴施設一軒存在する

※この「温泉街」の解説は、「甲斐大泉温泉」の解説の一部です。
「温泉街」を含む「甲斐大泉温泉」の記事については、「甲斐大泉温泉」の概要を参照ください。


温泉街

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/06/25 06:43 UTC 版)

河内千丈温泉」の記事における「温泉街」の解説

ふるさと保養センター清流」、ほか4軒の旅館ペンション存在する

※この「温泉街」の解説は、「河内千丈温泉」の解説の一部です。
「温泉街」を含む「河内千丈温泉」の記事については、「河内千丈温泉」の概要を参照ください。


温泉街

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/07/01 02:53 UTC 版)

道後さや温泉」の記事における「温泉街」の解説

入浴施設一軒、「ゆらら」が存在する

※この「温泉街」の解説は、「道後さや温泉」の解説の一部です。
「温泉街」を含む「道後さや温泉」の記事については、「道後さや温泉」の概要を参照ください。


温泉街

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/03 15:09 UTC 版)

神居岩温泉」の記事における「温泉街」の解説

一軒宿ホテル神居岩があり、日帰り入浴対応している

※この「温泉街」の解説は、「神居岩温泉」の解説の一部です。
「温泉街」を含む「神居岩温泉」の記事については、「神居岩温泉」の概要を参照ください。


温泉街

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/07/31 14:23 UTC 版)

台温泉」の記事における「温泉街」の解説

台川沿いの谷間に約20件の旅館ひしめくように建っている。しかし、廃業した旅館多く廃墟となっているものもある。その中にある中嶋旅館は、宮大工によって造られ四層の純和風建築外観が有名である。旅館のほかに、数軒の商店がある。 最寄り金融機関としては、台温泉簡易郵便局がある。2006年5月16日より一時閉鎖となっていたが、2008年11月17日より現在地移転して業務再開している。他の金融機関ATMはない。 台温泉の温泉街からは外れるが、花巻温泉台温泉のほぼ中間岩手医科大学附属花巻温泉病院調剤薬局がある。

※この「温泉街」の解説は、「台温泉」の解説の一部です。
「温泉街」を含む「台温泉」の記事については、「台温泉」の概要を参照ください。


温泉街

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/07/31 14:27 UTC 版)

山の神温泉 (岩手県)」の記事における「温泉街」の解説

花巻南温泉峡入り口から5番目の温泉である。大沢温泉高倉山温泉の間に位置する豊沢川沿いに、一軒宿存在するかつては休業であった湯治場一軒宿であったが、大型旅館改装され、そしてその後休業経て経営者によって営業再開し現在に至る。

※この「温泉街」の解説は、「山の神温泉 (岩手県)」の解説の一部です。
「温泉街」を含む「山の神温泉 (岩手県)」の記事については、「山の神温泉 (岩手県)」の概要を参照ください。


温泉街

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/07/31 14:29 UTC 版)

下田温泉 (静岡県)」の記事における「温泉街」の解説

観音温泉相玉温泉それぞれ一軒宿である。河内温泉には二軒の宿が、蓮台寺白浜にはそれぞれ温泉街が形成されている。 河内温泉金谷旅館千人風呂が有名である。日本一大きさを誇る檜風呂であるといわれる共同浴場は、河内温泉には地元専用のものが1軒、白浜温泉に2軒存在する

※この「温泉街」の解説は、「下田温泉 (静岡県)」の解説の一部です。
「温泉街」を含む「下田温泉 (静岡県)」の記事については、「下田温泉 (静岡県)」の概要を参照ください。


温泉街

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/07/31 14:25 UTC 版)

渡り温泉」の記事における「温泉街」の解説

花巻南温泉峡入り口から3番目の宿である。志戸平温泉の上流、大沢温泉の手前、豊沢川沿いに一軒宿の「花ごころの宿 渡り」が存在する

※この「温泉街」の解説は、「渡り温泉」の解説の一部です。
「温泉街」を含む「渡り温泉」の記事については、「渡り温泉」の概要を参照ください。


温泉街

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/07/31 14:24 UTC 版)

新鉛温泉」の記事における「温泉街」の解説

花巻南温泉峡最奥部入り口から8番目の温泉である。鉛温泉の奥に位置する豊沢川沿いに、ホテル愛隣館が存在する新鉛温泉はこの一軒のみである。隣の鉛温泉「白の湯」のような立ち湯も存在する

※この「温泉街」の解説は、「新鉛温泉」の解説の一部です。
「温泉街」を含む「新鉛温泉」の記事については、「新鉛温泉」の概要を参照ください。


温泉街

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/07/31 14:27 UTC 版)

東八幡平温泉」の記事における「温泉街」の解説

岩手山北側温泉地広がる

※この「温泉街」の解説は、「東八幡平温泉」の解説の一部です。
「温泉街」を含む「東八幡平温泉」の記事については、「東八幡平温泉」の概要を参照ください。


温泉街

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/07/31 14:29 UTC 版)

北川温泉 (静岡県)」の記事における「温泉街」の解説

海岸沿いに9軒の旅館が並ぶ。近くには北川漁港もある。海沿い岩場には混浴露天風呂黒根岩風呂」がある。「アメリカ見え露天風呂」という謳い文句書いてある。目の前に伊豆大島見える。

※この「温泉街」の解説は、「北川温泉 (静岡県)」の解説の一部です。
「温泉街」を含む「北川温泉 (静岡県)」の記事については、「北川温泉 (静岡県)」の概要を参照ください。


温泉街

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/03/25 22:49 UTC 版)

積翠寺温泉」の記事における「温泉街」の解説

甲府市街地を形成する相川扇状地頂部甲府駅の北約4キロ標高540700メートル、国の史跡指定されている要害山城の麓に位置している。 積翠寺温泉とは、要害温泉地図)及び古湯坊温泉地図)2湯の総称であり、両温泉にはそれぞれ1軒ずつの旅館存在する積翠寺という地名当地にある寺院名由来する市街地隣接した高台にあるため、甲府盆地夜景眺めることができる。 2017年1月31日を以て要害温泉将来的施設維持費考慮した結果閉館となり、古湯坊温泉老朽化改修費用工面つかないことを理由同年3月21日より休館となっている。要害温泉障害者用の福祉施設となる一方で古湯坊温泉旅館施設として再開目指すとしている。

※この「温泉街」の解説は、「積翠寺温泉」の解説の一部です。
「温泉街」を含む「積翠寺温泉」の記事については、「積翠寺温泉」の概要を参照ください。


温泉街

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/09/08 16:59 UTC 版)

鳥取温泉」の記事における「温泉街」の解説

鳥取市中心部市街地温泉湧出している。湯田温泉山口市)などと並び県庁所在地繁華街存在する温泉である。旅館線路北側に3軒、南側にも1軒存在する

※この「温泉街」の解説は、「鳥取温泉」の解説の一部です。
「温泉街」を含む「鳥取温泉」の記事については、「鳥取温泉」の概要を参照ください。


温泉街

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/15 03:35 UTC 版)

湯田上温泉」の記事における「温泉街」の解説

護摩堂山山麓に温泉街が広がる旅館は5軒存在する湯田上と丘を挟んだ北側には、温泉スタンド日帰り入浴施設内包する田上町多目的交流施設ごまどう湯っ多里館」がある。町は同施設温泉名を「田上ごまどう温泉」としており、また湯田上の温泉街にも直接接してはいないものの、この「ごまどう温泉」を含めた上で広義の「湯田上温泉」とする場合がある。

※この「温泉街」の解説は、「湯田上温泉」の解説の一部です。
「温泉街」を含む「湯田上温泉」の記事については、「湯田上温泉」の概要を参照ください。


温泉街

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/03 15:28 UTC 版)

白老温泉」の記事における「温泉街」の解説

国道36号旧道沿いに「ピリカレラホテル」を初めとする数軒の施設がある。

※この「温泉街」の解説は、「白老温泉」の解説の一部です。
「温泉街」を含む「白老温泉」の記事については、「白老温泉」の概要を参照ください。


温泉街

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/09/13 01:08 UTC 版)

松倉温泉」の記事における「温泉街」の解説

花巻南温泉峡入り口位置する温泉である。豊沢川沿いに、ガーデンリゾート 悠の湯 風の季が存在する周辺には老人福祉関連の施設多くある。 かつては同じ箇所ホテル水松園が存在したテニスコートゴルフ練習場などを備えた大規模な施設だった。2010年1月閉館

※この「温泉街」の解説は、「松倉温泉」の解説の一部です。
「温泉街」を含む「松倉温泉」の記事については、「松倉温泉」の概要を参照ください。


温泉街

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/15 08:13 UTC 版)

峐の湯温泉」の記事における「温泉街」の解説

「山翠」、「まつや」、「わいた山荘」「たけの」の4軒の旅館と、1998年開業家族風呂専用24時間営業日帰り貸切り温泉「くぬぎの湯」、1軒の共同浴場からなる旅館ごとに専用源泉を持つため、異な泉質温泉があり、ほとんどが源泉掛け流しである。山の斜面利用した立地旅館からの眺望がよく、広大な展望と自然の懐に抱かれ静かな環境堪能できる涌蓋山登山口でもあり、1時間ほどで涌蓋山頂に至る。 温泉地地面いたるところから、もうもうと湯煙吹き上げており、独自の景観をなしている。また、この地熱利用した蒸し地鶏等の料理名物になっている旅館「山翠(さんすい)」 温泉街の中でも最も高い場所位置し近隣の街から車で1時間ほどかかる。混浴露天風呂洞窟風呂内風呂打たせ湯などバラエティ豊かな風呂を持つ。97地獄蒸気蒸しあげた、まるまま地鶏料理名物日帰り入湯可。 「やすらぎの宿 まつや」 創業150年老舗だが、「松屋旅館」から平成10年に「やすらぎの宿・まつや」としてリニューアル木造2階建て。混浴露天風呂始め貸切り風呂家族風呂など8種類お風呂楽しめる名物は「元祖地鶏地獄蒸し」。8室のすべてから、涌蓋山望める。日帰り入湯可。2014年平成26年)に温泉余剰蒸気利用した地熱発電所小国まつや発電所」を開設し再生可能エネルギーの活用として熊本県一番乗りをしている。 「わいた山荘2つ源泉をもつ。一つ乳白色の湯。屋上展望桶風呂露天風呂など、6つお風呂をもち、貸切りも可。やはり地獄蒸し名物とする。2020年令和2年)に「わいた館」に名称変更しリニューアル日帰り入湯不可。 「たけの2005年開業新し旅館だが、築280年古民家移設して建設されたため、古風な雰囲気を持つ。 「くぬぎの湯」 24時間営業貸切り専用日帰り温泉家族露天風呂家族内湯、卵やサツマイモを蒸すことができる「蒸し地獄」がある。 共同浴場 コンクリート打ちっ放し浴室ひょうたん型をした湯船を持つユニークな造り無色透明間欠泉湧き出している。

※この「温泉街」の解説は、「峐の湯温泉」の解説の一部です。
「温泉街」を含む「峐の湯温泉」の記事については、「峐の湯温泉」の概要を参照ください。


温泉街

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/10/03 16:12 UTC 版)

寒の地獄温泉」の記事における「温泉街」の解説

日本秘湯を守る会にも属す寒の地獄旅館存在する山麓一軒宿で温泉街は無いが、やまなみハイウェイ沿いの隣のバス停くじゅう登山口)に「長者原ヘルスセンター」、逆側のバス停は「星生温泉」「牧の戸温泉」と一軒宿続いている。いずれも九重連山から湧出する硫化水素泉である。

※この「温泉街」の解説は、「寒の地獄温泉」の解説の一部です。
「温泉街」を含む「寒の地獄温泉」の記事については、「寒の地獄温泉」の概要を参照ください。


温泉街

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/10/03 17:48 UTC 版)

弓ヶ浜温泉 (熊本県)」の記事における「温泉街」の解説

弓ヶ浜温泉は、有明海を臨む温泉旅館一軒のみである。その旅館には、家族全員手掘りした洞窟風呂があり、赤湯白湯二つ異な泉質温泉を楽しむことができる。また、天草エビなどの海の幸を楽しむこともできる

※この「温泉街」の解説は、「弓ヶ浜温泉 (熊本県)」の解説の一部です。
「温泉街」を含む「弓ヶ浜温泉 (熊本県)」の記事については、「弓ヶ浜温泉 (熊本県)」の概要を参照ください。


温泉街

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/10/03 15:53 UTC 版)

壁湯温泉」の記事における「温泉街」の解説

町田川川沿い一軒宿の「旅館福元屋」が存在する川沿い洞窟風呂が有名であり、源泉足元湧出である。また川面と同じ高さの川沿い露天風呂存在する共同浴場は1軒「壁湯温泉」が存在する。こちらも源泉足元湧出である。

※この「温泉街」の解説は、「壁湯温泉」の解説の一部です。
「温泉街」を含む「壁湯温泉」の記事については、「壁湯温泉」の概要を参照ください。


温泉街

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/10/03 18:43 UTC 版)

吉井温泉 (福岡県)」の記事における「温泉街」の解説

筑後川沿いに温泉街が広がる筑後川対岸原鶴温泉である。 旅館などは3軒存在しこぢんまりとした温泉街となっている。 対岸原鶴温泉同様、鵜飼いならびに料理が温泉街の名物となっている。

※この「温泉街」の解説は、「吉井温泉 (福岡県)」の解説の一部です。
「温泉街」を含む「吉井温泉 (福岡県)」の記事については、「吉井温泉 (福岡県)」の概要を参照ください。


温泉街

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/10/03 17:42 UTC 版)

松島温泉 (熊本県)」の記事における「温泉街」の解説

雲仙天草国立公園内、「日本三大松島とされる天草松島に温泉街が広がり旅館ホテル17存在する共同浴場存在しないが、日帰り入浴施設貸切湯が1軒、「やすらぎの湯 海ほたる」が存在する

※この「温泉街」の解説は、「松島温泉 (熊本県)」の解説の一部です。
「温泉街」を含む「松島温泉 (熊本県)」の記事については、「松島温泉 (熊本県)」の概要を参照ください。


温泉街

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/10/03 16:51 UTC 版)

熊入温泉」の記事における「温泉街」の解説

山鹿市中心市街地から北へ1.5キロ田園地帯にある温泉である。 立ち寄り湯として「熊入温泉センター」がある。熊入温泉センターには家族風呂存在する旅館は1軒存在する

※この「温泉街」の解説は、「熊入温泉」の解説の一部です。
「温泉街」を含む「熊入温泉」の記事については、「熊入温泉」の概要を参照ください。


温泉街

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/10/03 18:02 UTC 版)

壱岐湯ノ本温泉」の記事における「温泉街」の解説

西部海岸段丘観光ホテル旅館など6軒の宿泊施設や数件の立ち寄り湯があり、古くから湯治場として知られ落ち着いた雰囲気がある。

※この「温泉街」の解説は、「壱岐湯ノ本温泉」の解説の一部です。
「温泉街」を含む「壱岐湯ノ本温泉」の記事については、「壱岐湯ノ本温泉」の概要を参照ください。


温泉街

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/10/03 17:27 UTC 版)

奴留湯温泉」の記事における「温泉街」の解説

小国町北里地区中心部集落東側共同浴場が1軒ある。湯船玉石敷き詰められている。また、大量源泉掛け流している。共同浴場隣接して留湯ふれあい会館があり、入浴者は駐車場トイレ利用可能周辺民家商店のみで温泉旅館などの宿泊施設はない。 温泉周辺の地区は、医学者北里柴三郎生誕地であり、北里柴三郎記念館がある。

※この「温泉街」の解説は、「奴留湯温泉」の解説の一部です。
「温泉街」を含む「奴留湯温泉」の記事については、「奴留湯温泉」の概要を参照ください。


温泉街

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/03 15:27 UTC 版)

水無海浜温泉」の記事における「温泉街」の解説

温泉施設道路突き当たり無料露天風呂と、近く公設ホテルホテル恵風ケイプ)」が1軒ある[要出典]。ホテル源泉ナトリウム-塩化物泉の他に、炭化水素塩泉もある[要出典]。濾過循環掛け流し併用で、内湯露天風呂があり日帰り入浴可能[要出典]。 周辺施設には恵山岬公園があり、公園内には恵山岬灯台と、灯台資料館ピカリン館(2016年4月より休館)」がある。

※この「温泉街」の解説は、「水無海浜温泉」の解説の一部です。
「温泉街」を含む「水無海浜温泉」の記事については、「水無海浜温泉」の概要を参照ください。


温泉街

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/10/03 18:39 UTC 版)

博多温泉」の記事における「温泉街」の解説

那珂川沿いの住宅街中に富士の苑」と「清水園」という2軒の旅館がある。当然ながらいわゆる温泉地としての雰囲気少ない。 共同浴場は1軒、「元湯」が存在する。他にも日帰り入浴施設が1軒存在する

※この「温泉街」の解説は、「博多温泉」の解説の一部です。
「温泉街」を含む「博多温泉」の記事については、「博多温泉」の概要を参照ください。


温泉街

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/10/03 16:16 UTC 版)

筋湯温泉」の記事における「温泉街」の解説

阿蘇くじゅう国立公園内、湧蓋山南東標高1000mの高所に、約30軒の旅館ホテル存在する。「日本一打たせ湯」を謳っており、浴場打たせ湯施設有する旅館も多い。 共同浴場は4軒存在するうたせ湯 岩ん湯 せんしゃく湯 薬師湯 「うたせ湯」はその名の通り浴場打たせ湯が何本も存在するまた、うたせ湯」裏には足湯もある。

※この「温泉街」の解説は、「筋湯温泉」の解説の一部です。
「温泉街」を含む「筋湯温泉」の記事については、「筋湯温泉」の概要を参照ください。


温泉街

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/10/03 18:38 UTC 版)

筑後川温泉」の記事における「温泉街」の解説

筑後川中洲に温泉街が広がり、6軒の旅館存在する歓楽的な要素あまりない西側存在する原鶴温泉同様、筑後川での鵜飼いが有名である。

※この「温泉街」の解説は、「筑後川温泉」の解説の一部です。
「温泉街」を含む「筑後川温泉」の記事については、「筑後川温泉」の概要を参照ください。


温泉街

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/10/03 15:34 UTC 版)

筌の口温泉」の記事における「温泉街」の解説

飯田高原鳴子川近くに「旅館 新清館」が存在するかつては川端康成投宿した小野屋旅館」もあったが、廃業している。 共同浴場は、「筌の口温泉」と「震動の湯(筌の口第2温泉)」の2軒[要出典]がある。そのうちの「筌の口温泉」は24時間入湯可能であり、湯船温泉成分多く付着しているのが特徴である。「震動の湯」は昼頃~夜8時頃までの営業畳敷き休憩室もある。[要出典]

※この「温泉街」の解説は、「筌の口温泉」の解説の一部です。
「温泉街」を含む「筌の口温泉」の記事については、「筌の口温泉」の概要を参照ください。


温泉街

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/10/03 16:17 UTC 版)

長者原温泉」の記事における「温泉街」の解説

やまなみハイウェイ途中飯田高原はんだこうげん)に温泉街が広がる10軒の旅館存在する日帰り入浴施設は「久重登山口ヘルスセンター」の1軒。 九重山への登山口もある。

※この「温泉街」の解説は、「長者原温泉」の解説の一部です。
「温泉街」を含む「長者原温泉」の記事については、「長者原温泉」の概要を参照ください。


温泉街

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/10/03 14:50 UTC 版)

綾温泉」の記事における「温泉街」の解説

雲海酒造運営する酒泉」にはワイン・酒の試飲施設工芸館旅館の宿 綾陽亭」などが存在する

※この「温泉街」の解説は、「綾温泉」の解説の一部です。
「温泉街」を含む「綾温泉」の記事については、「綾温泉」の概要を参照ください。


温泉街

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/11/19 15:23 UTC 版)

赤石温泉 (山梨県)」の記事における「温泉街」の解説

南アルプス山中に、日本秘湯を守る会にも属す一軒宿赤石温泉」が存在する。この一軒宿は、映画ドラマ撮影使われることも多い。

※この「温泉街」の解説は、「赤石温泉 (山梨県)」の解説の一部です。
「温泉街」を含む「赤石温泉 (山梨県)」の記事については、「赤石温泉 (山梨県)」の概要を参照ください。


温泉街

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/12/23 13:43 UTC 版)

高倉山温泉」の記事における「温泉街」の解説

花巻南温泉峡入り口から6番目の温泉である。山の神温泉鉛温泉の間に位置するかつては豊沢川沿いに、一軒宿豊楽園が存在したが、2012年閉館自炊部のみ存在する湯治場であった。 また温泉宿の奥に花巻市営のユースホステルがあったが、1993年休館となった

※この「温泉街」の解説は、「高倉山温泉」の解説の一部です。
「温泉街」を含む「高倉山温泉」の記事については、「高倉山温泉」の概要を参照ください。


温泉街

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/12/27 14:09 UTC 版)

弥彦温泉」の記事における「温泉街」の解説

弥彦山の東、彌彦神社門前に温泉街が広がる旅館ホテル18存在する彌彦神社もあることから、飲食店土産物屋が温泉街には多く存在する共同浴場は1軒存在する。「高齢者総合生活支援センター」である。競輪事業収益金作られた。但し、温泉街からは2kmほど離れたところにあり、源泉異なる。(泉質硫黄泉源泉温度43)ただし、この施設2006年秋以降地元住民専用福祉施設となり、村民以外は利用できないいわゆるジモ専化)。 日帰り入浴施設は2軒存在し、温泉街にあるホテル備えられ施設と、前述の「高齢者総合生活支援センター」の源泉引き湯して利用している施設がある。 観音寺温泉より引湯している宿もあったが、東日本大震災の影響水位低下したため、2015年現在観音寺温泉利用されていない

※この「温泉街」の解説は、「弥彦温泉」の解説の一部です。
「温泉街」を含む「弥彦温泉」の記事については、「弥彦温泉」の概要を参照ください。


温泉街

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/11/29 16:35 UTC 版)

ならは羽黒山温泉」の記事における「温泉街」の解説

羽黒山温泉・道の駅ならはに併設され日帰り入浴施設、遊湯ならはがある。

※この「温泉街」の解説は、「ならは羽黒山温泉」の解説の一部です。
「温泉街」を含む「ならは羽黒山温泉」の記事については、「ならは羽黒山温泉」の概要を参照ください。


温泉街

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/03 14:58 UTC 版)

鹿部温泉」の記事における「温泉街」の解説

鹿部市街地南部中心に、6軒の温泉旅館ホテルがあり、共同浴場が2軒ある。 温泉街の南端に、1924年大正13年)に発見され間欠泉中心とする道の駅しかべ間歇泉公園がある。

※この「温泉街」の解説は、「鹿部温泉」の解説の一部です。
「温泉街」を含む「鹿部温泉」の記事については、「鹿部温泉」の概要を参照ください。


温泉街

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/11/29 16:44 UTC 版)

檜枝岐温泉」の記事における「温泉街」の解説

旅館5軒、民宿32軒ほどある。そのほか複数共同浴場温水プールがある。

※この「温泉街」の解説は、「檜枝岐温泉」の解説の一部です。
「温泉街」を含む「檜枝岐温泉」の記事については、「檜枝岐温泉」の概要を参照ください。


温泉街

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/11/29 15:57 UTC 版)

岩瀬湯本温泉」の記事における「温泉街」の解説

2軒の旅館存在する共同浴場足湯がある(画像中央)が共同浴場地元住民用である。 日本各地存在する湯本温泉とともに「ゆもと湯けむり5名湯」というスタンプラリー定期的に開催している。参加している温泉地岩瀬湯本温泉の他に、ニセコ湯本温泉岩手湯本温泉湯田温泉峡湯本温泉)、いわき湯本温泉長門湯本温泉である。

※この「温泉街」の解説は、「岩瀬湯本温泉」の解説の一部です。
「温泉街」を含む「岩瀬湯本温泉」の記事については、「岩瀬湯本温泉」の概要を参照ください。


温泉街

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/11/29 17:14 UTC 版)

湯ノ田温泉」の記事における「温泉街」の解説

海岸沿いに1軒の旅館存在する

※この「温泉街」の解説は、「湯ノ田温泉」の解説の一部です。
「温泉街」を含む「湯ノ田温泉」の記事については、「湯ノ田温泉」の概要を参照ください。


温泉街

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/11/29 17:04 UTC 版)

寒河江温泉」の記事における「温泉街」の解説

寒河江駅周辺に9軒のホテル旅館存在する2001年駅前再編前まで日帰り入浴施設存在した。現在は足湯整備されている。 南寒河江駅付近に温泉地広がる。但し、こちらは源泉泉質異なることから新寒河江温泉として区別する場合が多い。南寒河江駅近くにはホテル寒河江市市民浴場存在する

※この「温泉街」の解説は、「寒河江温泉」の解説の一部です。
「温泉街」を含む「寒河江温泉」の記事については、「寒河江温泉」の概要を参照ください。


温泉街

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/11/29 17:12 UTC 版)

東根温泉」の記事における「温泉街」の解説

さくらんぼ東根駅北東側に温泉街が広がる旅館20軒、共同浴場は5軒存在する

※この「温泉街」の解説は、「東根温泉」の解説の一部です。
「温泉街」を含む「東根温泉」の記事については、「東根温泉」の概要を参照ください。


温泉街

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/11/29 17:08 UTC 版)

瀬見温泉」の記事における「温泉街」の解説

小国川沿いに温泉街が広がる。温泉街の道は狭いが、融雪用のパイプ通っており、冬場安全な往来確保している。 共同浴場は2軒存在する。うち一つ地元住民専用である。オンドル一種である「ふかし湯」が有名。ふかし湯前には足湯存在する小国川中には源泉湧出している場所がある。川が仕切られ湯船作られており、「薬研の湯」と呼ばれている。 JR陸羽東線国道47号沿いにある赤倉温泉および鳴子温泉郷宮城県大崎市鳴子)との間で、共通の湯めぐりチケット発行されており、県境越えた巡りをすることが出来る。

※この「温泉街」の解説は、「瀬見温泉」の解説の一部です。
「温泉街」を含む「瀬見温泉」の記事については、「瀬見温泉」の概要を参照ください。


温泉街

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/11/29 16:19 UTC 版)

昭和温泉 (福島県)」の記事における「温泉街」の解説

村営昭和温泉しらかば荘がある。

※この「温泉街」の解説は、「昭和温泉 (福島県)」の解説の一部です。
「温泉街」を含む「昭和温泉 (福島県)」の記事については、「昭和温泉 (福島県)」の概要を参照ください。


温泉街

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/11/29 17:01 UTC 版)

碁点温泉」の記事における「温泉街」の解説

最上川三難といわれる碁点川沿いに、一軒宿の「クアハウス碁点」が存在する一軒宿であるが、その規模大きく、また風呂などの施設充実しているのが特徴である。また、日本的な温泉宿というよりもヨーロッパスパリゾート意識した造りとなっている。

※この「温泉街」の解説は、「碁点温泉」の解説の一部です。
「温泉街」を含む「碁点温泉」の記事については、「碁点温泉」の概要を参照ください。


温泉街

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/11/29 16:34 UTC 版)

中ノ沢温泉」の記事における「温泉街」の解説

安達太良山西麓磐梯山との間にある静かな温泉街。東は安達太良山、西は磐梯山、北は吾妻山系の山々取り囲まれ山の宿である。 火山性強酸性の湯で、金属プラスチック長持ちしないので、風呂場は木や石が主体また、露天風呂売りにした旅館・ホテルが多い。 共同浴場日帰り入浴施設は無い。日帰り利用旅館・ホテル外来入浴利用する

※この「温泉街」の解説は、「中ノ沢温泉」の解説の一部です。
「温泉街」を含む「中ノ沢温泉」の記事については、「中ノ沢温泉」の概要を参照ください。


温泉街

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/11/29 17:09 UTC 版)

滑川温泉」の記事における「温泉街」の解説

標高850mの山中一軒宿の「福島屋」が存在近隣には日本の滝百選にも選ばれている滑川大滝がある。

※この「温泉街」の解説は、「滑川温泉」の解説の一部です。
「温泉街」を含む「滑川温泉」の記事については、「滑川温泉」の概要を参照ください。


温泉街

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/03 15:41 UTC 版)

相泊温泉」の記事における「温泉街」の解説

なし。近隣夏期のみ営業民宿が1軒、番屋多数相泊漁港がある。

※この「温泉街」の解説は、「相泊温泉」の解説の一部です。
「温泉街」を含む「相泊温泉」の記事については、「相泊温泉」の概要を参照ください。


温泉街

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/11/29 17:13 UTC 版)

広河原温泉 (山形県)」の記事における「温泉街」の解説

かつて、宿はなく野湯露天風呂があるだけだったが、トイレ脱衣所整備されるようになった2005年10月8日に「湯ノ沢間欠泉湯の華」が開業し宿泊できるようになった(冬季休業)。日本秘湯を守る会会員間欠泉自噴している場所に露天風呂 (混浴) がある。内湯男女別で加温

※この「温泉街」の解説は、「広河原温泉 (山形県)」の解説の一部です。
「温泉街」を含む「広河原温泉 (山形県)」の記事については、「広河原温泉 (山形県)」の概要を参照ください。


温泉街

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/11/29 16:50 UTC 版)

湯ノ花温泉」の記事における「温泉街」の解説

湯ノ岐川沿いに約20軒の旅館が並ぶ。 共同浴場は4軒存在し、一番野趣あふれる石湯は混浴としても有名、他弘法の湯、天神の湯、湯端の湯は、男女湯に分かれている。入浴料200円で共同湯4軒入浴でき入浴券は集落店舗・宿施設購入する

※この「温泉街」の解説は、「湯ノ花温泉」の解説の一部です。
「温泉街」を含む「湯ノ花温泉」の記事については、「湯ノ花温泉」の概要を参照ください。


温泉街

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/11/29 17:13 UTC 版)

松山温泉 (山形県)」の記事における「温泉街」の解説

最上川を見下ろす高台に、一軒宿の「松山温泉観音湯」が存在する源泉旅館から1,200m離れた場所にあり、引湯行っている。 なお、旧松山町中心部には「松山湯温泉」が存在する泉質などは大きく異なるが、こちらも松山温泉含め場合もある。

※この「温泉街」の解説は、「松山温泉 (山形県)」の解説の一部です。
「温泉街」を含む「松山温泉 (山形県)」の記事については、「松山温泉 (山形県)」の概要を参照ください。


温泉街

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/11/29 16:38 UTC 版)

日中温泉」の記事における「温泉街」の解説

日本秘湯を守る会にも属す一軒宿の「日中温泉ゆもとや」が存在日中ダムのたもとに旅館がある。 浴槽設備は、以下の2種類存在掛け流し源泉浴槽 放流一部循環加熱浴槽 加熱浴槽は、ぬる湯から上がる際に体を温めるための浴槽である。 ダムサイト前には、足湯設けられている。宿泊者は無料で、その他の人は100円利用できる

※この「温泉街」の解説は、「日中温泉」の解説の一部です。
「温泉街」を含む「日中温泉」の記事については、「日中温泉」の概要を参照ください。


温泉街

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/11/29 16:31 UTC 版)

天神岬温泉」の記事における「温泉街」の解説

天神スポーツ公園併設されている入浴施設天神岬温泉しおかぜ荘がある。宿泊出来サイクリングターミナル併設されている。

※この「温泉街」の解説は、「天神岬温泉」の解説の一部です。
「温泉街」を含む「天神岬温泉」の記事については、「天神岬温泉」の概要を参照ください。


温泉街

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/11/29 15:50 UTC 版)

飯豊鉱泉」の記事における「温泉街」の解説

素朴な宿が1軒ある。2008年休業していた。営業再開見込み立っていない。 飯豊山川入登山口にあたり登山シーズン登山者の姿が見られる

※この「温泉街」の解説は、「飯豊鉱泉」の解説の一部です。
「温泉街」を含む「飯豊鉱泉」の記事については、「飯豊鉱泉」の概要を参照ください。


温泉街

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/11/29 16:59 UTC 版)

黒沢温泉」の記事における「温泉街」の解説

3軒のホテル旅館の他、温泉利用した高齢者向け施設存在する

※この「温泉街」の解説は、「黒沢温泉」の解説の一部です。
「温泉街」を含む「黒沢温泉」の記事については、「黒沢温泉」の概要を参照ください。


温泉街

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/11/29 16:53 UTC 版)

赤倉温泉 (山形県)」の記事における「温泉街」の解説

赤倉温泉駅より少し離れた小国川沿いに9軒の旅館存在する。温泉街の旅館含めJR陸羽東線国道47号沿いにある瀬見温泉山形県最上町)および鳴子温泉郷宮城県大崎市鳴子)との間で、共通の湯めぐりチケット発行されており、県境越えた巡りをすることが出来る。 共同浴場は1軒存在するが、地元住民専用であり、観光客入浴することはできない周辺には赤倉温泉スキー場存在する

※この「温泉街」の解説は、「赤倉温泉 (山形県)」の解説の一部です。
「温泉街」を含む「赤倉温泉 (山形県)」の記事については、「赤倉温泉 (山形県)」の概要を参照ください。


温泉街

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/11/29 16:59 UTC 版)

草薙温泉」の記事における「温泉街」の解説

国道47号沿いの最上川ライン下り船着場目の前に、2軒の旅館存在する展望大浴場からは最上川流れ一望でき、この温泉売りになっている。 温泉街の中に山形新聞連載され小説を基に建立された「最上川一夜観音」がある。

※この「温泉街」の解説は、「草薙温泉」の解説の一部です。
「温泉街」を含む「草薙温泉」の記事については、「草薙温泉」の概要を参照ください。


温泉街

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/11/29 17:08 UTC 版)

長沼温泉 (山形県)」の記事における「温泉街」の解説

旅館日帰り入浴施設それぞれ1軒ずつ存在する

※この「温泉街」の解説は、「長沼温泉 (山形県)」の解説の一部です。
「温泉街」を含む「長沼温泉 (山形県)」の記事については、「長沼温泉 (山形県)」の概要を参照ください。


温泉街

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/03 15:23 UTC 版)

網走湖畔温泉」の記事における「温泉街」の解説

網走国定公園内、網走湖東岸湖畔から天都山山麓にかけて旅館ホテル点在する近代的なホテルが多いのが特徴である。 網走近辺観光拠点にもなっている。

※この「温泉街」の解説は、「網走湖畔温泉」の解説の一部です。
「温泉街」を含む「網走湖畔温泉」の記事については、「網走湖畔温泉」の概要を参照ください。


温泉街

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/11/29 16:55 UTC 版)

飯豊温泉」の記事における「温泉街」の解説

飯豊温泉引湯している宿は3軒。 源泉に一番近い宿は飯豊山荘で、源泉掛け流ししている。冬季 (11月5月中旬) 閉鎖 さらに麓の飯豊梅花皮荘、川入荘も源泉掛け流しだが湯はぬるめ。 飯豊山荘から源泉までは1km弱。かつては源泉付近に宿があったという[要出典] 飯豊鉱泉福島県側喜多方市山都町)にある。

※この「温泉街」の解説は、「飯豊温泉」の解説の一部です。
「温泉街」を含む「飯豊温泉」の記事については、「飯豊温泉」の概要を参照ください。


温泉街

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/07 00:06 UTC 版)

神代温泉」の記事における「温泉街」の解説

共同浴場はない。温泉地にある元旅館日帰り入浴のみ可能。

※この「温泉街」の解説は、「神代温泉」の解説の一部です。
「温泉街」を含む「神代温泉」の記事については、「神代温泉」の概要を参照ください。


温泉街

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/01/24 15:49 UTC 版)

孫六温泉」の記事における「温泉街」の解説

一軒宿の「孫六温泉」が存在する鄙びた建物多数存在する唐子(からこ)の湯、内湯、石湯、打たせ湯いずれも独立した湯小屋存在する。また露天風呂もある。 同じく一軒宿の「黒湯温泉」とは、川を挟んですぐである(ただし徒歩のみ)。

※この「温泉街」の解説は、「孫六温泉」の解説の一部です。
「温泉街」を含む「孫六温泉」の記事については、「孫六温泉」の概要を参照ください。


温泉街

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/01/24 15:07 UTC 版)

川原毛大湯滝」の記事における「温泉街」の解説

野湯であり温泉街は存在しないが、滝に至る手前の道を左に進んだ所に川原毛温泉跡がある。また、川原毛地蔵菩薩左下流れる川には、人工的に作られ湯壺が2ヶ所あり1年通じて入浴できる(現在、「立ち入り禁止」の看板設置されている)。

※この「温泉街」の解説は、「川原毛大湯滝」の解説の一部です。
「温泉街」を含む「川原毛大湯滝」の記事については、「川原毛大湯滝」の概要を参照ください。


温泉街

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/01/24 15:38 UTC 版)

仁賀保温泉」の記事における「温泉街」の解説

旅館一軒存在するまた、キャンプ場存在する

※この「温泉街」の解説は、「仁賀保温泉」の解説の一部です。
「温泉街」を含む「仁賀保温泉」の記事については、「仁賀保温泉」の概要を参照ください。


温泉街

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/01/24 15:32 UTC 版)

滝温泉」の記事における「温泉街」の解説

一軒宿滝温泉」(本館新館)が存在する湯治客の利用が多い。 建物手前商店建物があるが、2018年現在営業していない。

※この「温泉街」の解説は、「滝温泉」の解説の一部です。
「温泉街」を含む「滝温泉」の記事については、「滝温泉」の概要を参照ください。


温泉街

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/01/24 15:22 UTC 版)

猿倉温泉 (由利本荘市)」の記事における「温泉街」の解説

ホテルフォレスタ鳥海公共宿 鳥海荘があり、共に露天風呂がある。近くには、矢島口、百宅口など鳥海山への登山口があり、登山拠点としても知られ登山客の利用も多い。

※この「温泉街」の解説は、「猿倉温泉 (由利本荘市)」の解説の一部です。
「温泉街」を含む「猿倉温泉 (由利本荘市)」の記事については、「猿倉温泉 (由利本荘市)」の概要を参照ください。


温泉街

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/08/11 03:55 UTC 版)

赤穂御崎温泉」の記事における「温泉街」の解説

赤穂市海岸沿い、瀬戸内海国立公園御崎を見下ろす赤穂御崎灯台南側斜面地に温泉街がある。直下海辺には福浦海水浴場伊和都比売神社大石名残畳岩(御前岩)などがある。旅館は7軒(対館、銀波荘、呑海寿屋別館、祥吉、鹿久居荘、かんぽの宿赤穂存在し、各旅館とも目の前に広がる瀬戸内海海産物用いた料理名物である。半数旅館には海を臨む露天風呂がある。 温泉街遠景手前福浦 かんぽの宿赤穂 呑海

※この「温泉街」の解説は、「赤穂御崎温泉」の解説の一部です。
「温泉街」を含む「赤穂御崎温泉」の記事については、「赤穂御崎温泉」の概要を参照ください。


温泉街

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/03/30 00:43 UTC 版)

鐘釣温泉」の記事における「温泉街」の解説

中部山岳国立公園立山連峰後立山連峰挟まれ黒部峡谷山間部、西鐘釣山の南麓に、鐘釣温泉旅館木造2階建て、収容人数60名)と鐘釣美山荘の2軒の宿泊施設存在する黒部川沿いには源泉多数存在する。胸までの深さがある露天風呂設けられており、野湯として整備されている。有名な黒部川河原露天風呂鐘釣温泉旅館管理下にあるが、16時までは一般観光客にも開放されている。河原には温泉湧き出ており、足の裏温かい所を掘れ即席露天風呂作ることも可能である。また、黒部川増水水没する度に宿の従業員総動員掘りに行くこともある。昼間見物客多く、特に女性水着欠かせない野生ニホンザルカモシカ露天風呂から見られる場合もある。 2つの宿には内湯温泉は無い。鐘釣美山荘露天風呂が宿から近いこともあり内湯は無く鐘釣温泉旅館長い石段下った河原露天風呂利用することになるため、足弱の人が宿泊している時や荒天時のために、温泉ではない内湯備えているが、普段使用していない。

※この「温泉街」の解説は、「鐘釣温泉」の解説の一部です。
「温泉街」を含む「鐘釣温泉」の記事については、「鐘釣温泉」の概要を参照ください。


温泉街

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/03/30 00:35 UTC 版)

黒部川明日温泉」の記事における「温泉街」の解説

一軒宿の「黒部川明日温泉元湯 バーデン明日」のみが存在するバーデン明日鉄筋3階建て部屋数319室(うちツイン洋室2室)。客室の他に、宴会場会議室屋内プールがある。隣接して水耕楽園という農場があり、ここで摂れた野菜会席メニュー材料として使用される

※この「温泉街」の解説は、「黒部川明日温泉」の解説の一部です。
「温泉街」を含む「黒部川明日温泉」の記事については、「黒部川明日温泉」の概要を参照ください。


温泉街

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/03 15:04 UTC 版)

礼文島温泉」の記事における「温泉街」の解説

町営日帰り入浴施設礼文島温泉 うすゆきの湯」があるほか、島内いくつかのホテル・旅館温泉供給されている。香深地区では回数券利用し送迎付きうすゆきの湯への割引料金での入湯行われている。 「うすゆきの湯」は道北地域では数少ない掛け流し温泉施設である。命名由来レブンウスユキソウエーデルワイス)から来ている。

※この「温泉街」の解説は、「礼文島温泉」の解説の一部です。
「温泉街」を含む「礼文島温泉」の記事については、「礼文島温泉」の概要を参照ください。


温泉街

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/03/30 05:02 UTC 版)

湯谷温泉 (南砺市)」の記事における「温泉街」の解説

一軒宿の『湯谷温泉 栄楽荘』のみ存在

※この「温泉街」の解説は、「湯谷温泉 (南砺市)」の解説の一部です。
「温泉街」を含む「湯谷温泉 (南砺市)」の記事については、「湯谷温泉 (南砺市)」の概要を参照ください。


温泉街

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/03/30 17:17 UTC 版)

湯田中温泉」の記事における「温泉街」の解説

規模大きなホテル創業が古い旅館などが14存在し、駅から夜間瀬川沿いの高台方向みやげ物屋や飲食店など点在し、温泉街を形成している。湯田中駅には日帰り入浴施設の湯」が併設している。駅前および梅翁寺前に足湯存在する歓楽街温泉雰囲気はあまり無いが、スナックなどは数軒存在する共同浴場大湯綿の湯、わしの湯、千代の湯、滝の湯白樺の湯、弥勒の湯、平和の湯、脚気の湯と9軒存在かつては一般に開放されていたが、マナー悪さにより地元民および宿泊客専用となる。一部共同浴場は、毎月26日一般客の入浴が可能。 大湯は、日本温泉協会発行雑誌温泉」の第47巻「共同浴場番付」において、西の横綱道後温泉並び、東の横綱番付けられた。 温泉街の東部にはかつて湯田中ロープウェイ存在しごりん高原スキー場があった。

※この「温泉街」の解説は、「湯田中温泉」の解説の一部です。
「温泉街」を含む「湯田中温泉」の記事については、「湯田中温泉」の概要を参照ください。


温泉街

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/03/31 09:18 UTC 版)

早乙女温泉」の記事における「温泉街」の解説

日帰り入浴施設喜連川早乙女温泉がある。日帰り入浴施設コテージ備えている。

※この「温泉街」の解説は、「早乙女温泉」の解説の一部です。
「温泉街」を含む「早乙女温泉」の記事については、「早乙女温泉」の概要を参照ください。


温泉街

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/02/08 16:13 UTC 版)

奈女沢温泉」の記事における「温泉街」の解説

JR上越線上牧駅北東4キロメートル板沢山・高檜山挟まれ山あい位置する利根川支流奈女沢川の源流部であり、標高は約780メートル温泉宿釈迦の霊泉」が1軒あるのみである。連泊する湯治客が多いが、日帰り入浴も可能。自然食主体とした料理提供する携帯電話圏外であるが、公衆無線LAN (Wi-Fi) によるインターネットへの接続は可能である。 地元では古くから「湯沢の湯」と呼ばれ、その発見猟師たちによってもたらされたものと考えられている。明治初め地元の僧・神職にして教育者でもあった上杉正が源泉付近に小屋を建て、浴槽泉水汲んで沸かし入浴供した明治半ばには湯治場として知られるようになり、大正末に本格的な旅館へと改装戦後になるとさらに客室数が増やされた。温泉宿の名も「奈女沢館」、「月光館」と変遷していった。1979年昭和54年3月27日上牧温泉とともに国民保養温泉地指定された(登録名称は「上牧奈女沢温泉」)。 温泉効能幅広く、「釈迦の霊泉」と呼ばれる地元地誌月夜野町史』によれば、「医師見離され多くの人が霊泉によって快癒しているという」(引用とのことである。スポーツ新聞などマスメディア通じて広く紹介され原爆症脱毛症ハゲ)にも効くと報じられたこともある。美肌効果から訪れ女性客も多い。入浴合わせてコップ1杯の飲泉がよいとされ、「御神水」と銘打った温泉会員向けに頒布している。 温泉地周辺には谷、夫婦岩、一の世の滝、二の世の滝、浮島千日堂高橋お伝生家があり、ゼンマイフキナメコ採集や、イワナ・ハヤ釣り楽しめる。春はシバザクラ美しい。

※この「温泉街」の解説は、「奈女沢温泉」の解説の一部です。
「温泉街」を含む「奈女沢温泉」の記事については、「奈女沢温泉」の概要を参照ください。


温泉街

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/02/10 03:20 UTC 版)

川上温泉 (北海道)」の記事における「温泉街」の解説

一軒宿川上温泉」が存在する男女別の内風呂のみで、日帰り入浴可能。以前は、露天風呂もあった。(跡地現存している)

※この「温泉街」の解説は、「川上温泉 (北海道)」の解説の一部です。
「温泉街」を含む「川上温泉 (北海道)」の記事については、「川上温泉 (北海道)」の概要を参照ください。


温泉街

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/02/11 01:10 UTC 版)

留寿都温泉」の記事における「温泉街」の解説

日帰り入浴施設である、留寿都村営の「ルスツ温泉」が存在する

※この「温泉街」の解説は、「留寿都温泉」の解説の一部です。
「温泉街」を含む「留寿都温泉」の記事については、「留寿都温泉」の概要を参照ください。


温泉街

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/03 14:21 UTC 版)

関金温泉」の記事における「温泉街」の解説

大山東麓国道313号から奥に入った場所に温泉街が広がる旅館は5軒存在する共同浴場は1軒、「関の湯」が存在する。また日帰り入浴施設として「せきがね湯命館」も存在する旧来の温泉街区と1963年昭和38年)に開削された町営源泉を引く新温泉区があるが、1969年昭和45年3月24日国民保養温泉地指定されると、町では条例定めて源泉集中管理するようになった

※この「温泉街」の解説は、「関金温泉」の解説の一部です。
「温泉街」を含む「関金温泉」の記事については、「関金温泉」の概要を参照ください。


温泉街

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/11/03 10:09 UTC 版)

黄金崎不老不死温泉」の記事における「温泉街」の解説

一軒宿の「不老ふ死温泉」が存在する株式会社黄金崎不老不死温泉経営)。海辺岩場にある露天風呂が有名である。日本海に沈む夕日写真雑誌など紹介されることが多い。ただし日帰り入浴午後4時までである。ひょうたん型の混浴浴槽のほかに、女性用浴槽近年[いつ?]設けられた。 CM撮影に当温泉地登場することもあり、近年[いつ?]ではトヨタ自動車ラクティスCM登場した

※この「温泉街」の解説は、「黄金崎不老不死温泉」の解説の一部です。
「温泉街」を含む「黄金崎不老不死温泉」の記事については、「黄金崎不老不死温泉」の概要を参照ください。


温泉街

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/11/03 15:26 UTC 版)

東道後温泉郷」の記事における「温泉街」の解説

数軒の温浴施設旅館ホテル点在する

※この「温泉街」の解説は、「東道後温泉郷」の解説の一部です。
「温泉街」を含む「東道後温泉郷」の記事については、「東道後温泉郷」の概要を参照ください。


温泉街

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/02/13 00:52 UTC 版)

寿都温泉」の記事における「温泉街」の解説

町営日帰り入浴施設寿都温泉ゆべつのゆ」が存在する近隣風力発電が盛んであり、日帰り入浴施設のそばにも風力発電施設存在する

※この「温泉街」の解説は、「寿都温泉」の解説の一部です。
「温泉街」を含む「寿都温泉」の記事については、「寿都温泉」の概要を参照ください。


温泉街

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/03 15:26 UTC 版)

湯の川温泉 (北海道)」の記事における「温泉街」の解説

登別温泉定山渓温泉とともに北海道三大温泉郷のひとつに数えられる名湯である。その中で唯一海岸沿いに立地しており、市街地外縁部の住宅街学生街と一体となった温泉街となっている。 函館市電湯の川温泉電停湯の川電停)が温泉街北側走行しているほか、函館空港車で5分)や北海道新幹線新函館北斗駅方面からのシャトルバス運行されている。湯倉神社境内下には「湯の川温泉発祥の地碑」があり、足湯湯の川温泉停留場近くの「湯巡り舞台」と函館市熱帯植物園にある。湯川黒松1889年明治22年)から金森洋物創業者渡辺熊四郎私財投じて造林した北海道内最初防風林防砂林であり、約900本のクロマツがある。毎年お盆明けに『湯の川温泉花火大会』を開催している。

※この「温泉街」の解説は、「湯の川温泉 (北海道)」の解説の一部です。
「温泉街」を含む「湯の川温泉 (北海道)」の記事については、「湯の川温泉 (北海道)」の概要を参照ください。


温泉街

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/04 03:10 UTC 版)

ながぬま温泉」の記事における「温泉街」の解説

ながぬまコミュニティ公園内に、宿泊施設日帰り入浴施設兼ねたながぬま温泉」が存在する内風呂露天風呂備え源泉掛け流し方式である。 公園内にあり、周辺施設など充実している。また、マオイオートキャンプ場も隣接している

※この「温泉街」の解説は、「ながぬま温泉」の解説の一部です。
「温泉街」を含む「ながぬま温泉」の記事については、「ながぬま温泉」の概要を参照ください。


温泉街

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/04 02:45 UTC 版)

平舘不老不死温泉」の記事における「温泉街」の解説

平舘村役場前から山手入ったところにある。周辺にはコテージ海水浴場スキー場がある。

※この「温泉街」の解説は、「平舘不老不死温泉」の解説の一部です。
「温泉街」を含む「平舘不老不死温泉」の記事については、「平舘不老不死温泉」の概要を参照ください。


温泉街

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/11/07 06:50 UTC 版)

藺牟田温泉」の記事における「温泉街」の解説

景勝地である藺牟田池から南東に約2.5km離れた川沿い小規模な集落があり、温泉旅館数軒のほか、「下ノ湯」という共同浴場がある。また藺牟田池畔に公共宿泊施設旧いこいのいむた池(閉館)」がある。

※この「温泉街」の解説は、「藺牟田温泉」の解説の一部です。
「温泉街」を含む「藺牟田温泉」の記事については、「藺牟田温泉」の概要を参照ください。


温泉街

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/11/07 06:56 UTC 版)

入来温泉」の記事における「温泉街」の解説

藺牟田池西方位置し周囲には城跡武家屋敷跡などが残っている。なお、同名冠する入来温泉センター藺牟田池南方位置しており、8kmほど離れている。3軒の共同浴場(うち2軒は市営公衆浴場)と数軒の宿泊施設があり、過去営業していた宿泊施設跡地も残る。

※この「温泉街」の解説は、「入来温泉」の解説の一部です。
「温泉街」を含む「入来温泉」の記事については、「入来温泉」の概要を参照ください。


温泉街

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/11/07 07:47 UTC 版)

尾之間温泉」の記事における「温泉街」の解説

世界遺産にも登録されている屋久島の、モッチョム岳の麓に温泉存在する共同浴場温泉中心である。共同浴場足元自噴湯船がある。屋久島登山の客の利用も多い。足湯設置されている。 当地にある旅館では、子宝効能をうたい文句にしている。また、ここの温泉は、屋久島温泉へも引湯されていたが、現在、屋久島温泉は独自の泉源変わった駐車スペース 営業時間 簡易更衣室ロッカー不備の為、貴重品自己責任で。 番台直近右が男湯、奥の右が女湯。 左が湯舟洗い場数人分? 入口玄関横にある無料足湯

※この「温泉街」の解説は、「尾之間温泉」の解説の一部です。
「温泉街」を含む「尾之間温泉」の記事については、「尾之間温泉」の概要を参照ください。


温泉街

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/09/02 04:02 UTC 版)

新祖谷温泉」の記事における「温泉街」の解説

かずら橋にも近い場所に、一軒宿ホテルかずら橋存在する一軒宿数多く風呂有しており、また露天風呂へは専用ケーブルカー用いてアクセスすることが名物となっている。

※この「温泉街」の解説は、「新祖谷温泉」の解説の一部です。
「温泉街」を含む「新祖谷温泉」の記事については、「新祖谷温泉」の概要を参照ください。


温泉街

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/09/02 04:20 UTC 版)

紅葉温泉」の記事における「温泉街」の解説

日帰り入浴施設の「ふれあい紅葉温泉」が存在する。他に温泉利用をしている施設はない。

※この「温泉街」の解説は、「紅葉温泉」の解説の一部です。
「温泉街」を含む「紅葉温泉」の記事については、「紅葉温泉」の概要を参照ください。


温泉街

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/07 17:28 UTC 版)

大雪高原温泉」の記事における「温泉街」の解説

一軒宿の「大雪高原山荘」がある。例年6月上旬 - 10月上旬までの営業日本秘湯を守る会加盟北海道では数少ない源泉掛け流し白濁湯。 1968年昭和43年)には昭和天皇が、1980年昭和55年)には三笠宮が当温泉訪れた高原沼から大雪山縦走路高根ヶ原へ至る登山道は、三笠宮にちなみ「三笠新道」と名付けられている。

※この「温泉街」の解説は、「大雪高原温泉」の解説の一部です。
「温泉街」を含む「大雪高原温泉」の記事については、「大雪高原温泉」の概要を参照ください。


温泉街

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/09/06 07:24 UTC 版)

虹岳島温泉」の記事における「温泉街」の解説

三方五湖のひとつ水月湖隣接し日本秘湯を守る会属する1軒宿が存在する

※この「温泉街」の解説は、「虹岳島温泉」の解説の一部です。
「温泉街」を含む「虹岳島温泉」の記事については、「虹岳島温泉」の概要を参照ください。


温泉街

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/09/06 08:51 UTC 版)

湯ったり温泉」の記事における「温泉街」の解説

共同浴場日帰り入浴が可能である。

※この「温泉街」の解説は、「湯ったり温泉」の解説の一部です。
「温泉街」を含む「湯ったり温泉」の記事については、「湯ったり温泉」の概要を参照ください。


温泉街

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/06 09:19 UTC 版)

指宿温泉」の記事における「温泉街」の解説

駅から海岸向かい、さらに南側広がる地域宿泊施設建ち並んでいる。砂むしは海岸沿いの宿泊施設のほか、海浜で行うこともできるが、1978年昭和53年)に建設され公営砂むし会館においてはでも入浴できる。砂浜台風などによってたびたび侵食され、砂むし浴場への影響心配されたため砂の動き抑制する堤防設置されている。

※この「温泉街」の解説は、「指宿温泉」の解説の一部です。
「温泉街」を含む「指宿温泉」の記事については、「指宿温泉」の概要を参照ください。


温泉街

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/03 15:25 UTC 版)

貝取澗温泉」の記事における「温泉街」の解説

国道229号から貝取澗川沿いに上った所に「あわび山荘」と日帰り入浴施設大成国温泉保養センター」が棟続き建っている。ともに掛け流し方式季節により加水)。 温泉地近くには、町営キャンプ場存在するまた、自然が豊かな場所であり、林野庁指定レクリエーションの森周辺にある。 温泉熱を利用してアワビヒラメ養殖行なわれており、提供されるアワビ料理名物となっている。 宿泊施設であるあわび山荘は「国民宿舎あわび山荘」の名称で大成町せたな町運営していたが、2019年令和元年10月20日をもって宿泊部門から撤退株式会社大成温泉公社運営にて、同年11月より国民宿舎外した「あわび山荘」の名称で再開した

※この「温泉街」の解説は、「貝取澗温泉」の解説の一部です。
「温泉街」を含む「貝取澗温泉」の記事については、「貝取澗温泉」の概要を参照ください。


温泉街

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/09/06 08:53 UTC 版)

六呂師温泉」の記事における「温泉街」の解説

福井県立奥越高原牧の上部に1軒宿が存在する日帰り入浴も可能である。浴室にはペットボトル配置してあり自由に無料温泉水持ち帰ることができる。

※この「温泉街」の解説は、「六呂師温泉」の解説の一部です。
「温泉街」を含む「六呂師温泉」の記事については、「六呂師温泉」の概要を参照ください。


温泉街

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/09/06 08:38 UTC 版)

花はす温泉」の記事における「温泉街」の解説

花はす公園周辺施設内に1軒の宿泊施設存在する共同浴場はないが、温泉地にある旅館にて日帰り入浴が可能である。

※この「温泉街」の解説は、「花はす温泉」の解説の一部です。
「温泉街」を含む「花はす温泉」の記事については、「花はす温泉」の概要を参照ください。


温泉街

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/08 10:12 UTC 版)

真湯温泉」の記事における「温泉街」の解説

国道342号沿いに、コテージ併設した市営日帰り温泉施設真湯温泉センター温泉交流館」が存在する周囲ブナ原生林囲まれている。近くにはキャンプ場スキー場存在する

※この「温泉街」の解説は、「真湯温泉」の解説の一部です。
「温泉街」を含む「真湯温泉」の記事については、「真湯温泉」の概要を参照ください。


温泉街

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/28 22:00 UTC 版)

洞川温泉」の記事における「温泉街」の解説

和風木造建築旅館民宿が軒を連ね洞川温泉郷を形成する集落の中を大峯山への参道通り、その両側に約20軒の2階建ての風情ある旅館建ち並ぶ町はずれには村営村営洞川温泉センターがあり、登山者観光客利用される

※この「温泉街」の解説は、「洞川温泉」の解説の一部です。
「温泉街」を含む「洞川温泉」の記事については、「洞川温泉」の概要を参照ください。


温泉街

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/29 03:40 UTC 版)

塩ノ沢温泉 (茨城県)」の記事における「温泉街」の解説

国道461号から入った一本道終点山間に、一軒宿である「塩の沢温旅館」が存在していた。現在は廃業している模様である。

※この「温泉街」の解説は、「塩ノ沢温泉 (茨城県)」の解説の一部です。
「温泉街」を含む「塩ノ沢温泉 (茨城県)」の記事については、「塩ノ沢温泉 (茨城県)」の概要を参照ください。


温泉街

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/30 06:38 UTC 版)

有福温泉」の記事における「温泉街」の解説

旅館ホテル存在する有福温泉では廃業していた2旅館再オープンすることになり、2022年5月以降、5旅館計約40部屋となる。カフェもある。山峡斜面雛壇如く旅館民家建ち並び石段入り組んでいるその景観から「山陰伊香保」の異名を取る。 共同浴場は3軒存在する御前湯、やよい湯、さつき湯である。1928年昭和3年)に作られた、タイル張り外観御前湯が有名である。山間にあるが、山陰有数浜田漁港があり、そこから新鮮な魚介類運ばれる

※この「温泉街」の解説は、「有福温泉」の解説の一部です。
「温泉街」を含む「有福温泉」の記事については、「有福温泉」の概要を参照ください。


温泉街

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/01/01 04:11 UTC 版)

出雲湯村温泉」の記事における「温泉街」の解説

斐伊川挟んで木次町と旧吉田村に1軒ずつの旅館と1軒の共同浴場がある。平成13年2001年)に改築され共同浴場足湯備えている。川沿いには足元湧出湯船などの野湯もあるが、野湯共同浴場管理下にはなく、照明設備存在しない。その使用安全については使用者責任となっている。

※この「温泉街」の解説は、「出雲湯村温泉」の解説の一部です。
「温泉街」を含む「出雲湯村温泉」の記事については、「出雲湯村温泉」の概要を参照ください。


温泉街

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/05/04 01:34 UTC 版)

蒲郡温泉」の記事における「温泉街」の解説

古くから要人文人墨客好まれ竹島を望む海岸沿いに数件の温泉旅館リゾートホテル立地しているが、他の三温泉地のように温泉街という雰囲気ではない。主な宿泊施設に『ホテル竹島』、『蒲郡クラシックホテル』などがある。竹島近くには竹島水族館生命の海科学館などがある。

※この「温泉街」の解説は、「蒲郡温泉」の解説の一部です。
「温泉街」を含む「蒲郡温泉」の記事については、「蒲郡温泉」の概要を参照ください。


温泉街

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/05/04 03:47 UTC 版)

沼尻温泉」の記事における「温泉街」の解説

旅館ロッジが3軒存在する。(沼尻温泉 沼尻高原ロッジ沼尻温泉 のんびり館、沼尻温泉 旅館ひいらぎ) 近隣中ノ沢温泉存在するが、中ノ沢温泉当地からの引湯である。

※この「温泉街」の解説は、「沼尻温泉」の解説の一部です。
「温泉街」を含む「沼尻温泉」の記事については、「沼尻温泉」の概要を参照ください。


温泉街

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/06/05 04:30 UTC 版)

繋温泉」の記事における「温泉街」の解説

宿泊施設15軒ほどあり、そのほかに保養所有料老人ホームデイサービス施設等存在する。 温泉街では朝市行われている。温泉地にある温泉神社には、温泉名の由来となった「つなぎ石」が存在する

※この「温泉街」の解説は、「繋温泉」の解説の一部です。
「温泉街」を含む「繋温泉」の記事については、「繋温泉」の概要を参照ください。


温泉街

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/03 15:07 UTC 版)

歌登温泉」の記事における「温泉街」の解説

「うたのぼりグリーンパークホテル」、「朝倉温泉」の2軒があり共に日帰り入浴可能。湯元は「朝倉温泉」であり源泉加熱した沸かし湯用いている。「うたのぼりグリーンパークホテル」は朝倉温泉と同じ源泉から引湯している。 「南宗ゴルフ場」や「うたのぼりコテージの里」を併設するなど、一帯は「うたのぼり健康復」として公園整備されている。 うたのぼりグリーンパークホテル 正面 うたのぼりグリーンパークホテル ロビー うたのぼりグリーンパークホテル 大浴場 朝倉温泉 正面

※この「温泉街」の解説は、「歌登温泉」の解説の一部です。
「温泉街」を含む「歌登温泉」の記事については、「歌登温泉」の概要を参照ください。


温泉街

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/02/20 01:57 UTC 版)

西山温泉 (福島県)」の記事における「温泉街」の解説

福島県道32号柳津昭和線から滝谷川向かって下った先に5軒の旅館日帰り温泉施設存在する。8本の源泉から豊富に湯が湧き出し旅館ごとにそれぞれ異な源泉を持つのが特徴。特に昔ながら湯治宿の趣を残す「老沢温旅館」は、つげ義春イラスト描かれ、『つげ義春温泉』の表紙飾った混浴浴場を持つ純木造旅館である。温度異な3つの浴槽持ち、その奥には温泉神社鎮座する3種類の源泉を引く「旅館 中の湯」は本館別館からなり、開湯1200年上の歴史を持つ。別館には開放感がある内湯露天風呂持ち貸切り利用も可。泉質は老沢温旅館と共に、含硫黄ナトリウム‐塩化物泉美肌の湯とされる。この宿にはつげ義春宿泊している。 日帰り入浴施設である柳津町営の「せいざん荘」は温泉街から若干離れた場所にある。 地熱が高い地域であり、温泉街からせいざん方面走った道の先には、柳津西山地熱発電所存在する

※この「温泉街」の解説は、「西山温泉 (福島県)」の解説の一部です。
「温泉街」を含む「西山温泉 (福島県)」の記事については、「西山温泉 (福島県)」の概要を参照ください。


温泉街

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/03/02 09:06 UTC 版)

小安峡温泉」の記事における「温泉街」の解説

小安峡近く皆瀬川国道398号沿いに温泉街が広がる温泉地には小安峡大噴湯があり、国道から皆瀬川下った渓谷からは、高温温泉大量に噴出する光景を見ることができる。 旅館などは19存在する飲泉場足湯備えた旅館存在する日帰り入浴施設は1件ある。旅館キャンプ場日帰り受付利用するともできる。また共同浴場も数軒存在する地元の人専用が多い。

※この「温泉街」の解説は、「小安峡温泉」の解説の一部です。
「温泉街」を含む「小安峡温泉」の記事については、「小安峡温泉」の概要を参照ください。


温泉街

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/05/08 19:53 UTC 版)

下田温泉 (熊本県)」の記事における「温泉街」の解説

下津深江川河口近くに温泉街が広がる旅館などが12存在しており、共同浴場は「白鷺館」の1軒だが、設備的には日帰り入浴施設に近い。

※この「温泉街」の解説は、「下田温泉 (熊本県)」の解説の一部です。
「温泉街」を含む「下田温泉 (熊本県)」の記事については、「下田温泉 (熊本県)」の概要を参照ください。


温泉街

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/03/03 16:03 UTC 版)

片瀬温泉」の記事における「温泉街」の解説

海岸沿いに数軒の旅館民宿が並ぶ。歓楽色の強い熱川と比較する落ち着いた雰囲気保っており、保養適している。伝承の域を出ないが、に1匹の龍が住んでいたという伝説から、民話の里としても知られ、龍の住み処伝承される不知沼の池」やその龍の好物とされる甘茶の木が繁茂する龍淵院」などが近隣にある。また、海岸沿いの「はりつけ」は、身分離れた恋人同士戸籍焼き心中した悲恋が伝わることで知られる

※この「温泉街」の解説は、「片瀬温泉」の解説の一部です。
「温泉街」を含む「片瀬温泉」の記事については、「片瀬温泉」の概要を参照ください。


温泉街

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/03/08 00:48 UTC 版)

幕別温泉」の記事における「温泉街」の解説

十勝平野幕別町札内地区を見下ろす丘陵地に、「十勝幕別温泉グランヴィリオホテル」と「幕別温泉パークホテル悠湯館」2軒の宿泊施設がある。 十勝幕別温泉グランヴィリオホテル以前札幌市不動産会社である北海道振興運営する幕別温泉ホテル緑館と称しており、さらに以前国民宿舎幕別温泉ホテルであった国民宿舎時代2階建ての建物から民間払い下げられてからは地上12階高層ホテル生まれ変わり、現在は最上階宿泊専用展望風呂となっている。そして1階新設され大浴場のゆ」(日帰り健康ランド)にはオンドル岩盤浴併設されている。 なお、ホテル緑館を運営していた北海道振興2003年倒産したため、その後ビジネスホテル主力とするルートインジャパン買収され、「十勝幕別温泉グランヴィリオホテル」に名称変更している。また、このホテルのある丘の上には他に町の歴史展示サケ生育をおこなう幕別町ふるさと館、公園のなかに俳句刻んだ岩が点在する十勝俳句焼肉ガーデンなどの施設がある。 近隣には帯広競馬場ばんえい競走)、DCTgarden IKEDA花畑牧場などが存在する余談だが、温泉地地名依田」は、大沢温泉出身依田勉三因む

※この「温泉街」の解説は、「幕別温泉」の解説の一部です。
「温泉街」を含む「幕別温泉」の記事については、「幕別温泉」の概要を参照ください。


温泉街

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/04/03 13:02 UTC 版)

大沢温泉 (岩手県)」の記事における「温泉街」の解説

一軒宿の「大沢温泉」が存在する。但し一軒宿と言っても新館である「山水閣」、南部藩主の定宿であった菊水館」、湯治場である「自炊部」から成り、その規模大きい。一軒宿入り口には、相田みつをの書が看板となって存在する自炊部にある豊沢川沿いの混浴露天風呂大沢の湯」が有名である。

※この「温泉街」の解説は、「大沢温泉 (岩手県)」の解説の一部です。
「温泉街」を含む「大沢温泉 (岩手県)」の記事については、「大沢温泉 (岩手県)」の概要を参照ください。


温泉街

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/08 17:29 UTC 版)

奈古谷温泉」の記事における「温泉街」の解説

舟口川沿いに1軒宿の「奈古谷温泉旅館」があったが、現在は廃業している。周囲田園地帯で、歓楽色などは皆無である。

※この「温泉街」の解説は、「奈古谷温泉」の解説の一部です。
「温泉街」を含む「奈古谷温泉」の記事については、「奈古谷温泉」の概要を参照ください。


温泉街

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/08 17:46 UTC 版)

梅ヶ島温泉」の記事における「温泉街」の解説

深山幽谷という表現適切な環境にあり、安倍川源流河畔に、一直線上に旅館が並ぶ。木造素朴な旅館多く家庭的な雰囲気持っている安倍の大滝へも近い。 標高900メートル山中旅館民宿10存在する日帰り入浴施設は、各旅館民宿でも可能であるが、日帰り入浴専門としては「湯元屋」がある。食事売店もこの「湯元屋」一軒のみ。

※この「温泉街」の解説は、「梅ヶ島温泉」の解説の一部です。
「温泉街」を含む「梅ヶ島温泉」の記事については、「梅ヶ島温泉」の概要を参照ください。


温泉街

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/08 17:27 UTC 版)

梅ヶ島コンヤ温泉」の記事における「温泉街」の解説

静岡奥座敷という表現適切な環境にあり、安倍川支流コンヤ沢の周り旅館転々と並ぶ。木造素朴な旅館多く家庭的な雰囲気持っている梅ヶ島温泉赤水の滝へも近い。 日帰り入浴施設は、3軒の宿泊施設のうち2件で受付けている。コンヤ温泉より北上したところに市営の「梅ヶ島新田温泉黄金の湯」がある。

※この「温泉街」の解説は、「梅ヶ島コンヤ温泉」の解説の一部です。
「温泉街」を含む「梅ヶ島コンヤ温泉」の記事については、「梅ヶ島コンヤ温泉」の概要を参照ください。


温泉街

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/09 01:53 UTC 版)

肘折温泉」の記事における「温泉街」の解説

月山の麓、銅山川沿いに数多く旅館存在する古く湯治場であったことから、自炊部を持つ旅館が多い。木造建築の古い旅館住宅多く鄙びた湯治場雰囲気形成している。1937年昭和12年)に建てられ木造の『旧肘折郵便局舎』は、温泉街のちょう真中にあり、肘折の〈懐かしさ〉を演出する街の小さなランドマーク1995年平成7年)に郵便局としての役割終え当時取り壊し検討されたが、肘折人々願いにより保存された。現在入館出来ない肘折の温泉街には、初恋足湯源泉公園)、嘉右ェ門の足湯大友屋)、六助足湯若松屋)、金兵ェの足湯肘折ホテル新館)、のんのん足湯丸屋の箱檜葉足湯6つ足湯がある。川上にある源泉公園には、共同源泉があり、お湯勢いよく湧き出す様子が見ることができる。 現在温泉街にある商店の中で最も古いのは1896年明治29年)に旅館から商売替えした横山仁右衛門商店である。温泉土産には、ほていや商店のほていまんじゅう、いでゆ館の肘折カルデラサイダーがある。ほていまんじゅうは、肘折の開湯縁起地蔵権現開祖源翁に与えた赤茶色円形の甘い食べ物」という逸話を基に作られた。 肘折カルデラサイダーは、斉藤茂吉肘折逗留した際、湧出する炭酸泉砂糖入れた飲み物感激し、「泡立ち湧きくる泉の香を好と 幾むすびしつけふの日和に」と詠んだことに由来する。 春~秋の間、朝5時30分から、湯治客向けの朝市が行われている。肘折朝市1917年大正6年)に基本的な枠組み作られ当時50人前後もの行商人が各旅館前に群集し農産物日用品販売した共同浴場は3軒存在するが、内2つ地元専用となっており一般入浴客は入ることができないそれ以外にも