鹿児島とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 政治 > 国家 > > 鹿児島の意味・解説 

鹿児島

読み方:かごしま

  1. ノコトヲ云フ。〔第三類 飲食物之部・宮城県
  2. 薩摩芋。〔第六類 器具食物
  3. 薩摩芋を云ふ。
  4. さつまいも」のこと。

分類 宮城県

隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

鹿児島

駅名辞典では2006年8月時点の情報を掲載しています。

鹿児島

読み方
鹿児島かごしま
鹿児島かじま
鹿児島かにしま

鹿児島

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/12/28 14:19 UTC 版)

鹿児島(かごしま)




「鹿児島」の続きの解説一覧

鹿児島


鹿児島


鹿児島

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/09 09:16 UTC 版)

入来文書』によると鹿児島に本拠地置いた島津伊久応永8年1401年)に率いた軍勢3500人であり、推定人口21000人。

※この「鹿児島」の解説は、「近代以前の日本の都市人口統計」の解説の一部です。» 「近代以前の日本の都市人口統計」の概要を見る


鹿児島

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/02 01:08 UTC 版)

南郷 大作(なんごう だいさく西の三傑一角にして、鹿児島・泰平寺拠点九州束ねる九州男志連のヘッド軍旗は「天下泰平の文字軍配質実剛健地で行く九州男児の鑑のような男。本人はあまり過去語らないが、半次郎によると赤子の頃、泰平寺門前捨てられていたのを和尚拾ったある日不良に絡まれ女の子救おうとして、不良なぎ倒した時、女の子巨漢下敷きになり怪我負った。この一件暴力振るわないことを誓い和尚亡くなった後も、女の子完治するまで約束を守り続けている。そのため仁義ケンカではなく相撲で勝負するが、10分の1の力しか出していなかった。 頭突き土俵際追い込まれた時、仁義本当の力見たいと言われ本当の力投げ飛ばしたが、土俵割ったため敗北仁義との勝負後、女の子の手術が成功し松葉杖取れたことを知る。 武島本死闘後、鹿児島にも崇伝より命令下り総勢2500人の兵を率いて富士裾野出陣する。 桐野 半次郎(きりの はんじろう) 男志連の若頭示現流使い手仁義勝負するも、木刀鉄下駄壊され敗れた仁義泰平寺まで案内し大作過去話した

※この「鹿児島」の解説は、「男坂」の解説の一部です。» 「男坂」の概要を見る

ウィキペディア小見出し辞書はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「鹿児島」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



鹿児島と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

鹿児島のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
鹿児島県の温泉情報

鹿児島県の温泉地から温泉宿を探す




鹿児島のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
皓星社皓星社
Copyright (C) 2022 株式会社皓星社 All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
EDRDGEDRDG
This page uses the JMnedict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの鹿児島 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの学校法人一覧 (改訂履歴)、学校法人一覧 (改訂履歴)、近代以前の日本の都市人口統計 (改訂履歴)、男坂 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS