薩摩とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 文化 > 工芸 > 薩摩 > 薩摩の意味・解説 

さつま【薩摩】

読み方:さつま

【一】旧国名の一。今の鹿児島県西部にあたる。薩州

【二】

薩摩芋」の略。

薩摩絣(がすり)」の略。


さつま【薩摩】

読み方:さつま

江戸古浄瑠璃一派家名


薩摩

読み方:サツマ(satsuma)

旧国名の一


薩摩

読み方:サツマ(satsuma)

サツマイモの別称。
ヒルガオ科多年草園芸植物薬用植物

学名 Ipomoea batatas


薩摩

読み方:さつま

  1. 砂糖。〔第六類 器具食物
  2. 砂糖
  3. 砂糖を云ふ。

分類 ルンペン大阪


薩摩

読み方:さつま

  1. 煙草を云ふ。
  2. 煙草
隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

薩摩

読み方:サツマ(satsuma)

所在 奈良県高市郡高取町

地名辞典では2006年8月時点の情報を掲載しています。

薩摩

読み方
薩摩さつま

薩摩

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/13 04:39 UTC 版)

薩摩(さつま)




「薩摩」の続きの解説一覧

薩摩

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/17 02:20 UTC 版)

元ヤン」の記事における「薩摩」の解説

陸王郷士トップとする不良集団郷中隼人ごじゅうはやと)』によって統治されている地域領内商業施設交通機関などは陸王掌握されており、その情報網によって、外部から来た人間行動全て幹部即座に報告される陸王 郷士(りくおう ごうし) “薩摩”を治める『平成の五大老』の一人で不良集団郷中隼人』のトップ。“七献宝樹”の一つである『珊瑚の鎧(さんごのよろい)』を所有する対峙した正次が見上げるほどの巨漢で、背中には不動明王刺青入れている。カゴシマ英雄である西郷隆盛崇拝している。老若男女を問わず地域住民たちから慕われており、県知事とも親しい関係にあるなど絶大な影響力を持つ村雨時を同じくして、『瑪瑙の刀』を狙って勝男葬儀場現れるその際手土産として最高級の黒豚丸ごと一頭持ってくるなど、豪放磊落人物裏拳一発で正次を吹き飛ばし圧倒的なパワー見せつけるが、その後交戦想定外紀伊実力思い知り、その場は一旦矛を収めて引き上げた。 『紀伊浪』が薩摩に乗り込んできたことを知り幹部たちと共に座してそれを迎え撃ち、幹部たち次々と撃破する彼らとの対決楽しみにしていたが、25歳誕生日迎えた直後に何者か殺害され、その現場には『紀伊浪』の旗が残されていた。 陸王 羅門(りくおう らもん) 『郷中隼人』の幹部陸王郷士の弟であり、強平の兄。兄の不在時にはチーム取り仕切るなど実質的なNo.2として認識されている。 薩摩に乗り込んできた『紀伊浪』を迎え撃つ郷士殺害されるという非常事態陥る当初は紀伊浪』を疑うも『珊瑚の鎧』が盗まれたことと犬塚の裏切りを知って、正次たちとともに犬塚銀次追い詰める犬塚に罰を下していたところを止め入った次が郷中隼人100人近く相手大立ち回り演じたことで何かを感じ兄の死真相を共に探すことを決意する陸王 強平(りくおう きょうへい) 『郷中隼人』の幹部陸王郷士羅門の弟。額には猛獣による古傷残っており、普段はバンダナ巻いているかつては薩摩の看板を盾に悪さ繰り返しており、それを見かねた郷士によって自衛隊入れられていた。そこで知り合った元に度々喧嘩仕掛けるも相手にされず、逆に熊に襲われそうになったところを救われたこと借りを作る形となる。 薩摩に乗り込んできた『紀伊浪』を迎え撃ち、因縁のある元と対決自衛隊を通じて肉体的に精神的に成長したこともあって元を追い詰めるも、渾身の一撃を受けて敗北した郷士殺害され、『紀伊浪』が羅門犯人として疑われ際は影山と共に彼らの無実信じていた。 影山 巽かげやま たつみ) 『郷中隼人』の幹部剣術使い手であり、常に“武”を探求する求道者のような人物。 薩摩“第二刺客”として正次と対決をするが、喧嘩心から楽しむそのメンタリティ屈し敗北を認める犬塚 猛いぬづか たけき) 『郷中隼人』の幹部サイド刈り上げ綺麗に逆立てた髪型特徴で、正次からは「ハブラシヘッド」と呼ばれた表向きには幹部として忠誠誓っているが、実は郷士死に乗じて珊瑚の鎧』を銀次共謀して盗み出し、薩摩を大混乱陥れた張本人不良に関わらず地域慕われる青年団としてチーム運営する陸王体制に不満を抱いており、郷士のことは尊敬していなかった。野心溢れ性格銀次にも従っていたが、ゆくゆくは彼を追い落とそうとも考えていた。 『珊瑚の鎧』を盗み出し逃走しようとするも銀次切り捨てられ羅門たちに捕まり100人上から凄惨な私刑を受けて殺されそうになるが、正次によって救われた。その後羅門から尋問を受けるも、元々単細胞性格だったことから有益な情報持っていなかった模様郡司 利郎(ぐんじ としろう) 『郷中隼人』の幹部パンチパーマ口髭蓄えた風貌。元極道あり、かつては陸王の命を狙っていたこともある。 「客人には礼儀を払う」という陸王ポリシーにより、薩摩に乗り込んできた『紀伊浪メンバーねんごろに出迎え気さくな態度自家用車運転するなどして観光名所案内して回る。しかし、一通り巡った後で態度豹変させ、薩摩“第一刺客”として聖に挑みかかる。善戦したものの、“リミッター”の外れた聖の猛攻を受け敗れ去った

※この「薩摩」の解説は、「元ヤン」の解説の一部です。
「薩摩」を含む「元ヤン」の記事については、「元ヤン」の概要を参照ください。


薩摩

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/29 09:12 UTC 版)

新選組藤堂平助」の記事における「薩摩」の解説

西郷吉之助さいごう きちのすけ) 各藩動向を注視する最大の実力者一時遠島となっていたがやがて薩摩藩復帰皇家尽くすことを第一とし、私欲がない。 大久保利通おおくぼ としみち薩摩藩士。朝廷との接触を図る伊東手助けをする。

※この「薩摩」の解説は、「新選組藤堂平助」の解説の一部です。
「薩摩」を含む「新選組藤堂平助」の記事については、「新選組藤堂平助」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「薩摩」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

薩摩

出典:『Wiktionary』 (2021/08/13 00:04 UTC 版)

名詞

(さつま)

  1. 旧国名現在の鹿児島県西部の古代における地域名

複合語

派生語


「薩摩」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



薩摩と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

薩摩のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



薩摩のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
皓星社皓星社
Copyright (C) 2022 株式会社皓星社 All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
EDRDGEDRDG
This page uses the JMnedict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの薩摩 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの元ヤン (改訂履歴)、新選組藤堂平助 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの薩摩 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS