家族とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 状態 > 集団 > 家族の意味・解説 

家族

読み方:かぞく
英語:family

家族(かぞく)とは、「《家》によって結ばれた繋がり共同体」のことであり、一般的には夫婦親子その他の血縁」「同じ家に住み生活を共にする者」という意味合いまで含めて用いられる表現。英語の family相当する語彙中国語でも「家族」という。

家族(family)の定義

「家族」対応する英単語family」について、オックスフォード英語辞書(lexico.com)は「共同体として生活を共にする二親その子からなる集団」と定義している。
A group of one or more parents and their children living together as a unit.
共同体として生活を共にする二親その子からなる集団
―― LEXICO

法律上の「家族」の定義

法律分野では、民法第四編(親族)および第5編相続)の総称として「家族法」という呼び名用いられる民法第七二十五条では「六親等内の血族」「配偶者」「三親等内の姻族」を総称して親族という旨規定されており、第七二十七条では「養子養親及びその血族」も養子縁組の日から親族関係生ずる旨規定されている。

家族観の歴史

参議院ウェブサイト上で公開されているPDFファイル歴史的に見た日本の人口と家族」(→リンクによれば日本では古来結婚して当たり前」という認識希薄であり、生涯未婚の者も少なくなかったという。
国民大半結婚し直系家族等、親子中心とする世帯形成するのが常態化するのは近世江戸時代)に入ってからであり、それ以前大家族の中で未婚のまま過ごす者が少なくなかった。また都市における未婚率高かった
―― 歴史的に見た日本の人口と家族(PDF)

「家族」の語源・由来

日本語「家族」直接の語源由来定かでないが、「漢書」や「漢紀」にすでに「家族」という語彙見いだされることから漢語普通名詞であると推察される。
父子俱死獄中、而家族矣。
ついに親子ともども獄死一族郎党もまた誅殺さる。
―― 「前漢紀」
「家族」意味する英語表現である family語源ラテン語familiaファミリア)であり、さらにラテン語の famulus に遡る。famulus の元々の意味は「servant」(召使いであったという。

家族の種類・区分

家族のあり方に応じて細分化した呼称として「核家族」「直系家族」「複合家族」といった言い方がある。

家族の用例

血のつながりはなく親族というわけではないが非常に親密な付き合いのある間柄を「家族同然」といったり比喩的に「家族」いったりする場合は多い。

家族の類語


か‐ぞく【家族】

夫婦とその血縁関係者を中心に構成され共同生活単位となる集団近代家族では、夫婦とその未婚の子からなる核家族一般的形態

民法旧規定において、戸主以外の家の構成員

[補説]  
2014年6月実施したあなたの言葉辞書載せよう。2014キャンペーンでの「家族」への投稿から選ばれた優秀作品

◆家族とは「綿たっぷりの掛布団」である。重たいけどあったかい決し羽毛布団ではない。
ゴンタ選手さん

愛し合っていた妻と、愛しているのに無視する娘と、両想い
うたまるさん

◆いちばん「ありがとう」伝えるべきなのに、いちばん「ありがとう」って言いにくい人たち
Ike Hiroさん

◆私が私でいられる存在
pinkcatさん

大人になるにつれ、その尊さ理解できる存在
くだるさん

喧嘩をしてもご飯用意されていたり、𠮟られても決し見捨てることをしない者のこと。どんなことがあっても自分の味方でいてくれる存在のこと。
ふうちゃんさん

無償の愛をくれる大切な存在
大根さん

迷った時も、寄り道した時も、嵐にあった時も、長い旅出た時も、どんなときでも、いつも最後に迎え入れてくれる港。
papankoさん

生まれて初めて出逢う最小単位社会。その単位は必ずしも血縁者人類に因らず、共に生きる、住む、心を通じ合わせる生物も含む場合がある
ゆうこさん

◆時々面倒で近くに居すぎて大切さ気付きくいもの
aiaiさん


家族

家族 1(112-1参照)とは、世帯(110-3)のすべて、あるいはその一部を指す人口研究上重要な用語であるが、その定義は使用目的によって少しずつ異なっている。統計的家族 1あるいはセンサス家族 1は、一般的に血縁養子縁組あるいは結婚によって関係づけられた世帯すべての成員を含む。しかし、世帯は家族を含むこともあるが、含まないこともある。統計的家族二つ以上世帯含まないが、世帯二つ以上の家族を含むことがあるいくつかの国では、統計的家族生物学的家族(113-1)とほぼ同じ意味であるが、ほかの国ではその定義は家族核 2意味し、それは子供持たない夫婦、あるいは未婚の子供を持つ夫婦、さらに片親未婚の子供を持つ家族を指す。これらはセンサス家族自体か、あるいはそのような家族の中心部分形成する


家族

作者崔仁浩

収載図書韓国短篇小説
出版社岩波書店
刊行年月1988.9


家族

作者花子さん

収載図書家族
出版社愛知出版
刊行年月2002.8


家族

作者芹沢

収載図書家族
出版社愛知出版
刊行年月2002.8


家族

作者斉藤照代

収載図書家族
出版社愛知出版
刊行年月2002.8


家族

作者石原節子

収載図書家族
出版社愛知出版
刊行年月2002.8


家族

作者夢花

収載図書家族
出版社愛知出版
刊行年月2002.8


家族

作者永田

収載図書66 STORIES
出版社アーティストハウスパブリッシャーズ
刊行年月2003.4


家族

作者ダン・レオーネ

収載図書アメリカミステリ傑作選 2003
出版社DHC
刊行年月2003.6
シリーズ名アメリカ文芸年間傑作選


家族

作者中原中也

収載図書新編 中原中也全集 第四巻 評論小説
出版社角川書店
刊行年月2003.11


家族

作者リディア・デイヴィス

収載図書ほとんど記憶のない女
出版社白水社
刊行年月2005.11


家族


家族

作者うつみ宮土理

収載図書結婚の順番
出版社光文社
刊行年月1990.6
シリーズ名女性自身whoブックス

収載図書結婚の順番
出版社光文社
刊行年月1994.11
シリーズ名光文社文庫


家族

作者天使人武文

収載図書軌閉裏の鉄道員
出版社文芸社
刊行年月2008.12


「家族」―本多更紗

作者あかほりさとる

収載図書らいむいろ戦奇譚 開戦前夜 巻之1
出版社メディアワークス
刊行年月2003.8


家族


家族

作者大沢在昌

収載図書一年分、冷えている
出版社PHP研究所
刊行年月1991.9

収載図書一年分、冷えている
出版社角川書店
刊行年月1994.7
シリーズ名角川文庫


家族

作者吉田知子

収載図書竹の秋
出版社読売新聞社
刊行年月1997.7


家族

作者沢野ひとし

収載図書花嫁指輪
出版社角川書店
刊行年月1998.10
シリーズ名角川文庫


家族

作者南木佳士

収載図書家族
出版社文芸春秋
刊行年月1999.2

収載図書群馬文学全集 第19巻 現代作家
出版社群馬県立土屋文明記念文学館
刊行年月2001.1

収載図書家族
出版社文藝春秋
刊行年月2003.8
シリーズ名文春文庫


家族

作者椎名誠

収載図書春画
出版社集英社
刊行年月2001.2


家族

作者志水辰夫

収載図書きのうの空
出版社新潮社
刊行年月2001.4

収載図書きのうの空
出版社新潮社
刊行年月2003.6
シリーズ名新潮文庫


家族

読み方:ファミリー(famir^i)

作者 山口瞳

初出 昭和58年

ジャンル 小説


家族

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/13 04:35 UTC 版)

家族(かぞく、ドイツ語: フランクフルト空港フランス語: famille英語: family)とは、婚姻によって結びつけられている夫婦、およびその夫婦と血縁関係のある人々で、ひとつのまとまりを形成した集団のことである。婚姻によって生じた夫婦関係、「産み、産まれる」ことによって生じた親と子という血縁関係、血縁関係などによって直接、間接に繋がっている親族関係、また養子縁組などによって出来た人間関係等々を基礎とした小規模な共同体が、家族である。また、血縁関係や婚姻関係だけではなく、情緒的なつながりが現在の家族の多様性によって最重要視されている。


注釈

  1. ^ フランスでは、日本のように親子が「川の字」で寝る、などという概念はフランス人には、はなから、まったく無い。もしも、フランス人が日本で親子がひと部屋で「川の字」で寝ている、などという実態を聞くような機会があると、非常に驚き、「そんなことをしては絶対にダメだ(ダメよ)」と、真剣に、猛烈に反対する。

出典

  1. ^ a b c 吉松和哉; 小泉典章; 川野雅資 『精神看護学I』(6版)ヌーヴェルヒロカワ、2010年、143頁。ISBN 978-4-86174-064-0 
  2. ^ 吉松和哉; 小泉典章; 川野雅資 『精神看護学I』(6版)ヌーヴェルヒロカワ、2010年、149頁。ISBN 978-4-86174-064-0 
  3. ^ 「文化人類学キーワード」p138 山下晋司・船曳建夫編 有斐閣 1997年9月30日初版第1刷
  4. ^ a b 「ライフコースとジェンダーで読む 家族 第3版」p79-80 岩上真珠 有斐閣 2013年12月15日第3版第1刷
  5. ^ a b 「新版 データで読む家族問題」p17 湯沢雍彦・宮本みち子 NHKブックス 2008年11月30日第1刷発行
  6. ^ a b 「文化人類学キーワード」p140-141 山下晋司・船曳建夫編 有斐閣 1997年9月30日初版第1刷
  7. ^ 「文化人類学キーワード」p142-143 山下晋司・船曳建夫編 有斐閣 1997年9月30日初版第1刷
  8. ^ 「文化人類学のレッスン フィールドからの出発」p56-57 奥野克巳・花渕馨也共編 学陽書房 2005年4月11日初版発行
  9. ^ 「文化人類学のレッスン フィールドからの出発」p57 奥野克巳・花渕馨也共編 学陽書房 2005年4月11日初版発行
  10. ^ 「ライフコースとジェンダーで読む 家族 第3版」p63-64 岩上真珠 有斐閣 2013年12月15日第3版第1刷
  11. ^ 「ライフコースとジェンダーで読む 家族 第3版」p69-71 岩上真珠 有斐閣 2013年12月15日第3版第1刷
  12. ^ M・アンダーソン著『家族の構造・機能・感情』
  13. ^ 家族システムの起源(上) 〔I ユーラシア〕, 藤原書店, 2016, p.108
  14. ^ 「親子の絆と旅行」アンケート結果/社団法人 日本旅行業協会
  15. ^ [1][リンク切れ]
  16. ^ 湯沢雍彦著『明治の結婚 明治の離婚―家庭内ジェンダーの原点』
  17. ^ 「新版 データで読む家族問題」p203 湯沢雍彦・宮本みち子 NHKブックス 2008年11月30日第1刷発行
  18. ^ 「ライフコースとジェンダーで読む 家族 第3版」p73 岩上真珠 有斐閣 2013年12月15日第3版第1刷
  19. ^ 「百姓たちの江戸時代」p13-14 渡辺尚志 ちくまプリマー新書 2009年6月10日初版第1刷発行
  20. ^ 「一目でわかる江戸時代」p36-37 竹内誠監修 市川寛明編 小学館 2004年5月10日初版第1刷
  21. ^ 「ライフコースとジェンダーで読む 家族 第3版」p73-75 岩上真珠 有斐閣 2013年12月15日第3版第1刷
  22. ^ 「新版 データで読む家族問題」p202 湯沢雍彦・宮本みち子 NHKブックス 2008年11月30日第1刷発行
  23. ^ 「ライフコースとジェンダーで読む 家族 第3版」p75-78 岩上真珠 有斐閣 2013年12月15日第3版第1刷
  24. ^ 「新版 データで読む家族問題」p18 湯沢雍彦・宮本みち子 NHKブックス 2008年11月30日第1刷発行
  25. ^ 「純潔の近代 近代家族と親密性の比較社会学」p4-5 デビッド・ノッター 慶應義塾大学出版会 2007年11月10日初版第1刷発行
  26. ^ 「ライフコースとジェンダーで読む 家族 第3版」p79 岩上真珠 有斐閣 2013年12月15日第3版第1刷
  27. ^ 「新版 データで読む家族問題」p114-115 湯沢雍彦・宮本みち子 NHKブックス 2008年11月30日第1刷発行
  28. ^ 「ライフコースとジェンダーで読む 家族 第3版」p154 岩上真珠 有斐閣 2013年12月15日第3版第1刷
  29. ^ 「ライフコースとジェンダーで読む 家族 第3版」p138 岩上真珠 有斐閣 2013年12月15日第3版第1刷
  30. ^ 「新版 データで読む家族問題」p14 湯沢雍彦・宮本みち子 NHKブックス 2008年11月30日第1刷発行
  31. ^ 「新版 データで読む家族問題」p16 湯沢雍彦・宮本みち子 NHKブックス 2008年11月30日第1刷発行
  32. ^ 「新版 データで読む家族問題」p22 湯沢雍彦・宮本みち子 NHKブックス 2008年11月30日第1刷発行
  33. ^ 「純潔の近代 近代家族と親密性の比較社会学」p167-168 デビッド・ノッター 慶應義塾大学出版会 2007年11月10日初版第1刷発行
  34. ^ 「現代人の社会学・入門 グローバル化時代の生活世界」p60-61 西原和久・油井清光編 有斐閣 2010年12月20日初版第1刷発行
  35. ^ 「純潔の近代 近代家族と親密性の比較社会学」p155 デビッド・ノッター 慶應義塾大学出版会 2007年11月10日初版第1刷発行
  36. ^ 「生命の意味 進化生態から見た教養の生物学」p126 桑村哲生 裳華房 2008年3月20日第8版発行
  37. ^ 「生命の意味 進化生態から見た教養の生物学」p146-147 桑村哲生 裳華房 2008年3月20日第8版発行
  38. ^ 「生命の意味 進化生態から見た教養の生物学」p153-154 桑村哲生 裳華房 2008年3月20日第8版発行



家族(パーソナリティ・スタッフ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/04/18 02:59 UTC 版)

ゆうが「家族」と言っている番組出演者スタッフぬいぐるみには小林ゆう陰で声を当てている

※この「家族(パーソナリティ・スタッフ)」の解説は、「小林ゆうの(仮)」の解説の一部です。» 「小林ゆうの(仮)」の概要を見る


家族(超ゼツ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/15 18:46 UTC 版)

赤刃タイガ(あかば タイガ) 声 - 宮本充使用ベイブレード - ツインネメシス.2G.U アイガの父。ゾロ認めるベイトレーナーで、かつ世界初めて超ゼツベイを作った男。ヴァルキリーを超ゼツベイに進化させたことで、バルトからは「師匠」呼ばれるゾロ弟子あり、かつてゾロのもとで修行しており、このときにゾロ曰く究極のエクステンドドライバーを開発している。カンナ曰く若い頃は高い実力ブレーダーであったらしいが、スペシャルマッチでのファイ戦を控えたアイガには一度も勝てなかった。 赤刃カンナ(あかば カンナ) 声 - 小林ゆう アイガの母。アイガ共鳴力強さ恐れタイガに対しアイガ旅出見守るなどアイガ行動には肯定的タイガ若い頃ベイブレード実力を持っていたことを知っている。 赤刃ナル(あかば ナル) 声 - 井上麻里奈 アイガの妹。初登場時7歳誕生日3月17日血液型B型タブレット使いこなし、超ゼツベイの設計デザイン行えるしっかり者性格で、アイガのことは呼び捨て呼んだり口煩く注意する一方で兄を慕う一面もあり、アイガ離れるのが嫌で米駒学園に追う形で転校したり、トビ助やグミタと共にベイクイーン号に密航乗り込んだこともある。ベイクイーン号に乗せてもらう代わりにアンジュの手伝いをする。

※この「家族(超ゼツ)」の解説は、「ベイブレードバースト」の解説の一部です。» 「ベイブレードバースト」の概要を見る


家族(ガチ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/15 18:46 UTC 版)

虹龍カイオこうりゅう カイオ) 声 - 早志勇紀 ドラムの父。仕事南極へ行くためタンゴドラム預ける。

※この「家族(ガチ)」の解説は、「ベイブレードバースト」の解説の一部です。» 「ベイブレードバースト」の概要を見る


家族(スパーキング)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/15 18:46 UTC 版)

朝日昇 声 - 早志勇紀 ヒカルヒュウガ父親。「朝日レストラン」を経営しており、スパゲティ料理が得意。 朝日輝美 声 - 甲斐田裕子 ヒカルヒュウガ母親

※この「家族(スパーキング)」の解説は、「ベイブレードバースト」の解説の一部です。» 「ベイブレードバースト」の概要を見る


家族(ダイナマイトバトル)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/15 18:46 UTC 版)

翠龍ハンナすいりゅう ハンナ) 声 - 本泉莉奈 翠龍バサラの妹。好奇心バサラ連れて魔界の門やってきてベル出会う大黒天甚右衛門だいこくてん じんえもん) 声 - 多田野曜平 大黒天ベル祖父であり、ベルが住む洋館の主。初登場時73歳ベルからは「ジイジ」と呼ばれ執事的な役割を担うベル同じくイタズラ好きで料理や庭の管理などなんでもこなす。魔界の門システム管理している。白鷺城ルイスーパーレジェンド称するなど、ベルとは違い外の世界情報にも精通している。 翠龍 モネすいりゅう モネ) 声 - 魏涼子 アニメオリジナルキャラクター。バサラハンナの母。

※この「家族(ダイナマイトバトル)」の解説は、「ベイブレードバースト」の解説の一部です。» 「ベイブレードバースト」の概要を見る


家族(妻と子供たち)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/15 16:29 UTC 版)

3度の結婚経験しており、妻はいずれ女優有馬稲子初婚)、淡路恵子再婚)、甲にしき再々婚)。 一人目の妻・有馬稲子との出会いは、1958年当時彼女が持っていた雑誌対談記事ゲストとして錦之助呼ばれたのが最初。そこで意気投合した後、翌年映画共演する撮影期間中に交際申し込んで有馬付き合うようになり、1961年結婚。しかし結婚後錦之助毎晩共演者スタッフ連れ帰っては自宅宴会態となり、有馬との夫婦水入らず時間全然なかったことなどが原因で1965年離婚また、有馬の話によると、梨園の妻であった母親存在大きく、錦之助だけでなく、姑である母親顔色うかがわねばならなかったのも原因の一つとされるまた、屋号萬屋にしたのは、母親意向強かったためとも言われている1966年二人目の妻・淡路恵子再婚し、錦之助は彼女の連れ子である長男次男に加え、彼女との間にできた実子三男と四男の計4人の父親となる。当時之助夫妻近所暮らし家族ぐるみの付き合いがあった森次晃嗣によると、先述の「午後3時までしか撮影しない」理由一つとして、錦之助は「妻や子どもたちと夕食囲み川の字になって寝たい」との思いがあったとのことその後淡路は、重症筋無力症長期入院した錦之介を妻として献身的に看病しながら金銭的に支え続け1984年俳優復帰繋げた。しかしその後錦之介は、宝塚歌劇団出身退団女優活動をしていた甲にしきとの不倫原因で1987年淡路離婚し1990年に甲と再々婚することとなったちなみに4人の息子たちその後芸能人にならなかった次男除き長男島英津夫筆頭にいずれも俳優になった。しかし三男小川晃廣は、1990年バイク事故死。四男の小川哲史は萬屋吉之亮の芸名活動する2004年窃盗罪家宅侵入罪実刑判決受けた後、2010年自殺している。

※この「家族(妻と子供たち)」の解説は、「萬屋錦之介」の解説の一部です。» 「萬屋錦之介」の概要を見る

ウィキペディア小見出し辞書はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

家族

出典:『Wiktionary』 (2021/06/14 13:33 UTC 版)

名詞

かぞく

  1. 血縁関係による親族基礎として成立する小集団社会基本単位正確な定義は無い。
  2. 同じ家に住んでいる者。

発音(?)

カ↘ゾク
IPA: /kázoku/, [kád͡zokɯ]
X-SAMPA: [ka_HdzokM]

関連語

同義語

翻訳


「家族」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



家族と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



家族のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2022 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
コンテンツはAttribution-Share Alike 3.0 Unportedのライセンスで利用することができます。
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの家族 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの小林ゆうの(仮) (改訂履歴)、ベイブレードバースト (改訂履歴)、ベイブレードバースト (改訂履歴)、ベイブレードバースト (改訂履歴)、ベイブレードバースト (改訂履歴)、萬屋錦之介 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの家族 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS