内助の功とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 文化 > 褒章 > 功績 > 内助の功の意味・解説 

ないじょ‐の‐こう【内助の功】

陰ながら援助する身内功績。特に、夫の活躍支える妻のはたらきについていう。


内助の功

作者小川有里

収載図書究極のじじ、ばば童話 悟りおじいさんぎらぎらおばあさん
出版社日新報道
刊行年月2000.11


内助の功

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/04/04 01:45 UTC 版)

内助の功(ないじょのこう)とは日本の慣用句である。「家庭において、夫の外部での働きを支える妻の功績」という意味がある。類語には鶏鳴の助や縁の下の力持ちがある。




「内助の功」の続きの解説一覧



内助の功と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「内助の功」の関連用語

内助の功のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



内助の功のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの内助の功 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 Weblio RSS